しんざんの、みんな仲良し映画評!!

ほんとうは仲良しとは程遠い、あまのじゃくな映画評、映画批評、映画評論ブログ 全部ネタバレ。またあまのじゃくゆえ、人によってはまったく受け付けないものもあるよ。もちろん、こっそりオススメもあるよ。

「ナイスガイズ!」ネタバレ 「ラ・ラ・ランド」へ駆けつける前に、おっさんはまず本作を観ろ! 90年代アクションをリアルで体験してきたおっさんは本作をこう見た。

「ナイスガイズ!」
劇場公開日 2017年2月18日

2017030303



シェーン・ブラック



この名前を聞いて「アイアンマン3」を思い浮かべるのは今の映画ファン。

>アイアンマン3 MovieNEX 【Blu-ray】 [ ロバート・ダウニーJr. ]

価格:3,888円
(2017/3/4 05:35時点)



おっさんは、というと、言わずもがなの、バディ・ムービーの傑作「リーサル・ウェポン」の脚本家。

>リーサル・ウェポン(スペシャル・パッケージ)(Blu-ray Disc)

価格:1,500円
(2017/3/4 05:38時点)




>【送料無料】 リーサル・ウェポン ワーナー・スペシャル・パック 【BLU-RAY DISC】

価格:3,888円
(2017/3/4 05:38時点)




しんざん的には、というと、ブルース・ウィリス、トニー・スコットの大傑作「ラスト・ボーイスカウト」の脚本家。

>ラスト・ボーイスカウト [ ブルース・ウィリス ]

価格:1,944円
(2017/3/4 05:40時点)



そしてシュワルツェネッガー、ジョン・マクティアナンの、最後のひねりっ屁な傑作「ラスト・アクション・ヒーロー」の脚本家。

>ラスト・アクション・ヒーロー【Blu-ray】 [ オースティン・オブライエン ]

価格:1,500円
(2017/3/4 05:42時点)



その脚本家が、いまをときめくライアン・ゴズリング、今は落ちぶれラッセル・クロウを主演にバディ・ムービーを撮ったという。


ライアン・ゴズリングはあっちの映画もあるが、しんざん的にはまずこっちである。















「ナイスガイズ!」











ビデオパス














オープニング。いきなりのクルマが家屋に突っ込む。セクシー美女が死ぬ。


序盤から全編、シェーン・ブラック自身の、最高だったころのセルフ・オマージュ、パロディが続いて楽しい。主人公が探偵で、娘とのやり取りはまさしく「ラスト・ボーイスカウト」だし、ゴズリングの、夢の中は「ラスト・アクション・ヒーロー」のアニメとの共演を彷彿させる。

2017030304

ムチャな聞き取りも、らしい。
2017030306



だが、だがしかし。






では本作が面白かったかというと、そうでもない。



排気ガスによる大気汚染、デトロイトの自動車産業の衰退を暗示させる展開、ポルノ業界の繁栄など、70年代の時代の絵作りにはスキがない。物語や設定は確かに楽しい。

>ラヴレース【Blu-ray】 [ アマンダ・セイフライド ]

価格:1,500円
(2017/3/4 05:46時点)



>ブギーナイツ [ バート・レイノルズ ]

価格:1,000円
(2017/3/4 05:48時点)



だが上滑りのギャグと、スローなアクションのせいで、ノリを殺す。

2017030305


ゴズリングは喧嘩の弱い探偵という設定だが、それとトロいアクションとは別の話だ。


さらに、悪役がなんだか時代に翻弄されたかのような動機の事件ゆえ、鑑賞後すっきりしない。体が90年代アクションに対して、悪役にそんな妙な今風な味付けをしてもらっても困るのだ。


もっといけないのは、散々ポルノビデオを事件のカギとして引っ張っておいて、それを見せることなくただのマクガフィンにとどめておくとは、どこが90年代風や(。・ω・)ノ゙という。


そこはエンドロールで見せろと。





追記


ライアン・ゴズリング

2017030307


「ドライヴ」でも思ったが、クラシックな顔立ちが本作にはピッタリ。

>ドライヴ【Blu-ray】 [ ライアン・ゴズリング ]

価格:4,665円
(2017/3/4 06:04時点)



ゴズリングといえば、しんざん的には、これ!

>オンリー・ゴッド スペシャル・コレクターズ・エディション(’13デンマーク/仏)【Blu-ray/洋画アクション|バイオレンス】

価格:3,491円
(2017/3/4 06:06時点)



ラッセル・クロウも醜い腹がイイ。


だが、当時の作品群を知っているものにとってみると、この名優二人を使って「90年代アクションのパロディ」に終わってしまっていることはとても悲しいのである。





 

ランキング参加してます。面白かったら押してくださいね!





ランキング参加しています。面白かったら押してくださいね!


このエントリーをはてなブックマークに追加

↑ ↑ 面白かったら、押してくださいね!




↑ ↑ 映画バカの私が、よく聞くリスニング集です。

「ドクター・ストレンジ」 ネタバレ 映像も面白くない、豪華俳優陣も生かし切れていない。だがなぜこんなに楽しいのか!

しばらく、記事をアップできず、一部のファンの方、申し訳です。

独り身でなくなって、こんなに映画が見れなくなるとは、そしてこんなにブログに時間が取れなくなるとは、思いもしませんで、1か月以上前に観た本作をようやく記事にすることとなりました。





今後もペースは落ちていくかもしれませんが、なんとか書いていこうかと思います。











「ドクター・ストレンジ」
劇場公開日

2017030106







マーヴェルの最新作。

正直、ヒーローものは「シビル・ウォー」「デッドプール」でげっぷが出るほど、ヒーローものなど、もうどうでもよいのだが、なにしろカンバーバッチである。

「沈黙 SILENCE」と迷ったが、家内の一声で、カンバーバッチである。



カンバーバッチとマーヴェルである。
2017030101



今ではハリウッドいちの稼ぎ役者かもしれないが、落ちぶれたときのロバート・ダウニー・Jrの「アイアンマン」とは訳が違う。


それだけではない。

カンバーバッチとティルダ・スウィントンである。
2017030302

カンバーバッチとレイチェル・マクアダムスである。
2017030102

カンバーバッチとキウェテル・イジョフォーである。
2017030104

カンバーバッチとマッツ・ミケルセンである。
2017030105

「キャプテン・アメリカ シビル・ウォー」のダウニー.Jr、クリス・エヴァンス、スカ姉、チードル以上の豪華さであるし、いずれもカンバーバッチとの絡みが想像すると楽しくなる。

そして皆、アメリカ人ではない。みな異色、異色、とは言っているが、設定ではなく、このキャストでのマーヴェル、という意味では確かに異色だ。


だが、監督がスコット・デリクソンである。監督選びでは優秀なディズニー、マーヴェルのはずだが、「世界が静止する日」「NY心霊捜査官」の彼である。


↓ ↓ ↓ ↓ 関連記事はこちら↓ ↓ ↓ 
NY心霊捜査官」 あれっ?えっ、祓っていいの?


ビデオパス





果たしてどうか。








ドクター・ストレンジ



















結論から言うと、、つまらないけど、面白い。という、なんともあまのじゃくな映画評ならではの感想になる。


欠点はある。大いにある。










1)ヒーロー誕生譚でこれほど退屈な語り口もそうそうない。



「スーパーマン」なり「バットマン」なり、第1作目は、彼が果たしてどのようにヒーローとなったのか、を描くために、ドラマが発生するものなのだが、本作にはそれがあまりにも魅力的でない。

わき見運転による交通事故でヒーロー誕生?


やはり盛り上がらない。


2)ストーリーに魅力なし。展開も早すぎ。


ストレンジが魔術師になるまでの過程がまあ、これまでのヒーローものに比べて圧倒的につまらないため、ただでさえ、詰め込み気味の展開もその場その場の盛り上がり優先ゆえ、気分が乗っていかないのである。




3)豪華な俳優陣を活かせていない。


ティルダ・スウィントンの坊主なメンターは似合うが既に既視感のあるモノだし、
2017030109



レイチェル・マクアダムスもここ最近の活躍ぶりをみると、あまりに悲しいヒロイン役。。「それでも夜は明ける」「オデッセイ」であんなに魅力的だったキウェテル・イジョフォーもずいぶんショボイ。そしてマッツ・ミケルセンにいたっては、あんなに魅力的な目元を台無しにする余計なメイク。

2017030107

2017030108






そして




4)話題の映像がさっぱり面白くない。



「インセプション」を引き合いにするもの果たしてどうかと思うが、魔術が新しいだの、ポッタ好きなら、とかはどうでもよくて、単に

「なぜその絵なのか?」

ビルが曲がるCG絵はすごいかもしれないが、「なぜそうするのか?」が描かれていないため、それ以上楽しくはないのである。不思議な映像体験だが、物語上必然性のある画ではないので、途中で飽きるのである。








要するに、演出に問題あり。スコット・デリクソンの起用はマーヴェルらしくなく、失敗に終わっている。


ブックオフオンライン【PC・携帯共通】









しかし











だがしかし、カンバーバッチ。







「シャーロック」「イミテーション・ゲーム」の主人公のような、高慢で皮肉屋、だがどこか熱い。だが変人。

↓ ↓ ↓ ↓ 関連記事はこちら↓ ↓ ↓ 
「イミテーション・ゲーム エニグマと天才数学者の秘密」 当時のファッションを、最高のキャストで楽しめる映画






はっきり言って本作の序盤のキャラクター紹介は不要だ。





「ああ、はいはい、カンバーバッチだから。」




で、とりあえずいいのである。原作から離れてでも、彼が魔術師になる展開を変えたほうがよかったかと。




カンバーバッチの存在感だけでこの映画は成立するのである。



 

ランキング参加してます。面白かったら押してくださいね!





ランキング参加しています。面白かったら押してくださいね!


このエントリーをはてなブックマークに追加

↑ ↑ 面白かったら、押してくださいね!




↑ ↑ 映画バカの私が、よく聞くリスニング集です。

「ネオン・デーモン」 ネタバレ ファッション業界への皮肉??ノンノン、美を追ってこそオンナ、悪魔であってこそオンナ!!

「ネオン・デーモン」
劇場公開日 2017年1月13日



フランスの、とあるショコラな感じのポスターですね
2017012901

2017012902










年を取れば衰える。おなかは出る。目は細くなる。肌は艶を失う。



だがこんなおっさんも、若いころは美に執着する。




それでいいじゃないか。外見を磨くことで、中身が磨かれることもある。美を追い求めることで、チャンスを得ることも多分にある。


もちろん、それぞれ価値観はあるが、それぞれの価値観において、「美」に執着しない女に魅力は感じないし、「美」を求めない男には関わりたくない。

2017012905















「ネオン・デーモン」













ニコラス・ウィンディング・レフン。

2017012906



2017012903


「ドライヴ」で注目された彼だが、個人的には「ブロンソン」や「オンリー・ゴッド」に俄然肩入れする監督で、現在、監督で映画を観るなら、という視点では名前が挙がる。(ほかはビルヌーブ、シアンフランスといったところか)



ニコラス・ウィンディング・レフンといえば、

ドライヴ(Blu-ray)

価格:4,059円
(2017/1/21 12:09時点)




よりも断然こちらが好み!!

オンリー・ゴッド スペシャル・コレクターズ・エディション [ ライアン・ゴズリング ]

価格:3,868円
(2017/1/21 12:14時点)






↓ ↓ ↓ ↓ ↓ ↓ 関連記事はこちら↓ ↓ ↓ ↓ ↓ ↓ 
「オンリーゴッド」 パイプカット



と、こいつ!!

ブロンソン [ トム・ハーディ ]

価格:3,693円
(2017/1/21 12:15時点)






レフンの映画は主人公、登場人物にはそれぞれ「美学」がある。

2017012907









ブックオフオンライン【PC・携帯共通】




レフンの作品は音楽や映像ではなく、むしろ登場人物の力に依存する。












本作の主人公、エル・ファニングは確かに美しい。だが最初のシーン以降、はっとするような映像はないし、会話のシーンになると、退屈なストーリーが露わになる。


2017012904



確かに、映像、音楽ともに映画館で「体験」すべきものだが、それ以外のものは、はっきり言って演出力に問題がある。登場人物の配置もキャラ付けも定番すぎ。





やっていることも、日本のチープな、そうだな、園子温のようなもので、タイトルの「NMR」も園子温的なナルシシズムを感じる。

チープで、ナルシシズムたっぷり、という点では「ネオン・デーモン」というタイトルは確かにピッタリではある。だが、70年代、「ネオン」、「デーモン」、「サイケ」、「シンセ」はもろイタリアン・ホラーのテイストで、当時のプログレではさんざん扱われたものだ。




ビデオパス





ラストの荒廃した風景に一人の女。



軽薄な美への追及を、否定する物ではなく、むしろ、それに果敢に立ち向かう、刹那な生き方をする女性の描き方に、ナルシシズムを感じるとともに、賛同したくなる気持ちは個人的に大いにある。




だが、あまりにも面白くない。







追記

最近の映画音楽で出ずっぱりなSIA。食傷気味ではあるが、そんな「女の闘い」にはやはり、SIAはよく似合う。










 

ランキング参加してます。面白かったら押してくださいね!





ランキング参加しています。面白かったら押してくださいね!


このエントリーをはてなブックマークに追加

↑ ↑ 面白かったら、押してくださいね!




↑ ↑ 映画バカの私が、よく聞くリスニング集です。


【年間ベスト】 ごめんなさい!! しんざんの2016年公開映画年間ワースト3は、なんと!これだ!!


皆さん、こんにちは、しんざんでございます。


!!皆様 前回の記事をお読みいただき、ありがとうございます!!




↓ ↓ ↓ ↓ ↓ ↓ 関連記事はこちら↓ ↓ ↓ ↓ ↓ ↓ 

【年間ベスト】年間ワーストの前に、ちょっとアノ作品について色々言いたい


今回、いよいよ、年間ワースト3の発表になります。


前回の記事でも書きましたように、私のワースト選考の基準は

1)私の期待値を大きく下回った作品
2)私の価値観、評価より世間評価がやたら高い作品


の2点。


なので、ほんとにダメなものは、はじめから期待していないし、ここに上がってくるのは、作品そのもののデキより


どれだけ、私があまのじゃくか、というだけの選考になっています。


↓ ↓ ↓ ↓ ↓ ↓ 過去のワーストについては、こちら↓ ↓ ↓ ↓ ↓ ↓ 


2015年ワースト

2014年ワースト




という具合に、本当に好きな人には申し訳ないですが、結構な作品をワーストにしています。













それでは、2016年のワースト3の発表です!!

[Blu-ray] クリムゾン・ピーク ブルーレイ&DVDセット

価格:3,266円
(2017/1/21 11:43時点)




ギレルモ・デル・トロには、「パンズ・ラビリンス」というファンタジーの傑作がありますが、本作の最大の魅力になるはずの、「ゴシック・ホラー」性がまったく発揮されておらず、意外と振り幅のない作家なのか、と思いましたが、そもそもオタクなので、ファッション性が問われるジャンルには通用しない監督なのかと。

[Blu-ray] パンズ・ラビリンス Blu-ray

価格:1,922円
(2017/1/21 11:46時点)



ましては、本作、ラブ・ストーリーでもあるのですが、オタクゆえ、やはり女性視点のラブ・ストーリーには手を出すべきではないと思いました。


そもそもミア・ワシコウスカ、ジェシカ・チャステインをまったくキレイに撮れていない時点で、この映画はアウトです。



彼には、この手の作品を取り続けてくれればいいです

パシフィック・リム【Blu-ray】 [ チャーリー・ハナム ]

価格:1,200円
(2017/1/21 11:48時点)



ヘルボーイ【Blu-ray】 [ ロン・パールマン ]

価格:1,500円
(2017/1/21 11:51時点)



ヘルボーイ ゴールデン・アーミー【Blu-ray】 [ ロン・パールマン ]

価格:1,500円
(2017/1/21 11:52時点)





↓ ↓ ↓ ↓ ↓ ↓ 関連記事はこちら↓ ↓ ↓ ↓ ↓ ↓ 

「クリムゾン・ピーク」ネタバレ 内容?どっかで見たよねえ。幽霊?なんか、いたねえ。ティルダ?いないねえ。









いきなり、大物で申し訳ないです






引き続き、第2位です





ビデオパス













ワースト2位「ヘイトフル・エイト」

20170117

ヘイトフル・エイト コレクターズ・エディション【Blu-ray】 [ サミュエル・L.ジャクソン ]

価格:4,038円
(2017/1/21 11:56時点)




クエンティン・タランティーノは大好きな監督で、そのオタク全開な作風が、映画ツウのみならず、普通の映画ファンにも受け入れられる作品を作り続けてきたわけですが、本作はそのオタク性が空回りしているようです。

その要因として、製作時に脚本がリークされた問題もかなりあるとは思いますが、あたかも、これぞタランティーノと言いたげな、でもむりやり引き伸ばしたような会話劇、オープニングにしか意味がなかった70mm、音楽の使い方にもただただ自分の思いを垂れ流したかのうような、アンマッチな選曲といい、流出後、焦って、ムキになってつくったかのようなデキにガッカリ。

記事にも書いていますが、「HATEFUL EIGHT」とは「憎むべき8人」ではなく、「忌むべきタランティーノ8作目」という意味としか思えない、そんなデキです。


一番好きなのは、これかなあ

ジャンゴ 繋がれざる者 プレミアム・エディション【Blu-ray】 [ ジェイミー・フォックス ]

価格:2,512円
(2017/1/21 11:54時点)




↓ ↓ ↓ ↓ ↓ ↓ 関連記事はこちら↓ ↓ ↓ ↓ ↓ ↓ 
「ヘイトフル・エイト」ネタバレ 憎しみ満載の(忌むべき)8作目









これを2位にする私はきっとおかしいのでしょう('A`)



でも、負けずに進めます。






















いよいよ、ワースト1です。






















ワースト1位 ボーダーライン

20170120

ボーダーライン【Blu-ray】 [ エミリー・ブラント ]

価格:4,592円
(2017/1/21 12:01時点)




すみません、何回も言って申し訳ないですが、選考基準は


1)私の期待値を大きく下回った作品
2)私の価値観、評価より世間評価がやたら高い作品








そう、本作は2016年度で私が最も期待をし、最も私の「大きすぎた」期待を外し、でも世間から多大な評価を受けている作品になります。





監督ドゥニ・ヴィルヌーヴは「灼熱の魂」「プリズナーズ」そして大好き「複製された男」の監督です。

灼熱の魂 [ ルブナ・アザバル ]

価格:3,693円
(2017/1/21 12:00時点)



プリズナーズ【Blu-ray】 [ ヒュー・ジャックマン ]

価格:2,430円
(2017/1/21 12:02時点)



複製された男【Blu-ray】 [ ジェイク・ギレンホール ]

価格:4,665円
(2017/1/21 12:03時点)




↓ ↓ ↓ ↓ ↓ ↓ 関連記事はこちら↓ ↓ ↓ ↓ ↓ ↓ 
「複製された男」 いかなる前情報も仕入れちゃイカン、俺のも読むな




監督で映画を見るなら、タランティーノ、ジャコ・バン・ドルマル、ニコラス・ウィンディング・レフン、デレク・シアンフランスと並ぶ大好きな監督です。

ジャコ・バン・ドルマルといえば、

[DVD] ミスター・ノーバディ

価格:998円
(2017/1/21 12:08時点)



ニコラス・ウィンディング・レフンといえば、

ドライヴ(Blu-ray)

価格:4,059円
(2017/1/21 12:09時点)



よりも断然こちら!!

オンリー・ゴッド スペシャル・コレクターズ・エディション [ ライアン・ゴズリング ]

価格:3,868円
(2017/1/21 12:14時点)




↓ ↓ ↓ ↓ ↓ ↓ 関連記事はこちら↓ ↓ ↓ ↓ ↓ ↓ 
「オンリーゴッド」 パイプカット


と、こいつ!!

ブロンソン [ トム・ハーディ ]

価格:3,693円
(2017/1/21 12:15時点)


デレク・シアンフランスといえば、

ブルーバレンタイン【Blu-ray】 [ ライアン・ゴズリング ]

価格:4,665円
(2017/1/21 12:18時点)



↓ ↓ ↓ ↓ ↓ ↓ 関連記事はこちら↓ ↓ ↓ ↓ ↓ ↓ 
「ブルーバレンタイン」 間違いなく18歳未満(だと思う人)禁止

こちらもおすすめ!!

プレイス・ビヨンド・ザ・パインズ/宿命【Blu-ray】 [ ライアン・ゴズリング ]

価格:1,500円
(2017/1/21 12:20時点)



↓ ↓ ↓ ↓ ↓ ↓ 関連記事はこちら↓ ↓ ↓ ↓ ↓ ↓ 
「プレイス・ビヨンド・ザ・パインズ 宿命」本宮ひろ志イズム




本作「ボーダーライン」という邦題を褒める人もいますが、私はその邦題はこの映画の見方を狭めているように思います。この監督の作品は、たしかに共通して「境界線」が語られていますが、そこにいるのは「人間」であって、「どちらが正しいか」ではなく、「その選択を迫られた、その選択をした人間の物語」こそが、この監督のこれまで推し進めてきているテーマと思います。

それとは別に本作では、残念な点が多く、エミリー・ブラント等のキャスト、ロジャー・ディーキンス等のスタッフ、みな超一流を揃えてはいますが、そこに観られる世界は、実際のメキシコの麻薬カルテルの恐ろしさを淡々と見せるだけで、不穏な世界観は演出の力でなく、その「設定」によってのみ感じられるものでしかなく、非常に物足りない感想を持ちました。

リアリティの重視、といえば、そうかもしれませんが、私は「複製された男」の映画的世界が大好きだったので、やはりガッカリ、と言わざるを得ません。

↓ ↓ ↓ ↓ ↓ ↓ 関連記事はこちら↓ ↓ ↓ ↓ ↓ ↓ 
「ボーダーライン」ネタバレ 去年の「アメリカン・スナイパー」を彷彿させる、今季がっかり、ワースト候補」




ただし、この監督の次回作「メッセージ(原題arrival)」(またひどい邦題だなあ。まあ、原題もアレですが)、「ブレードランナー2049」と「ワンダー」な作品が続くので、やはりこの監督には今後も大注目です。


「メッセージ」予告編


「ブレードランナー2049」予告編



いかがでしたでしょうか、しんざんの2016年のワースト3。

ほんっと、すみません!!






 

ランキング参加してます。面白かったら押してくださいね!





ランキング参加しています。面白かったら押してくださいね!


このエントリーをはてなブックマークに追加

↑ ↑ 面白かったら、押してくださいね!




↑ ↑ 映画バカの私が、よく聞くリスニング集です。




【年間ベスト】年間ワーストの前に、ちょっとアノ作品について色々言いたい

こんにちは、しんざんでございます。




!!皆様、先日の年間ベスト10の記事をご覧いただきありがとうございます!!






↓ ↓ ↓ ↓ ↓ ↓ 関連記事はこちら↓ ↓ ↓ ↓ ↓ ↓ 
【年間ベスト】 しんざんの、あまのじゃくな年間ベスト2016の発表!!







ちなみに、私のワースト選考の基準は




1)期待値を大きく下回った

2)自分の価値観、評価より世間評価がやたら高い



の2点。




そもそも地雷を踏みに行って、「地雷だ!」と叫ぶ鑑賞方法をしていないし、わざわざ地雷とわかって見に行くほどの、そんなお金もないし、「ダメな作品」を挙げることこそ、きりがないと思っています。









本記事は、ワーストを発表する前に、いくつかの作品について、ちょっと一言いいたい作品になります。




好きな人は、ほんとごめんなさい。
でもこれらは、後日発表のワーストには入れてません!!















ではいきます。






























「シビル・ウォー キャプテンアメリカ」


2016061001


シビル・ウォー/キャプテン・アメリカ MovieNEX [ クリス・エヴァンス ]

価格:3,542円
(2017/1/7 23:48時点)




ビデオパス

2014年のベストに挙げた、前作「キャプテン・アメリカ ウィンターソルジャー」からの期待値はダダ上がりでしたが、




↓ ↓ ↓ ↓ ↓ ↓ 関連記事はこちら↓ ↓ ↓ ↓ ↓ ↓ 
2014年の年間ベストとワースト




↓ ↓ ↓ ↓ ↓ ↓ 関連記事はこちら↓ ↓ ↓ ↓ ↓ ↓ 
「キャプテン・アメリカ ウィンターソルジャー」レビュー




本作の前にあった、「アベンジャーズ エイジ・オブ・ウルトロン」でおなか一杯になってしまった私は、本作の「キャップとアイアンマン」の確執、という設定にどうにも乗れませんでした。

案の定、というか、シリアス展開は面白かったが、「ヒーロー同志のじゃれ合い」には全く興味を持てませんでした。アントマンの「アレ」とか、スパイダーマンの存在とか、キャップの映画に必要ありません、というのが、本作に対するしんざんのあまのじゃくラインになります。


↓ ↓ ↓ 詳しくはこちらの記事で ↓ ↓ ↓ ↓
「シビル・ウォー キャプテンアメリカ」レビュー












続いて、好きな人は、ほんとごめんなさい。










でも、分かってくれる人もいるはず。
















「ブリッジ・オブ・スパイ」

2016011501


ブリッジ・オブ・スパイ【Blu-ray】 [ トム・ハンクス ]

価格:1,500円
(2017/1/7 23:50時点)



スティーブン・スピルバーグ監督の、近年の作品群には、以前の作家意欲とは違うものが発動しているようにしか見えません。「撮りたい」映画から「撮らなくてはいけない」映画になってしまっているようす。

また本作には、スピルバーグとコーエン兄弟という組み合わせだけで絶賛する人もいますが、はっきり言ってうまくかみ合っているようにはとても思えません。

ですが、それ以上に本作に個人的に恨みがあるのは、アカデミー助演男優賞の結果。

この俳優にオスカーを献上することで、シルべスター・スタローンにオスカーを与えないことで、ハリウッドの「外資頼み」の現実のみが突き付けられた思いでした。

そもそも、この作品のマーク・ライランスは単なる役得です。

というのが、本作に対するしんざんのあまのじゃくラインになります。




↓ ↓ ↓ 詳しくはこちらの記事で ↓ ↓ ↓ ↓
「ブリッジ・オブ・スパイ」レビュー










去年についていうと、スピルバーグのこの作品に続き、今年は人気監督、巨匠のガッカリ作品が多い年でもありました。


ギレルモ・デル・トロ「クリムゾン・ピーク」
クエンティン・タランティーノ「ヘイトフル・エイト」
リドリー・スコット「オデッセイ」
ジェームズ・ワン「死霊館 エンフィールド事件」
黒沢清「クリーピー 偽りの隣人」
ポール・グリーングラス「ジェイソン・ボーン」
ローランド・エミリッヒ「インデペンデンス・デイ リサージェンス」
ロン・ハワード「インフェルノ」




まあ、黒沢清にはそんなに期待もしていませんでしたし、最後の2作、「インデペンデンス・デイ リサージェンス」、「インフェルノ」は安定の結果ですが、その他の作品はことごとくがっかりな作品になってしまいました。

ロバート・ゼメキスの「ザ・ウォーク」を見ていませんが、私の世代で、以上の監督の作品が同年に観れることも稀ですが、それ以上にことごとく駄作ぞろいにはびっくりしています。

そんななか、クリント・イースウッドは、「ハドソン川の奇跡」でも本当に安定しているし、さらに上に行った感があります。去年「アメリカン・スナイパー」のあざとい、下品で、チープなアクションでけなしましたが、さすがです。





















もうひと作品、言っておきたい作品があります。












最後に、好きな人は、ほんと、、、











まあ、これはいいか。












「デッドプール」

2016060301


【送料無料】[枚数限定][限定版]デッドプール ブルーレイ&DVD〔初回生産限定〕/ライアン・レイノルズ[Blu-ray]【返品種別A】

価格:2,580円
(2017/1/7 23:52時点)




主人公演じるライアン・レイノルズの苦労も知りませんゆえ、何も肩入れすることもないし、ほぼほぼ同時期の王道の作品2作(「バットマン VS スーパーマン ジャスティスの誕生」、「シビル・ウォー キャプテン・アメリカ」)がウジウジウジウジとしている合間を縫っての、バカヒーロー映画。もともとヒーロー映画にそれほど思い入れはないし、ハードなアクションなら「キャップ」のほうで堪能できるので、こちらが重宝される理由が分かりませんでした。

さらに、「第4の壁」とか「懐かしの名曲」だとか「映画ネタ」とか、時系列をいじった構成だとか、全く面白くなく、ましてや、登場人物が他のシリーズの残り物、という始末。





↓ ↓ ↓ 詳しくはこちらの記事で ↓ ↓ ↓ ↓
「デッドプール」レビュー



なんだけど、そもそも本作に大して期待をしていないため、本作をワーストに入れることはありません。




以上、3作品、ワーストには入れないけど、どうしてもちょっと言いたい作品でした。






次回はいよいよ、ワースト3の発表になります。ほんと、すみません。






 

ランキング参加してます。面白かったら押してください



ランキング参加しています。面白かったら押してください

このエントリーをはてなブックマークに追加
↑ ↑ 面白かったら、押してください。

↑ ↑ 映画バカの私が、よく聞くリスニング集です。




楽天市場
楽天DVD BD

livedoor プロフィール
LINE読者登録QRコード
LINE読者登録QRコード
オーダーシャツが結局お得
自分磨きに
頭皮もしっかりケア