しんざんの、みんな仲良し映画評!!

ほんとうは仲良しとは程遠い、あまのじゃくな映画評、映画批評、映画評論ブログ 全部ネタバレ。またあまのじゃくゆえ、人によってはまったく受け付けないものもあるよ。もちろん、こっそりオススメもあるよ。

「ライフ」ネタバレ 新たなる「ライフ」誕生待ちのおっさんでも、こんな「ライフ」は要らない 。

「ライフ」
劇場公開日 2017年7月8日

life-movie-end-credits-scene-04













!!ネタバレ注意 カルビンもいます!!


























ユナイテッド・シネマ映画チケット&会員登録アフィリエイト






映画しか興味がない。

映画しか相手にしない。

映画にしか相手にされない。

そういった生活から一変してから、すっかり新作映画の鑑賞数も減って、一部のヘンタイファンには申し訳ないが、バカみたいなレビューを書くことも減ってしまった。新たなる旅立ちを始め、そして新たなる「ライフ」の誕生を待ち望む日々である。



それでもこそこそと、劇場に通いたくなるわけで、勝手に「ライフ」誕生記念と称して、鑑賞。




オレのような病んだ映画ファンなら、地球外生物は、地球人を襲ってこそなんぼ、
なわけで、駄作「デンジャラス・ラン」のダニエル・エスピノーサ監督に大いに不安があるものの、我らがヒロユキが大フィーチャーされているのなら、作品のデキどうのこうのは、言わんでおこうとは思っていたものの。








これはだめだよ。











「ライフ」
















序盤の長回し風のカメラ。

ステーション内の位置関係や人物設定、人間関係をスマートに見せてくれるのならともかく、いかにも「オレ、やってるぜ?」な絵作りが煩わしい。


本作のエイリアン、カルビンくんの造形はどうでもよいが、手袋を破る方法、あれはいくらなんでもしらけるよ。

2017080101


2017080102

2017080104



こっちのカルビン君もめんどくさい存在ではありました(ルビー・スパークス」より)
2017080105







役者は濃いが、すべてのキャラ設定も切った貼ったのコピペ設定。さらにその描写も「はい!1シーン入れましたからね、この人、こういう人ですよ」という箇条書き描写にドラマの編集版のような薄さ寒さを感じる。




レイノルズの早期退場はどうでもよく、ヒロユキの感情的なバカな行動は普通なら「報われる行動」だが、

2017080203


本作、妙に定番から外そうとするため、積重なってもいないチープなキャラ描写のせいで、ドラマがラストに向かって盛り上がらない。


ラストをあえて外していくのなら、キャラ設定はもっと丁寧に描いてもらわないと。


そこが本作の最大の欠点。


そこを見てもらいたいはずなのに、そこを全くうまくできていないんだから、最低点しか上げられない。それならもっとチープな「B級C級定番エイリアンもの」のほうが全然いい。



キャラ的にはジェイクのキャラが一番アウト。




ジェイクの「あのセリフ」がとかいろいろみんな言ってるけど、あいつ、キャラ的には宇宙でアタマが、精神がおかしくなっていないといけないんだぜ?


ラストの展開、あそこは絶対「わざと」でないといけないんだよ。

2017080107

もう一つ言うと、カルビンの命名で序盤、いったん地球からの視点が入るが、あれは全く不要。本作、地球に着いた時の安堵感とそこからの転落こそが「妙味」なのに、地上を映すのは、本当にあのラストだけでないといけない。


なんとまあ、センスのない。まったくもったいないことをしたもんだ。








 

ランキング参加してます。面白かったら押してくださいね!





ランキング参加しています。面白かったら押してくださいね!


このエントリーをはてなブックマークに追加

↑ ↑ 面白かったら、押してくださいね!




「アポカリプト」 ネタバレ メル・ギブソンはたぶん個人的にはいいやつだ 。

「アポカリプト」
劇場公開日 2007年6月9日

本記事は2012年2月25日に書いたものです。




2017070201









DV疑惑があろうが、差別発言があったりするが


「やっぱりそうなのか?」




と思わずにはいられない映画になっている。



現地人の容姿、乳はあってもエロはなし、時代劇、そして日本人にとってはなにより「パッション」の後。だいぶ割を食っている。


ビデオパス



かくいうオレも「ブレイブ・ハート」「パッション」どちらも好きな映画だが、「どじん」(失礼)の映画、ということでついおっくうになっていた。



ブレイブハート<1枚組> 【Blu-ray】 [ ソフィー・マルソー ]

価格:1,000円
(2017/7/1 17:25時点)






新品北米版Blu-ray!【パッション】 Passion of the Christ [Blu-ray]!<メル・ギブソン監督作品>

価格:2,590円
(2017/7/1 17:22時点)






アポカリプト【Blu-ray】 [ ルディ・ヤングブラッド ]

価格:3,508円
(2017/7/1 17:24時点)






しかし裸でうろうろされていることさえ頭から無視していけば、まっすぐな逃亡劇アンド逆襲アクションが堪能できる。

ギブソン監督はグロの直接的な表現をよくするが、「パッション」といい、あえてグロが直接的な表現の似合う題材を映画にしてんじゃねえのか、と思えるほど今回のグロ表現も「必要不可欠」。

しかしギブソン監督のそのへんのヤツらと違うのは、「必要不可欠プラス映画的視覚効果」を心得ている点である。



いけにえになった男が首を切られ、その男の目の視点でカメラが動くシーンがある。

2017070202





ギブソン監督、頭がどうかしているぜ。





しかしその視覚効果はとんでもない恐怖を観客に与える。やりゃいいってもんじゃない、ってのが分かってらっしゃる。日本のグロ専監督とは一味もふた味も違う。

映画は後半の逆襲劇に転ずるまでの執拗なおっかけっこは正直長いし、単調といえば単調に見えるかもしれない。

しかし途中でジャガーに追っかけられてんのに、「連れているっ!」と勘違いされたり(このシーン、すごいよ。ジャガーは本物だそうだ、すげえ)、滝に飛び込んだら、普通追っ手は飛び込まず追ってこないのに、執念すさまじく滝に飛び込んじゃうし、飽きさせない。

映像もかなり多彩なアングルで逃亡劇を盛り上げてくれるし。

ここはオレの森だ~と高らかに宣言した直後に底なし沼にはまるのは、泥まみれになって主人公が、まさしくジャガーに変身するため、としておくところで、突っ込んではいけない。

そしてここからは一人だけの軍隊よろしく、森を味方に逆襲に転じる。

そして息子をぶっ殺された敵親父との地の利を生かした不意打ち(!)のあと、絶体絶命のとき、目の前に現れたのは・・・!!

2017070203



さすがメル・ギブソン監督。なんと自分に正直な男だ。



まあ、どっこにでもある話だし、いちいち穴の奥様の状況を挟んだりして逆にアクションの緊張感を削いでしまってるし、主人公の不死身っぷりは、いくらその容姿が人間離れしてても、ちょっと元気すぎるだろとか、たぶん雨降りすぎ、とか残念な点もある。

だけど、アクションを知り尽くした男が自分の撮りたいものを徹底的にそれのみをちゃんと収めたアクション映画だから、オレは満足した。

ちゃんとキリスト教も入っているし、あ、これはオレはどうでもいい。

あ~、トリアー監督もそういう意味では正直な人かもしれないが、あんまり想像したくはないな。

まあ、ギブソン監督にもついて行きたいとは思わないが。







 

ランキング参加してます。面白かったら押してくださいね!





ランキング参加しています。面白かったら押してくださいね!


このエントリーをはてなブックマークに追加

↑ ↑ 面白かったら、押してくださいね!

「ハクソー・リッジ」 ネタバレ やはりメル・ギブソンは裏切らない!ドメスティック・バイオレンス監督の待ちかねた10年ぶりの本作をおっさんはこう見た!!

「ハクソー・リッジ」
劇場公開日 2017年6月24日

2017070101



メル・ギブソン

2017070102



メル・ギブソンである!!

2017070111


変態監督という大変「名誉」な称号で、次々に傑作を生みだすしてきた漢。



ドメスティック・バイオレントな漢であるとともに、真摯なカトリックだという、最高の漢。



トモダチにはなりたくないが、男が、オレたちが憧れる存在。




彼の作品は常に彼の理想と、ぬぐい切れないドメスティック・バイオレントな本性が浮き彫りとなる。この本音と立間の表裏一体化した、あざとさとかわいさがにじみ出たスタイルが大好きだ。



↓ ↓ ↓ 関連記事はこちら ↓ ↓ ↓
「アポカリプト」ネタバレ メル・ギブソンはたぶん個人的にはいいやつだ







ブレイブハート<1枚組> 【Blu-ray】 [ ソフィー・マルソー ]

価格:1,000円
(2017/7/1 17:25時点)






新品北米版Blu-ray!【パッション】 Passion of the Christ [Blu-ray]!<メル・ギブソン監督作品>

価格:2,590円
(2017/7/1 17:22時点)






アポカリプト【Blu-ray】 [ ルディ・ヤングブラッド ]

価格:3,508円
(2017/7/1 17:24時点)






その彼が変態作「アポカリプト」から10年ぶりに新作を撮ったという。沖縄を舞台にした戦争映画。主人公は銃を持たず、衛生兵として戦場を駆けずり回るという。




おいおい、いいのか?あまりにこんな「らしい」設定の作品で?あまりに魚に水を与えるような設定で?



去年の全米公開からオスカーの話題を経て、今年最も観たい映画として、ニヤニヤしながら(ワクワクではない)心待ちにしていた。


世間は感動作という。











バカじゃね?ギブソンだぜ?







渋谷の劇場への道中、妊娠検査薬の結果の画像を送り込んできた奥さんをほったらかしにして、鑑賞前にはすっかりギブソンになりきり、ドメスティックバイオレントな面持ちで渋谷へ。



























「ハクソー・リッジ」










ビデオパス























序盤のオリバー・ストーンの「7月4日に生まれて」のような甘い青春の1ページの描写から今更な「フルメタル・ジャケット」な訓練シーン。そこからの軍法会議までおおよそギブソンらしくない、娯楽作品の教科書のような展開が続く。

このあたりのガーフィールドとウィービングがとてもいい。特に「頼りないオトコNO1俳優」ガーフィールドがニヤけるたび、だんだんギブソンに似てくるから恐ろしい、というか笑える。

2017070104




そして言うまでもなく、この登場人物二人はギブソンそのもの。二人は、ギブソンの理想であり、そして現実。


2017070110


本作を贖罪と評する方もいるが、そうではない。ギブソンはいつだって、「ありのまま」を正直に描きつづけている。

ほぼほぼ1時間経過して、いよいよ戦場。戦争シーンが凄惨なのは想定内。だが相変わらずのヘンタイっぷりを随所で発揮。

2017070109


2017070105



やたら近い、あまりに近すぎる銃撃戦や手に持つ銃をPV視点からの地面に転がった死体の山。特に監督ずいぶんお気に入りだったのだろうか、火炎放射器の描写が妙にえげつない。

2017070113


2017070106

2017070107




後半に至っても、テンションはさらに増し、への問いかけを、我々観客に向かってさせるという、爆笑演出。


ここまで開き直られるとは、なんてアタマがおかしいのか。


やはりメル・ギブソン。信頼できる漢だ。




まったく頭の先からお尻まで想像通りの映画で、「パッション」「アポカリプト」となんら全く変わらない。


2017070108




感動とは程遠い「ザ・オレ様映画」。全く素晴らしい!!



いや、本当に途中「エクスペンダブルズ3」なんかのクソを監督しなくてよかったよ。



ヘンタイのみんな、よかったね!10年待ったかいがあったよ!!












追記

本作、それでも評価を他の監督作品より微妙にする点として、CGがやばいほどにガッカリレベル。いやCGなんてホントはどうでもいいのよ。だけどホンモノをつかっての、ほかの誰にも到達できないヘンタイレベルまで達してほしいと思う。

2017070114


2017070112












 

ランキング参加してます。面白かったら押してくださいね!





ランキング参加しています。面白かったら押してくださいね!


このエントリーをはてなブックマークに追加

↑ ↑ 面白かったら、押してくださいね!




↑ ↑ 映画バカの私が、よく聞くリスニング集です。

「メッセージ」ネタバレ 「ボーダーライン」に続き、本年度ワーストか?実はごり押しドゥニ・ビルヌーブの最新作をおっさんはこう見た。

「メッセージ」
劇場公開日 2017年5月19日

2017060501






ドゥニ・ビルヌーブ





前作「ボーダーライン」を面白い、つまらない、という意味でなく、期待値からの落差で昨年のワースト1にしたのだが、今もっとも注目すべき監督であることは、その時も触れた。




↓ ↓ ↓ 関連記事はこちら ↓ ↓ ↓

「ボーダーライン」ネタバレ 去年の「アメリカン・スナイパー」を彷彿させる、今季がっかり、ワースト候補




↓ ↓ ↓ 関連記事はこちら ↓ ↓ ↓

【年間ベスト】 ごめんなさい!! しんざんの2016年公開映画年間ワースト3は、なんと!これだ!!








この監督の作品は、ごり押し的な映像と音響、だが物語りはそれほど丁寧でなく、設定で押し切る、というような共通点がある。

それがうまくいったのが、「プリズナーズ」「複製された男」であり、悪く出たのが「ボーダーライン」と思っている。

初期作「灼熱の魂」「プリズナーズ」は特に「タブー」を題材にしたため、吸引力は必然としてあったのだが、「複製された男」については、「ミステリー」と「タイトル」で、その映像表現と省略、という名の「プラス」の演出がハマったと思う。





↓ ↓ ↓ 関連記事はこちら ↓ ↓ ↓

「複製された男」 いかなる前情報も仕入れちゃイカン、俺のも読むな








灼熱の魂 [ ルブナ・アザバル ]

価格:3,693円
(2017/6/4 00:58時点)




プリズナーズ【Blu-ray】 [ ヒュー・ジャックマン ]

価格:2,430円
(2017/6/4 00:59時点)




複製された男【Blu-ray】 [ ジェイク・ギレンホール ]

価格:4,210円
(2017/6/4 01:00時点)




[Blu-ray] ボーダーライン

価格:4,050円
(2017/6/4 01:01時点)




オレが「ボーダーライン」を評価していないのは、メキシコの現実の「設定」の上で十分成り立っているのに、余計な映像表現や暑苦しい音響効果でが煩わしく、映画が乗っていないからだった。

省略を「プラス」の演出と見るオレにとっては、「過剰」に「過剰」を重ねたわりに、根っこの味が定まっていない、という印象。




果たして今回はどうか。






ユナイテッド・シネマ映画チケット&会員登録アフィリエイト









「メッセージ」



















ビデオパス




結論から言うと、本作も全くその通りの映画だった。






よくよく睡魔が襲う、退屈、とかいうレビューが見られるが、全くその通り。それは君たちの問題ではない。


単純にいびつなのだ。



そもそも、宇宙船、宇宙人とのファーストコンタクト、言語解読、という、このミステリアスなSF設定でなぜ睡魔に襲われなければならないのか。







無駄に不安をあおる音響、暑苦しい映像が、全く機能していないからだ。











ストーリーのダメさについても、後半に至っては、宇宙船への攻撃をするかしないか、のサスペンスもびっくりするほど、キレがないし、ラストの愛の告白なんても、あんたら、いつそういう関係なの?



 

ランキング参加してます。面白かったら押してくださいね!





ランキング参加しています。面白かったら押してくださいね!


このエントリーをはてなブックマークに追加

↑ ↑ 面白かったら、押してくださいね!




↑ ↑ 映画バカの私が、よく聞くリスニング集です。

「プリズナーズ」ネタバレ 超豪華キャストの残念な結果と、今回もタブーネタも行き過ぎた感が残る

「プリズナーズ」
劇場公開日 2014年5月3日
2017060502



「灼熱の魂」


あちらのオチは収容所の例の男の容姿から、ひょっとして、という想像はついてはいたが、双子の姉とまったくおんなじリアクションをしてしまったオレ。

映画の語らんとするところは、そこではないが、そこまでの仕打ちが果たして映画的に必要かどうか、という点では、ちょっとやりすぎ、という気もした。

というか、それほどのオチをある程度想像、という時点でオレもやばい


灼熱の魂 [ ルブナ・アザバル ]

価格:3,693円
(2017/6/4 00:58時点)




プリズナーズ【Blu-ray】 [ ヒュー・ジャックマン ]

価格:2,430円
(2017/6/4 00:59時点)




複製された男【Blu-ray】 [ ジェイク・ギレンホール ]

価格:4,210円
(2017/6/4 01:00時点)




[Blu-ray] ボーダーライン

価格:4,050円
(2017/6/4 01:01時点)





さて、そのドゥニ・ビルヌーブ監督ハリウッドデビュー作。今回オープニングから本作もキリスト教的仕込みがあることを教えてくれる。しかしオレはそういう知識がないので、それとは一切切り離して鑑賞。






ユナイテッド・シネマ映画チケット&会員登録アフィリエイト






「プリズナーズ」











ビデオパス


今回も前作「灼熱の魂」同様、タブーな話だが、前作ほど凝ったものではない。

タブーありき、な感もあるため、設定も浅く、かなりアラがある。特に警察がバカ過ぎて、目も当てられない脆弱なストーリー展開。豪華キャストが逆にオチがわかりやすくもなっている。

しかし、本作もストーリーがメインではなく、タイトルが示す「プリズナーズ」、それぞれが、それぞれのことに囚われし者たち、の在り様を観る映画。

それゆえ、すべての主要人物のキャラ設定が極端。マンガ的。

ジャックマン演じるケラーは、自分しか信じない。またギレンホール演じるロキも自分しか信じない。それは変質的な神父が登場することで一層際立つ。その存在は、ケラーは信仰心が厚くとも、そういう世の中だと知っているし、ロキには捜査の手がかりの一つでしかない。

本作、ケラーの行動を賛同するか否か、のような売り文句だが、そこを議論する映画ではないと思う。結果として彼が正しい、正しくないを議論する映画でもなく、人はその己の意思に囚われて生きているのだ、ということなのだろう。

ビオラ・デイビス、テレンス・ハワードという豪華夫婦がほとんど活きていなくて残念。

一方ポール・ダノなんか、ボコボコでもポール・ダノ。メリッサ・レオなんてこのまま終わるわけないじゃん、という登場。




とは言え、緊張しっぱなしであっという間150分。






その緊張感はジャックマンのキレ演技とダノのキモさ。宗教的には意味があろう、何が出るかな、のキャリーバッグのお部屋(ここが一番怖かった。。)

若干、韓国映画のノリに近いなあ、と思いつつ、いわゆる韓国映画のそれとは違ったラストで。



 

ランキング参加してます。面白かったら押してくださいね!





ランキング参加しています。面白かったら押してくださいね!


このエントリーをはてなブックマークに追加

↑ ↑ 面白かったら、押してくださいね!




↑ ↑ 映画バカの私が、よく聞くリスニング集です。
楽天市場
楽天DVD BD

livedoor プロフィール
LINE読者登録QRコード
LINE読者登録QRコード
オーダーシャツが結局お得
自分磨きに
頭皮もしっかりケア