しんざんの、みんな仲良し映画評!!

ほんとうは仲良しとは程遠い、あまのじゃくな映画評、映画批評、映画評論ブログ 全部ネタバレ。またあまのじゃくゆえ、人によってはまったく受け付けないものもあるよ。もちろん、こっそりオススメもあるよ。

「進撃の巨人 ATTACK ON TITAN」 あなたの神は誰ですか?

あなたは神を信じますか?

201508041



原作信者?アニメ版信者?それとも町山智浩信者?ライムスター宇多丸信者?あ、そうそう忘れてた、前田信者?

本年度邦画最大の話題作は、観るものの試金石となる大変な珍品。

傾向からすると、原作信者は設定で怒り、アニメ版信者は、ミカサに終始。町山信者は、今まで信じてきたものに疑いを持ち、自己を見失い大混乱。宇多丸信者は、週末まで語らない(笑)。非常に分かりやすい行動になりそう。

オレ?前田信者。

というのはウソで、そう、しんざん信者。

本作、邦画の伝統芸と怪獣映画のノウハウをホラーの定石に当てはめて、ある部分、ギャグにして茶化し、ある部分、大真面目に繰り広げるという荒技のブサイク加減に爆笑する映画となった。

少なくとも、前提は「ファンタジー」な設定をどう笑ってあげられるか、それに尽きる。

脚本は渡辺雄介+町山智浩。

うるさ型にはクソ扱いされる脚本を安心安定クオリティで生み出すが、ある意味最も「堅実」な渡辺氏と、うるさ型からすれば、クソ映画を最も多く観た、クソ映画を知り尽くした「神」町山氏のコラボ?こそが、本作の最も楽しい楽しみ方。

その化学反応が面白いか、どうかはさておき、なかなか手はこんでいる。

例えば、公開直前の予告に、エレンが絶叫する一コマがあった。これを見てライトな観客はドキドキし、うるさ型は、ああ、また邦画のクサイ絶叫かよ!と思うであろう、あのシーン。

しかし本編では、ここでエリンが絶叫するぜ!という時に、横ヤリ入って、「いやいや、あんた、だまんなさいって」「あ、ごめんなさい。。」って、エレンを黙らせる。

邦画の伝統芸を、ギャグにしている引っ掛け。なかなかやるじゃねえか。

また予告時、大不評だった立体機動装置による飛翔シーンのダメダメCGも、本編では大分改善されている。
(ただし、飛んでる全身を正面から撮るダメダメカットは残ってた。)

そう、予告と本編の使い分け、扱いがなかなか戦略的。氏ぬ氏ぬ詐欺の逆バージョンとでも言おうか。ムキ出し巨人は見せ場ではなかった!というのは十分なサプライズだと思う。

実際本編は巨人の重量感、恐怖感、キモイ感はホントよく出ており、特にエレンが巨人化しての、他の巨人を殴り倒すシーンは、日本ならではの特撮技術の結晶で、「パシフィックリム」、「GODZILLA」ではこぞって逃げ回っていたダイナミックな映像を、真正面から見せてくれる。そこは大いに誇っていい。

また、ホラー映画としての、作品の立ち位置も心得ており、内容的に「無意味」だが、ホラー映画的に必須な定石として、「わざわざご丁寧に」用意された欲情したオンナや、エッチしてるヤツらは巨人に喰われる、というところや隊長が指示出し中に喰われる、という定番もあり、笑かしてくれる。

登場人物がこぞってバカなのは、特撮映画であり、ホラー映画だからだ。正直ズルいが、そりゃ、しょうがない。

うるさ型が、またいつもの渡辺雄介氏の脚本かよ!でこき下ろす、を承知の上で、映画オタなネタを散りばめ、後で、そいつらに、最初のバカにした脚本が、実はスゲー凝ってました!って、言わせたいかのような、製作陣のイヤラシイ感じが透けて見える。

話の筋以外は「公開後しばらくしてから」脚本の凝りように目を向かわせようとするとは、樋口監督、イヤラシイ。

役者について

原作知らないが、主人公エリンの青臭さ満載は原作者希望の改変の最も大事な点だと思うが、演じる三浦くんが意外にも、ちゃんとアオい青年に見えて素晴らしい。だからこそあの大人になれていないアオい青年の心からの絶叫寸止めがより楽しくなるのだ。

水原希子さんもイイ。再登場時の「飼われてる」感がイイ。

それらに比べると、石原さとみさんは、演じやすいキャラ故、ほめる理由は特に無い。

追記

もちろん

・そもそも兵士がいるが壁に見張りがいない
・その文化レベルでは立体起動装置は作れるが、なぜ生体レーダーは作れないのか、さっぱりわからない
・人間の声には反応、車の音は気にしない巨人
・締め出したことがあるなら、その方法は記録があるだろう

ハナっから言ってもしょうがない問題は山積。この辺までもがギャグか?と言われると、まず違う。

ただしそれは、原作にはちゃんと説明があるのか?と言う質問にまともな答えが返ってくることを期待するのと同じくらいムダな突っ込みだ。

さあ、あなたは誰を信じますか?

追記2

巨人の存在について

原作しらずの勝手な解釈だけど、映画で観る限りは、人間の憎悪から成り果てた姿、ということに見える。
(エレンの場合は、ミカサへの逆ギレのようにも見えるようにしてほしかったが)

つまり、「世界は残酷だ」というのは、「無慈悲な弱肉強食の世の中」「壁の外からの恐怖」というだけでなく、巨人の襲撃は、人間の憎悪の醜さが招いた事態、もっと言うと、「巨人こそ犠牲者」という帰着点に落とすことも可能なわけだ。

 ←ランキング参加してます。面白かったら押してください


ランキング参加しています オモシロかったら押してください 映画評論・レビュー ブログランキングへ

 このエントリーをはてなブックマークに追加
↑ ↑ 面白かったら、押してください。

↑ ↑ 映画バカの私が、よく聞くリスニング集です。

「キャリー」 キャリーが一番カワイイ、ということはまあ、そういうことだ

「キャリー」
劇場公開日2013年11月8日

自主規制?後、ですが、最初のポスターよりこっちのほうが正しい映画でした
201507265

旧作を知っている人間にとって、今回のリメイクは、

1)カワイイクロエがキャリーを演じること
2)リメイクならではの新味を探す
3)ジュリアン・ムーア

にしか興味はいかないのである。

1)スクリーンの中や観客席を見渡しても、キャリーが一番かわいいんだから、ああ、これはそういう映画なのだ、とシャワーシーンで全部分かっちゃう。

どんくさいけど、17歳で初潮を迎えるけど、お母さん変だけど、超カワイイ。
田舎町だが現在の設定で逆にオーバーオールの着こなしが粋なキャリーはそもそもいじめられる存在ではないのだ。

201507269

いや、さすがに可愛さ、隠しきれてませんって。
201507266
201507267

どう見てもクラスメートのジェラシーにしか見えない。まあ、いじめっ子がキャリーに似た豚を見つけるところは面白かったけど。

2)オリジナルに忠実、といえば聞こえはいいが、まんま。

オリジナルを超えよう、という意思は初めからないし、別路線で行こう、という冒険もない。クロエの七変化を見せたいがために、淡々とスピーディーにストーリーが展開される。プロムで爆発するまでの何のタメが全く無いのである。
クロエが一番カワイイのに、やっぱり一番かわいかったね、というのだから、感情の起伏も何もないのである。

もう、役柄忘れてるでしょ?

201507268

そう、単にいつもの血まみれクロエ登場のためだけに作られたアイドル映画でしかない。


「はい!真っ赤が似合うアイドルです!<3」
ってな彼女だから、悲壮感な演出など初めから無いのだよ。

はい、正装です
2015072611

というか、ここから企画がスタートしたとしか思えないな。

3)狂信的だが、逆にむしろエロチックで、すさんだ美魔女を好演。ジュリアン、さすがである。

201507281

オリジナルとの比較をすると、止まらなくなるので、ここではやめるが、アイドル映画として楽しめれば、それで作り手の意図通りでいいのではないだろうか。

 ←ランキング参加してます。面白かったら押してください


ランキング参加しています オモシロかったら押してください 映画評論・レビュー ブログランキングへ

 このエントリーをはてなブックマークに追加
↑ ↑ 面白かったら、押してください。

↑ ↑ 映画バカの私が、よく聞くリスニング集です。

「死霊館」 ベラ様のフリルブラウスだけでも満足だけど、資料館な出来でびっくり

「死霊館」

劇場公開日2013年10月11日
201507241

久々のホラー映画鑑賞(2013年当時)。

タイトル「死霊館」がとっても70年~80年代なので、ちょっとだけ気にしていたのだが、主演がベラ・ファーミガ、と知って、急きょ映画館で鑑賞。ベラ・ファーミガ主演、というだけでホラー映画をわざわざ映画館で見るのはそれなりにわけがある。

ホラー映画にリアリティを求めるほど青くはないが、面白いホラー映画はやはり出演している役者によることが多い。

もちろんスターが出ている、お金がかかっているからこそ日の目をみる、というのもあるが、わざわざレンタルでクソみたいなホラーをつかまさせるよりかは、誰々が監督、だれそれが出ている、で決めるのが、まあ、間違いではない。

POV映画とか低予算ホラーとか、そんなの見て、怒りを抑える心の余裕もお金と時間の余裕もないのである。圧倒的にはずれが多いからね。

だから、本作は俺の価値観では「見てもそれなりに納得するホラー映画」であるし、「ソウ」の監督だし、ということで鑑賞。

ちなみにベラ様がいいのは、「色っぽい」「艶っぽい」は当然として、「ちょっと顔が怖い」点。
絶叫するヒロイン、という歳ではないが、絶叫「する」ほうでも、絶叫「させる」ほうでもどっちでもいけそうな顔をした役者であるからだ。

そのベラ様、霊能者役とは、本当に素晴らしい!しかもフリルブラウスで登場である。ベラ、霊能者、フリル、もうこれだけで70年代ホラーの再現を見事にクリアしている。

201507242

201507243

お美しい。青い瞳がホラー向きなんでしょうね
201507249

こちらは、ジェイミー・リー・カーティス様
201507246

はい、こちらも有名ですね、リ-・レミック様(例の「オーメン」の写真、怖いからイヤだ)
201507248

はい、こういうセンス、素晴らしいですね
201507244

このあとホラー映画史上最高のびっくりがあります。お連れさんと顔見合わせること、間違いなし
201507245

本作は古臭い映像や演出を楽しむ映画だが、70年代のびっくりホラーをセット、衣装、演出を丁寧に再現しつつ、今風の見せ方も随所に交えた古今東西、和洋折衷な良品。邦題が「死霊の館」というタイトルでなく、「死霊館」としたのは、配給会社がそういった資料館な本作の特徴を表現したのだと思う。

いろんな世代が楽しめるようになっているのだから、好みに合わない部分を引っ張り出し、たとえばどっきりポイントを批判したり、ラストのオカルト対決に文句を言ったりしてはいけないのである。

追記1
くるぞ、くるぞ、と来なかったり、来たり、と音と映像でおちょくってくれてありがとう。

追記2
ホラー映画の約束事として、登場人物に対して
「ああ、そっち行っちゃダメ~」
と観客に思わせることはとっても素晴らしいことなのだと改めて実感。本作で何回も心の中で叫ばしてもらった

 ←ランキング参加してます。面白かったら押してください


ランキング参加しています オモシロかったら押してください 映画評論・レビュー ブログランキングへ

このエントリーをはてなブックマークに追加
↑ ↑ 面白かったら、押してください。

↑ ↑ 映画バカの私が、よく聞くリスニング集です。



「キャプテン・アメリカ ウィンター・ソルジャー」 最終決戦にあの衣装を着る心意気に感動せよ

「キャプテン・アメリカ ウィンター・ソルジャー」
劇場公開日2014年4月19日

201507258

201507259

オープニング。
一人の男が、明らかに他と違うスピードのランニングで、次々に追い抜いていく。「左から失礼」

この時点でこの男、キャプテンの身体能力、人柄を簡潔に表している。

続編のオープニングとして、満点。

オープニングで走るキャプテンは、その後も、全編走る。特に走る、という意味では、バイクなのだが、シールドの仲間からいきなりエレベータで襲撃されるシーンから、ビルからの脱出、戦闘機の追ってから逃げるシーンが圧巻。シーン最後のキャップのカット最高!
201507263

201507264


ブラック・ウィドウはヒット&ラン、不意打ちを随所に見せる。特に高速道路下のウィンター・ソルジャーへのヒット&ランは感動的。ランの後ろ姿のくびれがさらにそのカッコよさに拍車をかける。

その戦い方はしたたかではあるが、実は彼女の境遇やキャップとの会話同様、真正面から向き合うことが苦手であることも表している。

フューリー、というか、サミュエル・L・ジャクソンは今回も演説熱弁中にいきなり背後から襲われる。(俺が知る限りサメを含め4回目)

ロバート・レッドフォードはどんなにジジイになっても、役者としては、風格もないし、大根。ジャクソンとの2ショットはこっちが心配になった。

キャプテンは、ここぞ、というときに待ってましたの、コスプレ。
そうね、確かにダサいね。だけど、最終決戦でアレを美術館から持ち出して着るってところがいいんだよ。あの展開だから、

「よっ!待ってました、コスプレ!」

って拍手を送れるんだよな。

ヒーローもの、というか、政治アクションものとして、007的な雰囲気もあり、「ヒート」のような銃撃戦もあり、ぐっとくるとことで、コスプレ、こりゃ面白いはずだ。

 ←ランキング参加してます。面白かったら押してください


ランキング参加しています オモシロかったら押してください 映画評論・レビュー ブログランキングへ

 このエントリーをはてなブックマークに追加
↑ ↑ 面白かったら、押してください。

↑ ↑ 映画バカの私が、よく聞くリスニング集です。

「ブルーバレンタイン」 間違いなく18歳未満(だと思う人)禁止

「ブルーバレンタイン」

劇場公開日2011年4月23日

201507251

オンナの人は彼との関係でダメだと思ったら
「もうダメ」
と言う生き物で、
オトコの人は、ダメだと思ったら
「変われるから」
と言う生き物
というんを実生活だけでなく、映画でも教わってしまった。

そんな二人の出会ったころの美しさ、はかなさはエンドロールの映像のごとくである。思い出だけがきらびやか。

愛犬が行方不明になってから、二人の決定的な結論に達するまでたったの1日しかたっていない。しかし数多くの回想の中で二人がずれていった僅かな違いをさりげなく見せて、その1日が最後のボタンの掛け違いに気づかせる1日となる。

主人公男女のキャラ設定がオクサンのほうが、かなり具体的である一方、ダンナのほうは、ほとんど彼自身がセリフで語った程度の設定しか見せない。

オクサンの設定は、エリート大学付属女子高校生って、「はいはい、こんな感じ、こんな感じ」と共感してしまったけどね。

ダンナの設定が抽象的なのは、これはオレの推測だけれども、最後の「1日」を迎えたオトコの取る行動は案外みんなああなのでは、という作り手の意図なのかも。

既に「終わっていること」に納得するのはとっても無理なんだけど、それでも大事な話を2人でしたい、というときはさすがにラブホテルはまずいよな。

でもオトコって悲しいかな、そういう「ノリ」というか「感覚」なんだよ。

「(500)日のサマー」で
「浮かれてんじゃねえ、テクを磨け」
とレビューしたが、アレを観て直後にコレを観ると、18歳未満の人はさすがに
「じゃあ、オトコって何をしたらいいんだよっ」
と泣いてしまう人もいるかもしれないので、観ないほうがいい。

かといって、「普通じゃん、こんなの」と言ってしまうのも、オトコとしても、映画を楽しむスタンスとしても、果たしてどうかとも思うけどな。

巧みな編集と、主役2人の役作りだけでおなかいっぱい。さらに映画を鑑賞したあと、映画について語るのが大好きな人にとってはこれ以上の映画は無いんじゃない?

これ以上書くと、恋愛マスターかよ、と知人に今度こそ笑われるので、この辺で。

 ←ランキング参加してます。面白かったら押してください


ランキング参加しています オモシロかったら押してください 映画評論・レビュー ブログランキングへ

 このエントリーをはてなブックマークに追加
↑ ↑ 面白かったら、押してください。

↑ ↑ 映画バカの私が、よく聞くリスニング集です。

楽天市場
楽天DVD BD
livedoor プロフィール
LINE読者登録QRコード
LINE読者登録QRコード
オーダーシャツが結局お得
自分磨きに
頭皮もしっかりケア