しんざんの、みんな仲良し映画評!!

ほんとうは仲良しとは程遠い、あまのじゃくな映画評、映画批評、映画評論ブログ 全部ネタバレ。またあまのじゃくゆえ、人によってはまったく受け付けないものもあるよ。もちろん、こっそりオススメもあるよ。

「寄生獣 完結編」 前編の良さを活かすことが出来たのか、どうか?

寄生獣 完結編

少しスタンスを変えて攻めてみようと思う。

1)公開時期

ライバルは「シンデレラ」「ワイルドスピード」「コナン君」そして伏兵「ビリギャル」。どうしようもないTV編集版とずらーーと並んだDVDの見苦しさが先行し哀れすら感じる。

こればっかりは戦略ミスだったんじゃないか

2)2部作

前編時にも言ったけど、ミギーを阿部サダヲ氏に指名したこと、グッズ、客層に対して、原作のテーマを今の邦画が扱えるどうのこうのでなくって、

「原作にとらわれ過ぎて失敗した」のが後編。

山崎氏、古沢氏どうのこうの言う話ではない。

3)前編の良さ

これはもう、原作のテーマを語る必要のない前編で、自由ゆえの映画ならではの改変への意気込みが見えた点と、純粋に少年の成長譚、ヒーロー誕生譚、として成立したから。

得体のしれない敵との戦いの中、主人公は成長する。前編において、環境だの、人類だの、主人公には全く関係ないことだ。だから、映画ならではの見せ方、原作の「重要と思えた」要素をバッサリ切って、その成長譚を素直に邪魔しない設定および原作を上回ろうとするアイデアも組み込む意思があり、実行できたからだ。

4)後編のダメさ

それが後半、すべての役者の演技がガタ落ち、演出も、脚本もガタガタ。なぜか?

成長譚からの発展を、後編に「成長譚にとって無駄な」原作のテーマに縛られ、成長譚を活かすことが出来なかったからだ。後編は、原作のテーマを、叫べ、叫べと声高に、それゆえ役者の演技は起伏なしの一辺倒で、特に染谷氏の演技が本当に真逆の急降下。作品全体が、作り手が、思考や工夫、創造力がピタっと停止してしまった。「原作のテーマ」なんざ、ブン投げ、設定だけ原作から借りれば、やりたいことがもっと整理できたのではないかと。

もうね、そんなだから、「テーマ」の語り方が、陳腐で陳腐で、見苦しくって、観ててつらかったね。

追記

深津絵里氏

正直、前編はまるで買ってなかったが、後半もダメだと。いや彼女が悪いんじゃないよ。赤子を食っちまうような面構えの女が母性に目覚めるようじゃなきゃ。彼女、赤子を抱いてる違和感ないんだもん。




20150621-7

ほれ、これこれ

20150621-4



第一、東出君の寄生獣の演技がドハマリしてるんだぜ?他の「芸達者」が寄生獣なんて演じられるわけないじゃん。


いや、冗談抜きで、本気ですごいあってると思うよ
20150621-6

 ←面白かったら押してください


「はじまりのうた」 泣くな、キーラ。その涙を咬み殺せ

はじまりのうた

20150621





Keira
 Knightley

ルックスと「キーラ・ナイトレイ」がこれほどしっくりくる女優はほかにはいない。

まさに、狂った狂犬。
咬みつけ、キーラ。戦え、ナイトレイ。

原題「Begin Again」

このテイラー・スウィフトな原題とBegin Againなシチュエーションなんか全く縁のなさそうなキーラ。

しかし、これが実にいいのよ。

彼氏アダム・レヴィーンに新曲を聞かされ、表情がみるみるかわるなり、くそビンタ。今のレヴィーンにビンタできる女は確かにキーラしかいないんじゃないか、と思わせるほど、説得力がある。

俺もビンタもらいたい。

本作、音楽映画としての風貌ではあるが、実は音楽で成功するとか、路上でアルバムをつくるとか、そういう部分は結構描いてなかったり、適当だったりする。

つまり、体はファンタジー。

この辺を映画的に欠点とみることもあるかもしれないが、これはもう作り手が、意図的に、キーラのかわいいところ、かっこいいところ、咬みつくところしか興味がない、ぐらい、キーラ萌え。

そのスタンスなので、リアリティは全く必要なし。

もちろん、それなりにバランスも配慮し、ラファロの娘の参戦には、それなりにシンプルなガールズポップで楽しませてくれたり、最近のレヴィーンの匂って来るような臭い歌声とアレンジを半分自虐的に笑いに結び付けたりと、なかなか楽しい。

このシーンね

20150621-3

キーラ かわええ、娘もかわええ



特にイヤホン分配器での、互いのお気にいりのプレイリスト公開と互いの音楽談義とダンス、といささか中学生の青臭いドリームを照れも臆面もなくやってくれるところがいさぎよくって、鼻で笑うを通り越して、ほっこりする、っていう、中二病感も満載。

20150621-2



それだけだったら、中学生なのだが、ラストの、キーラの、ラファロを、まさに噛み切り殺しそうなあのまなざしと、エピローグの分配器。

最高である。

さらに、ラストのキーラのチャリンコ。


20150621-1


泣くな、キーラ。その涙を咬み殺せ。咬み殺した微笑みがまた美しい。

追記
ここまでヒロインにヤラレてしまったのはホント久しぶり。ラストのチャリンコ姿や、エピローグの内容からして、これ、続編イケんじゃねえか?

追記2
「音楽」映画は今年もたくさんあるけど、これと「きみが生きた証」は導入部から表向き非常によく似ている。ある意味、どちらも雰囲気映画ではあるのだが、あちらは「音楽」映画ではない、というのが決定的に違う。


 ←ランキング参加してます。面白かったら押してください


ランキング参加しています オモシロかったら押してください 映画評論・レビュー ブログランキングへ

このエントリーをはてなブックマークに追加
↑ ↑ 面白かったら、押してください。

↑ ↑ 映画バカの私が、よく聞くリスニング集です。





10月ですか、遠いなあ

はじまりのうた BEGIN AGAIN [Blu-ray]

キーラ・ナイトレイ
ポニーキャニオン
2015-10-07


はじまりのうた-オリジナル・サウンドトラック
サントラ
ユニバーサル ミュージック
2015-01-21


「チャッピー」 赤ちゃんプレイ

チャッピー


ウィーン、ガシャン、ガシャン。

ロボット刑事、の映画、ロボットが出てくる映画のアクションってつまんないよね。
ええ、犯人逃げちまいますよ。

チャッピー

今回のロボットは、そりゃもう、関節ふにゃふにゃに動く、動く。その姿はまさしく、大きいお友達が赤ちゃんプレイをしてるのか如く。
おかげでレディはドン引き。最大の欠点はチャッピーがキモイ、という点。

話題のカットのせいかどうか知らないが、全く緊張感のないアクション、銃撃戦はまさしく「ロボコップ」。
「ロボコップ」を中学生にしてみました、というだけの映画。

アメリカ、っておっさんがいて、コイツが最初にチャッピーを扱いやすい中学生にするんだよね。数いる登場人物のうち、この「アメリカ」ってのがある意味一番「オトナ」なのが面白かったが、ジャックマンに嬉しそうに真っ先に、真っ二つに、ブン捨てられる。

この映画の世界にはオトナはいらないっていう。チャッピーはじめ、開発者2名、ゴロツキ、みんな中学生。

この監督の映画の鑑賞って3本目になるんだけど、中二感に毒気、じゃなくって、毒気を中二感のせいで、むしろ毒抜きしてしまっている、というのがオレの印象。「第9地区」もそうだったんだが、少しも奇をてらった演出はなく、定番のフォーマットを真面目に模写している真面目な中学生、という印象しかないかな。

人体損壊とか、そういうんじゃなく、もっと独自の、ブラックな笑いのセンスが圧倒的に足らない。ラストなんて、本当はもっと笑えなきゃいけないんだけど、まじめな中二感のせいで、くだらない、という印象にとどまっている。

チャッピー アンレイテッド バージョン プレミアムエディション 【初回生産限定】 【Blu-ray】 [ シャールト・コプリー ]





海賊版のジャケット?? タイトルが、深い!
Chappie-Neill_Blomkamp-Chinese-Poster


第9地区 [Blu-ray]
シャルト・コプリー
ワーナー・ホーム・ビデオ
2011-04-21




 ←ランキング参加してます。面白かったら押してください


ランキング参加しています オモシロかったら押してください 映画評論・レビュー ブログランキングへ

 このエントリーをはてなブックマークに追加
↑ ↑ 面白かったら、押してください。

↑ ↑ 映画バカの私が、よく聞くリスニング集です。

「君が生きた証」 楽曲のアオさ、気持ち悪さが正しい話ではあるが。

!!いつも以上にネタバレ注意です!!

「君が生きた証」 

劇場公開日2015年2月21日

20150717

この映画、序盤からずっと違和感を付きまとう。
主人公の身の落とし方が明らかに被害者のそれではないからだ。中盤のネタバレまで心持が悪いのは正しい感性。

人を感動させる曲、というのを表現するのは難しい。その意味でこの映画は最もうまい方法で、それを演出していることの「あざとさ」にとりあえず評価。

はっきり言って、楽曲のレベルは低い。さらに歌詞は気持ち悪いほどアオい、ときている。

しかし、これには意味があるのだ。楽曲のレベルの低さと歌詞のアオさは中盤のネタバレで納得させられる。この気持ち悪い歌詞にグラッとくるのが、またしても気持ち悪い兄ちゃん、ということも見逃してはいけない。

こんなガキに「あの曲よかったですよ!!」と言われると正直、困る、ってのはある。
201507172


こういう楽曲を書く人間はちょっと。。。、と暗に示唆している。ただし、このお兄ちゃんを「気持ち悪くない」人間にしていく成長談でもある。

こいつに「あの曲よかったぜ?」って言われると、そりゃまあ、うれしい
201507173



ラストに主人公が一人で事実を明かし、一人で歌うのも、「気持ち悪さ」を親である主人公が一身に受け止めた、ということでもあるのだ。


だがこの映画の欠点は、演出。

省略を引き算、と考えるのは早計で、描かない、という表現は足し算だ。事件の全貌も描かないのはあくまで、主人公の生き様しかこの映画は描くつもりがないわけだが、息子のしたことやその心情は、主人公たちが演奏する曲に少しずつ、しかし間違いなくエスカレートしなければ、主人公の到達する境地へはすんなりと共感できないと俺は思う。

そういう「上手さ」がこの映画になく、省略の演出と非常にバランスが悪い。

もっというと、ラストの独演は「弾き語り」であるべきなのに、余計な音を入れ込んで感動させようとしている。コッテコテの演出過多の典型。序盤でアレンジでドライブ感を曲に与えていく、アレンジのマジックを描いている一方、アレンジで映画を殺しては台無しである。


楽曲のダサさはそれでいい、むしろそうあるべき話だ。だがしかし、妙なところで演出が走りすぎ、その一方、映画的面白さががっつり欠如している。

追記
主人公が音楽好き、広告マンという誰が見ても憧れるおやじ。息子とはうまくいっているようもあった。しかし、そうではなかった。結局、何をどう考えても仕方ないんだよね。

だからこそラストの弾き語りは、余計な音は入れてほしくなかった。受け止めるは観客自身のそれぞれの思い。

残念だが、真摯なようで、実は雰囲気だけの映画、というのがオレの結論。

 ←ランキング参加してます。面白かったら押してください


ランキング参加しています オモシロかったら押してください 映画評論・レビュー ブログランキングへ

 このエントリーをはてなブックマークに追加
↑ ↑ 面白かったら、押してください。

↑ ↑ 映画バカの私が、よく聞くリスニング集です。

「グローリー 明日への行進」 ホントにスピルバーグか黒人でないと撮れなかった映画

「グローリー 明日への行進」

Maroon5の「Lost Stars」にアカデミー主題歌賞を競り勝った、感動曲Common,John Regendの「Glory」から邦題を、ということだろうが、黒人映画を全部グローリーにしてしまうのは、果たしてどれだけの興行効果があるのか、ある意味見もの。。



映画はいわゆる「日本人の知っている」キング牧師のストーリーではない。しかし、アメリカ人ならだれでも知っているはずの「血の日曜日」が主軸のストーリー。

なぜか?とはここでは書かないが、監督のインタヴューでその理由は明らかになっている。

そう、本レヴューのタイトル通りで、以前「それでも夜は明ける」で思ったことが、本作では本当にそういう事情だったという。

とんでもない制限のなか、キング牧師の映画を作ったという熱意にまず敬意を表する。

たとえ、事件から50周年を前にして(全米公開)の、ここでしか、というタイミングはあろうとしてもだ。

一方あまりにその熱意が強すぎて、映画的な面白さがごっそり欠けている、という点はここでは眼を瞑るべきかと思う。

だから、伝記もので、「説明不足」とか「面白味がない」とか「あの事件が描かれていない」「あの・・・」という、そういうレビューに耳を貸してはだめだ。

そういう映画なので、我々日本人ははっきり言って、この映画ちんぷんかんぷんな人が続出するに違いない。少なくともキング牧師の基礎知識をもって臨まないと、普通に作られたドキュメンタリー映画より遥かに退屈になる可能性が高い。

しかし、そういう映画でも楽しむことは必要だ。

・キング牧師の基本知識をもって補完しながら観る
・当時のファッションを楽しむ
・内輪話の、デ・ニーロがオーディションで落ちた理由を勝手に納得してニヤニヤする
・「Glory」で泣く
・さらに上級者はラストの演説を楽しむ(俺には無理だった)

という、とにかく自己責任で観る映画。

追記

とにかく徹底的に娯楽色を出さないようにしている。これは「それでも夜は明ける」の「つくりっぽさ」からの反省なのかもしれない。

デ・ニーロやピットが、あの役やこの役をやったら、と思うと全く違う映画になっただろうし、これはこれで、熱意を押し通した「必要な映画」ということなのだ。

その「必要」いう意味は、本作は「それでも夜は明ける」と正反対な「非暴力」な作品として、まさしくキング牧師を描くべき姿勢として「必要だった」と俺は思っている。

そういう意味で今回のピット氏の働きはとても大きいかもしれない。




 ←ランキング参加してます。面白かったら押してください


ランキング参加しています オモシロかったら押してください 映画評論・レビュー ブログランキングへ

 このエントリーをはてなブックマークに追加
↑ ↑ 面白かったら、押してください。

↑ ↑ 映画バカの私が、よく聞くリスニング集です。
楽天市場
楽天DVD BD

livedoor プロフィール
LINE読者登録QRコード
LINE読者登録QRコード
オーダーシャツが結局お得
自分磨きに
頭皮もしっかりケア