しんざんの、みんな仲良し映画評!!

ほんとうは仲良しとは程遠い、あまのじゃくな映画評、映画批評、映画評論ブログ 全部ネタバレ。またあまのじゃくゆえ、人によってはまったく受け付けないものもあるよ。もちろん、こっそりオススメもあるよ。

「アメリカン・スナイパー」 傑作反戦映画「ハートロッカー」の先を行く映画だが、着地点は「ランボー」で経験済み。

「アメリカン・スナイパー」

劇場公開日2015年2月21日





クリス・カイル氏が亡くなって2年。という現実がごく最近の出来事であったとしても、このテーマを取り扱うのは若干出遅れ感はある。
そう、肌触りは違えど、「フルメタル・ジャケット」に思った、出遅れ感を感じる。

出遅れ感が映画のデキを決めることは決してないとは思っているが、「いまさら」「いいとこどり」と感じる場合はやはりそれだけ損をしている。

本作、「ハートロッカー」をプロパガンダと言っている、ものすごーーーく勘違いをしている観客のために、わざわざ分かりやすく、一方「ローンサバイバー」というこれこそ、まさしく、ザ・プロパガンダ映画を、反戦映画と勘違いしている観客のために、着地点はオレらおなじみの「ランボー」という、より分かりやすい「ヒーロー映画の皮をかぶったアンチヒーロー反戦映画」。

題材が真摯なのに出遅れ感を感じるのは、すでに「ハートロッカー」という、これより先に一人の男にまじめに向き合った反戦映画の決定版が出ているからだ。

そのうえ、実話をもとに、他の娯楽作のおそらく「いいところどり」した感がさらにずるさを感じる。無音のエンドロールなど、やりすぎ。

イーストウッド監督のアクション映画にはオレは昔から興味がない。実際、本作もアクション的なシーンは妙に娯楽よりなくせに、絵自体は本当に単調である。敵対するスナイパーとのやり取りは、明らかに娯楽よりだが、なんとも絵も緊迫感もなく退屈。また銃撃戦真っ最中に電話するシーンなんて、要るか??

最悪なのはクライマックス。いくらなんでも描き方がバカすぎる。特に射撃後の逃亡劇。帰国後の描写もあまりに分かりやすく描き過ぎ。実話だといっても、こりゃいくらなんでも。

むしろ、主人公のちょっくら行ってくるぜ感のほうがとても悲しく、恐ろしい。銃を握ることでの心の平穏は悲しいことだ。戦争は悲劇だ。

それでも彼は、彼にしかできないことを、彼が実践できているという絶対的な事実。それはだれも決して否定できない。

それゆえの心の崩壊が、彼自身でなく、むしろ救った者たちからより如実に表れることの恐ろしさ。その点はまさしく傑作反戦映画「ハートロッカー」の先に行く映画であることは違いないし、その着地点は我々はすでに「ランボー」という傑作でも経験している。

それゆえ、本作の出遅れ感といいところどり感が、拭えない。


追記
赤ちゃん問題

どうでもいいじゃん。

 ←ランキング参加してます。面白かったら押してください


ランキング参加しています オモシロかったら押してください 映画評論・レビュー ブログランキングへ

このエントリーをはてなブックマークに追加
↑ ↑ 面白かったら、押してください。

↑ ↑ 映画バカの私が、よく聞くリスニング集です。

「アメリカン・ギャングスター」 トニー・モンタナをデンゼルが演じたら、みんな「優しい」って言うのだろうか

「アメリカン・ギャングスター」
劇場公開日2008年2月1日

201507232

リドリー・スコットが、弟トニーの盟友デンゼルを起用し、今ではすっかり、うんざりが始まりつつあったラッセル・クロウとの組み合わせで実現した、初の正統ギャング映画。

が、その豪華キャストおよびスタッフにもかかわらず、ギャング映画史にその名を残す作品となっているか、と言われるとそうでもない、非常に影の薄い作品。

本作、実話ゆえ、とんでもない密輸ルートを平気でネタバレする宣伝と評論、レビュー、そして本作の純度100%の麻薬の「入れ物」をきちんと描くことに遠慮があり、ストーリー的にも、絵的にも燃えるものがないのだ。

リドリーはなぜか好んで、ネタの割れている歴史ものや現代史を扱うが、映画的なカタルシスを一方で失って、どうもお手軽な映像化、凝るのは絵画的な映像のみ、という印象が拭えない。

ギャング映画という点では、言うまでもなくスコセッシの「グッド・フェローズ」にそっくりで、よせばいいのに、音楽の使い方までそっくり。

もっと言うと、マイケル・チミノの「イヤー・オブ・ザ・ドラゴン」にも。(ちなみに「イヤー・」はこの事件に若干人種差別的にストーリーを稿こしたのかのように見える))

本作の最も他の作品群と差別化をしなければいけないのが、「黒人による自虐商売を、という黒人映画」である、という点であるはず。

主人公フランク・ルーカスのやってることは、事業家、というより、黒人が、他人種に搾取されるぐらいなら、他人種に子供をヤク漬けにされるくらいなら、オレがやったるわ、という風にしか見えず、同種の商売仲間や商売敵にも徹底して冷酷。

おまけに、自分の身近の若者が、金が無いため出征し、死んでもつれて帰る誠意に付け込んでの麻薬ルートである。

単なる極悪人じゃねえか。頭が極悪に切れる黒人、ということ。それをデンゼルが演じる、ということで「優しい」という、その見方になる人が多い。しかし、その所業をみれば、その意見がどこから来るのか、さっぱりわからない。

母親すらすっかり騙されかかる、その笑顔。本作の極悪デンゼルの名演こそ、ここにある。本作の最大の欠点は、それなのにその「うますぎる笑顔」を観客に誤解されている、という点。

ダメないとこや、ジュッシュ・ブローリン、アーマンド・アサンテなど、キャラ的にずいぶん面白いのがいるが、クロウのほうが大して面白くないのに長くなっているせいで、全体的に、やっぱおもろない、という結論。


 ←ランキング参加してます。面白かったら押してください


ランキング参加しています オモシロかったら押してください 映画評論・レビュー ブログランキングへ

 このエントリーをはてなブックマークに追加
↑ ↑ 面白かったら、押してください。

↑ ↑ 映画バカの私が、よく聞くリスニング集です。


「エクソダス:神と王」 ラムセスLOVE <3

「エクソダス:神と王」
劇場公開日1月30日

201507193




本作、その後がさらにその民族にとって苦難の道が続くため、決してカタルシスは生まれない。
そこを踏まえて、どう楽しむか、が本作の見どころ、となる。

以下、その本作の注目点。

・リドリー・スコット

まずは何はともあれ、超傑作「悪の法則」の次の作品である。とはいってもリドリー・スコットである。そこは過剰な期待はやはり持つことはなく。

・神様

前々作「プロメテウス」で神をエイリアンバスターするというびっくり設定があさってすぎて、スベッてしまったが、再度神を描いた本作。

「お前らの神が!」

というセリフがあるが、確かにその部分だけをピックするととっても問題ある発言だが、本作、宗教色は極めて薄い。今度は駄々っ子、というある意味、とっても分かりやすい姿で登場。ただし、モーセ自身の子供と、駄々っ子との対比、というようなところまで突っ込んでいないので、駄々っ子ぷりにモーセがただ、ただ振り回されるのである。

・ラムセス
201507194
かわいい
201507195

この駄々っ子に、エジプトの王であり、「神」でもあるラムセスがイジられる。ラムセスにしてみれば、先代の意志を継いでいるだけである。まあ、ちょっと気負ってはいるかもしれないが、積年の恨みを晴らすためのからの攻撃を気丈に耐え忍ぶ。その姿がとてもかわいいのである。

ほら、そんなに泣くから、アイシャドウが。。

演じるエドガートン、ハッキリ言って、クリスチャン・ベイルを食ってる。最高である。

・「奇跡」

極めて現実的に起こりうる描写になっており、実際、笑える会話もここではあるのだが、絵的にあんまりおもしろくない一方、「海」のほうは、期待したあの絵でないかつ、別の意味で非現実すぎて、これまた興ざめ。

ほかの映像についても、特に騎馬戦などもっとド迫力が出てもいいもんなんだが、どうも迫力不足。軽いんだよねえ、どうにも。

「プロメテウス」ぐらい豪快にハッタリをかませばいいものを。しかしアクション・センスとか、ダイナミズムとか、このへんはリドリーには求めていないので、まあ、いいか。

・最後に

バッキンバッキンのCG、頑張りましたねえ、とは思うが、それがリドリースコットのなせる業、とは全く思っていない。だから今回もそんなんどうでもいいから、駄々っ子とラムセスで楽しんだ、というリドリーファンからすると、今回も映画ファン失格なレビューですまないねえ。

追記

化ける割にベイルは結構、共演者に食われる印象があるなあ。「アメリカン・ハッスル」ではクーパーに、「ターミネーター4」は言わずもがな、主演のヒーローものではことごとく、「ファーナス」は、これは、まあ、気にしなくていいか。

かっこいい
2015071910

201507198
201507199

映画はアレだったけど、かっこいい
2015071912

役者魂!かっこいい
201507196

いや、どうでしょう
201507197
でも今回は
2015071914

こいつの勝ち!!
2015071916

 ←ランキング参加してます。面白かったら押してください


ランキング参加しています オモシロかったら押してください 映画評論・レビュー ブログランキングへ

 このエントリーをはてなブックマークに追加
↑ ↑ 面白かったら、押してください。

↑ ↑ 映画バカの私が、よく聞くリスニング集です。

「オール・ユー・ニード・イズ・キル」 「LOVE」と「KILL」が同義

劇場公開日 2014年7月4日

注 : 本文、本作のネタバレはもちろん、「オブリビオン」のネタバレがあるよ

20150715


「ALL YOU NEED IS KILL」

とは、主人公ケイジに対して、

「お前のやることはただ一つ、敵を殲滅することだ」

という意味かと、ずーっと思ってたら、ケイジがリタに対して、

「お願い、とにかく殺して<3」

という意味でもあるんだなあ、と結構感動。

この映画では、「LOVE」と「KILL」が同義なのだ。

このニュアンスがあちらには伝わらないのか、「KILL」がマズいのか、原題はちょっと意味の分かりにくいものになり、それは残念。

前作「オブリビオン」は宇宙人にとっても愛されている、すなわち自己愛に満ちた映画だったが、個体自体がそれぞれ違うことに、ラストの批判を受けたか、本作は、前作に満ち溢れていた「自己愛」は変わらないが、人格は同じという(笑)、アンチ・オブリビオン、というか、別バージョンというか、反省を踏まえたというか、よくもまあ、こんな狙いすましたような本を引っ張ってきたもんだ。

まわりまわってまたもや宇宙人に愛されてるトム。まずはそこに加点。常に自分とファンのことを考えてるトム・クルーズ、という俺の彼への印象はさらに強くなった。

本当に素晴らしい「スター」だ。

トムのヘタレ演技は超傑作「宇宙戦争」などでおなじみなので、そこには触れない。むしろもっと若いころからの定番。

タイム・リープものとして、最も気にかかる点として、1,2回目をいかに新鮮に、衝撃的に、その後はいかに上手く省略できるか、が勝負。本作、その点よくできてる。

またタイムリープものって、同じシーンを違う演技で、って場面が多くなるのだが、そのおかげで今回トムの面白演技が堪能できる。

中盤、トムの視点から、リタの視点に俺らは移り、この場面は何回目かなんだろうか、ということは、今回もまたダメなのかもしれない、というリタの不安がこちらに乗っかってくる緊迫した場面もいい。

そのサスペンスがあるのに、終盤へのサプライズに紐づいてはないのはちょっと残念だけどね。

また輸血の設定は、「これで後がない」のはずなんだけど、まあ、逆に後がない分、「絶対死なないわけ」で、その後のテンションに悲壮感はないかな

まあ、そこは「トム」だから、まったく問題ない。

あ、そうそう、俺はゲームをしないので、「リセット」は強くなるための設定ではなく、リタとLOVEするのをあきらめない、という意思とみてる。あんな「汗ばんだ、しなやかなタンクトップ姿の女性」を見たのだ。生き返れるんだから、
むしろ、その手で何度も殺して!

このシーンが何度も観れるのなら、トムにはいくらでも死んで欲しいし、トムも何度だって死んで彼女を救おうと思う
201507151

ラスト、トムが、ってことは敵も?と思ったけど、あの必殺の満面のニヤケで締めくくられては、そんな突込みは野暮で、こちらはまったくの文句はないのだ。エンドクレジットで「LOVE ME AGAIN」がかかって、その歌詞、曲調のコミカルな必死感が、主人公ケイジの心情がうまく表していて、俺もニヤケ。



久々に面白爽快な終わり方を味わった。

追記1
エイリアンが「アライッペ」に似てる、とかしょうもないこと思ったり、スーツ、戦争アクションは全然印象が残ってないな
201507152


追記2
全然関係ないが、「渇き。」の上映禁止なLOVEではなく、この映画のように、大人の女性とLOVEしたいがために命を懸け、駆けずり回る映画にお客さんがたくさん入ることを祈る。

 ←ランキング参加してます。面白かったら押してください


ランキング参加しています オモシロかったら押してください 映画評論・レビュー ブログランキングへ

 このエントリーをはてなブックマークに追加
↑ ↑ 面白かったら、押してください。

↑ ↑ 映画バカの私が、よく聞くリスニング集です。


開設してみるって

ブログ初心者です。すいませんが、随時読みやすくしていきます。

映画評を新作、旧作問わずアップ。

映画.comに上げてましたが、ぼちぼちブログ化し、より充実したレビューと雑談交え、たまに洋楽、ライブレビュー織り交ぜながら、ぼちぼちやっていきます。

ホントは仲良しとは程遠い、基本辛口、基本あまのじゃく。不快にしてなんぼ、とまではいかないけれど、よそでは絶対読めない視点でのレビュー。

楽天市場
楽天DVD BD

livedoor プロフィール
LINE読者登録QRコード
LINE読者登録QRコード
オーダーシャツが結局お得
自分磨きに
頭皮もしっかりケア