しんざんの、みんな仲良し映画評!!

ほんとうは仲良しとは程遠い、あまのじゃくな映画評、映画批評、映画評論ブログ 全部ネタバレ。またあまのじゃくゆえ、人によってはまったく受け付けないものもあるよ。もちろん、こっそりオススメもあるよ。

「SCOOP!」 ネタバレ どんだけ「仲良し」なのか。

「SCOOP!」
劇場公開日 2016年10月1日

2016101517







!!すいません、超絶酷評してます。 好きな人は観ないでください!!















どこぞのラジオ映画批評が本作の、リメイク元の作品を語るに終始して、どんだけひどい映画を「語らずして語っている」。

福山雅治氏がもうこういう役がやりたい、というのと、製作委員会の「無難な」策と大根監督のちょっと「ツウ」な部分がうまく絡み合ったかと言うと、全くそんなことはない。


結局は「アイドル映画」にしたかったのね、というのが鑑賞前から透けて見えており、客足もやっぱりの「今更な中年アイドル」映画に対して、「閑古鳥」。



「シン・ゴジラ」「君の名は。」とそれぞれピン・ポイントに狙ったコアな作品が意外に万人の関心を得ることとなった一方、この「万人のもとアイドル」が出た映画は、今年の邦画界のいいムードを引き下げちゃったなあと思ってしまうほど、悲しいデキ。



いや、ひょっとしてワザとなのか?




SCOOP!








タイトルが妙にダサくみえるのは気のせいか。

本作ダメなところはたくさんあるが、何といっても話がつまらない。

そして、主人公のキャラクターがめんどくさい。というか、福山雅治氏がどうもめんどくさいのか、というべきか。



そもそも汚れ役、というのは昔からカッコイイ役である。

それをまあ、実にかっこうよく撮ってしまうのだから、もう濃くて濃くて。さらにシモいセリフとあの調子でしゃべるものだから、まあ、ちょっとめんどい。

映画は、リリー・フランキーと楽しい絡みを見せたかっただけにしか思えないし、特にラストの展開は、リリー氏に「発射されて果てる」なんざ、どんだけ「仲良し」なのか。

二階堂との「どんだけくさい」ラブシーンや、吉田羊と主人公の関係なんかより、遥かにこっちが福山氏の顔じゃね?と思えるほど。

これは明らかに狙っている。




設定も、ベテランと新人とのバディ・ムービーとしても魅力がないし、序盤のカーチェイスも中盤の珍騒動も恥ずかしくて見てられない。




追記

福山雅治氏が、ちょび髭はやした、ホモの詐欺師みたいな役をやってくれたら、ぜひ観に行くよ。


 ←ランキング参加してます。面白かったら押してください


ランキング参加しています オモシロかったら押してください 映画評論・レビュー ブログランキングへ

このエントリーをはてなブックマークに追加
↑ ↑ 面白かったら、押してください。

↑ ↑ 映画バカの私が、よく聞くリスニング集です。




「神様メール」 ネタバレ 監督からの「分かりやすい優しい」メール。

「神様メール」 
劇場公開日 2016年5月27日

2016101512



以下、劇場公開時2016年6月7日のものです。


生涯ベスト、という映画の評価や考えることはしたことがない。生涯で好きな映画は変わるからだ。というのはあまのじゃくなオレでなくてもそうだと思う。例えば「ロッキー」が好きだったころはあっても、今では「ロッキー4」のほうが好きなのだが、それは、オレがいつ、どういう状況で観たか、ということのほうが、映画の質よりも大事だと思っているからだ。

「ロッキー」があったからこそ、スタローンはスターになったが、「ロッキー4」があったからこそ「オレの」スターになった。

映画とはそういうものだ。



↓ ↓ ↓ シルべスター・スタローンへのくだらない、熱い思いはこちらで↓ ↓ ↓ 
シルべスター・スタローン作品ベスト10






そんなオレでも、いまだかつてない映画体験をした1本がある。質とか、どういう状況とか一切関係なく、オレのチンケな脳みそを揺らして、なだめて、覚醒させた1本がある。






「ミスターノーバディ」



ミスター・ノーバディ [ ジャレッド・レト ]

価格:1,184円
(2016/10/15 12:50時点)



↓ ↓ ↓ ↓ ↓ ↓ 関連記事はこちら ↓ ↓ ↓ ↓ ↓ ↓
「ミスター・ノーバディ」レビュー






ジャコ・バン・ドルマルの名前はオレの脳みそに刻み込まれてしまった。その彼の最新作がいよいよ公開される(というよりひっそりか)という。

観るのが怖い。うれしすぎて怖い。だが、あれ以上のモノは出てきやしないのでは、という不安もある。

気付けば、出張帰りの新横浜から直接ららぽーと横浜へ。





「神様メール」





【送料無料】 神様メール 【DVD】

価格:3,367円
(2016/10/15 13:24時点)


原題 the brand new testament








神様批判等のくだりはここでは触れない。分からないし。
2016101516

2016101514

コメディです
2016101513






というより、そんな見方をしては、この映画の「陽気さ」「優しさ」「美しさ」を斜に構えてしまって見損なってはもったいない限りだ。

前作「ミスターノーバディ」は、人生の分岐点ですべての選択肢を実践した男が、選べる可能性こそ、「人生の豊かさ」、「人の豊かさ」と知った物語とするならば、今回は選択を奪われた人たちの、生き様をどう締めくくるか、という物語。

締めくくる、というのは、神様が使うPCからメールで余命を宣告された、というものだが、その設定はどうでもよくて、締めくくる、という状況を強制的に与えられたら何をするか、という、まあ、よくある余命もの、といってもいい。




そう、前作とは、設定が違えど、これもまた、人生賛歌。






人は重大な局面に直面すると、心のままに、行動することができるか?それぞれの登場人物を描く、ある種のオムニバスもの、と言ってもいいだろう。





それを、「とんでもない」美しい映像で描くのだから、たまらない。









特に、余命を知って保険屋から「狙撃者」になった男のエピソードが美しい。特に鏡に映った自分との抱擁。(書いても意味わからんな)には、一瞬にして本気で涙がこぼれてしまった。

また登場人物それぞれの心の中にある「音楽」がこれまた、美しい。クラシックに疎いオレでも、なんとその人物とシンクロした選曲なのか、と息をのむほど。

前作「ミスターノーバディ」が役者、映像、音楽、脚本、演出とパーフェクトだったのに対して、今回は徹底してコメディ色を強め、前作よりも分かりやすく俺たちを応援する。

分かりやすい、というのが今回最もドルマルが狙った点なのかもしれない。

こんなおっさんに、2度も心動かされるとは。。

2016101515

神様批判、風刺、というには、鑑賞後、こちらの心が優しくなりすぎている。






追記

次は何年待たされるのだろうか。楽しみで、不安でたまらない。

 ←ランキング参加してます。面白かったら押してください


ランキング参加しています オモシロかったら押してください 映画評論・レビュー ブログランキングへ

 このエントリーをはてなブックマークに追加
↑ ↑ 面白かったら、押してください。

↑ ↑ 映画バカの私が、よく聞くリスニング集です。




「ミスター・ノーバディ」ネタバレ 生涯ベスト級!「選択できる」ことを思い出させてくれる映画

ミスター・ノーバディ
劇場公開日 2011年4月30日


2016101501

2016101502

2016101503



以下、本作鑑賞時2012年2月23日のものです。



インターネットで映画情報を入手したり、人様のレビューをたくさん見る機会があるってことは地方の人間にとってはうれしい限り。欲をいうと映画館で見たかった2011年公開の映画といえば、これ。「トランスフォーマー ダークサイド・ムーン」を11年のベストにしたのは、オレに十分な理由があったわけなのだが、これを見ていたらそれとは別の理由でベストにしたであろう本作。







「ミスター・ノーバディ」




ミスター・ノーバディ [ ジャレッド・レト ]

価格:1,184円
(2016/10/15 12:50時点)






「トランスフォーマー ダークサイド・ムーン」は映画館で見ないと意味が全くないどころか、テレビ画面でみると全くゴミな映画。本作は映画館で観たら、もっとその世界に吸い込まれただろうと想像できる映画。



オープニングのニワトリからもうヤラれてしまった。



そしてその後の映像と凝った編集、そして何より、その凝った編集に違和感無く存在する役者たちの演じ分けの凄さ。バタフライ・エフェクトな世界観に酔うのもよいが、ジャレッド・レトのすごい役者っぷりに酔いたい。

2016101506

2016101507

目が離せない映画とはまさにコレ。しかもそれはとても居心地のいい2時間30分。だけどパラレル・ワールドと見るときっと退屈するので、注意。

ポイントは子供の妄想とじじいの振り返りが混在していることだが、じじいの振り返りはほぼ無視してかまわないと思う。ガキの妄想がメインなんだが、どのパートにも実は直接関わらないでもアンナが存在しており、ここはじじいの思いが強く介入しているんだと思う。

しかしオレはじじいの世界も子供の妄想だと思っている。

「選択しなければ可能性は無限だ」

じじいが死んで、宇宙の時間が逆戻りするのは、その可能性の極端なのだろう。しかしそんな可能性は実際のオレたちにとっては、有り得ない可能性。道の無い道は選べない。待ってくれている人のいるほう以外なんて選べない。

オレは無限の可能性を追うのでなく、決して選ぶことの出来ないことにはなっていないことをこの映画で実感している。



そしてこれはオレがいつでもこの映画をみると、オレは「選択できる」ことを思い出させてくれる映画となった。


決して若くはない。でも「選択」できることを認識しよう。

そしてそれが大なり小なり他への影響があることも。主人公ニモの行く先々の女性は皆泣いていた。

「選択し実行すること」は「責任」を伴うんだね。当たり前だけど。

だから、だから選択し実行しよう。


2016101510






追記

こんなレビューにも責任はあるのかもしれないが、まあ、そんな難しく考えなくとも、生涯気楽に付き合える映画に出会ったことに感謝。

気楽に観れる、というのがこの映画の強み、と思ってもいるしね。




 ←ランキング参加してます。面白かったら押してください


ランキング参加しています オモシロかったら押してください 映画評論・レビュー ブログランキングへ

 このエントリーをはてなブックマークに追加
↑ ↑ 面白かったら、押してください。

↑ ↑ 映画バカの私が、よく聞くリスニング集です。







「ジェイソン・ボーン」ネタバレ 9年経っても内輪もめ、とはどういうことよ

「ジェイソン・ボーン」
劇場公開日 2016年10月7日

2016101301




おっさんのオレにとって、アクション映画はただただ敵をぶち殺す映画であれば、何も問題なく、それプラス主人公がちょっとだけ陰のある存在であれば、十分感情移入できるのである。

そんなオレにとって、アクション映画の永遠のヒーローはジョン・ランボーであり、最高のアクション映画はランボー・シリーズである。

ランボー【Blu-ray】 [ リチャード・クレンナ ]

価格:1,500円
(2016/10/14 01:17時点)



ランボー 怒りの脱出【Blu-ray】 [ リチャード・クレンナ ]

価格:1,500円
(2016/10/14 01:18時点)



ランボー3 怒りのアフガン【Blu-ray】 [ リチャード・クレンナ ]

価格:1,500円
(2016/10/14 01:19時点)


ランボー 最後の戦場【Blu-ray】 [ ジュリー・ベンツ ]

価格:2,653円
(2016/10/14 01:19時点)


そんなオレがアクション映画の歴史を塗り替えたと言われる「くそめんどくさい手ブレアクション」の元祖であるボーン・シリーズのことなど、どうでもいいのだが、9年ぶりに復活、という。

しかし、今更CIAを悪者にするほど、時代遅れなことはしないだろうな、と思いつつも、どうも「やっぱりそうらしい」。




ボーン アイデンティティー 【ブルーレイ/Blu-ray】【RCP】 【05P01Oct16】

価格:1,534円
(2016/10/14 01:32時点)



ボーン・スプレマシー【Blu-ray】 [ マット・デイモン ]

価格:1,500円
(2016/10/14 01:33時点)


[Blu-ray] ボーン・アルティメイタム

価格:1,405円
(2016/10/14 01:34時点)







「ジェイソン・ボーン」








まずこのタイトルからして、「ランボー最後の戦場」の原題「JOHN RAMBO」、「ロッキー・ザ・ファイナル」の「Rocky Balboa」を想起させる。

「ランボー怒りのアフガン」オマージュではないかというようなオープニング。そろそろアクション映画は80年代、90年代に限る、とようやく業界が認めたかのようなオープニングに、本来うれしくなるはずだが、どうもカッコ悪い、というか釈然としない。



そもそもボーンはなぜそんなことをやっている?

2016101302

「ランボー怒りのアフガン」より。
2016101305



本作、終始、登場人物が「なぜそうする?」というような疑問が付きまとい、アクション映画に必要な「爽快感」は全くなく、内輪でうじうじうじうじと乳繰り合う展開。



おいおい、9年経ってもそれか。





とにかく登場人物がすべておかしい。一番おかしいのはボーンだが、アリシア・ビカンダーも、トミー・リー・ジョーンズも、ヴァンサン・カッセルも全く何をやっているのか。

自分で墓穴を掘って、自ら墓穴に顔を突っ込む。

役どころとしても、アリシア・ビカンダーは全く魅力なし。説得力なし。

2016101303

まったく捻りもなにもないトミー・リー。
2016101304



話の展開はもっとひどい。

前半のアテネのシーンなんざ、丸々要らないシーンだし、さらに中盤の追跡劇も結局何だったの?というまるで意味のないもの。

最もひどいのは、ラストのカーチェイスで、警官殺しまくりのカッセルと、無駄にカーチェイスを繰り広げるデイモン。

この映画の中で、ストーリーや展開、サスペンス、何一つとして、映画的に緊張感を引っ張るものがない。




追記

そろそろアクション映画も、容赦なく敵をぶち殺すものに回帰してほしいものである。

 ←ランキング参加してます。面白かったら押してください


ランキング参加しています オモシロかったら押してください 映画評論・レビュー ブログランキングへ

このエントリーをはてなブックマークに追加
↑ ↑ 面白かったら、押してください。

↑ ↑ 映画バカの私が、よく聞くリスニング集です。




「ハドソン川の奇跡」ネタバレ 会社の朝礼のネタに使える!! 社会人必見の「オトナ」の映画。

「ハドソン川の奇跡」
劇場公開日 2016年9月24日

2016100301


名匠クリント・イーストウッド監督がトム・ハンクスを主演に迎え、2009年のアメリカ・ニューヨークで起こり、奇跡的な生還劇として世界に広く報道された航空機事故を、当事者であるチェズレイ・サレンバーガー機長の手記「機長、究極の決断 『ハドソン川』の奇跡」をもとに映画化。(映画.comより)


実際の事件という意味では、確かに奇跡的な出来事だし、映画向き。しかも映画の作りとしては、実に大人の映画である。





「ハドソン川の奇跡」






本作はそのサレンバーガー機長を人間味ある「ヒーロー」としてある程度描いているのは、これまでのイーストウッド監督のかつての作品の流れとして一貫しているので、当然のことだが、前作「アメリカンスナイパー」に続いての本作、とみるともう少し奥が深くなる。


アメリカン・スナイパー【Blu-ray】 [ ブラッドリー・クーパー ]

価格:1,500円
(2016/10/5 22:51時点)




前作の主人公はイラク戦争にて、「従来の強い良きアメリカ人」の「そこでしか自分を発揮できない」、アメリカの闇、アメリカのヒーローの「悲劇」を描いたものだったのに対し、本作の主人公は、まさにそれを受けて、そんな「闇」を背負ってきた、それでもなお存在する「従来の強い良きアメリカ人」のヒーローとしてサリンバーガー機長を描いている。


映画の出来をオレは、去年のガッカリワーストに選んだ「アメリカン・スナイパー」だが、本作と比較すると、「古き良きアメリカ人の悲劇」と「仕事と家庭を大事にする強い精神力のアメリカ人の勇気をたたえた物語」という、ある意味正反対だが、実は「おなじヒーロー」として両作品を見ることができる。


↓ ↓ ↓ 残念な関連記事はこちら ↓ ↓ ↓ ↓ 
「アメリカン・スナイパー」レビュー



これは映画のシーンでもわかるが、ここに登場する人物はすべて「あの悲劇」を想起しつつも、「今それを起こすわけにはいかない」という確固たる信念と、日々の日常を強くたくましく生活しているアメリカ人の「強さ」「優しさ」が浮き上がってくる作りはとても誠実。

2016100304

国家運輸安全委員会の厳しい追及の描写が、若干単純な「敵」として見えがちだが、そっちの描き方は、あえての演出。機長と副機長の「オトナな対応」をより強調するためのやや誇張した描き方にしてある。


めんどくさい委員会の口撃も、キレることなく、さらりといなす。それは弁が立つ、とかではなく、「自分の行ったことに対して、自信があるかどうか」である。

だがそんな機長もやはり揺れる。

そんな、仕事にプロフェッショナルで、家族も大事にする、そんな強い男が揺れる。




それがあの、9.11の悲劇がもたらしたものなのである。

2016100305


イーストウッドは、それでも、いや、だからこそ、オトナに描く。 普通の日本人の、ボンクラなオレはやはり、そこまでの彼らの心情はリアルに実感できない。


だが、イーストウッドの、オトナな視点のおかげで、これは、「アメリカのヒーロー」の映画だが、と同時に「オレたちのための映画」にまで昇華している。

その理由は、そんな機長と副機長の委員会に対する「オトナな対応」がかっこよかった他ならない。

事故発生時に、パニックにならず、冷静に考える。副機長は「ルールとしてやるべきこととして」マニュアルを広げる姿に優秀なサラリーマンをみる。 そもそもあの委員会のシミュレーション検証内容ははっきり言ってゆるゆるだし、かつ「悪意のある検証結果」である。 だが、機長、副機長が、「やることをやっていているからこそ」、機長の証言が生きてくるのである。

2016100308



感動的な実話だし、映像も迫力ある。少し単純な「敵」としての委員会の描き方も意味がある。十分素晴らしい映画だ。


が、それよりも、サラリーマンのオレとしては、何と言ってもその「オトナ」な姿に感動した。 これこそ、今オトナとして学ぶべき映画。


「家族」を思い、無事着地する、という「仕事」を全うし、155人全員無事に家に帰し、そして「9.11後の社会」を思う。




これこそ社会人として見習うべき姿だと思う。




2016100303




追記

会社などで、ワントピックを話すような朝礼があるようなところだと、ぜひこの映画を話題にし、勧めるといい。

追記2

ラストの副機長の一言は、「155人全員無事だった」という結果によるものである。仕事をするうえで、こんなジョークを吐いてみたいと思いつつ、オレは日々頑張るのである。

 ←ランキング参加してます。面白かったら押してください


ランキング参加しています オモシロかったら押してください 映画評論・レビュー ブログランキングへ

 このエントリーをはてなブックマークに追加
↑ ↑ 面白かったら、押してください。

↑ ↑ 映画バカの私が、よく聞くリスニング集です。



楽天市場
楽天DVD BD

livedoor プロフィール
LINE読者登録QRコード
LINE読者登録QRコード
オーダーシャツが結局お得
自分磨きに
頭皮もしっかりケア