しんざんの、みんな仲良し映画評!!

ほんとうは仲良しとは程遠い、あまのじゃくな映画評、映画批評、映画評論ブログ 全部ネタバレ。またあまのじゃくゆえ、人によってはまったく受け付けないものもあるよ。もちろん、こっそりオススメもあるよ。

「ミスター・ノーバディ」ネタバレ 生涯ベスト級!「選択できる」ことを思い出させてくれる映画

ミスター・ノーバディ
劇場公開日 2011年4月30日


2016101501

2016101502

2016101503



以下、本作鑑賞時2012年2月23日のものです。



インターネットで映画情報を入手したり、人様のレビューをたくさん見る機会があるってことは地方の人間にとってはうれしい限り。欲をいうと映画館で見たかった2011年公開の映画といえば、これ。「トランスフォーマー ダークサイド・ムーン」を11年のベストにしたのは、オレに十分な理由があったわけなのだが、これを見ていたらそれとは別の理由でベストにしたであろう本作。







「ミスター・ノーバディ」




ミスター・ノーバディ [ ジャレッド・レト ]

価格:1,184円
(2016/10/15 12:50時点)






「トランスフォーマー ダークサイド・ムーン」は映画館で見ないと意味が全くないどころか、テレビ画面でみると全くゴミな映画。本作は映画館で観たら、もっとその世界に吸い込まれただろうと想像できる映画。



オープニングのニワトリからもうヤラれてしまった。



そしてその後の映像と凝った編集、そして何より、その凝った編集に違和感無く存在する役者たちの演じ分けの凄さ。バタフライ・エフェクトな世界観に酔うのもよいが、ジャレッド・レトのすごい役者っぷりに酔いたい。

2016101506

2016101507

目が離せない映画とはまさにコレ。しかもそれはとても居心地のいい2時間30分。だけどパラレル・ワールドと見るときっと退屈するので、注意。

ポイントは子供の妄想とじじいの振り返りが混在していることだが、じじいの振り返りはほぼ無視してかまわないと思う。ガキの妄想がメインなんだが、どのパートにも実は直接関わらないでもアンナが存在しており、ここはじじいの思いが強く介入しているんだと思う。

しかしオレはじじいの世界も子供の妄想だと思っている。

「選択しなければ可能性は無限だ」

じじいが死んで、宇宙の時間が逆戻りするのは、その可能性の極端なのだろう。しかしそんな可能性は実際のオレたちにとっては、有り得ない可能性。道の無い道は選べない。待ってくれている人のいるほう以外なんて選べない。

オレは無限の可能性を追うのでなく、決して選ぶことの出来ないことにはなっていないことをこの映画で実感している。



そしてこれはオレがいつでもこの映画をみると、オレは「選択できる」ことを思い出させてくれる映画となった。


決して若くはない。でも「選択」できることを認識しよう。

そしてそれが大なり小なり他への影響があることも。主人公ニモの行く先々の女性は皆泣いていた。

「選択し実行すること」は「責任」を伴うんだね。当たり前だけど。

だから、だから選択し実行しよう。


2016101510






追記

こんなレビューにも責任はあるのかもしれないが、まあ、そんな難しく考えなくとも、生涯気楽に付き合える映画に出会ったことに感謝。

気楽に観れる、というのがこの映画の強み、と思ってもいるしね。




 ←ランキング参加してます。面白かったら押してください


ランキング参加しています オモシロかったら押してください 映画評論・レビュー ブログランキングへ

 このエントリーをはてなブックマークに追加
↑ ↑ 面白かったら、押してください。

↑ ↑ 映画バカの私が、よく聞くリスニング集です。







「ジェイソン・ボーン」ネタバレ 9年経っても内輪もめ、とはどういうことよ

「ジェイソン・ボーン」
劇場公開日 2016年10月7日

2016101301




おっさんのオレにとって、アクション映画はただただ敵をぶち殺す映画であれば、何も問題なく、それプラス主人公がちょっとだけ陰のある存在であれば、十分感情移入できるのである。

そんなオレにとって、アクション映画の永遠のヒーローはジョン・ランボーであり、最高のアクション映画はランボー・シリーズである。

ランボー【Blu-ray】 [ リチャード・クレンナ ]

価格:1,500円
(2016/10/14 01:17時点)



ランボー 怒りの脱出【Blu-ray】 [ リチャード・クレンナ ]

価格:1,500円
(2016/10/14 01:18時点)



ランボー3 怒りのアフガン【Blu-ray】 [ リチャード・クレンナ ]

価格:1,500円
(2016/10/14 01:19時点)


ランボー 最後の戦場【Blu-ray】 [ ジュリー・ベンツ ]

価格:2,653円
(2016/10/14 01:19時点)


そんなオレがアクション映画の歴史を塗り替えたと言われる「くそめんどくさい手ブレアクション」の元祖であるボーン・シリーズのことなど、どうでもいいのだが、9年ぶりに復活、という。

しかし、今更CIAを悪者にするほど、時代遅れなことはしないだろうな、と思いつつも、どうも「やっぱりそうらしい」。




ボーン アイデンティティー 【ブルーレイ/Blu-ray】【RCP】 【05P01Oct16】

価格:1,534円
(2016/10/14 01:32時点)



ボーン・スプレマシー【Blu-ray】 [ マット・デイモン ]

価格:1,500円
(2016/10/14 01:33時点)


[Blu-ray] ボーン・アルティメイタム

価格:1,405円
(2016/10/14 01:34時点)







「ジェイソン・ボーン」








まずこのタイトルからして、「ランボー最後の戦場」の原題「JOHN RAMBO」、「ロッキー・ザ・ファイナル」の「Rocky Balboa」を想起させる。

「ランボー怒りのアフガン」オマージュではないかというようなオープニング。そろそろアクション映画は80年代、90年代に限る、とようやく業界が認めたかのようなオープニングに、本来うれしくなるはずだが、どうもカッコ悪い、というか釈然としない。



そもそもボーンはなぜそんなことをやっている?

2016101302

「ランボー怒りのアフガン」より。
2016101305



本作、終始、登場人物が「なぜそうする?」というような疑問が付きまとい、アクション映画に必要な「爽快感」は全くなく、内輪でうじうじうじうじと乳繰り合う展開。



おいおい、9年経ってもそれか。





とにかく登場人物がすべておかしい。一番おかしいのはボーンだが、アリシア・ビカンダーも、トミー・リー・ジョーンズも、ヴァンサン・カッセルも全く何をやっているのか。

自分で墓穴を掘って、自ら墓穴に顔を突っ込む。

役どころとしても、アリシア・ビカンダーは全く魅力なし。説得力なし。

2016101303

まったく捻りもなにもないトミー・リー。
2016101304



話の展開はもっとひどい。

前半のアテネのシーンなんざ、丸々要らないシーンだし、さらに中盤の追跡劇も結局何だったの?というまるで意味のないもの。

最もひどいのは、ラストのカーチェイスで、警官殺しまくりのカッセルと、無駄にカーチェイスを繰り広げるデイモン。

この映画の中で、ストーリーや展開、サスペンス、何一つとして、映画的に緊張感を引っ張るものがない。




追記

そろそろアクション映画も、容赦なく敵をぶち殺すものに回帰してほしいものである。

 ←ランキング参加してます。面白かったら押してください


ランキング参加しています オモシロかったら押してください 映画評論・レビュー ブログランキングへ

このエントリーをはてなブックマークに追加
↑ ↑ 面白かったら、押してください。

↑ ↑ 映画バカの私が、よく聞くリスニング集です。




「ハドソン川の奇跡」ネタバレ 会社の朝礼のネタに使える!! 社会人必見の「オトナ」の映画。

「ハドソン川の奇跡」
劇場公開日 2016年9月24日

2016100301


名匠クリント・イーストウッド監督がトム・ハンクスを主演に迎え、2009年のアメリカ・ニューヨークで起こり、奇跡的な生還劇として世界に広く報道された航空機事故を、当事者であるチェズレイ・サレンバーガー機長の手記「機長、究極の決断 『ハドソン川』の奇跡」をもとに映画化。(映画.comより)


実際の事件という意味では、確かに奇跡的な出来事だし、映画向き。しかも映画の作りとしては、実に大人の映画である。





「ハドソン川の奇跡」






本作はそのサレンバーガー機長を人間味ある「ヒーロー」としてある程度描いているのは、これまでのイーストウッド監督のかつての作品の流れとして一貫しているので、当然のことだが、前作「アメリカンスナイパー」に続いての本作、とみるともう少し奥が深くなる。


アメリカン・スナイパー【Blu-ray】 [ ブラッドリー・クーパー ]

価格:1,500円
(2016/10/5 22:51時点)




前作の主人公はイラク戦争にて、「従来の強い良きアメリカ人」の「そこでしか自分を発揮できない」、アメリカの闇、アメリカのヒーローの「悲劇」を描いたものだったのに対し、本作の主人公は、まさにそれを受けて、そんな「闇」を背負ってきた、それでもなお存在する「従来の強い良きアメリカ人」のヒーローとしてサリンバーガー機長を描いている。


映画の出来をオレは、去年のガッカリワーストに選んだ「アメリカン・スナイパー」だが、本作と比較すると、「古き良きアメリカ人の悲劇」と「仕事と家庭を大事にする強い精神力のアメリカ人の勇気をたたえた物語」という、ある意味正反対だが、実は「おなじヒーロー」として両作品を見ることができる。


↓ ↓ ↓ 残念な関連記事はこちら ↓ ↓ ↓ ↓ 
「アメリカン・スナイパー」レビュー



これは映画のシーンでもわかるが、ここに登場する人物はすべて「あの悲劇」を想起しつつも、「今それを起こすわけにはいかない」という確固たる信念と、日々の日常を強くたくましく生活しているアメリカ人の「強さ」「優しさ」が浮き上がってくる作りはとても誠実。

2016100304

国家運輸安全委員会の厳しい追及の描写が、若干単純な「敵」として見えがちだが、そっちの描き方は、あえての演出。機長と副機長の「オトナな対応」をより強調するためのやや誇張した描き方にしてある。


めんどくさい委員会の口撃も、キレることなく、さらりといなす。それは弁が立つ、とかではなく、「自分の行ったことに対して、自信があるかどうか」である。

だがそんな機長もやはり揺れる。

そんな、仕事にプロフェッショナルで、家族も大事にする、そんな強い男が揺れる。




それがあの、9.11の悲劇がもたらしたものなのである。

2016100305


イーストウッドは、それでも、いや、だからこそ、オトナに描く。 普通の日本人の、ボンクラなオレはやはり、そこまでの彼らの心情はリアルに実感できない。


だが、イーストウッドの、オトナな視点のおかげで、これは、「アメリカのヒーロー」の映画だが、と同時に「オレたちのための映画」にまで昇華している。

その理由は、そんな機長と副機長の委員会に対する「オトナな対応」がかっこよかった他ならない。

事故発生時に、パニックにならず、冷静に考える。副機長は「ルールとしてやるべきこととして」マニュアルを広げる姿に優秀なサラリーマンをみる。 そもそもあの委員会のシミュレーション検証内容ははっきり言ってゆるゆるだし、かつ「悪意のある検証結果」である。 だが、機長、副機長が、「やることをやっていているからこそ」、機長の証言が生きてくるのである。

2016100308



感動的な実話だし、映像も迫力ある。少し単純な「敵」としての委員会の描き方も意味がある。十分素晴らしい映画だ。


が、それよりも、サラリーマンのオレとしては、何と言ってもその「オトナ」な姿に感動した。 これこそ、今オトナとして学ぶべき映画。


「家族」を思い、無事着地する、という「仕事」を全うし、155人全員無事に家に帰し、そして「9.11後の社会」を思う。




これこそ社会人として見習うべき姿だと思う。




2016100303




追記

会社などで、ワントピックを話すような朝礼があるようなところだと、ぜひこの映画を話題にし、勧めるといい。

追記2

ラストの副機長の一言は、「155人全員無事だった」という結果によるものである。仕事をするうえで、こんなジョークを吐いてみたいと思いつつ、オレは日々頑張るのである。

 ←ランキング参加してます。面白かったら押してください


ランキング参加しています オモシロかったら押してください 映画評論・レビュー ブログランキングへ

 このエントリーをはてなブックマークに追加
↑ ↑ 面白かったら、押してください。

↑ ↑ 映画バカの私が、よく聞くリスニング集です。



「クリーピー 偽りの隣人」ネタバレ 世間はもっと先に進んでいるし、もっと「リアルな恐怖」を知っている。

「クリーピー 偽りの隣人」
劇場公開日 2016年6月18日

2016092205



他人の評価を聞いて映画を見に行くことは基本的にない。いや、評価を聞く前に観に行っているほうが多いから、と言ったほうが正解かもしれない。

先日某ラジオの映画コーナーで、パーソナリティが絶賛していた。信じられないくらいの絶賛で、その監督の集大成とまで言い切っている。そうか、正直過去の人としか思っていなかったし、「CURE」以外はまるで観れた代物ではなかったのだが、まあ、集大成というのなら、と鑑賞。



「クリーピー 偽りの隣人」





後でさんざんこき下ろすが、その前にある記事の黒沢清監督の言葉を掲載しよう。

「映画で”リアル”とされるものって本当に”リアル”ですか」とも思うんです。≪中略≫人が何が”リアル”か勝手に判断しているんじゃないかって。それってただの”安心”だと思うんですよ」

なるほど、全くそう思う。おっしゃる通りだ。人は自分の知っている世界をリアルと言う。それ以外の価値観、もっと言うとそれ以外に外れる人間は自分の世界からは「リアル」ではないだろう。


だが、そんなことは「リアル」に生きている世間からは当たり前。人が恐怖するのは、リアルの中にあるほんのわずかな「リアルでないもの、安心で無いモノ」。


「安心」があるからこそ、また「安心」と思い込んでいるからこそ、「恐怖」は増長し、「理解」を超えた恐怖は「恐怖」として存在する。



この映画ははじめっから「リアル」から逃げている。絵空事を言い訳にすらしており、何も説明しない、できない、する気もない、する努力もない。

人の知らないものをお見せするなら、本当はすべてを知らないとそんなものは見せられない。

「CURE」は萩原聖人と役所広司の演技に救われているようなものだったし、題材はそれと何も変わらない。しかし、世間はすでにそこに描かれた「人の内なる不満」「それを引き出してくれる期待と恐怖」のストレスはとっくに様々な事件で知っている。

そのことを分かっていない黒沢清は15年以上も前から変わっていない。停滞している。

役者にしてもそうだ。香川照之の怪演?どこが?彼の演技に何も感じない。かみ合わない会話など、オレ達の「リアル」では当たり前だ。この男の行動に何一つリアルがないから、「恐怖」など感じるわけがない。

2016092206

たまたま同時期にサイコ・キラーを描いた「ヒメアノ~ル」を見るといい。人は「壊れるもの」「再生できるもの」「人が壊してしまうもの」と人は願いたい、思いたい。だが「完全に壊れたもの」「完全に壊れてしまうもの」も存在する、ということを登場人物で描いた傑作。


↓ ↓ ↓ ↓ 関連記事はこちら↓ ↓ ↓ ↓ 
「ヒメアノ~ル」レビュー



ホラー映画ファンほど、なぜか黒沢清の名前で評価する。ホラー映画ほど、革新的なことが予算的にも可能なジャンルはない。なのにこの程度のもので、いやこんなつまらないモノでありがたがるからホラー映画はダメなんだよ。




そのうえこの映画、ホラー映画の免罪符の一つである笑いすらセンスなし。ひとっつも笑えないだから、さすがにどうしようもない。








追記

あの犬が一番理解できない「リアル」な恐怖だよね。飼い主夫婦を棄てて少女と逃げちゃうんだもの。笑いどころと言えばここか。



 ←ランキング参加してます。面白かったら押してください


ランキング参加しています オモシロかったら押してください 映画評論・レビュー ブログランキングへ

 このエントリーをはてなブックマークに追加
↑ ↑ 面白かったら、押してください。

↑ ↑ 映画バカの私が、よく聞くリスニング集です。


「映画 聲の形」ネタバレ またもう少しアニメ耐性が付いたおっさんは「映画 聲の形」をこう見た!

「映画 聲の形」
劇場公開日 2016年9月17日

2016092501





「けいおん!」「たまこラブストーリー」などで知られる京都アニメーションと山田尚子監督によりアニメーション映画化。脚本を「たまこラブストーリー」や「ガールズ&パンツァー」を手がけた吉田玲子が担当した。(映画.com解説より)


映画けいおん! 【通常版】※今だけプライス [ 豊崎愛生 ]




映画「たまこラブストーリー」【Blu-ray】 [ 洲崎綾 ]




ガールズ&パンツァー 劇場版 [通常版][Blu-ray] / アニメ






といっても、どれだけすごいのか、まるで分からないおっさんが、先日の「君の名は。」をなんとか観れてちょっと調子に乗ったのか、よせばいいのに、ここ数日の世間のアニメ映画熱に打たれて鑑賞。



↓ ↓ ↓ ↓ ↓ ↓ おっさんが必死こいて鑑賞し、書いてしまった関連記事はこちら↓ ↓ ↓ ↓ ↓ ↓ 

「君の名は。」レビュー





ただ、これは先日鑑賞した「君の名は。」とある意味よく似ているも、ある意味正反対の映画だった。





「映画 聲の形」







よく似ていると思ったのは、絵柄には好き好きあろうが、人物の動きがとても丁寧で滑らかで、背景画も川などの水、花火、木洩れ日などとても美しいといった「絵的」な要素。

だが正反対だと思ったのは、「君の名は。」が場面場面、シーンで物語をつづってきたことに対して、こちらは「心情描写」のみで物語をつづっていることが決定的に違う。

この絵的な要素がみごとに登場人物の揺れを表現している。ストーリー自体に大きなドラマは小学生時代の序盤のみで、あとは高校生に育った主人公はじめ、登場人物の、「心模様」だけで構成されているといってもよい。


もちろん、中二的なシーンがいくつかあるにはある。

例えば主人公の女の子が川に飛び込むシーン。はっきり言って序盤の「いじめ」の陰鬱な展開から、突拍子もないこのシーンにしらけたことは事実。だが、これはそのこと自体の行為より、「ずぶぬれた小学生時代のあのシーン」の再現を自分の意志で「一歩前に出る」という表現であろうと、こちらとしてはひとつの映画的表現として理解できる。

それよりも引っかかるのは、聴覚障害の女の子硝子が絵的にキラキラし過ぎて、いじめられっ子と化した主人公が、のちに彼女に近づいた理由が、ただ単に「超カワイイ」とか「こいつならオレの地獄を救ってくれる、相手をしてくれる」という、結局小学生時代のあの行為も「興味があったから、好きだったから」に起因するので、主人公の身勝手さは中盤から後半まではずっと変わらない。




そもそもあの子がブサイクだったら、主人公は立ち直るきっかけすらないわけで、この辺りはまあ、アニメとしてしょうがないかな、とは思う。




つまりは本作のいじめの原因は「好きの裏返し」もあるわけで、本作はいじめのこととか、もっというと聴覚障害の女の子との触れ合いも実はテーマ的にはそんなに重要ではないように思える。



「好きの裏返し」でいじめをするようになった主人公将也。

「聞こえない」ゆえ嫌われないようにふるまって自分を押し殺してきて、後半身勝手な行為に及ぶ硝子。

「女の子故に将也の行為が分かってしまう」が自分の気持ちを隠して逆に硝子やみよこに嫉妬する直花。

「あえて渦中」でイイコ、正しいコでいたがるみき(この子は傍観者ではないと思う)。

2016092507




みんな正しくそしてみんな嘘つきで勇気がない。




だが、これこそが人間。




将也については簡単に自分の言葉で他人を傷つけ、自分を傷つけてきた。そんな彼が立ち直るきっかけは、「前を見て、他人の話を真っ正面から聞く」ことだった。
2016092502





だが彼はそんな「些細なこと」が分かったことで、とめどない大粒の涙を流し続けるのである。









「聲の形」とは「発せられないもの」、「図らずとも発してしまったこと」、「意思をもって発したもの」をもって、その過程や結果に振り回される、間という「弱い」生き物を描き、またこんなにも「簡単に取り戻せることができる」という人間賛歌。



いじめや聴覚障害というセンセーショナルな事柄を扱ってはいるが、キラキラな女の子が出ては来るが、




おっさんとしては、そんなことより、そんな本作の「残酷さ」と「やさしさ」が好きだったりする。




 ←ランキング参加してます。面白かったら押してください


ランキング参加しています オモシロかったら押してください 映画評論・レビュー ブログランキングへ

 このエントリーをはてなブックマークに追加
↑ ↑ 面白かったら、押してください。

↑ ↑ 映画バカの私が、よく聞くリスニング集です。


楽天市場
楽天DVD BD

livedoor プロフィール
LINE読者登録QRコード
LINE読者登録QRコード
オーダーシャツが結局お得
自分磨きに
頭皮もしっかりケア