しんざんの、みんな仲良し映画評!!

ほんとうは仲良しとは程遠い、あまのじゃくな映画評、映画批評、映画評論ブログ 全部ネタバレ。またあまのじゃくゆえ、人によってはまったく受け付けないものもあるよ。もちろん、こっそりオススメもあるよ。

「ターザン:REBORN」ネタバレ 「シン・ゴジラ」で疲れた人にオススメ! 老若男女が萌える!ちょっと「カワイイ」くて「上品」で「万人に優しい」映画。

「ターザン:REBORN」
劇場公開日 2016年7月30日

2016080501


主演のスカルスガルドの言う通り、CG全盛の今日にターザン映画で出来ることは多い。

2016080502


だが、バロウズ原作の、最古典のヒーローものゆえ、「既視感」に囚われることはやむを得ないことだ。いうまでもなく、「スパイダーマン」、「猿の惑星」リメイク版のCG猿など。

2016080511




アメイジング・スパイダーマン/アメイジング・スパイダーマン2 【Blu-ray】 [ アンドリュー・ガーフィールド ]






猿の惑星:新世紀(ライジング)【Blu-ray】 [ アンディ・サーキス ]




だが、それ以前に、やはり「成立しやすい企画」程度にみえるところがちょっと悲しい。



だが本作、ターザンの肉体同様、「盛り」だくさんだが、ほどよく「タイト」にまとまった好篇となっている。







「ターザン:REBORN」(原題 The Legend of Tarzan)






邦題の「レジェンド」推しは廃れましたか。しかし、「リメイク」、「リブート」「リボーン」といろいろ考えるなあ。ご苦労様です。

ターザンというと、ディズニーのそれを思い出す人も多かろうが、映画バカのおっさんは、「類猿人ターザン」(1981)、「グレイストーク ターザンの伝説」(1983)。だが、同年代の人だと、この2作がテレビ等でなじみもあろう。

本作は、ターザンがジャングルから戻り「グレイストーク卿」としての生活がすっかりなじんでいるところから始まる。「グレイストーク」のファンからすると、とてもうれしい。

グレイストークー類人猿の王者ーターザンの伝説 [ ヒュー・ハドソン ]



類猿人ターザン [ マイルズ・オキーフ ]





スカルスガルドのターザンに野生が足らない、という意見があるが、野生だけでいうなら、「グレイストーク」のクリストファー・ランバートのほうが、もちろんある。

「グレイストーク ターザンの伝説」(1983)より。
クリストファー・ランバート

2016080521


だが、「ジャングル前」と「ジャングル後」の違いで、本作のターザンの「ジャングル抜け」の英国貴族の容姿は当たり前。

その意味でスカルスガルドは適役。もちろん、スカルスガルド自身は短髪のほうが断然カッコイイ。

それでも、ほとんど訳の分からない超長身、はち切れんばかりの「タイト」なスーツ姿が見れるのもこの展開ならではだ。


背、デカっ
2016080512


2016080504

2016080522


ジェーンについても、「類猿人ターザン」のボー・デレク以外のジェーンをオレはすべて否定する(笑)。

「類猿人ターザン」より。
ちょっとだけ、ちょっとだけ、似たようなシーンがあります。

2016080520


だが


本作のちょっと「カワイイ」、「上品」な「万人に優しい」ターザン映画は、それで全く問題ないのだ。


ヒロイン、マーゴット・ロビーがきれいで、かわいい。
2016080518

2016080508


ジェーンとターザンの愛の物語として、「これ以上ない美男美女の組み合わせ」なら、だれも文句は言えない。

2016080516

愛情表現は同じです
2016080509

その他のキャストも魅力的。安定の「小物」ワルツもいいが、コスチュームが素敵な、ジャイモン・フンスーが特にいい。

2016080505

2016080514


本作の見所は、映画ファンなら、特に前半。

本作の物語展開は、「グレイストーク」後の物語から、ジャングルへ帰る話と、植民地化された「故郷」コンゴに帰るところから。

ロンゲと、「どうせ行くんだろう?」と思わせる気乗りしない最初のターザン、「激ヤセ」サミュエルの同行が、「ランボー」シリーズにかぶってしかたない。

「故郷」に帰る、ジャングルで暴れる、人質の救出は、ほとんど「ランボー怒りの脱出」。老人の同行、現地人の協力、というほとんど「ランボー怒りのアフガン」。

2016080517

愛の物語に加え、男子萌え要素も、抜かりなし。

サミュエルの2丁拳銃や、銃器の独り言説明なんて明らかに確信犯。

ランボー 怒りの脱出【Blu-ray】 [ リチャード・クレンナ ]






ランボー3 怒りのアフガン【Blu-ray】 [ リチャード・クレンナ ]





CGの猿も重量感あるし、ジェーンの助けの声を地獄耳で聞きつけ、なんもためらわずに、ダイブするターザンは圧倒的迫力。

迫力ある!
2016080519

ど迫力!
2016080515

2016080506



映画が「ライト層」向けゆえ、どれだけ必要かわからないし、深みも感じられないが、「アバター」以降の、定番の「侵略者」退治ものとしては、まあ、それっぽい画になっている。


「シン・ゴジラ」に疲れた人には、次はこちらをみると程よく、緩む。
オススメです!



↓ ↓ ↓ ↓ ↓ ↓ 関連記事はこちら↓ ↓ ↓ ↓ ↓ ↓ ↓ ↓ ↓ 
「シン・ゴジラ」レビュー








追記

ただし、「タイト」になったサミュエルのコメディリリーフの立場、そして同じ、バロウズ原作、ゆえか、SF古典のあの作品を思い出される。

そう、ディズニーの黒歴史「ジョン・カーター」(2012)。

ジョン・カーター【Blu-ray】 [ テイラー・キッチュ ]





ディズニーにはワーナーのこの企画をどう見たのだろうか、どう反応したのだろうか(ちなみにオレは「ジョン・カーター」は高評価。まとめ方もよく似ている。)

追記2

エンディングテーマのHOZIERの「BETTER LOVE」が素晴らしい。





 ←ランキング参加してます。面白かったら押してください


ランキング参加しています オモシロかったら押してください 映画評論・レビュー ブログランキングへ

 このエントリーをはてなブックマークに追加
↑ ↑ 面白かったら、押してください。

↑ ↑ 映画バカの私が、よく聞くリスニング集です。



「シン・ゴジラ」ネタバレ 庵野氏にもゴジラにも思い入れのない映画バカは「シン・ゴジラ」をこう見た!

「シン・ゴジラ」
劇場公開日
2016年7月29日

2016073001



!!ネタバレしています、注意してくださいね!!










東宝の12年ぶりのゴジラ映画を「エヴァンゲリオン」の庵野監督で、という話題作。



2016073005


ただしその発表からずいぶん経つこと、昨年の、不評の実写版「進撃の巨人」の樋口監督が絡むということ、公開前の予告のチャチさやそこで行われている雰囲気から、何となく「うそ予告」な空気も感じつつも。






関連記事はこちら
↓ ↓ ↓ ↓ ↓ ↓ ↓ ↓ ↓ ↓ ↓ ↓ ↓ ↓ ↓ ↓ 

「進撃の巨人 ATTACK ON TITAN」レビュー

「進撃の巨人 ATTACK ON TITAN エンド・オブ・ワールド」レビュー


公開初日のレイトショーは超満員。男女比は9:1といった「特撮ファン」「庵野ファン」といったところか。




「シン・ゴジラ」














劇場では「スター・ウォーズ フォースの覚醒」以上のお祭り感があり、ここのレビューも気合の入ったものも多い。

関連記事はこちら
↓ ↓ ↓ ↓ ↓ ↓ ↓ ↓ ↓ ↓ ↓ ↓ ↓ ↓ ↓ ↓ 
「スター・ウォーズ フォースの覚醒」レビュー



だが、映画自体は、なにも「難しくない」映画。
(ただしお子様には難しい)


本作、庵野監督自身の、その人脈、東宝の力によって、「都心の災害対策シミュレーション」および「『日本』への希望」のいうシンプルなテーマの中に、「アニメオタ」「軍事オタ」「特撮オタ」「政治オタ」が集結し、各分野こだわりぬいた作品となった。

ただし、そのアニメ的な「カット割り、カメラワーク、セリフの応酬」のこだわりが特に映画に深みを与えているわけでもなく、それが「らしさ」と言えばそうだし、画面的な賑やかもあるにはあるが、、普通の映画ファンにはこの程度のストーリーにわざわざ「めんどくさい装飾をどっぷり添加しているだけ」に見え、ただ無用に疲れる映画でもあることは確かだ。

なので、そこはやはり「庵野氏の映画」として、深く考える必要はなく、「やっぱりそういう画になるんだね」という程度に軽く付き合うのがいい。

出演陣については、石原さとみの起用の失敗は言うまでもなく、いくらエヴァの登場人物的なサービスとしても、「キャバ嬢」メイクでの登場はいただけない。なにより年齢が若すぎ。

豪華なゲストスター総出で、「探せ」的な楽しさもあるが、豪華さを持たせるなら、海外の要人、例えば米大統領や仏大統領に海外の超有名人一人を引っ張ってくるぐらいの気概は欲しい気もした。「立ち上げれ、日本」とでも言うのなら、超有名外国人俳優を呼んで、その人物を唸らせることが、作品の豪華さ、真剣度を上げることにもなろう。

そう、石原さとみの役を、ハリウッド女優にさせるのが良かったかもしれない。



だが「核の使用を絶対に否定し、日本の力だけで立ち上がる」、あるいは「ハリウッド製ゴジラ」に対抗してやる、という思いから、という意味では、そのへんは「国産」にこだわったのかもしれない。




CGの出来については、特に気にもならず、むしろ「特撮」感が出るようになっているのは良いところ。
2016073002

2016073003


ほかに本作の欠点として、ロケーション撮影の、臨場感、緊張感のなさがあげられるが、それ含めての「レトロ感」「特撮感」であるならば、まあ、そこもむしろ楽しむべきなのかもしれない。

ゴジラについては、「無機質感」があるのがよい。

しかもこのルックスは、日本の「国産ゴジラ」らしく、「火山」にも見えますね。
2016073004


退治方法にカタルシスがないという意見もあるが、「災害対策」にカタルシスは必要ない、ということでその点は問題ない。






追記

役者陣でも、柄本氏、余氏、國村氏が楽しいが、ラーメン伸びたことに嘆く平泉氏が特に素晴らしい。



 ←ランキング参加してます。面白かったら押してください


ランキング参加しています オモシロかったら押してください 映画評論・レビュー ブログランキングへ

 このエントリーをはてなブックマークに追加
↑ ↑ 面白かったら、押してください。

↑ ↑ 映画バカの私が、よく聞くリスニング集です。




「ロスト・バケーション」ネタバレ 水着美女が出ずっぱり。まさしく主演女優ブレイク・ライブリー祭り。その点には全く不満はない。(。。。ないのか?)

「ロスト・バケーション」
劇場公開日 2016年7月23日


2016072701

2016072710




!!ネタバレ注意です!!






「ファインディング・ドリー」ではなく、こちらを選ぶ、というのが、やはりオレというか、さすがツレ、というか。

それはさておき、

サメ映画とブレイク・ライブリー主演、となれば、「スター俳優」に配慮しながらも、どれだけスケべえな絵づくり、演出ができるか、という監督の腕見せどころ、という映画だろうなと思ったら、まあ、そういう映画だった。

原題は「The Shallows」。意味は「浅瀬」。形容詞では「浅はかな」。なるほど、どちらでも取れる内容ではある。とっても許容してみると、邦題もまんざら外れでもない。




「ロスト・バケーション」


続きを読む

「死霊館 エンフィールド事件」ネタバレ 「映画」としてはとてもいい。だが、もっと、もっと、もっと(懇願。。)

「死霊館 エンフィールド事件」
劇場公開日 2016年7月9日

2016071201




!!ネタバレ注意です。また前作のびっくりシーンも画像貼ってますので、前作観てない人は注意してくださいね!!





前作「死霊館」の素晴らしさは、古今東西、老若男女を対象としたまさしく「資料館」ならではの「ホラー映画愛」に満ちあふれた傑作だった。もちろんあのアナベル人形がアクセントとして相当な効果があったのは、つまらないスピン・オフが出来たことでも分かる。


いらっしゃい
2016071208




↓ ↓ ↓ おすすめホラーです ↓ ↓ 


関連記事「死霊館」レビューはこちら



【中古】【Blu-ray】死霊館 ブルーレイ&DVD(2枚組)(初回限定生産) (洋画)



アナベル 死霊館の人形(Blu-ray Disc)




その後の「インシディアス第2章」は、ホラー映画のフォーマットに、数々の映画オマージュを織り込み、ホラー映画の域をすっかり飛び越えてしまって「怖くはないが、とても面白い」という珍妙な作品に仕上げた。


↓ ↓ ↓ ↓ ↓ ↓おすすめホラーです ↓ ↓ ↓ ↓ ↓ ↓ 

関連記事「インシディアス第2章」レビューはこちら






インシディアス 第2章【Blu-ray】 [ パトリック・ウィルソン ]





映画オタク、ジェームズ・ワン監督。

2016071204



結果「死霊館」でホラー映画監督としてピークに達し、「インシディアス第2章」で「映画監督」として、また1歩進んだ、という印象だった。(ちなみに「1」は凡打、「序章」は駄作。。。)


↓ ↓ ↓ ↓おすすめしないホラーです↓ ↓ ↓ ↓ ↓ ↓

関連記事「インシディアス序章」レビューはこちら



【送料無料】 インシディアス 序章 【BLU-RAY DISC】





それ故か、ホラー映画引退宣言をし、おなじアジア人監督ジャスティン・リンから「ワイルドスピード」の最新作を引き継ぎ、「ホラー映画」だけではない、だが「ホラー映画では許された【表現さえよければ粗っぽくてもいい】スタイル」を見事にアクション映画で実行し、大ヒットさせた。ヒットメーカーとしても地位は確立したようなものでもある。そう、どこかサム・ライミのキャリアと被ってくる。


↓ ↓ ↓ ↓ ↓ ↓ ↓ ↓ ↓ ↓ ↓ ↓ ↓ ↓ ↓ ↓ ↓ ↓ ↓ ↓ ↓ ↓ 

関連記事「ワイルドスピード SKY MISSION」レビューはこちら




ワイルド スピード / ワイルド・スピード SKY MISSION 【BLU-RAY DISC】



そのジェームズ・ワンが「死霊館」続編の監督をするという。

それは「映画監督としての」さらなる高みへの「逆説的挑戦」か、ヴィン・ディーゼルにいじめられての「出戻り」か、ただ単にライミの「スペル」のようにやってみたかったのか、期待と不安は入り混じる。


果たしてホラーマスター、ジェームズ・ワン監督はホラーに戻ってきたのか?




「死霊館 エンフィールド事件」







序盤の「インシディアス」風描写に若干の不安がよぎり、また「ホラー」置き去りの作品になるのでは、という思いから始まる。英国に移ってThe Crushの「London Calling」が流れ、アレ、ちょっと時代が違わなくね、と思いつつもまあ、いいや、と少し妥協しつつの鑑賞が続く。

The Crush London Calling



だが、この違和感が家の中を回る無意味なワンカット風撮影で、どうにもつまらないと感じるようになる。家の中の構造、家族構成を描いたように見えるが、ワンカット風で撮る意味がない。これがあの「狼の死刑宣告」の立体ガレージを縦横無尽にカメラを動かしたワンの作品か?と疑うほど意味がない。


狼の死刑宣告 [ ケビン・ベーコン ]






また前作でも描いた、家族の絆、ウォーレン夫婦の絆と、改めてするようなことでないことも繰り返し、中途半端にドラマを展開し、本来の「びっくり箱」は前作の足元にも及ばない、という残念な出来。



この後の展開がどうであれ、おじいたん、というのがそもそも面白くない
2016071206

テント、おもちゃの機関車など、小道具ベタすぎ。ワンよ、どうした?
2016071210


前作の、あの芸術的な「ワンショット」、想像だにしないあの「パンパンっ」の恐怖。「定番」と「意外性」の見事な、奇跡的な共存。洗練された「センス」と言っていいだろう。

2016071207

2016071211



それが本作にはない。



またアナベルの次に、「資料」館に収納されるものが、ゾエトロープというのも実にショボい。観客全員が全員、視線はゾエトロープそっちのけ、ガラスケースのアナベル凝視、拍手喝さい、という残念なシーン。(ゾエトロープのオバケは傑作ホラー「ババドック 暗闇の魔物」の影響ありそうだ)

2016071217



↓ ↓ ↓ ↓ ↓ ↓ おすすめホラーです ↓ 
↓ ↓ ↓ ↓ 

関連記事「ババドック 暗闇の魔物」レビューはこちら




【ポイント2倍】ババドック 暗闇の魔物 [DVD]



あと、ベラ様も、時代に合わずか、フリルブラウスを着なくなって悲しい。



お美しい。。前作「死霊館」より。
2016071214
衣装も前作のほうがイイですね


少しお年を召されたようですが、
2016071213

それでも、お美しい。。
2016071209

もう少し早くホラーに出ていれば、クイーン間違いなし。
2016071202


結果、「インシディアス第2章」でワン監督の中にある、映画マニアの欲がうまく発揮できた分、
今回は一層「ホラー離れ」な作品になってしまうのでは、という不安が的中した形。

ホラーマスターだか何だか知らないが、この程度で「戻ってきた」と言われては「死霊館」の大ファンとしてはちょっといらつくのである。


一番怖かったのが、舞台紹介の説明文と「The Conjuring2」の字の出方のところだったという悲しさ。

この青がかった絵作りはあんまり怖く感じない
2016071205

やるなら、もっと、もっと、もっと(悲願。。)ホラーに特化してほしい。






追記

少し支持的な意見を言わせてもらうと、原題の意味からしても、「The Conjuring」≒「The Exorcist」。「エクソシスト」は「エクソシスト」でも、「1」より「2」寄りなのが、なかなか楽しくはあった。

姉妹ともがんばってましたね
2016071203


追記2

鑑賞後、辺りを見渡すと、なんと女の子ばっかり。

もちろん前作を観てのことだろう。それほど前作「死霊館」は「センス」がいい。上品ってことだ。



 ←ランキング参加してます。面白かったら押してください


ランキング参加しています オモシロかったら押してください 映画評論・レビュー ブログランキングへ

このエントリーをはてなブックマークに追加
↑ ↑ 面白かったら、押してください。


↑ ↑ 映画バカの私が、よく聞くリスニング集です。




「インデペンデンス・デイ リサージェンス」ネタバレ 大統領選を占う? 20年ぶりの同窓会ノリだけではない面白さがある。

「インデペンデンス・デイ リサージェンス」
劇場公開日 2016年7月9日


日本版のポスターは、日本が狙われているね
2016070901





!!初日早々、ネタバレ 要注意です!!







「resurgence」

このなかなか聞きなれない単語は、「復活」「再起」「再燃」、あるいは「逆襲」「反撃」といったニュアンスもあるという。

なるほど、エイリアンの襲撃に対しての、人類の「再起」ともとれれば、エイリアンの「逆襲」ともとれる。

エメリッヒからすると、もう一花、という意味合いもあるだろうし、この「無理やりな同窓会ノリ」もまたしかり。

何より、この「繰り返し」のストーリーはディズニーの「スター・ウォーズ フォースの覚醒」を観た20世紀フォックスの経営陣が、嫉妬が先走ったか、どこで勘違いしたのか、頭の悪い解釈で「リメイク」感を出そうとした、というのなら、大いに納得がいく。

「resurgence」

20世紀フォックス自身の本音かもしれない。

スター・ウォーズ/フォースの覚醒 MovieNEX 通常版



インデペンデンス・デイ【Blu-ray】 [ ウィル・スミス ]




「インデペンデンス・デイ リサージェンス」








前作は、何といっても、「宇宙から来た異星人は地球侵略してなんぼでしょ?」という70、80年代のスピルバーグの
優しい」エイリアンにうんざりしていたクソガキの、ようやく欲求を満たしたSF大作だった。ということが大きい。

未知との遭遇 スペシャル・エディション【Blu-ray】 [ リチャード・ドレイファス ]



【送料無料】 E.T. 【BLU-RAY DISC】



そんなクソガキもすっかりおっさんになった今、同じように楽しむことはできない。

そんなおっさんの今回の見所は、宇宙人でも、宇宙船でも、ドッグファイトでもなく、女性大統領とその行く末だった。

どことなく、エメリッヒの「ゴジラ」を思い出します。

2016070904

エメリッヒですね
2016070910


分かりにくい画像貼りましたが、これエメリッヒじゃない「ゴジラ」の
アレに似ているのは、ワザとなんだろうか、たまたまなのか

2016070907


2016070902

2016070903

もう、心躍らない。。
2016070905

賢そう、強そうな女性大統領ですが。。。
2016070906

前作は、当時の大統領のクリントンもホワイトハウスで鑑賞し大喜びだった、らしいが、近未来のアメリカが舞台の本作で、登場する大統領は女性である。

だがこの大統領、正体不明の接近物に攻撃して、結果的に判断を誤る。また敵エイリアンの襲撃に対して、味方の戦力を敵の罠にまんまと引っかかってしまい、壊滅させてしまう大失態。

そして敵に陣地に攻められ、自身も退場。

ヒラリー氏は当時、夫大喜びの前作を知らないわけがないだろうから、この女性大統領の末路をどう見るのだろうか。

しかも、そこで次なる大統領閣下となるのが、ウィリアム・フィクトナー演じる軍人。

この顔で閣下です
2016070908


「やっぱり、強くないとアメリカ、違わない?」




と、前作の元大統領も登場し「特攻」するという、まあ、敵のバリアもとにかく力押しでぶち破るという、徹底ぶり。

もと閣下の当時と今。

2016070909

いやあ、面白かったねえ。大統領選も楽しみである。




追記

あの続編作る気マンマンの終わり方。次もエピソード8を見てからしっかりパク、いや対抗しようね。

 ←ランキング参加してます。面白かったら押してください


ランキング参加しています オモシロかったら押してください 映画評論・レビュー ブログランキングへ

 このエントリーをはてなブックマークに追加
↑ ↑ 面白かったら、押してください。

↑ ↑ 映画バカの私が、よく聞くリスニング集です。




楽天市場
楽天DVD BD

livedoor プロフィール
LINE読者登録QRコード
LINE読者登録QRコード
オーダーシャツが結局お得
自分磨きに
頭皮もしっかりケア