「エクソダス:神と王」
劇場公開日1月30日

201507193




本作、その後がさらにその民族にとって苦難の道が続くため、決してカタルシスは生まれない。
そこを踏まえて、どう楽しむか、が本作の見どころ、となる。

以下、その本作の注目点。

・リドリー・スコット

まずは何はともあれ、超傑作「悪の法則」の次の作品である。とはいってもリドリー・スコットである。そこは過剰な期待はやはり持つことはなく。

・神様

前々作「プロメテウス」で神をエイリアンバスターするというびっくり設定があさってすぎて、スベッてしまったが、再度神を描いた本作。

「お前らの神が!」

というセリフがあるが、確かにその部分だけをピックするととっても問題ある発言だが、本作、宗教色は極めて薄い。今度は駄々っ子、というある意味、とっても分かりやすい姿で登場。ただし、モーセ自身の子供と、駄々っ子との対比、というようなところまで突っ込んでいないので、駄々っ子ぷりにモーセがただ、ただ振り回されるのである。

・ラムセス
201507194
かわいい
201507195

この駄々っ子に、エジプトの王であり、「神」でもあるラムセスがイジられる。ラムセスにしてみれば、先代の意志を継いでいるだけである。まあ、ちょっと気負ってはいるかもしれないが、積年の恨みを晴らすためのからの攻撃を気丈に耐え忍ぶ。その姿がとてもかわいいのである。

ほら、そんなに泣くから、アイシャドウが。。

演じるエドガートン、ハッキリ言って、クリスチャン・ベイルを食ってる。最高である。

・「奇跡」

極めて現実的に起こりうる描写になっており、実際、笑える会話もここではあるのだが、絵的にあんまりおもしろくない一方、「海」のほうは、期待したあの絵でないかつ、別の意味で非現実すぎて、これまた興ざめ。

ほかの映像についても、特に騎馬戦などもっとド迫力が出てもいいもんなんだが、どうも迫力不足。軽いんだよねえ、どうにも。

「プロメテウス」ぐらい豪快にハッタリをかませばいいものを。しかしアクション・センスとか、ダイナミズムとか、このへんはリドリーには求めていないので、まあ、いいか。

・最後に

バッキンバッキンのCG、頑張りましたねえ、とは思うが、それがリドリースコットのなせる業、とは全く思っていない。だから今回もそんなんどうでもいいから、駄々っ子とラムセスで楽しんだ、というリドリーファンからすると、今回も映画ファン失格なレビューですまないねえ。

追記

化ける割にベイルは結構、共演者に食われる印象があるなあ。「アメリカン・ハッスル」ではクーパーに、「ターミネーター4」は言わずもがな、主演のヒーローものではことごとく、「ファーナス」は、これは、まあ、気にしなくていいか。

かっこいい
2015071910

201507198
201507199

映画はアレだったけど、かっこいい
2015071912

役者魂!かっこいい
201507196

いや、どうでしょう
201507197
でも今回は
2015071914

こいつの勝ち!!
2015071916

 ←ランキング参加してます。面白かったら押してください


ランキング参加しています オモシロかったら押してください 映画評論・レビュー ブログランキングへ

 このエントリーをはてなブックマークに追加
↑ ↑ 面白かったら、押してください。

↑ ↑ 映画バカの私が、よく聞くリスニング集です。