「her 世界でひとつの彼女」
劇場公開日2014年6月28日
20150722

コンピュータに恋をする、とかは全く新しいものではなく、むしろ、満員電車で、命の危険を顧みず、右手にスマホ、左手に〇〇、な気持ち悪い現実を毎日見せつけられているだけに、

「いやいや、近未来違うでしょ?」

という前提から先ず臨むことになる本作の鑑賞。

世間の観方に逆らったわけではないが、吹き替えで鑑賞。まあ、あとで、原語で鑑賞しなおしたのだが、吹き替えの素晴らしさにかなりびっくりした。ヨハンソンのほうは、人間味、という狙いとは別に、ただ吹き替えのほうが人間味かつ機械的音声らしさのちょうどど真ん中に決まってたという印象が強い。本作の吹き替え版の本気度をここに見た。

さて、セオドアだが、彼の職業が代筆、ということから、書く言葉は人の心を打つモノだが、面と向かっては、うまく言葉が出ない、というコミュ障、という定番なキャラクターかと思えば、そうでもないように見える。

一方、近未来という設定と、彼の身近な人物が、彼のOSとの恋、そのはしゃぎっぷりが、き〇〇〇に周りからは見えていない。

そう、実は周りもみんな同じなのだ。

実際、電車の中にもいますが
201507281

唯一違うのは、別れた妻。別れた妻がどうも悪役のような、身勝手な見え方だが、そうではない。

彼女のみがいわゆる、「まとも」で、その他がみんなコミュ障、という。

そりゃ、こういう顔をするわ
201507282

この物語は表面的には、OSに恋した男の悲喜劇に見えるかもしれないが、
そうではなくて、別れた妻とのコミュニケーションの回復に結び付ける物語。OSが彼の成功の一手伝いとか、女友達とのぬるい締めとか、全体的に甘ったるいのだが、それはあくまで映画的なイベントであって、本筋ではない。

しかし、OSが急に消えたなら、利用者の数からして、もっと世間がパニックになったりするはずなんだが、そういう描写はないのは、まあ、映画のセオドア個人まわりの生活圏内のお話という世界観を崩したくないからなのだろうが、このOSの存在がやや中途半端な印象があるにはある。

まあ、そこはたとえヨハンソンの人間的な声を使ったとしても、「本当の意味」で、OSにリアリティを持たせたくない、ということなのだろう。

100%自分のことを理解してくれている存在が消えてしまったとき、セオドアは気づく。

ラスト、セオドアは誰かの言葉ではなく、代筆ではなく、自分のことばで、別れた妻キャサリンへ、謝罪と愛の言葉を送るのだ。

「大人」としてのコミュニケーション回復。

この映画のキモはここにある。

追記

ぎゅうぎゅうの満員電車でスマホが使えなかったらどうする?決まっているよね、みんな、周りにぶつからない様、迷惑をかけないよう、足元や荷物周りを気にするよね。本作はそういうことも教えてくれている。

 ←ランキング参加してます。面白かったら押してください


ランキング参加しています オモシロかったら押してください 映画評論・レビュー ブログランキングへ

このエントリーをはてなブックマークに追加
↑ ↑ 面白かったら、押してください。

↑ ↑ 映画バカの私が、よく聞くリスニング集です。