「オンリー・ゴッド」
劇場公開日2014年1月25日
201507223

「何だこれ?」という感想が大部分を占めていて、オレが「ナニコレ」の状態。


「笑っちゃうぐらい変な映画」って?笑っちゃう、はいいけど、全然変な映画じゃあないと思うけど。

本作は

東洋の神秘に必要以上に傾倒してみちゃった(みちゃった、のニュアンスが重要!)レフン監督が、マザコンで、不能な主人公と、彼も含めて、超卑怯で臆病な白人の侵略を、北野武がバッサバッサ切り捨てる映画。

とにかく白人グループが、徹底的に、バカで卑怯で下劣で臆病に描かれている。

ゴズリング扮するジュリアンもあれだ、ママンへの言い訳づくりで武とタイマンするんだけど、当たり前のように返り討ち。そのあとのジュリアンが武の家を強襲するんだけど、その時の彼の行動がまた、またセコい、精神的に卑怯。

この主人公はとにかく揺らぎまくってんだよね。

ママンが神、とか何とかいう前に、ママンのせいで不能にとか、いやいや、こいつがカスなだけだって。自分がかわいいだけなんだって。

どんだけスター、ゴズリングに肩入れしてるっちゅうねん。

一方の、武は徹底して、揺るがない。彼のカラオケは鎮魂、とか何とかいう前に、「俺の歌を聴けや」という普段の彼のまんまであることに注目したい。


ラスト、ジュリアンがじっと手をみる。
要は自分の〇〇〇だ。

これどうしようかなー、と思ってて、役に勃たないのがわかったところ、パイプカットしてくれる人(これをある意味「神」とも言える)が現れたので、身内を欺き、見事パイプカットできました、というお話でもある。

201507224

めっちゃくちゃ面白い!

 ←ランキング参加してます。面白かったら押してください


ランキング参加しています オモシロかったら押してください 映画評論・レビュー ブログランキングへ

 このエントリーをはてなブックマークに追加
↑ ↑ 面白かったら、押してください。

↑ ↑ 映画バカの私が、よく聞くリスニング集です。