「キャリー」
劇場公開日2013年11月8日

自主規制?後、ですが、最初のポスターよりこっちのほうが正しい映画でした
201507265

旧作を知っている人間にとって、今回のリメイクは、

1)カワイイクロエがキャリーを演じること
2)リメイクならではの新味を探す
3)ジュリアン・ムーア

にしか興味はいかないのである。

1)スクリーンの中や観客席を見渡しても、キャリーが一番かわいいんだから、ああ、これはそういう映画なのだ、とシャワーシーンで全部分かっちゃう。

どんくさいけど、17歳で初潮を迎えるけど、お母さん変だけど、超カワイイ。
田舎町だが現在の設定で逆にオーバーオールの着こなしが粋なキャリーはそもそもいじめられる存在ではないのだ。

201507269

いや、さすがに可愛さ、隠しきれてませんって。
201507266
201507267

どう見てもクラスメートのジェラシーにしか見えない。まあ、いじめっ子がキャリーに似た豚を見つけるところは面白かったけど。

2)オリジナルに忠実、といえば聞こえはいいが、まんま。

オリジナルを超えよう、という意思は初めからないし、別路線で行こう、という冒険もない。クロエの七変化を見せたいがために、淡々とスピーディーにストーリーが展開される。プロムで爆発するまでの何のタメが全く無いのである。
クロエが一番カワイイのに、やっぱり一番かわいかったね、というのだから、感情の起伏も何もないのである。

もう、役柄忘れてるでしょ?

201507268

そう、単にいつもの血まみれクロエ登場のためだけに作られたアイドル映画でしかない。


「はい!真っ赤が似合うアイドルです!<3」
ってな彼女だから、悲壮感な演出など初めから無いのだよ。

はい、正装です
2015072611

というか、ここから企画がスタートしたとしか思えないな。

3)狂信的だが、逆にむしろエロチックで、すさんだ美魔女を好演。ジュリアン、さすがである。

201507281

オリジナルとの比較をすると、止まらなくなるので、ここではやめるが、アイドル映画として楽しめれば、それで作り手の意図通りでいいのではないだろうか。

 ←ランキング参加してます。面白かったら押してください


ランキング参加しています オモシロかったら押してください 映画評論・レビュー ブログランキングへ

 このエントリーをはてなブックマークに追加
↑ ↑ 面白かったら、押してください。

↑ ↑ 映画バカの私が、よく聞くリスニング集です。