「ニンフォマニアック Vol.1」
劇場公開日2014年10月14日
201508047




鬱でも変態でもどっちでもよいのだが、気持ち悪い「メランコリア」から待望(?)の新作。


うわさは聞いていたが、エロ映画の超大作。今回はその前編。

さて、本作、変態で名をはせ、女性蔑視だのなんだの、言われ、それじゃお望み通りのものを作ってやる、とか言ったか言わないかは知らないが、極めて、発想の陳腐なエロ映画、というのがVOL.1の鑑賞後の第一印象である。

VOL.1の幼少期から青春時代の主人公ジョーのエピソードは既視感満載。トリアーは変態ではなくって、まじめだから鬱になったのか。と思わせる。

いつの間にかエロ映画の定番曲になってしまった、ドミートリイ・ショスタコーヴィチのジャズ組曲第2番よりワルツ第2番を使ったり



セックスの最高の秘訣は愛とか、性に目覚めたのは、綱登りだとか直球を投げたり、魚釣りとか、数学とか、縦列駐車とかは、ジョークではなくって、トリアー、お前、マジでそう思っているだろ?


「真面目かっ?」

と逆にトリアーに、いままで変態扱いしてごめんなさい、とこっちがトリアーに申し訳が立たなくなってしまっているのに気付く始末。

むしろ、その中で逆に「愛を語る」というのはまあ、VOL.2への展開だったりするのだろうが、それでも、その展開は陳腐なんだよなあ。

VOL.1のラストなんて、あれだよ、

セックスが気持ちよくなくなった!!、VOL.2に続く!お前、園子温かよ。

なぜにシャルロット・ゲンズブール、というがっかり感はVol.2への猛烈なマイナス要素。
主人公の若いころを演じるステイシー・マーティンは素晴らしい。全然似てないけど。

 ←ランキング参加してます。面白かったら押してください