おにいちゃんのハナビ

劇場公開日
201508101

難病もの

美男美女
泣かせの演出
友情
外野の応援

本作揃ってます。

基本オレは難病モノは見る機会が無い。
理由は「泣きたいと思わないから」。

難病モノは泣かせるために存在する。
リアリティは要らない。泣かせる。かつたくさんのお客さんを呼び込む。
たとえ一部の猛烈な反感をくらっても。

それが至上の目的。

泣けたから好きな映画、と言う人はもちろんそれで大変結構なことだと思う。
世間一般はそもそもそういうところで映画を評価する。


オレには妹がいないから、妹と兄の関係とは、まるで実感が湧かない。ああいう妹ってどうだろう?ということすら想像できない。

難病モノはいつだって、その気になれないといけない。だからオレにとっては本作のハードルは高い。
でも泣けたけどね。

リアリティのことを言うんであれば、めちゃくちゃかっこいい高良健吾の引きこもりは「ナシ」。でも役作りにがんばっているのは十分伝わる。服装や髪型、視線、声の張り方などインとアウト、ビフォーとアフターのルックス変更もよくされている。

あんなにバカみたいに生命力のある妹が不治の病、そのままの精神でコロッと逝くのも本来は「ナシ」。しかしそんなリアリティは本作のターゲット層は誰も求めていない。高良健吾の引きこもりは「綺麗な絵になる」からOK、谷村美月のかわいくて元気な、不治の病をひとっつも抱えているようには見えなくても「その後のドラマのため」だったらOK、なのである。

まあ、映画ですから、ね
201508102

その点に関しては、主人公2人の演技は最高。めちゃくちゃかっこいい引きこもりが、めちゃくちゃ元気でかわいらしい妹を失ったとき、奮起して妹の思い出を胸に妹との約束を守る、と言うお話に1点の曇りも無い。

そのお話に食いつける人は間違いなくイケる映画。

追記
「おにいちゃんの」とYAHOO検索したら、まあ、でるわ、でるわ。おにいちゃん鉄板ですね。

 ←ランキング参加してます。面白かったら押してください


ランキング参加しています オモシロかったら押してください 映画評論・レビュー ブログランキングへ