「M:I-2」
劇場公開日2000年7月8日
201508161

「M:I-2」の評価が低いので、今からこってり、逆襲します。


「M:I」シリーズとは、トム・クルーズの「自身のスパイ・アクションの映画ファンとしての欲求」を満たす映画である。

と同時に、我々ファンが「M:I」シリーズに望んでいることを理解しながら(しようとしながら)続けてきた。

それは、まず彼自身がこんなシチュエーション、こんなシーンを撮りたい、という欲求がその作風を占めている。


我々ファンはそのことを、「無意識で」理解しているからこそ、この「緊張感のないスパイ」映画を楽しんでいるのだ。


1作目のデ・パルマ監督にしても、その「ミッドナイトクロス」「スネークアイ」などのサスペンス風な絵づくりが特徴的であるが、中身は見せ場の繋ぎ合わせであり、それはあくまで断片的な緊張感にとどまっている。


「あのシーンはイイヨネ、でもどんな話だったっけ」


1作目において、これを意図的とするか、結果的にそうなったのかは、とりあえず置いていて、この1作目のスタンスは2作目以降、ずーーーーーっと継続していくことになる。


そもそも、「M:I」シリーズのストーリーを全シリーズ語ることが出来る人がいるだろうか?そんなファンはいない。そんな「キモイ」ファンは要らない。


そんなシリーズではないのだ。


オープニング


イーサンに化けた悪役ショーン(つまりトム)が自分のニヤケ顔をさんざん披露し、それを「いやいや、キモイし」と自分でしゃべらせる自己パロディの開眼からはじまり、あの「レインマン」とハンス・ジマー縁りの「アイコアイコ」の流れる中、あの驚愕のロック・クライミングに移り、サングラスによる指令から、バンドサウンドにアレンジしたテーマ曲の流れるアバンタイトル。こんな素晴らしいオープニングはないね。

201508163

201508162

今回のイーサンはロングである。
201508168

トムのショートは「童貞」OR「真面目」OR「青い」とするならば、ロングは「スケコマシ」「ちゃらい」「ニヤケますよ」というわかりやすいサイン。以後、加齢もあり、この後の「バニラ・スカイ」での「脱スケコマシ、脱イケメン宣言」にて、ロングとは「一旦」お別れすることになる。故に観客は、「ああ、トムがお姉ちゃんといちゃいちゃする映画なのだな」と観ればいい。

「青い」(「トップガン」より)
2015081615

真面目(「ミッション:インポッシブル」より)
201508169

真面目(「マイノリティ・リポート」より)
2015081610

ちゃらい(「デイズ・オブ・サンダー」より)
2015081611

ちゃらい(「レインマン」より)
2015081612

応用編(「バニラスカイ」より)
2015081614

迷走編(「ワルキューレ」より)
201508171


番外編
2015081616


なんというわかりやすさ、素晴らしい。


さらに、今回は敵役を化けることで、いやいやニヤケ顔をしなければいけない、自虐ギャグを自身で2回も繰り広げるのである。その敵だが、いかにも「トム・クルーズ」嫌いだ、って思ってそうな顔が、イーサンの後塵を拝してきた男の顔になっていて、とても良い。


今回の彼女タンディ・ニュートンは、とってもかわいい。この子と「映画史上最強に緊張感のない、最強にカワイイ」カーチェイスを繰り広げる。

201508167

ここから、ジョン・ウーのナルシシズム満載の演出とトムのナルシシズム全開のシーンがこれでもか、と続く。

これをファンが喜ばずに、そして笑わずにいられるか?


シリーズを「スパイ大作戦」だの、「チーム戦」だの、一体シリーズの何を見ていっているのか?そんなモノは第1作目のフェルプスの扱いで、思いっきり訣別宣言しているではないか?そのくせ1が面白いとか、どういう理屈なのか?


一応、どの作品もそれなりにチームは登場する。しかし4の「チーム戦」寄りになったのは、加齢のせいであるのと、著名人が脇にいるだけで出番が多いだけである。


アクションについても、破格のロック・クライミングから、ここで定番と化した「みんなが見たい宙吊り」、銃撃戦、映画史上最も有名となったバイクアクション、そしてトムの鍛えられた肉体と「キック、足技」を主体とした格闘シーン。


201508164

201508166

顔の切りキズは格闘アクションでは、必須です。さすが心得ています
2015081617


ここでの彼の自身で演じるアクションへの決意が以後のシリーズの作風の根幹を担っている。


それどころか、その表現はスターならではのナルシシズム表現の究極系。トムのスター性とジョン・ウーのケレンミたっぷりなアクション演出でなければ決して生まれなかったものだ。


この作品こそ、単なるスターの域にとどまらない、「アクションのできるスター俳優トム・クルーズ」の高らかなる宣言。


そう、トム・クルーズこそ、ニコラス・ケイジが完遂できなかった、今の「スターがアクションをする」という立役者なのだ。


故に「M:I-2」こそ、シリーズの枠を飛び越えた、ハリウッド映画史にとって最も重要なアクション映画の一つなのだ。


追記

2を嫌う奴ってだいたい、トム・クルーズの映画でイイ思いをしたことがない人のような気がするね。ホントはジョン・ウーとか好きなのにね。


追記2

「ローグ・ネイション」未見。観たとしても、シリーズにおける「2」の映画史最強論は変わらない。

 ←ランキング参加してます。面白かったら押してください


ランキング参加しています オモシロかったら押してください 映画評論・レビュー ブログランキングへ