劇場公開日 2015年10月3日
2015101001


週刊少年ジャンプは中学生までよく読んでた。「シェイプアップ乱」がお気にいりだった。ただし乱ちゃんの等身が変わるようになって読まなくなった。

最低で最高!
2015101401

あまのじゃくなおっさんに育つわけだ。はっはっは。


「バクマン。」

故に?原作未読。

佐藤健くんと桐谷健太くんが出ている、というわけでもないが、まず想像したのは「BECK」。

2015101402


なるほど、マンガか。

演奏する必要もないし、誰もが唸らされる作品(曲、声)を聴かせる必要もない。なるほど、才能映画で、マンガ、というのはなかなか表現に工夫の幅はありそうだ。

(「才能映画」とはオレの造語。天才が出たり、世界1位になったり、誰もが納得する究極の音楽や絵が登場する映画)

だけどストレートに彼らの漫画を見せない、説明しないので、当然、彼らの書いた作品がどういう作品なのか、がやっぱりよくわからず、なんだかごまかされているなあ、という気もしないでもない。

その象徴として、ペンを剣に見立てての、ライバルとの攻防シーンがある。
2015101002


だが、このやり方だと、神木くんの原作者のキャラがペラペラになっちゃうんだよねえ。

一応、神木くんのほうは鉛筆ではあるが。これは原作者の戦いではないでしょう
2015101003


とオレは思うが、好みの問題ではあるか。

彼らの書いているマンガが連載して、人気投票上位、とか言われてもピンと来ないが、まあ、そのへんは、徳弘正也、じゃなくって畑健という絵師の力で、画面的に引き込まれるのは確かだ。「DEATH NOTE」「ヒカルの碁」のジャンプの一時代を作った絵師である。

他紙ならともかく、ことジャンプにおいては、絵についてはこれ以上の説得力はない。

だが、その分「絵以外の漫画の醍醐味をバッサリ切り捨てるという、上手くいけば、映画からスピンオフで、という商売っ気もあるとは思うが、彼らの漫画読んでみたい、という部分を抑えてしまう、という手法をとったわけだ。

(このあたりは原作を知らないので、神木君の演じる原作者の凄さが原作にあるのかもしらないが。あと、あと付けだが、小畑氏の絵のみで説得力を持たせる、作画者のみを主人公とする、という制作スタンスであれば、原作見た目のキャラとは違う配役、というのは佐藤健くんの、「るろうに剣心」の実績で、納得がいくのでは。)


また、青春映画、努力友情勝利映画、としてみるに、ちょっと頭をかしげる部分がある。

努力の表現だ。

他の漫画家たちとの友情を描くため、アシスタントを排除した設定はよくわかる。だが、そのために果たして入院させる必要があったか。

漫画家を目指すこと、連載すること、継続することの厳しさ。

入院して休載するのと、自分の意思で書くことでは、それらは関係ない。せっかくのチャンス、死んでもいいので・・・、はさすがに努力の土俵の話ではない。

しかも、これだと、いやでも叔父さんとの対比になってしまうが、作り手はそれを望んでいないでしょう?

上に書いたのとちょっとかぶるけど、コンビの在り方ももうちょっと面白くできたのではないかと思う。同じところで、おなじタイミングで、原作者と作画者が悩んでいるのも果たしてどうか?

これは終盤もそうなんだけど、ネームが固まらない、絵が悪くなる、作品の質が落ちる、は同一線上ではないんだよね。(究極的には相互作用ってあるかもしれないけど)

巻頭カラーで成功して、たった1回だけトップをとった。それはよい。だが、そのあと、うまくいかず急降下って何がうまくいかなかったの?

ひと夏の経験じゃないんだから、そこは描かないと。

部活と一緒だよ、それじゃ。

追記

いろいろ言いましたけど、それでも、このあたりのデキが、青春映画としての「身軽さ、軽さ、軽薄さ」として優秀だと思うよ。

小松さんは「渇き。」よりこっちのほうがいい意味で漫画的でよいですね。
2015101005

山田さんも、いい具合に埋もれますねえ
2015101006

連載会議、面白かったですね
2015101009

手塚賞の会場も興味深かったですね
2015101008


追記2

一番ぐっときたのは、いろんな人がジャンプを読んでるカット。特に小学生が本屋からジャンプを持って走り出すシーンや2段ベッドで、子供2人がそれぞれジャンプを読んでるシーンはほっこりする。

いい歳したおっさんやサラリーマンで、電車に乗ってジャンプを読んでる奴や立ち読みで読んでる奴までしっかり描写があったが、さすがにリアルにそいつらはどうかしてる


 ←ランキング参加してます。面白かったら押してください


ランキング参加しています オモシロかったら押してください 映画評論・レビュー ブログランキングへ

このエントリーをはてなブックマークに追加
↑ ↑ 面白かったら、押してください。

↑ ↑ 映画バカの私が、よく聞くリスニング集です。