「モスダイアリー」
劇場公開日 2013年8月3日
2015102509




まず、最初にひとつお断りを。

「おっさんがレビューするんじゃねえよ」という映画だ。

この映画、おっさんがレビューするのは基本間違いである。だがしかし、おもしろかったのだからしょうがない。だから、許せ、おっさんがあっつーいまなざしでレビュー。こってりネタバレで。

本作、ゴシック・ヴァンパイア・ミステリー、と称されるが、まあ、正直「ヴァンパイア」である必要はない。

全寮制高校で、キャピキャピしたい主人公レベッカが、百合友のルーシーを、オトコマエのエネッサに寝取られ、嫉妬するも、実はエネッサのねらいは、境遇が似ているレベッカのほうだった。

危うし!レベッカ!エネッサに操を奪われる?!

エネッサに懐柔されると、レベッカはキャピキャピ生活を約束されるのだが、キスから乳への、のエロ教師のコンビネーションもなんのその、百合友を取られた怒りが勝り、エネッサと対決することを決心する。


だがちょっと待て。

エネッサはレベッカの脅威だけではなく、実は「卒業」を促している存在でもある。エネッサの不思議な力で、クラスメイトを次々といろんな意味の「卒業」に追いやり、レベッカを孤立させる。レベッカもエロ教師による「卒業」のチャンスもあったのだが、レベッカの選択した「卒業」は精神的なものだった。

実は結構、エネッサの存在については、見た目まんま、この世のものではないという描かれ方をしているのだが、それは、異物ではなく、レベッカの分身、という見方もできる。

つまりは、年頃の女の子の揺れる乙女心、身分的、精神的、肉体的卒業を描いた作品、ということで、着地点は、とってもありふれたものだが、その描き方がまあ、おっさんのオレがいうのも何なんだが、揺れていてカワイイのである。

ポスター俊逸。主要3人も素晴らしい個性。

2015102502

女子高生とは思えないが、可愛らしい主人公、サラ・ボルジャー、好きです
2015102508

この世のものとは思えない美しさのサラ・ガドン(当然大好きです!)
2015102504

この世のものとは思えないリリー・コール(故に、大好きです!)
2015102503

2015102505

モスダイアリー 【DVD】

マリーナ・アンド・ザ・ダイアモンズの「Numb」がエンディングで、その歌詞、曲調と映画のラストがピターっとはまって、鑑賞後は、上がる上がる。

これがハマれば、乙女の階段登ってます


 ←ランキング参加してます。面白かったら押してください


ランキング参加しています オモシロかったら押してください 映画評論・レビュー ブログランキングへ

 このエントリーをはてなブックマークに追加
↑ ↑ 面白かったら、押してください。

↑ ↑ 映画バカの私が、よく聞くリスニング集です。