劇場公開日 2015年10月23日
2015110701


!!!ネタバレ全開です!!!







ここから




レビュータイトルにある通り、笑って、ビビって、最後にややホッコリする、ていうのは、シャマラン映画の定石で、今回の「ヴィジット」はそれにうまい具合にのってはいる。

「シャマラン、復活」

これは確かに間違いないと思う。

だが、これは「笑って、ビビって、ホッコリして、『シャマラン、復活したじゃん!』と満足していると、ふとそのことに罪悪感を感じ、恐怖する『恐怖映画』」



映画ファンなら、シャマラン映画は、どうしても身構える。多分に漏れず、オレもそうだ。

本作の宣伝文句の3つの約束は、明らかにガキらを「太らせて食う」

2015110702


だが、鉄板すぎるので、NGとし、オレが妄想してたのは何らかの陰謀において、

1)実はお母さんもグル
2)実は弟が宇宙人
3)実は姉が首謀者

いや、本気でそこまで思った。

事実シャマランは、それらを妄想させるようにも作ってはいる。スカイプの母の「Hate」の「Love」返答、子供心以上に、むやみに暴こうとする弟、背伸びした大人のふるまい以上に、老人たちを擁護する姉。そしてそれぞれのインタビューで吐露する苦悩。

だが、実際は一番セコい落としどころに落とした。

キ〇〇イ、精神病院患者の老人男女。

もうね、この設定で、笑ったり恐怖したことに申し訳ないと感じるオレがいるのよ。

でも、これは、シャマランは俺みたいなやつを想定したうえで、それを分かったうえで、この落としどころにしているね。純粋に映像でびっくりさせるホラー映画として楽しむ観客をあざ笑い、

「お前ら、何見て笑ってんだよ、何見て恐怖してんだよ、人間くさってんな」

とシャマランからの猛烈な観客への攻撃。これに気付いた時、観客は本当の恐怖に落とされる。


そこまでの作り込みをスゴイととるか、キモイととるかは人それぞれ。

ハンケツで縁の下を這いずり回る老人を笑うこと、子供が人を殺すこと、ウ〇チを顔に塗られること。そしてこの事件を成長の糧にすること(姉は鏡の前で色気づき、弟のラップはキレを増す(笑))、母との絆の再確認という美談にすること。

オレははっきり嫌悪する。

だが、映像としての恐怖演出は日本のホラーに影響ありな、見事な演出。その点は評価する。だが、前半のダラダラははっきり言って、頭の中で色々考え、どんでん返しを巡らせる観客の未だの、「シャマランしるし」洗脳効果に甘えている。

追記

インタビューで、母との思い出を聞き出そうとすると、(当然知らないのだから)パニックになるなど、きれいな伏線もあるんだから、やっぱり、キ〇〇イ、精神病院患者という設定は外してほしかったかな。

しかし、それ以外の奇行を全く回収していないのだから、キ〇〇イ、ということで逃げた、あるいはそれを逆手にとって開き直ったともいえる。

めんどくせえな、シャマラン。(苦笑)

 ←ランキング参加してます。面白かったら押してください


ランキング参加しています オモシロかったら押してください 映画評論・レビュー ブログランキングへ

 このエントリーをはてなブックマークに追加
↑ ↑ 面白かったら、押してください。

↑ ↑ 映画バカの私が、よく聞くリスニング集です。

シャマランはこの2本が好きです。

サイン 【Blu-ray】【Disneyzone】 [ メル・ギブソン ]

アンブレイカブル【Blu-ray】 【Disneyzone】 [ ブルース・ウィリス ]