劇場公開日 2015年11月6日

!!本題はずっと下のほうです。それといつものことですが、ネタバレです!!


2015111705

「ジョーズ3D」、、じゃなかった

2015111706
「13日の金曜日PART3 3D」、でもなかった

あ、これは懐かしいだけ。
2015111708

すみません、




「エベレスト3D」
2015111710



本作は、1996年のエベレスト大量遭難事件を基にした映画、とのこと。

Based on a True Story(笑)

・・・いや、(笑)は不要だが、どうしてもこの決め台詞を見ると、つけたくなる。

「アルゴ」(笑)
「ドミノ」(苦笑)
「エレファントマン」(失笑)
「ライトスタッフ」(笑・・・じゃなくって、襟を正せ!)

まあ、実に多彩である。だがなぜこうも多いのか。今回は、ほんのちょっとだけ、そのことについて考えてみた。

なぜ多いか?大体の見立てはこうだろう。

「感動的だから」
「小説よりも奇なり」

だが、一番の理由はこれだと思う。

「結末が分かってるから」

????

これってネタバレってことだよね。そう、俺たちは、実話=ネタバレ、って思うから、本来はテンションは下がるんだよね。観る側にとってマイナス要素のほうが大きいはずだ。

だけど、製作陣は違うんだよね。

「実話=企画、脚本段階で圧倒的に手間がかからない」
「プロデュース側にプレゼンしやすい」
「実話=訳が分からない企画ではない≒安定した企画」
「ゆえに実話=企画が通りやすい」

こんなところだろう。「安定した企画」って言うのがとってもミソなんだが(罠ともいう)、原作ものが多い現状とロジックはほとんど変わらないだろう。

だが、制約もある。

「当たり前だけど、ネタバレ」
「ものすごい嘘はつけない」
「遺族、関係者に気を遣う」

特にこれらは、映画の内容や作風に関わる。だけど、「Based on a True Story」をこれ見よがしに貼りつける理由も、実話だから企画を通されたのだから、当たり前。そしてオレも自分がファンドするなら、やはり実話の映画化の案件だろうと思う。

だが、少なくとも現在鑑賞者としての立場しかないオレは、その文字を見ることで、テンションは圧倒的に下がる。と言っても最近は、あまりに実話の映画化が多いのと、そこまで社会的出来事にアンテナを立てていないので、(なんせ映画バカなので、はっはっは)

「まあ、「グローリー 明日への行進」みたいな作風じゃなければ、いいか」

というところを自分なりの落としどころとしている。
(「グローリー」をけなしているわけではありません)



はい、本題

「エベレスト3D」

2015111701

うーーん、本作は、どうも制約面が強く出ちゃったかな。

「主人公は〇〇のせいで死んだ」

この辺がちらつくね。

おまけにあり得ない角度の映像で、CG感満載のおかげで真摯感ダダ崩れ、それに加えてそうなのだから、自然の驚異とか神の領域だとか、命の尊厳とかいう、そういう作品にも見えないんだよね。

追記
ジェイソン・クラーク、ジョッシュ・ブローリン好演。
2015111702

好演ゆえに、プロダクションノートやコメントにあるような山で頑張った、とか言わなきゃいいのに。過酷な撮影環境でなくとも、セットの中でもぐっとくる演技はできる人たちなのだから。(これもCGの功罪?)

追記2
ひげ面、防寒着、のそのそ歩き、吹雪、と登場人物認識を遮る要素満載だが、互いに名前を呼び合う(遭難モノにつきもの)ので、意外と誰がどういう行動をしているのかが分かる。

追記3
生き残り△△の救助のためのヘリコプターの着陸シーンが一番怖かった。

・・・ここ、褒めていいのか。

 ←ランキング参加してます。面白かったら押してください


ランキング参加しています オモシロかったら押してください 映画評論・レビュー ブログランキングへ

 このエントリーをはてなブックマークに追加
↑ ↑ 面白かったら、押してください。

↑ ↑ 映画バカの私が、よく聞くリスニング集です。