「黄金のアデーレ 名画の帰還」
劇場公開日 2015年11月27日

20151214



小学生のころから、映画はたしなんできたくせに、どちらかかと言うと、美術の点はダメダメで、モナリザの模写で、顔だけ「ついでにとんちんかん」にして先生に怒られたり、
20151214-5


夏休みの宿題でシルヴェスター・スタローンの「コブラ」のLPジャケットをマジで書いて提出して、放り投げられた、

コブラ 日本語吹替音声追加収録版 【初回限定生産】【Blu-ray】 [ ブリジット・ニールセン ]


という、スイートな思い出のあるオレは、今も当時も変わらず、めんどくさいメンズだったわけだが、絵画ものには基本関心はない。

だが、いろいろ聞くと、今年ベスト、または「アルゴ」を彷彿させる、など、すごい称賛の嵐、ということで、いや「アルゴ」自体は全くかっていないが、そういう映画、ということで、鑑賞することとなった。

アルゴ<エクステンデッド・バージョン>【Blu-ray】 [ ブライアン・クランストン ]




黄金のアデーレ 名画の帰還」 


タイトルは、まあ、世界的にかなりニュースになったので、そのネタバレ感自体は気にならない。
(これも「Based on a true story」系だが、これは冒頭になかったか)というか、「SW」みたいなタイトルだね。

それはさておき、世界的絵画の、国からの個人の返還訴訟のため、ことは大きいが、当たり前だが、事実では、決着までに10年弱かかっている。

しかし、その年月の長さ、主人公の年齢、相棒の生活など、時間において発生しうるドラマは極力そぎ落とされ、本当に「ダイジェスト」なつくり。

これを「手際よく」ととり、断片的でもOKする人もいるだろう。事実、ヘレン・ミレンの凛とした姿、美しく苦悩する姿が、「ダイジェスト感」を補ってあまりある演技が、その背景を雄弁に語っている、とは言える。

しかし、いやいや、手際なんて要らないから、因縁ある祖国、捨てた家族、諦めと奮起、そして、心の決着、と「葛藤」と「心の安らぎ」こそが、この世界的訴訟の、本当のドラマ他ならないわけで、逆に言うと、ヘレン・ミレンでなければ、ここまで淡白な映画にはならなかっただろう、という気もする。

また、国外脱出の、若干「盛った」エピソードを入れるのであれば、主人公が途中現地でいやがらせをされたところをもっと悩ませたり、相棒の「それでも当たり前だが、【お金のため】という、きれいごとで済まない事実を描くなら、もっと苦労が欲しいのである。場面場面は大舞台なのに、展開が早いために、軽くみえるのだ。


ランディの成長の話でもありますが、ちょっと展開が早すぎるかな
20151214-1

だが、すべては捨てたが、それでも裕福層の家系の話なので、その「佇まい」に泥臭い葛藤は不要と言えば不要だ。そういう意味でヘレン・ミレンの演技におんぶにだっこな映画でも全く問題はない。

20151214-3

20151214-4


そう、ここまで書いてようやく?いまさら?気づいたが、クサレおっさんが開ける扉ではない、ということ。

追記

これを見て思い出したのが、「アルゴ」よりも、「アンタッチャブル」。この淡白さ、ダイジェスト感は、よく似ている。

なるほど、人に勧めやすい。

【送料無料】 アンタッチャブル スペシャル・コレクターズ・エディション 【BLU-RAY DISC】

そして、なんとなくみんな思っただろう、「タイタニック」。

タイタニック<2枚組> 【期間限定】【Blu-ray】 [ レオナルド・ディカプリオ ]



凛とした老婦人とラストシーン。感動的であるし、これは狙ってやってるね。

なるほど、これは人に勧められる。

追記2

クサレおっさんが開ける扉ではない、とは言ったが、もしね、クサレを脱却したい、初めてのデートで映画を観る、という中年層(あえてここはその年齢層で)がいらっしゃるなら、猛烈にこの映画オススメします。

ただし、そこはオトナらしく、予習をしたうえで。まあ、「いろんな」意味で、「予習」して臨むことですね

ガンバレ、クサレおっさん。(そしてオレ

 ←ランキング参加してます。面白かったら押してください


ランキング参加しています オモシロかったら押してください 映画評論・レビュー ブログランキングへ

 このエントリーをはてなブックマークに追加
↑ ↑ 面白かったら、押してください。

↑ ↑ 映画バカの私が、よく聞くリスニング集です。