「ストレイト・アウタ・コンプトン」
劇場公開日 2015年12月19日

20151228-2



Dope・・・「薬物・ドラッグ」、「愚かな、バカなヤツ」、「やばい、かっこええヤツ」


「スターウォーズ」「クリード」を見納めだと言いながら、本作を来年に延ばさず、本年中に観たのは、実は最初の1週間は先行上映ということを知り、ホームグラウンドの南町田で公開するということを知ったからだ。(年間ベストはもうブログでUPしたので、来年対象)

もはやこいつを観ずに年を越せるか、MotherF**ker。

映画はジャンルものが際立てば際立つほど、客層に変化がある。マーベルものを見に行くと、ネルシャツ。北野やくざ映画を見に行くと、前の座席に足。アニメのほうはどうなんでしょう?ガルパンでも行ってみましょうか。

南町田の109シネマズグランベリーモール第4ホール。

チェーンを腰にジャラジャラと、FILAのパーカを着たお兄さんなど、まさしくジャンルな観客で席のほとんどを占めている。明らかに場違いなチェスターコートのオレはしずしずと席に沈む。

こういうの、楽しいねえ。こうでなきゃ!!

しかし、本編始まったら、やんややんやしてくれるのかと思ったら、なんと静かに鑑賞。ちょっと肩透かし。まあ、いいか。

「ストレイト・アウタ・コンプトン」


N.W.A、Dr.Dre、Ice Cubeなど知らない人、ラップが嫌いな人はもとより、2時間30分、という長丁場にしり込みする人いるだろう。

20151228-1


おそらくは、いわゆる「映画マニア」にとって、一番「遠い」映画だ。

だが、これだけは言っとく。

「超面白れえ!!!!」

いや、確かに2時間30分は長い。だが、こいつらの出会いと別れと再出発をきっちり飽きることなく、ロドニー・キングの事件も絡め、時代も追いつつ、ギャングスタ・ラップの始まりから、ギャングものの緊張感と、ライブのカッコ良さ、3人の主人公の顔の良さ(本当に3人の顔がイイ!特にDr.Dre)など、とにかく見どころが多く、あっという間の150分。

左後ろから、キューブ、監督のグレイ、ドレー。前列「息子!」のキューブ役の兄ちゃん、Eazy-E役のにいちゃん、ドレー役の兄ちゃん。なに、このかっこよさ
20151228-3

顔、でいうと、やはり息子が目立ちます
20151228-5


普段映画を観なさそうなFILA兄ちゃんが食い入るように観ている。

本作、例によって、Based on a true storyモノ。実在したグループで、製作陣に本人のDr.DreとIce Cubeがいるので、自分たちに甘い自伝か、というと全くそんなことはなく、いい意味でも悪い意味でも「Dope」。金をよこせと金属バットをぶちかますキューブはマジで怖い。ドレーも濡れ濡れパーティ三昧だった過去をきちんと見せる。

歩いているだけで、警官に呼び止められ、地べたに這いつくばされる。黒人とみれば、みんなギャングか?と怒りを詩にし、曲に乗せる。黒人警官も権力の犬と化し、ギャングは、黒人の少年を銃でマジで脅す。終盤の、自身で立ち上げたデス・ロウ・レコードを脱退するドレーとシュグのやり取りもとっても怖い。

やばい、やばいです
20151228-4

こちらが、恐怖のシュグ・ナイト
20151228-6


だが、こいつらも、ランチキパーティで女に〇〇〇させといて、そいつの男に銃を向ける、くそ野郎ども「F**K The Police」っておいおい、お前ら、そりゃそうだろ、お互いさまだろ?みたいな気もするが、いや根は遥かに深い。


オレは彼らの文化、生き方に共感できるわけはなく、なんてすさまじいのだ、とただただ圧倒されるのみ。

もちろん、陽気な一面もちゃんと描いてある。

Eazy-Eの「Boyz’ n the Hood」のレコーディングシーンもすごい楽しいし、



中盤袂を分けたキューブとN.W.Aの互いをラップでバトルする曲など笑ってしまうと同時に、ラップでディスるってことが、これほどCoolだと思い知らされる。

ライブシーンももちろん、すげえかっこいい。よく研究し、練習したんだろうなあ。

メンバーの一人の自業自得な結末なども決してなあなあな描き方でなく、こういう仲間がいた、ということをきちんと描こうとしているところが、本作の素晴らしいところ。

さっきも言ったように、とにかく、一言「Dope」に溢れている映画なのだ。おいおい、いきなり2016年のベスト1級の映画にぶち当たったようである。

危険で楽しい中毒性のある、また見たいという欲求、それもまた「Dope」。



追記

偏食な映画マニアにこの映画を紹介するとすれば、そうだね、スコセッシの「グッドフェローズ」みたいな感じって言えばいいかもしれない。

追記2

Dr.Dreがデス・ロウ・レコードから去り際、一言「アフターマス」。エミネム、ケンドリック・ラマーなどといった今ではスーパースターを輩出したレーベルのことである。この辺の説明はもはやアメリカでは不要なので、鑑賞後自身で調べたほうがより、ドレーのすばらしさを感じることができるだろう。 
 

ストレイト・アウタ・コンプトン [ N.W.A ]


Niggaz4Life( 100 Miles and Runnin’) [ N.W.A ]


 

N.W.A アンド・ザ・ポッセ [ N.W.A ]

【輸入盤】コンプトン [ Dr Dre ]


Eazy E OFFICIAL【ギャングスタラップの草分け的存在としてお馴染みのN.W.A.のメンバー】イージー・イー 半袖 Tシャツ【ブラック 黒】新品 メンズ イージーE Straight Outta Compton ストレイト・アウタ・コンプトン JUNK FOOD ジャンクフード NWA

 


 ←ランキング参加してます。面白かったら押してください


ランキング参加しています オモシロかったら押してください 映画評論・レビュー ブログランキングへ

 このエントリーをはてなブックマークに追加
↑ ↑ 面白かったら、押してください。

↑ ↑ 映画バカの私が、よく聞くリスニング集です。