「わたしを離さないで」
劇場公開日 2011年3月26日

2016011701


2012年1月25日 記

わたしを離さないで [ カズオ・イシグロ ]



わたしを離さないで【Blu-ray】 [ キャリー・マリガン ]



!!ドラマ版は知りませんが、映画版を超絶にネタバレしています!!






原作は未読。古典SFかと思えば、最近の小説なんだってね。

原作の雰囲気というのものを守ろう、守ろうという作りがすっごい感じ、序盤はいい雰囲気だなあ、と観てた。
だけれど主人公3人の年少時代、青年時代の取り巻く環境がどう考えてもおかしく、こりゃいかんなあ、と思いだした。

なぜ彼らに教育を行う?なぜ彼らにカフェでの注文の仕方を教える?なぜコテージで生活できる?なぜエロ本が手に入る?なぜセックスできる?なぜオリジナルに会いに行こうと出来る?なぜ彼ら自身が介護人になれる?なぜ運転できる?なぜ逃げない?

後半一部その理由が説明される。そもそも施設は「クローンの味方」であり、「施設」はクローンに魂があることを実証する場であることが分かる。ところがそれを実証する施設も要らないだろう、となり閉鎖されたのであろう。

映画ではありがちの「クローンの魂」より「オリジナルの命」。結果的には、養豚場のような施設であるべきだったのに、モラルが引き起こした悲劇が生まれる。

後半、魂の有無と愛の証明ができれば提供延長できるという、うわさを信じその懇願をするが、それは噂でしかないことがわかる。しかし主人公たちは提供延期できないことを意外と素直に受け止める。

彼らのそんな反応は施設の強制教育によるもの、というよりも、そもそも本能的に逆らうという意識をもっていないのかもしれない。このシーンはそれを絵画などで証明できると考えている彼らがなんとも悲しくみえるのと同時に「彼らは普通ではない」ことを表している。

魂の有無と愛の証明かよ~~。クローンでなくても出来んな。

彼らが逃げ出さないのも、「リスト(カルテ?)」があるため、とか施設の教育で「逃げると言う選択肢」を失われているということよりも、あれほど生活に自由度がありすぎるので、やはり彼らは基本「逆らわない存在」と考えるのが普通であろう。

キャリー・マリガン、キーラ・ナイトレイ、アンドリュー・ガーフィールド、3人とも若いねえ
2016011702

彼らは死を恐れたわけでもない。ましてや存在意義を示したかったわけでもないし、なにかになりたかった訳では全く無い。

彼らはただ「全うすることが目的」だった。

人間だとそうするであろうことが出来ない、「逆らわない存在」。

キャシーはそこに気づき、普通の人間といったい何が違うのか、自問することになる。

この二人の、この顔を、ドラマ版ができるかどうか。ほんと、いい顔だなあ。
2016011703





ラストのトミーが「オチ」たと瞬時に手術に入る手際のよさがなんとも言いがたい余韻を残す。

3人の主人公いいね。個人的にはナイトレイ。
(2012年鑑賞時から2016年現在までナイトレイ推しはこの映画を観たからだと思います)

この、だめっぽい、自分がない感がとてもこの映画に合ってます。
2016011704

蛇足
でもやっぱりオリジナルを見に行こうとしたり、クローンがエロ本読めたり、セックスできるのはまずいんじゃ?




 ←ランキング参加してます。面白かったら押してください


ランキング参加しています オモシロかったら押してください 映画評論・レビュー ブログランキングへ

 このエントリーをはてなブックマークに追加
↑ ↑ 面白かったら、押してください。

↑ ↑ 映画バカの私が、よく聞くリスニング集です。