「猫なんかよんでもこない。」
劇場公開日 2016年1月30日

2016013001




!!なんだか違う映画を褒めているようですが、気にしないでください。あ、思い出しましたが、ネタバレです!!







いつだって、どんなときだって、そこにいた。オレにとって、猫はそういう存在。下手に猫を描いた映画を観ようものなら許さない、と、寸でまでは思ってた。だが、ファミリー映画なのである。「許さない」という気持ちを起こすこと自体が、オレの敗北なのだ。

インサイド・ルーウィン・デイヴィスの猫以上の猫映画なんか存在しねえ
2016013002

2016013003

2016013004



と意固地なオレだが、果たして。
【関連記事】「インサイド・ルーウィン・デイヴィス

 

インサイド・ルーウィン・デイヴィス 名もなき男の歌【Blu-ray】 [ オスカー・アイザック ]





「猫なんかよんでもこない。」


2016013007



原作は知らないが、「よんでも」を「呼んでも」と書かないのは「(心を)読んでも」という意味もあるのかもしれない。

と、おっと、こんなことを考えているようでは、ファミリー映画は観れない。そう、場面場面ににこーーーっと笑ってあげるのが正解。伏線なんか貼らない、芝居が濃いのも、客をバカにしてんじゃなくて親切設定。

・・・くそっ、めんどくせえな、ファミリー映画(・・・ニコニコ)

だが、これは言わせてもらおう。

猫は「描いちゃ」いけないな。

いっこいっこ子猫の動きを主人公が解説するのはいいが、その解説って、こと猫に関しては要らないのである。猫好きの楽しみを奪うようなもの。こっちが勝手に想像するし、こっちが勝手に気持ちを想像する、それこそが猫を飼うことの楽しさなのだから。

第一そのことは劇中ヒロインが語ってる。

猫の動きはとてもよく制御されている。猫エイズで死ぬ猫を実生活で経験しているだけあって、その描写に不満はなくはないが、まあ、それもよかろう。
0102f44a6b38c3feeeb64f5dd0e864e17044738c90

0151a602bb8a85bf4b52ea6565bb2faf95e5b6ec73

01ea29d2892d3612529250e8ddb2f5775b6489a125


ただねえ、長すぎるんだよねえ。80分ぐらいの映画でいいでしょ、これ。ボクサーの役作りも緩々だし、主人公はなかなか働かないクズだし、マンガの描くシーンもまあ、あの程度の作画だし、きっちり30分ごとに丁寧にイベントを用意しているんだけど、リアリティなさすぎ、見どころなさすぎで、もう眠くて眠くて。

ただ、ラストの電話は良かったね。あれは電話に出ないでOK。ラストだけは「映画」らしかった。
(ああ、こういう観方しかできなくなるなって寂しいね、やっぱり)




追記

トカゲ。

あれはね、猫によって色々あると思うよ。とったど!とドヤ顔する猫。獲ったから褒めろ、とウルウルしてこっちを見る猫。

追記2

猫映画がこのあとまたあるみたいだね。

 ←ランキング参加してます。面白かったら押してください


ランキング参加しています オモシロかったら押してください 映画評論・レビュー ブログランキングへ

 このエントリーをはてなブックマークに追加
↑ ↑ 面白かったら、押してください。

↑ ↑ 映画バカの私が、よく聞くリスニング集です。