「ディーパンの闘い」
劇場公開日 2016年2月12日

2016022001




!!ネタバレ注意ですが、「タクシー・ドライバー」は違うと思います!!



予備知識は、「パルムドール」とスリランカ内線から逃れた「疑似家族」、そして「タクシー・ドライバー」。

ジャック・オーディアールの作品は初めてであるが、予備知識から想像できることがあてにならないことは、気配でわかる。

 

君と歩く世界【Blu-ray】 [ マリオン・コティヤール ]





「ディーパンの闘い」




序盤、ディーパンの「家族」ができるまでの過程が恐ろしく、だが、ディーパンと名乗るその男も妻子をなくし、祖国を捨て、新しい生活を送ろうとする。

慣れない環境、仮の家族、だが、生きなければならない。集合住宅の管理人の職を得、平和に暮らしたい。そんな思いは、周囲の集合住宅の喧騒、暴力に巻き込まれていく。

と書けば、いわゆるラジオで俗にいう「ナーメテーター」のお話。

カレーがフレンチをぶちのめす

といえば簡単なのだが、この映画のすごさは、ディーパンの「能力」が最後の最後まで分からないところにある。風貌も気配もリアルに普通の人だ。ラストの10分で、むしろその風貌が、激しいスリランカ内線の、生き残った「ふつうの」男として、彼の行為に爽快感だけではなく、恐怖を感じる。

ただの、おっさんです
2016022002

ですが、本当に元兵士だそうです。(よけいに怖い)
2016022003


だが、恐怖だけでなく、圧倒的な魅力ある「力」にも見える。

そのことがすごいのだ。

これは、ベトナム帰還兵の、狂気でPTSDを描いたと言われる「タクシー・ドライバー」とは違う。

ディーパンにとって、忘れたい戦争だが、忘れてはいない暴力。愛するものを守るには、力がすべて。

「戦争」を「暴力」と、たった一言で否定する者を打ち砕く、圧倒的な説得力のある力。

それが悲しく、だが、うらやましくもある。

原動力は愛(というには生々しい)だということはしっかり描いているので、賛否を呼んだといわれるラストはオレは支持する。






追記

カメラがとても楽しい。

ドキュメントタッチの前半の随所に現れる、フェードアウトの多投が心地いい。ぐっと登場人物の内面に引き込まれたり、こっちが勝手にいろんなことを想像させてくれる。ラスト10分の助手席から真横で撮った運転シーンが素敵だ。あんなハネた絵見たことない。

 ←ランキング参加してます。面白かったら押してください


ランキング参加しています オモシロかったら押してください 映画評論・レビュー ブログランキングへ

 このエントリーをはてなブックマークに追加
↑ ↑ 面白かったら、押してください。

↑ ↑ 映画バカの私が、よく聞くリスニング集です。