「インデペンデンス・デイ リサージェンス」
劇場公開日 2016年7月9日


日本版のポスターは、日本が狙われているね
2016070901





!!初日早々、ネタバレ 要注意です!!







「resurgence」

このなかなか聞きなれない単語は、「復活」「再起」「再燃」、あるいは「逆襲」「反撃」といったニュアンスもあるという。

なるほど、エイリアンの襲撃に対しての、人類の「再起」ともとれれば、エイリアンの「逆襲」ともとれる。

エメリッヒからすると、もう一花、という意味合いもあるだろうし、この「無理やりな同窓会ノリ」もまたしかり。

何より、この「繰り返し」のストーリーはディズニーの「スター・ウォーズ フォースの覚醒」を観た20世紀フォックスの経営陣が、嫉妬が先走ったか、どこで勘違いしたのか、頭の悪い解釈で「リメイク」感を出そうとした、というのなら、大いに納得がいく。

「resurgence」

20世紀フォックス自身の本音かもしれない。

スター・ウォーズ/フォースの覚醒 MovieNEX 通常版



インデペンデンス・デイ【Blu-ray】 [ ウィル・スミス ]




「インデペンデンス・デイ リサージェンス」








前作は、何といっても、「宇宙から来た異星人は地球侵略してなんぼでしょ?」という70、80年代のスピルバーグの
優しい」エイリアンにうんざりしていたクソガキの、ようやく欲求を満たしたSF大作だった。ということが大きい。

未知との遭遇 スペシャル・エディション【Blu-ray】 [ リチャード・ドレイファス ]



【送料無料】 E.T. 【BLU-RAY DISC】



そんなクソガキもすっかりおっさんになった今、同じように楽しむことはできない。

そんなおっさんの今回の見所は、宇宙人でも、宇宙船でも、ドッグファイトでもなく、女性大統領とその行く末だった。

どことなく、エメリッヒの「ゴジラ」を思い出します。

2016070904

エメリッヒですね
2016070910


分かりにくい画像貼りましたが、これエメリッヒじゃない「ゴジラ」の
アレに似ているのは、ワザとなんだろうか、たまたまなのか

2016070907


2016070902

2016070903

もう、心躍らない。。
2016070905

賢そう、強そうな女性大統領ですが。。。
2016070906

前作は、当時の大統領のクリントンもホワイトハウスで鑑賞し大喜びだった、らしいが、近未来のアメリカが舞台の本作で、登場する大統領は女性である。

だがこの大統領、正体不明の接近物に攻撃して、結果的に判断を誤る。また敵エイリアンの襲撃に対して、味方の戦力を敵の罠にまんまと引っかかってしまい、壊滅させてしまう大失態。

そして敵に陣地に攻められ、自身も退場。

ヒラリー氏は当時、夫大喜びの前作を知らないわけがないだろうから、この女性大統領の末路をどう見るのだろうか。

しかも、そこで次なる大統領閣下となるのが、ウィリアム・フィクトナー演じる軍人。

この顔で閣下です
2016070908


「やっぱり、強くないとアメリカ、違わない?」




と、前作の元大統領も登場し「特攻」するという、まあ、敵のバリアもとにかく力押しでぶち破るという、徹底ぶり。

もと閣下の当時と今。

2016070909

いやあ、面白かったねえ。大統領選も楽しみである。




追記

あの続編作る気マンマンの終わり方。次もエピソード8を見てからしっかりパク、いや対抗しようね。

 ←ランキング参加してます。面白かったら押してください


ランキング参加しています オモシロかったら押してください 映画評論・レビュー ブログランキングへ

 このエントリーをはてなブックマークに追加
↑ ↑ 面白かったら、押してください。

↑ ↑ 映画バカの私が、よく聞くリスニング集です。