オビリビオン
劇場公開日 2013年5月31日

2016081301



!!ネタバレ注意です!!

といいながら、ポスターが、記事のタイトルが。。。








オブリビオン【Blu-ray】 [ トム・クルーズ ]

価格:1,500円
(2016/8/14 10:34時点)








映画はCGまみれだが、全体的に3Dに反抗するかのような白を基調とした明るい映像は好印象。


2013年当時は真っ暗の中でCGをごまかす映画が多かったのだよ
2016081302

2016081303


しかし、実際映像はキレイでこだわりがあるが、その絵にストーリーやキャラクターの動きに深みを与えることなく、スッカラカンのペランペラン。


「トムだから」、その世界に悲壮感がまったく(笑)無いしね。





クローンの意味も対してなく、となりの町もトムだった、そのとなりのイケメンもトムだった、というだけで、宇宙人どんだけトム好きなん?というオチ。





まあ、もっというと、本作も、トム、どんだけトム好きなん?という彼自身とファンのためだけの映画つくりで、そのスタンスは常に一貫している。

その点だけはとてもすばらしい。

実際一番盛り上がるのは、トムVSトム。

ケンカに勝ったトムは負けたトムにラスト花を持たせる。さすがトム、愛する自分に勝敗はつけられないよね♪

アクションもこれまた、たいして意味のないおっかけっこで、「ファントム・メナス」のアッツイ思い出が蘇ったよ、おい、どうしてくれんだ。彼の大傑作「宇宙戦争」でお口直ししたよ。



こんな時間稼ぎのシーン要らない。。

2016081304

「スターウォーズ ファントム・メナス」より

2016081305


宇宙戦争 スペシャル・コレクターズ・エディション【Blu-ray】 [ トム・クルーズ ]

価格:1,500円
(2016/8/14 10:39時点)








追記


いいかげん、前半世界観をキレイな映像のみで淡々とした流れを引っ張り、たいしたびっくりもなく、たいして盛り上がることなく終盤に入る構成はもはや手法として古くないか?

追記2
今回クローン、という役回りで、何でもあり、なんだけど、それに乗っかってか?、今回のトムは「アウトロー」のときよりもずっーーと若く見える。

なんでもあり、にしちゃったか、トム?


※本記事は、劇場公開時のものです 2013年6月8日作成




 ←ランキング参加してます。面白かったら押してください


ランキング参加しています オモシロかったら押してください 映画評論・レビュー ブログランキングへ

 このエントリーをはてなブックマークに追加
↑ ↑ 面白かったら、押してください。

↑ ↑ 映画バカの私が、よく聞くリスニング集です。