「ジェイソン・ボーン」
劇場公開日 2016年10月7日

2016101301




おっさんのオレにとって、アクション映画はただただ敵をぶち殺す映画であれば、何も問題なく、それプラス主人公がちょっとだけ陰のある存在であれば、十分感情移入できるのである。

そんなオレにとって、アクション映画の永遠のヒーローはジョン・ランボーであり、最高のアクション映画はランボー・シリーズである。

ランボー【Blu-ray】 [ リチャード・クレンナ ]

価格:1,500円
(2016/10/14 01:17時点)



ランボー 怒りの脱出【Blu-ray】 [ リチャード・クレンナ ]

価格:1,500円
(2016/10/14 01:18時点)



ランボー3 怒りのアフガン【Blu-ray】 [ リチャード・クレンナ ]

価格:1,500円
(2016/10/14 01:19時点)


ランボー 最後の戦場【Blu-ray】 [ ジュリー・ベンツ ]

価格:2,653円
(2016/10/14 01:19時点)


そんなオレがアクション映画の歴史を塗り替えたと言われる「くそめんどくさい手ブレアクション」の元祖であるボーン・シリーズのことなど、どうでもいいのだが、9年ぶりに復活、という。

しかし、今更CIAを悪者にするほど、時代遅れなことはしないだろうな、と思いつつも、どうも「やっぱりそうらしい」。




ボーン アイデンティティー 【ブルーレイ/Blu-ray】【RCP】 【05P01Oct16】

価格:1,534円
(2016/10/14 01:32時点)



ボーン・スプレマシー【Blu-ray】 [ マット・デイモン ]

価格:1,500円
(2016/10/14 01:33時点)


[Blu-ray] ボーン・アルティメイタム

価格:1,405円
(2016/10/14 01:34時点)







「ジェイソン・ボーン」








まずこのタイトルからして、「ランボー最後の戦場」の原題「JOHN RAMBO」、「ロッキー・ザ・ファイナル」の「Rocky Balboa」を想起させる。

「ランボー怒りのアフガン」オマージュではないかというようなオープニング。そろそろアクション映画は80年代、90年代に限る、とようやく業界が認めたかのようなオープニングに、本来うれしくなるはずだが、どうもカッコ悪い、というか釈然としない。



そもそもボーンはなぜそんなことをやっている?

2016101302

「ランボー怒りのアフガン」より。
2016101305



本作、終始、登場人物が「なぜそうする?」というような疑問が付きまとい、アクション映画に必要な「爽快感」は全くなく、内輪でうじうじうじうじと乳繰り合う展開。



おいおい、9年経ってもそれか。





とにかく登場人物がすべておかしい。一番おかしいのはボーンだが、アリシア・ビカンダーも、トミー・リー・ジョーンズも、ヴァンサン・カッセルも全く何をやっているのか。

自分で墓穴を掘って、自ら墓穴に顔を突っ込む。

役どころとしても、アリシア・ビカンダーは全く魅力なし。説得力なし。

2016101303

まったく捻りもなにもないトミー・リー。
2016101304



話の展開はもっとひどい。

前半のアテネのシーンなんざ、丸々要らないシーンだし、さらに中盤の追跡劇も結局何だったの?というまるで意味のないもの。

最もひどいのは、ラストのカーチェイスで、警官殺しまくりのカッセルと、無駄にカーチェイスを繰り広げるデイモン。

この映画の中で、ストーリーや展開、サスペンス、何一つとして、映画的に緊張感を引っ張るものがない。




追記

そろそろアクション映画も、容赦なく敵をぶち殺すものに回帰してほしいものである。

 ←ランキング参加してます。面白かったら押してください


ランキング参加しています オモシロかったら押してください 映画評論・レビュー ブログランキングへ

このエントリーをはてなブックマークに追加
↑ ↑ 面白かったら、押してください。

↑ ↑ 映画バカの私が、よく聞くリスニング集です。