「ローグ・ワン スター・ウォーズ・ストーリー」
劇場公開日 2016年12月16日


2016122101










!!!注意 ネタバレのみならず、超絶こき下ろしていますので、好きな人ご勘弁ください!!!


















「スター・ウォーズ」は世代的に「ズバリ」のおっさんである。「スター・ウォーズEP4,5,6」を見て我を失うように映画を愛するようになり、「EP1,2,3」を見て我に返った世代である。





本作は、そのEP4の直前のお話を、「名も無き戦士たち」の「デス・スター設計図争奪戦」を映画化したというものだ。





つまり「スター・ウォーズ」を良く知っているが、そこまでマニアでもない、という人間からすると、「どう4につなげるのか」ということ以外に興味もないし、実際作り手が「それ」以外にどれだけマジになっているか、というと、正直不安ではある。







果たしてどうだったのか。









「ローグ・ワン スター・ウォーズ ストーリー」














「スター・ウォーズ」の前に文字が入ると「プロレス?」と思ってしまう世代だが、それはさておき。






結論から言うと、やはり思った通り、「それ」以外は「どうもマジになっていない」という結果。



















正直言って、バッタモンを見せられた気分である。











はっきり、ダメな点を挙げていこうと思う。










1)前半1時間がつまらなすぎ




つまり、ベイダーの初登場シーンまでのこと。もうこの時点で「それ」以外のことしか考えていないのである。フォレスト・ウィッテカーの意味がまったくないし、もっというとマッツ・ミケルセンも意味なし。








2)主人公はじめ、キャラがつまらなすぎ





「ならず者一味」というのなら、それぞれキャラに特徴をもたせ、バラバラな個性が結集して、一団となる、という描きべき描写が描けていない。



2016122507




「地獄の7人」を見直したほうがいい。




2016122505


[DVD] 地獄の7人

価格:3,258円
(2016/12/27 23:28時点)







そしてひどいのが、フォース、フォース連呼する、偽物「ジェダイ」にしか見えない「座頭市」ドニーが「木の棒」もって立ち回る男。






2016122502






・・・・・・・・・・・・・・・・・・・なんだ、これ。



2016122504





3)主人公が特にひどい。特に口元がひどい。






フェリシティ・ジョーンズ演じる主人公も決死の作戦参加の理由も描けていなわけでないが、先の退屈描写のせいで、お母さん死にました、育ての親死にました、お父さん死にました、の箇条書き設定で、全くこちらはノレないのである。

2016122506



口元も残念で、EP7の主人公とでは顎周りの説得力が違う。





4)戦闘シーンの見せ方がひどい







ギャレス・エドワーズ





GODZILLA[2014]【Blu-ray】 [ アーロン・テイラー=ジョンソン ]











「GODZILLA」の「トロ臭い」前半も然ることながら、見せ場の「もっと見せてええ」というところで、バシャっとカットを変えやがる、あのセンス。



Xウィングが爆撃して、旋回するシーンなど、もっと縦横無尽な長回しで見せるべきシーンをバシャっと切りやがる





2016122508


ひとつひとつの「画」はよいのだが
2016122509



「GODZILLA」ではわざとかと思ったが、どうやら本気でセンスが無いらしい。



5)音楽もひどい





ジョン・ウィリアムズへのリスペクトなのかどうか知らないが、よりによって「EP2」の愛のテーマそっくりな曲が全編に渡って流れるのである。

この辺もバッタモン感を増長させている。





追記


うーむ、どうもこの感覚、あれだ、「ターミネーター4」(クリスチャン・ベールの出てるやつね)の感覚に近いな。

別にシュワルツネッガーとP・カッシングを比較しているわけではない。



追記2


本作の、世間の評価がいい理由は、映画単体でなく、EP4に深みが出ただとか、旧作との繋がりのことばかりが目立ち、この作品自体に真っ向から臨んでいる評のものがなくて悲しい。





 

ランキング参加してます。面白かったら押してください



ランキング参加しています。面白かったら押してください

このエントリーをはてなブックマークに追加
↑ ↑ 面白かったら、押してください。

↑ ↑ 映画バカの私が、よく聞くリスニング集です。