「ネオン・デーモン」
劇場公開日 2017年1月13日



フランスの、とあるショコラな感じのポスターですね
2017012901

2017012902










年を取れば衰える。おなかは出る。目は細くなる。肌は艶を失う。



だがこんなおっさんも、若いころは美に執着する。




それでいいじゃないか。外見を磨くことで、中身が磨かれることもある。美を追い求めることで、チャンスを得ることも多分にある。


もちろん、それぞれ価値観はあるが、それぞれの価値観において、「美」に執着しない女に魅力は感じないし、「美」を求めない男には関わりたくない。

2017012905















「ネオン・デーモン」













ニコラス・ウィンディング・レフン。

2017012906



2017012903


「ドライヴ」で注目された彼だが、個人的には「ブロンソン」や「オンリー・ゴッド」に俄然肩入れする監督で、現在、監督で映画を観るなら、という視点では名前が挙がる。(ほかはビルヌーブ、シアンフランスといったところか)



ニコラス・ウィンディング・レフンといえば、

ドライヴ(Blu-ray)

価格:4,059円
(2017/1/21 12:09時点)




よりも断然こちらが好み!!

オンリー・ゴッド スペシャル・コレクターズ・エディション [ ライアン・ゴズリング ]

価格:3,868円
(2017/1/21 12:14時点)






↓ ↓ ↓ ↓ ↓ ↓ 関連記事はこちら↓ ↓ ↓ ↓ ↓ ↓ 
「オンリーゴッド」 パイプカット



と、こいつ!!

ブロンソン [ トム・ハーディ ]

価格:3,693円
(2017/1/21 12:15時点)






レフンの映画は主人公、登場人物にはそれぞれ「美学」がある。

2017012907









ブックオフオンライン【PC・携帯共通】




レフンの作品は音楽や映像ではなく、むしろ登場人物の力に依存する。












本作の主人公、エル・ファニングは確かに美しい。だが最初のシーン以降、はっとするような映像はないし、会話のシーンになると、退屈なストーリーが露わになる。


2017012904



確かに、映像、音楽ともに映画館で「体験」すべきものだが、それ以外のものは、はっきり言って演出力に問題がある。登場人物の配置もキャラ付けも定番すぎ。





やっていることも、日本のチープな、そうだな、園子温のようなもので、タイトルの「NMR」も園子温的なナルシシズムを感じる。

チープで、ナルシシズムたっぷり、という点では「ネオン・デーモン」というタイトルは確かにピッタリではある。だが、70年代、「ネオン」、「デーモン」、「サイケ」、「シンセ」はもろイタリアン・ホラーのテイストで、当時のプログレではさんざん扱われたものだ。




ビデオパス





ラストの荒廃した風景に一人の女。



軽薄な美への追及を、否定する物ではなく、むしろ、それに果敢に立ち向かう、刹那な生き方をする女性の描き方に、ナルシシズムを感じるとともに、賛同したくなる気持ちは個人的に大いにある。




だが、あまりにも面白くない。







追記

最近の映画音楽で出ずっぱりなSIA。食傷気味ではあるが、そんな「女の闘い」にはやはり、SIAはよく似合う。










 

ランキング参加してます。面白かったら押してくださいね!





ランキング参加しています。面白かったら押してくださいね!


このエントリーをはてなブックマークに追加

↑ ↑ 面白かったら、押してくださいね!




↑ ↑ 映画バカの私が、よく聞くリスニング集です。