「ゴースト・イン・ザ・シェル」
劇場公開日 2017年4月7日

2017041504


時流とは少し遅れて世に出てはいるものではあるが、中国資本のハリウッド映画が続く。個人的にそれ自体に違和感はない。

しかし「キングコング 髑髏島の巨神」のような、日本カルチャーオマージュに溢れた、中国資本のハリウッド映画ということになると、「え?何?誰?」みたいな。


そのデキはワールドワイドな共作、と言えば聞こえがいいが、量産体制の製作委員会という結果に終わっている。


「マーヴェル」や「ディズニー」のように、映画自体がコケても回収手段があるならともかく、日本のマンガ、アニメを原作として、マニアな作家がオマージュたっぷりに、巨額の製作費を投じていることには正直、戸惑いしかない。

結果が悪すぎれば、「その原作が好きで」、がスタートだったのに、結果的に、「この原作のせいで」、ということにもなりかねない。


GHOST IN THE SHELL/攻殻機動隊【Blu-ray】 [ 田中敦子 ]

価格:3,888円
(2017/4/16 13:15時点)



攻殻機動隊 新劇場版 【特装限定版】 【Blu-ray】 [ 坂本真綾 ]

価格:9,525円
(2017/4/16 13:16時点)



GHOST IN THE SHELL/攻殻機動隊2.0【Blu-ray】 [ 士郎正宗 ]

価格:7,581円
(2017/4/16 13:18時点)






まあ、オレは原作は知らないし、もっと言うと、マンガやアニメに日本人としての誇りはもっていないんだけどな。













「ゴースト・イン・ザ・シェル」
























良くも悪くも、「キングコング 髑髏島の巨神」とまったく同じような見解になるが、あちらが怪獣映画に対するオマージュたっぷりなら、こちらも同様にいたるところに原作への思いを感じる。



↓ ↓ ↓ 関連記事はこちら ↓ ↓ ↓ ↓
「キングコング 髑髏島の巨神」レビュー 
怪獣映画にとうに興味を失ってたおっさんは本作をこう見た。」





だが、本作、あちらより苦言が多くなるのは、やはりというか、「それ」以上のことをやろうとしていないからだ。







「既視感」





ビデオパス


>



よく言われるように、映像は「ブレードランナー」。登場人物はちょっと弱い「ブラックウィドウ」。内容は「ロボコップ」という自分探し。


【中古】洋画Blu-ray Disc ブレードランナー ファイナルカット

価格:1,840円
(2017/4/16 13:05時点)




シビル・ウォー/キャプテン・アメリカ MovieNEX [ クリス・エヴァンス ]

価格:3,888円
(2017/4/16 13:11時点)




ロボコップ ディレクターズ・カット【Blu-ray】 [ ピーター・ウェラー ]

価格:1,000円
(2017/4/16 13:13時点)









「オマージュを良し」として、それを超えようとしない。






それは監督の作家性か、製作委員会の弊害かはともかく、オマージュだけで作品を語るだけではおしまいである。監督は原作のファンだということだから、まあ、そういうことだろう。

スカ姉さん起用の事情の反転か、やたら背景に力とお金をかけ、「見た目の世界観」だけはしっかり構築している。

個人的には、スカ姉さんが、その「姿」をある意味惜しげもなくさらす姿勢には素晴らしいと感じるが、そもそも「攻殻機動隊ファン」には、そのスカ姉さんの「むっちりな姿」は必要としていないわけで。

2017041502


単なるいち映画ファンとしては、スカ姉さんでまったく問題ないわけよ。
2017041501




Hdge technical statue No.6 攻殻機動隊S.A.C. 草薙素子 完成品フィギュア(再販)[ユニオンクリエイティブ]《07月予約》

価格:9,800円
(2017/4/16 13:31時点)




あ、でもこれはむっちりしてるな
2017041505




↓ ↓ ↓ 関連記事はこちら↓ ↓ ↓
「アンダー・ザ・スキン 種の捕食」レビュー
「 人間って。。。_| ̄|○(はあ、ため息)」



アンダー・ザ・スキン 種の捕食 [ スカーレット・ヨハンソン ]

価格:3,790円
(2017/4/16 13:45時点)




そういう意味でも「製作委員会」的な「本来の思いとはちがった真逆の決定」が、そもそも「映画化不可能」な作品であった、という結論になるわけだ。





追記












桃井かおり


2017041506


ハスキーボイスとタマゴ肌と独自の世界観を持った役者、という共通点がぴったりはまって、両者が面と向き合ったときは、まさにシンメトリーな絵で、ああ、ここだけはオリジナルを超えようとしてるな、少しだけうれしかったりした。



2017041503








 

ランキング参加してます。面白かったら押してくださいね!





ランキング参加しています。面白かったら押してくださいね!


このエントリーをはてなブックマークに追加

↑ ↑ 面白かったら、押してくださいね!




↑ ↑ 映画バカの私が、よく聞くリスニング集です。