「メッセージ」
劇場公開日 2017年5月19日

2017060501






ドゥニ・ビルヌーブ





前作「ボーダーライン」を面白い、つまらない、という意味でなく、期待値からの落差で昨年のワースト1にしたのだが、今もっとも注目すべき監督であることは、その時も触れた。




↓ ↓ ↓ 関連記事はこちら ↓ ↓ ↓

「ボーダーライン」ネタバレ 去年の「アメリカン・スナイパー」を彷彿させる、今季がっかり、ワースト候補




↓ ↓ ↓ 関連記事はこちら ↓ ↓ ↓

【年間ベスト】 ごめんなさい!! しんざんの2016年公開映画年間ワースト3は、なんと!これだ!!








この監督の作品は、ごり押し的な映像と音響、だが物語りはそれほど丁寧でなく、設定で押し切る、というような共通点がある。

それがうまくいったのが、「プリズナーズ」「複製された男」であり、悪く出たのが「ボーダーライン」と思っている。

初期作「灼熱の魂」「プリズナーズ」は特に「タブー」を題材にしたため、吸引力は必然としてあったのだが、「複製された男」については、「ミステリー」と「タイトル」で、その映像表現と省略、という名の「プラス」の演出がハマったと思う。





↓ ↓ ↓ 関連記事はこちら ↓ ↓ ↓

「複製された男」 いかなる前情報も仕入れちゃイカン、俺のも読むな








灼熱の魂 [ ルブナ・アザバル ]

価格:3,693円
(2017/6/4 00:58時点)




プリズナーズ【Blu-ray】 [ ヒュー・ジャックマン ]

価格:2,430円
(2017/6/4 00:59時点)




複製された男【Blu-ray】 [ ジェイク・ギレンホール ]

価格:4,210円
(2017/6/4 01:00時点)




[Blu-ray] ボーダーライン

価格:4,050円
(2017/6/4 01:01時点)




オレが「ボーダーライン」を評価していないのは、メキシコの現実の「設定」の上で十分成り立っているのに、余計な映像表現や暑苦しい音響効果でが煩わしく、映画が乗っていないからだった。

省略を「プラス」の演出と見るオレにとっては、「過剰」に「過剰」を重ねたわりに、根っこの味が定まっていない、という印象。




果たして今回はどうか。






ユナイテッド・シネマ映画チケット&会員登録アフィリエイト









「メッセージ」



















ビデオパス




結論から言うと、本作も全くその通りの映画だった。






よくよく睡魔が襲う、退屈、とかいうレビューが見られるが、全くその通り。それは君たちの問題ではない。


単純にいびつなのだ。



そもそも、宇宙船、宇宙人とのファーストコンタクト、言語解読、という、このミステリアスなSF設定でなぜ睡魔に襲われなければならないのか。







無駄に不安をあおる音響、暑苦しい映像が、全く機能していないからだ。











ストーリーのダメさについても、後半に至っては、宇宙船への攻撃をするかしないか、のサスペンスもびっくりするほど、キレがないし、ラストの愛の告白なんても、あんたら、いつそういう関係なの?



 

ランキング参加してます。面白かったら押してくださいね!





ランキング参加しています。面白かったら押してくださいね!


このエントリーをはてなブックマークに追加

↑ ↑ 面白かったら、押してくださいね!




↑ ↑ 映画バカの私が、よく聞くリスニング集です。