「プリズナーズ」
劇場公開日 2014年5月3日
2017060502



「灼熱の魂」


あちらのオチは収容所の例の男の容姿から、ひょっとして、という想像はついてはいたが、双子の姉とまったくおんなじリアクションをしてしまったオレ。

映画の語らんとするところは、そこではないが、そこまでの仕打ちが果たして映画的に必要かどうか、という点では、ちょっとやりすぎ、という気もした。

というか、それほどのオチをある程度想像、という時点でオレもやばい


灼熱の魂 [ ルブナ・アザバル ]

価格:3,693円
(2017/6/4 00:58時点)




プリズナーズ【Blu-ray】 [ ヒュー・ジャックマン ]

価格:2,430円
(2017/6/4 00:59時点)




複製された男【Blu-ray】 [ ジェイク・ギレンホール ]

価格:4,210円
(2017/6/4 01:00時点)




[Blu-ray] ボーダーライン

価格:4,050円
(2017/6/4 01:01時点)





さて、そのドゥニ・ビルヌーブ監督ハリウッドデビュー作。今回オープニングから本作もキリスト教的仕込みがあることを教えてくれる。しかしオレはそういう知識がないので、それとは一切切り離して鑑賞。






ユナイテッド・シネマ映画チケット&会員登録アフィリエイト






「プリズナーズ」











ビデオパス


今回も前作「灼熱の魂」同様、タブーな話だが、前作ほど凝ったものではない。

タブーありき、な感もあるため、設定も浅く、かなりアラがある。特に警察がバカ過ぎて、目も当てられない脆弱なストーリー展開。豪華キャストが逆にオチがわかりやすくもなっている。

しかし、本作もストーリーがメインではなく、タイトルが示す「プリズナーズ」、それぞれが、それぞれのことに囚われし者たち、の在り様を観る映画。

それゆえ、すべての主要人物のキャラ設定が極端。マンガ的。

ジャックマン演じるケラーは、自分しか信じない。またギレンホール演じるロキも自分しか信じない。それは変質的な神父が登場することで一層際立つ。その存在は、ケラーは信仰心が厚くとも、そういう世の中だと知っているし、ロキには捜査の手がかりの一つでしかない。

本作、ケラーの行動を賛同するか否か、のような売り文句だが、そこを議論する映画ではないと思う。結果として彼が正しい、正しくないを議論する映画でもなく、人はその己の意思に囚われて生きているのだ、ということなのだろう。

ビオラ・デイビス、テレンス・ハワードという豪華夫婦がほとんど活きていなくて残念。

一方ポール・ダノなんか、ボコボコでもポール・ダノ。メリッサ・レオなんてこのまま終わるわけないじゃん、という登場。




とは言え、緊張しっぱなしであっという間150分。






その緊張感はジャックマンのキレ演技とダノのキモさ。宗教的には意味があろう、何が出るかな、のキャリーバッグのお部屋(ここが一番怖かった。。)

若干、韓国映画のノリに近いなあ、と思いつつ、いわゆる韓国映画のそれとは違ったラストで。



 

ランキング参加してます。面白かったら押してくださいね!





ランキング参加しています。面白かったら押してくださいね!


このエントリーをはてなブックマークに追加

↑ ↑ 面白かったら、押してくださいね!




↑ ↑ 映画バカの私が、よく聞くリスニング集です。