「ライフ」
劇場公開日 2017年7月8日

life-movie-end-credits-scene-04













!!ネタバレ注意 カルビンもいます!!


























ユナイテッド・シネマ映画チケット&会員登録アフィリエイト






映画しか興味がない。

映画しか相手にしない。

映画にしか相手にされない。

そういった生活から一変してから、すっかり新作映画の鑑賞数も減って、一部のヘンタイファンには申し訳ないが、バカみたいなレビューを書くことも減ってしまった。新たなる旅立ちを始め、そして新たなる「ライフ」の誕生を待ち望む日々である。



それでもこそこそと、劇場に通いたくなるわけで、勝手に「ライフ」誕生記念と称して、鑑賞。




オレのような病んだ映画ファンなら、地球外生物は、地球人を襲ってこそなんぼ、
なわけで、駄作「デンジャラス・ラン」のダニエル・エスピノーサ監督に大いに不安があるものの、我らがヒロユキが大フィーチャーされているのなら、作品のデキどうのこうのは、言わんでおこうとは思っていたものの。








これはだめだよ。











「ライフ」
















序盤の長回し風のカメラ。

ステーション内の位置関係や人物設定、人間関係をスマートに見せてくれるのならともかく、いかにも「オレ、やってるぜ?」な絵作りが煩わしい。


本作のエイリアン、カルビンくんの造形はどうでもよいが、手袋を破る方法、あれはいくらなんでもしらけるよ。

2017080101


2017080102

2017080104



こっちのカルビン君もめんどくさい存在ではありました(ルビー・スパークス」より)
2017080105







役者は濃いが、すべてのキャラ設定も切った貼ったのコピペ設定。さらにその描写も「はい!1シーン入れましたからね、この人、こういう人ですよ」という箇条書き描写にドラマの編集版のような薄さ寒さを感じる。




レイノルズの早期退場はどうでもよく、ヒロユキの感情的なバカな行動は普通なら「報われる行動」だが、

2017080203


本作、妙に定番から外そうとするため、積重なってもいないチープなキャラ描写のせいで、ドラマがラストに向かって盛り上がらない。


ラストをあえて外していくのなら、キャラ設定はもっと丁寧に描いてもらわないと。


そこが本作の最大の欠点。


そこを見てもらいたいはずなのに、そこを全くうまくできていないんだから、最低点しか上げられない。それならもっとチープな「B級C級定番エイリアンもの」のほうが全然いい。



キャラ的にはジェイクのキャラが一番アウト。




ジェイクの「あのセリフ」がとかいろいろみんな言ってるけど、あいつ、キャラ的には宇宙でアタマが、精神がおかしくなっていないといけないんだぜ?


ラストの展開、あそこは絶対「わざと」でないといけないんだよ。

2017080107

もう一つ言うと、カルビンの命名で序盤、いったん地球からの視点が入るが、あれは全く不要。本作、地球に着いた時の安堵感とそこからの転落こそが「妙味」なのに、地上を映すのは、本当にあのラストだけでないといけない。


なんとまあ、センスのない。まったくもったいないことをしたもんだ。








 

ランキング参加してます。面白かったら押してくださいね!





ランキング参加しています。面白かったら押してくださいね!


このエントリーをはてなブックマークに追加

↑ ↑ 面白かったら、押してくださいね!