はい、どうも。しんざんです。

2017年上半期は個人的に結婚というイベントが終わり、ようやく落ち着き、次のイベントまでほんのわずかの時間しかないが、幸いカミさんも映画好きなので、一緒に行くなどして、ジョジョにペースが上がってきてる。

だけど、観たけど全然レビューが書けなかった作品も結構あったりして、まあ、書けなかった理由は
書く時間や記憶の問題、そしてその気にならなかった、というあたりの理由になるのだが、今回はここで、ちょっと書いとこうかなということで。





まあ、簡単に言うと、ざっくりブッタ斬る、ということです。










ではいきます。













傷物語III 冷血篇

劇場公開日2017年1月6日
2017102101



SME[3] 傷物語 〈III 冷血篇〉 【完全生産限定版】 BD

価格:7,570円
(2017/10/21 13:10時点)




前2作については、これまで全く無理だったアニメ映画を観るという課題を課したため、結構新鮮な思いでレビューすることが出来たのだが、(おかげで「この世界の片隅に」を観ることができたという)本作については、それなりに有名な作品だったり、作家だったりするのだろうが、「君の名は。」「この世界の・」「聲の形」などのあとに出されると、まあ、がっかりするよ。

ただ実写も当たりはずれはあるわけで、おかげでアニメ映画は昔ほどとっつきにいモノではなくなったことには、なぜかこのシリーズには感謝している。

↓ ↓ ↓ 関連記事はこちら ↓ ↓ ↓
「傷物語I 鉄血篇」ネタバレ アニメ映画を観るのって色々、気使って大変だ


傷物語 I鉄血篇 [ 神谷浩史 ]

価格:4,692円
(2017/10/21 13:17時点)



「傷物語II 熱血篇」ネタバレ アニメ映画ってホント難しい!映倫PG12についても考えてみた。

傷物語 <2熱血篇> [ 神谷浩史 ]

価格:5,184円
(2017/10/21 13:18時点)








虐殺器官

劇場公開日2017年2月3日
2017102102


虐殺器官【Blu-ray】 [ 中村悠一 ]

価格:7,695円
(2017/10/21 13:20時点)






これもアニメ映画だったが、社会派アクションもの、という比較的とっつきやすいもの、と思って観に行ったのだが、これも「傷物語III」とは違った意味で、がっかりだった。とにかく、嘘がへたくそすぎて、全くノレれない。




はい、アニメ映画は今年はここで早々に脱落。





ビデオパス







ラ・ラ・ランド

劇場公開日2017年2月24日
2017102103


ラ・ラ・ランド Blu-rayスタンダード・エディション【Blu-ray】 [ ライアン・ゴズリング ]

価格:4,109円
(2017/10/21 13:22時点)




公開前の話題もあったが、エマ・ストーンの黄色いドレスに引かれ、もちろん「セッション」の監督作ということもあり、期待して鑑賞。

撃沈。

オープニングからして、曲もダンスもダメでしょ、これ。その時点でアウト。挿入歌が「あったかご飯が待っている♪」にしか聞こえなかった程度の記憶しかない。







お嬢さん
劇場公開日2017年3月
2017102104


お嬢さん <スペシャル・エクステンデッド版&劇場公開版>Blu-ray2枚組【Blu-ray】 [ キム・ミニ ]

価格:7,317円
(2017/10/21 13:23時点)



何といっても、パク・チャヌクだからね。
邦題も「らしく」っていいなあ!と。


イノセント・ガーデン【Blu-ray】 [ ミア・ワシコウスカ ]

価格:1,000円
(2017/10/21 13:27時点)




面白かったのよ!だけど、カミさんが超毛嫌いしてな。

ストーリーはアウト。長すぎ。映画好きにはこの展開は既視感だらけで全く響かない。
だけど映像がよくってね。また「うそくさい日本語」「うそくさい日本人」というのがいい。日本をバカにしている部分と敬愛している部分のバランスが絶妙で、日本人しか楽しめない要素があるってのが最大の魅力。

そもそも、カミさんと行くのが間違いだった。






哭声(コクソン)
劇場公開日2017年3月11日
2017102105


哭声 コクソン【Blu-ray】 [ クァク・ドウォン ]

価格:4,190円
(2017/10/21 13:29時点)




ナ・ホンジンについては、よく知らなくて、國村準が謎の日本人で出演するホラーという情報だけで鑑賞。かなり複雑な話だったのだが、2時間30分を一気に魅せる力はすごい。よすごいなあ、と思ったが、意外と心に残らない。

なんでだろ、と考えてみると、「結局どっちなのか」をうまく見せていることが、逆に「不安、不信感を掻き立てる目的」のためだけに構成され、全編ひっくり返しに終始し、それが逆にひっかりがなくなってしまいうことで、こちらは飽きてしまい、真面目に追っかける気がなくなり、冷めてしまった。

「祈祷」のシーンが一番の盛り上がりとのことのようだが、オレはあのシーンは退屈だった。








スイート17モンスター

劇場公開日2017年月22日
2017102106


スウィート17モンスター【Blu-ray】 [ ヘイリー・スタインフェルド ]

価格:4,291円
(2017/10/21 13:30時点)




やたら評判がよいようだが、ただの17歳がただ成長するだけの映画。
「17歳のこじれた少女が・・」という触れ込みだが、それなら17歳は大概がこじれているぞ。というか、それは間違いで、17歳はこじれる前で迷っているだけである。主演女優も演技の評価が高いが、素で演じたらいいだけのブサイクさんなので、特筆すべきことはない。











スプリット
劇場公開日2017年5月12日
2017102107


スプリット ブルーレイ DVDセット【Blu-ray】 [ ジェームズ・マカヴォイ ]

価格:3,317円
(2017/10/21 13:32時点)



最初の拉致シーンで楽しいのは終わり。
マカヴォイはもっとできる子である。ラストも、もはや精力もオーラもないブルース・ウィリスを引っ張り出して、「『壊れない』あの役」をやらしてどうするの?








パイレーツ・オブ・カリビアン 最後の海賊

劇場公開日2017年7月1日
2017102108


パイレーツ・オブ・カリビアン/最後の海賊 MovieNEX プラス3Dスチールブック(オンライン数量限定商品) [ ジョニー・デップ ]

価格:7,776円
(2017/10/21 13:34時点)




1作目以外は観ていないが、いつもこんな感じなんだな、と思えることは下の「トランスフォーマー」と同じように重要なことだなと思った。実際お客さんがそれなりに入るのはそういうこと。そういう映画にガタガタ言うほど子供でない。顔デカのハビエル・バルデムがよかった。だが、さすがに本作で最後なのではないだろか。






トランスフォーマー 最後の騎士王

劇場公開日2017年8月4日
2017102109



トランスフォーマー/最後の騎士王 3D ブルーレイ 特典ブルーレイ(初回限定生産)【Blu-ray】 [ マーク・ウォールバーグ ]

価格:4,980円
(2017/10/21 13:36時点)



安定のマイケル・ベイ。
これを劇場で観ずに、家で鑑賞する人はどうかしてる。これは世界一稼げる監督マイケル・ベイにしかできないお祭りなのだ。どんなにつまらない前半2時間でも中毒者は楽しめる。










続きはその2でやります。







 

ランキング参加してます。面白かったら押してくださいね!





ランキング参加しています。面白かったら押してくださいね!


このエントリーをはてなブックマークに追加

↑ ↑ 面白かったら、押してくださいね!