「マイティ・ソー バトルロイヤル」
劇場公開日 2017年11月3日

2017111801








「シビル・ウォー キャプテン・アメリカ(以下CW)」


シビル・ウォー/キャプテン・アメリカ MovieNEX [ クリス・エヴァンス ]

価格:3,819円
(2017/11/18 22:41時点)






この作品がマーヴェル映画の大きな分岐点となっていたのは間違いない。興行的に人気のあったアイアンマンと映画評価的に高かった「キャプテン・アメリカ ウィンターソルジャー(以下WS)」とその他大勢プラススパイダーマン。そして「パワーバランス」。それらをまとめてひと段落つけたこと。





しかし「WS」をマーヴェル最高峰としたオレは、そもそもその後の動向には興味がなく、「CW」の方向性はパワーバランスを重視し、彼らとはそもそも力関係ではシャレにならないソーとハルクを外した「じゃれ合い」にうんざりしたものだ。






本来、劇中ではモテモテのソーと人気者ロキがオタク映画から外され、「最強ゆえ『映画的に』扱いにくい」ハルクをどのようにどのように見せるのか。



本作の見所は一般的にはそこだ。





「マイティ・ソー ラグナロク、じゃなかった バトルロイヤル」









ビデオパス


マイティ・ソー ブルーレイ DVDセット 【Blu-ray】 [ クリス・ヘムズワース ]

価格:3,365円
(2017/11/18 22:38時点)



マイティ・ソー/ダーク・ワールド MovieNEX 【Blu-ray】 [ クリス・ヘムズワース ]

価格:3,542円
(2017/11/18 22:39時点)





ソー関連の北欧神話にはあまり知識もなく、死者の国の女神ヘラの登場も「ラグナロク」の神話の展開についてもさして興味がない状態で鑑賞。

ただオレの興味は、カンバーバッチとケイト・ブランシェット。さすがに彼らは登場すると画面をさらう。イケメン・ヘムズワースとヒドルストンも影が薄い。







しかし、それは「本来は」、だ。








ただ、今回彼らの収まりどころはアベンジャーズ最強クラスゆえに、地球に収まりきらない(というかむしろ邪魔)スケールで仕切り直したのと同時に、ソーのキャラがアベンジャーズ寄りでなく、ただのバカになったのが大正解。


イエッス!
2017111802

なんだ、この顔(笑)
2017111809








マーヴェル嫌いのカミさんが本作をやたら楽しかったというのも分かる。アベンジャーズは気持ち悪く、ガーディアンズ・オブ・ギャラクシーは小物、悪ふざけがそんなに楽しくない。何より女子が喜ぶものがない。

だが、ソーとロキはイケメン。まずはコレ大事。もちろんBL要素の意味もある。

そして、これにさらなるイケメン、カンバーバッチと女性大人気のブランシェットが楽しく絡むのである。

それはもう最強である。



本作の見所の一つの、「ラブ」シーン

2017111810

イケメンだなあ、ほんと
2017111811


楽しそう!!
2017111803

カワイイ!!
2017111804

ね!
2017111808



こっちの二人のグダグダなやり取りも超楽しい!!

2017111805

・・・もはやデートである
2017111806

2017111807

2017111819

2017111820


本作、めんずの2ショットだらけです。
2017111818







そして、オレ的に特筆すべきはこの世界の色使い。


2017111812


なつかしの「フラッシュ・ゴードン」(’81)のような色彩、ガジェットに、実は傑作「ジョン・カーター」(’12)をも彷彿させる楽しい絵作り。音楽もそれに合わせ、カラフルなシンセ。



2017111813

2017111814


【新品】フラッシュ・ゴードン Blu-ray

価格:5,184円
(2017/11/18 22:46時点)





2017111815



ジョン・カーター【Blu-ray】 [ テイラー・キッチュ ]

価格:1,500円
(2017/11/18 22:49時点)







楽しくないわけがない!!




頼むから、アベンジャーズともガーディアンズ・オブ・ギャラクシーとも合流してほしくない、というのがオレの本音である。







追記

「移民の歌」については、もう少し音圧が欲しいところ。




 

ランキング参加してます。面白かったら押してくださいね!





ランキング参加しています。面白かったら押してくださいね!


このエントリーをはてなブックマークに追加

↑ ↑ 面白かったら、押してくださいね!