「IT イット “それ”が見えたら、終わり。」
劇場公開日 2017年11月3日

2017120502


本を全く読まないオレだが、スティーブン・キングは原作が多く映画化されることもあって、その名前は知っている程度。世間のキング原作映画のベストはだいたいこんな感じらしい。



1位:ショーシャンクの空に(’95 フランク・ダラボン)
2位:スタンド・バイ・ミー(’87 ロブ・ライナー)
3位:シャイニング(’80 スタンリー・キューブリック)
4位:キャリー(’76 ブライアン・デ・パルマ)
5位:ミザリー(’91 ロブ・ライナー)

次点:グリーンマイル(’00 フランク・ダラボン)、ミスト(’08 フランク・ダラボン)




なるほど、なるほど。真面目だなあ。





ショーシャンクの空に【Blu-ray】 [ ティム・ロビンス ]

価格:1,080円
(2017/12/5 09:12時点)



スタンド・バイ・ミー【Blu-ray】 [ ウィル・ウィートン ]

価格:1,500円
(2017/12/5 09:13時点)



シャイニング【Blu-ray】 [ ジャック・ニコルソン ]

価格:1,080円
(2017/12/5 09:14時点)



キャリー【Blu-ray】 [ シシー・スペイセク ]

価格:1,000円
(2017/12/5 09:15時点)



ミザリー 【Blu-ray】 [ キャシー・ベイツ ]

価格:1,000円
(2017/12/5 09:16時点)



グリーンマイル【Blu-ray】 [ トム・ハンクス ]

価格:1,500円
(2017/12/5 09:17時点)



ミスト【Blu-ray】 [ トーマス・ジェーン ]

価格:2,651円
(2017/12/5 09:18時点)
感想(1件)







おれだったらこうかな。




1位:ドリームキャッチャー(03 ローレンス・カスダン)
2位:キャリー
3位:ペット・セメタリー(’89 メアリー・ランバート)
4位:ミスト
5位:シャイニング




妙にきったない映画ばかりだな。はっはっは。





ドリームキャッチャー【Blu-ray】 [ モーガン・フリーマン ]

価格:1,080円
(2017/12/5 09:20時点)



ペット・セメタリー [ ディル・ミッドキフ ]

価格:1,000円
(2017/12/5 09:21時点)







キング原作映画はカス監督も撮れば、デ・パルマ、キューブリック、ハックフォード、ダラボン、カスダンなど、超大物監督も撮るという、いろんな意味で「臭う」映画だ。









「IT イット “それ”が見えたら、終わり。」







ビデオパス





本作、ホラー映画の世界興行では、トップに立った。(R指定ホラー「エクソシスト」を超え、非R指定の「シックスセンス」超え。)


エクソシスト ディレクターズカット版&オリジナル劇場版【Blu-ray】 [ エレン・バースティン ]

価格:1,080円
(2017/12/5 09:23時点)



シックス・センス【Blu-ray】 [ ブルース・ウィリス ]

価格:2,700円
(2017/12/5 09:24時点)





当時とはまた事情が違うだろうが、本作のヒットの要因は、

1.海外人気TV「ストレンジャーシングス」のヒット下
2.SNSという口コミ
3.少年少女もの(ジュブナイルもの)
4.エロくない

で間違いないと思う。もっとざっくり言うと、女子どうしでも観に行ける映画。



「怖いのは観たいが、エロはイヤ。オタクっぽいのもイヤ。」




こちらも女子人気

死霊館【Blu-ray】 [ ベラ・ファーミガ ]

価格:1,080円
(2017/12/5 09:54時点)



死霊館 エンフィールド事件【Blu-ray】 [ ベラ・ファーミガ ]

価格:1,080円
(2017/12/5 09:57時点)





という、ジャンル映画のくせして、既定のファン層を裏切るかのような作風。(原作はそうではないらしいが)ただ、まあ、「スタンド・バイ・ミー」嫌いで、「ドリームキャッチャー」好きのおっさんとしては、本作物足りないのは仕方ない。

本作の特徴として、「いじめられっ子」の奮闘記ということになるのだが、またそれもヒットの要因と思われるが、「いじめっ子も襲われる」という点にノレない。

そもそも、おっさんにはノスタルジーなんか必要ない。こんなもん、多かれ少なかれ通ってきた道だし、「スタンド・バイ・ミー」なんか、まんま通ってきた道だし、またおっさんになっても「人生の苦難の道」は続くのである。いつだって自分のもつ恐怖と対峙しているのである。

カミさんの顔をみれば、ピエロに見えるし、朝鏡を見れば、目の前には疲れたピエロがいる。会社に行けば、ピエロになり、子供に対しては、ピエロにならないといけないし、大きくなれば、また恐怖のピエロに見えないといけない。

そういった「乗り越えるべき恐怖の象徴である」ペニー・ワイズ自身が「恐怖」を知って退治されたことにも、本作だけでいうと不満だ。ただ、原作の設定が、実在した連続殺人犯をモデルにしているゆえ、「恐怖の象徴」が前提なのだろうが、それを知らずに観ると、ペニー・ワイズって案外親切じゃね?と思ったりもする。(主人公の成長のために、弟が犠牲になった、という考えはないだろうが、弟がターゲットになった何らかの事情が欲しかったりもする。)

続編にはその「誰でもピエロ」な展開が待っていることを期待しつつ、おっさんは「愛のある」ピエロでいこうと、今日も頑張るのである。




どこかカワイイ
2017120501

なかなかの演出家でもあるピエロ
2017120503











追記

もちろん、子役の演技や「大作感のある」カメラや演出は素晴らしいし、設定を80年代に合わせているのもおっさんとしては観易くていい。ニュー・キッズ・オン・ザ・ブロック、XTCなどの楽曲も楽しいが、オーケストラなスコアがまた80年代っぽくって良かった。

まんまスピルバーグ、ですね
2017120504

2017120505

2017120506



XTCの「Dear God」。本編では最初の方だけ流れてましたが、大胆な歌詞です。



【輸入盤】Skylarking: 30th Anniversary Definitive Edition (+Blu-ray) [ XTC ]

価格:2,970円
(2017/12/5 09:29時点)



ベンジャミン・ウォルフィッシュ/オリジナル・サウンドトラック IT イット それが見えたら、終わり。 【CD】

価格:3,024円
(2017/12/5 09:37時点)








 

ランキング参加してます。面白かったら押してくださいね!





ランキング参加しています。面白かったら押してくださいね!


このエントリーをはてなブックマークに追加

↑ ↑ 面白かったら、押してくださいね!