「シェイプ・オブ・ウォーター」
劇場公開日2018年3月1日



ポスター みたまんまの映画だったことに、意外とびっくり
2018031001








!!!ネタバレしてますし、とても、こき下ろしてます!!!









ギレルモ・デル・トロ


言うまでもなく「パシフィック・リム」の監督であり、「ヘルボーイ」シリーズの監督であり、傑作「パンズ・ラビリンス」の監督であり、意外と知られていない、「ホビット」シリーズの脚本家。

パンズ・ラビリンス【Blu-ray】 [ セルジ・ロペス ]

価格:2,700円
(2018/3/10 13:13時点)



ヘルボーイ【Blu-ray】 [ ロン・パールマン ]

価格:1,500円
(2018/3/10 13:15時点)



ヘルボーイ ゴールデン・アーミー【Blu-ray】 [ ロン・パールマン ]

価格:1,500円
(2018/3/10 13:15時点)



パシフィック・リム【Blu-ray】 [ チャーリー・ハナム ]

価格:1,080円
(2018/3/10 13:17時点)




キャリアは「ある意味」十分だが、
一貫して「『異形』への偏屈な愛」にみちた映画作家。故にキャリアは「ある意味」全然積み重ねられていない。


スピルバーグも慕う、まさに真正のオタク映画作家の最新作がオスカー最多ノミニーだという。どうしたことか。










「シェイプ・オブ・ウォーター」







前作「クリムゾン・ピーク」でゴシック・ロマンスという、無謀にも、身の程知らずといってもよかろうな、ジャンルに手を出し、結果、撃沈した。

クリムゾン・ピーク【Blu-ray】 [ ミア・ワシコウスカ ]

価格:1,500円
(2018/3/10 13:20時点)




↓ ↓ ↓ 関連記事はこちら ↓ ↓ ↓
「クリムゾン・ピーク」ネタバレ 内容?どっかで見たよねえ。幽霊?なんか、いたねえ。ティルダ?いないねえ



【年間ベスト】 ごめんなさい!! しんざんの2016年公開映画年間ワースト3は、なんと!これだ!!



前作「クリムゾン・ピーク」の決定的な欠点は、美男美女を取り揃えているにも関わらず、全然キレイに美しく撮れていない、という点だった。本作は、その反省だろう。あっさり、美女と美男を捨てた。

その反省プラス、今までに描かなかったオタクの伝家の宝刀、「エロ」を振るってきた。





そんなだから、出来上がったものはキモイわけだ。







ビデオパス



それゆえ、これまでデル・トロ作品を何本か見ているものにとって、本作で繰り広げられる世界は、なんら変わりがない。なんら予想を外すこともない。


主人公はそのルックスから言って、間違いなく「パンズ・ラビリンス」の主人公オフィリアの生まれ変わり、のような存在。実際序盤から、あっちの世界とこっちの世界を行き来している。声を失っているのは、あたかも、「あの」王国から再びこの世へ送り込まれたかのよう。

登場する半魚人もこれまた、「ヘルボーイ」でも活躍させるように、ギレルモ自身が大好き半魚人。

これまで同様、ロボットに愛をこめようが、ストーリーがスッカスカの、薄っぺらな「異形」への愛、マイノリティーへの愛(と勝手に高尚なことを言う映画オタクども)。

とにかく全編、詰め込み過ぎの、無駄なエピソードばかりの、語らなすぎと、語り過ぎ。

それはなぜか?

このデルトロ監督、キャラクター設定は異様に凝っており、その生い立ちや背景など、映画の登場しない部分もきっちり作りこんで、役者陣に説明し、撮影に臨むスタイル。


キャラクターに肉付けは必要以上に、執拗にする、という「これぞ、同人誌」精神。

それが今回、彼の過去作以上に、大いに仇となる。

演技指導というか、そのキャラクター設定がやはり無駄に多かったせいか、オクタビア・スペンサーがとまどっているかのように、彼女のここまで演技がひどいのは観たことがない。



このシーン、オレは大っ嫌いですね

2018031002


マイケル・シャノンのトイレ、腐敗する指、かっさばかれる主人公とおなじような、喉元。これ見よがしに見せて、効果は全く薄い。

役者陣がうまい分、設定ががんじがらめで、逆に役者が活きていない、という。そのくせ、付け足したバックボーンはさっぱり描けていない。ただ、見せるだけ。


そして相変わらず、デル・トロはストーリー・テリングがひどい。






次に、今回のノミニーについてだが、本作のノミニーは、アカデミー会員の多様化と若返りの極端な反動でしかないと思っている。多様化」の側面が、思いっきり「マイナス」に働いたのが、この「同人誌」映画の最多ノミニーという結果。




確かに、そろそろジャンルな作品がオスカーを、という世代交代は始まっていると思う。



だが、本作は「サイレンス」「モノクロ」「映画館」という「映画愛」という、アカデミー大好き要因と、今年のトレンド「女性」がたまたま合致し、プラス得意の「異形」を「マイノリティー」とアカデミー会員がすっかり勘違いしただけでの作品。


映画館を背景に映すと、バカなアカデミー会員は釣れる。
2018031003


ミュージカルがあれば、去年の「ラ・ラ・ランド」への「申し訳」が立つ、とでも思ったのか
2018031004


このデル・トロ版「ブスと(ホントの)野獣」、18禁「E.T.」に対して、マジで「マイノリティー」映画と評し、オスカーを与えるようなら、アカデミー賞は末期である。

また、この気持ち悪い同人誌ポルノを、映画愛に満ちた、「オマージュ」作品と評する映画オタクも末期である。





 

ランキング参加してます。面白かったら押してくださいね!





ランキング参加しています。面白かったら押してくださいね!


このエントリーをはてなブックマークに追加

↑ ↑ 面白かったら、押してくださいね!