去年のアカデミー賞はマイノリティ、ダイバーシティヨイショの極端な過敏反応のせいで、クソみたいな同人誌映画「シェイプ・オブ・ウォーター」が受賞した。

もちろん前向きに見ると、「初の怪獣映画のオスカー受賞、イエイ」といえなくもないが、ただ単に、オタクが会員層の大部分を締め、「難しい」映画を理解できなくなったとも言えなくない。

そんなこんなのアカデミー賞の今年の結果はどうかと言うと、案の定の、会員があたかも全員一斉に集まって、消去法で決めたかのような、各部門の受賞結果。

もはや映画の内容、映画のデキには目を向けず、マイノリティ、ダイバーシティヨイショだけが選考理由。結果、あげるべき人にあげてないくせに「ダイバーシティ」だとほざきやがる。

アカデミー賞は、業界人による、内輪の賞だが、もはやこんなの、もらって嬉しいか?というほどに、権威は失墜したと思う。

そんなことがはっきり見えたのが、この




「グリーンブック」

20190430


「既視感」というには、あまりにも退屈すぎる。ここで繰り広げられる物語は、表面上で起こったことしか見えない。というより、見せていない。想像力の欠如とでも言おうか、登場するキャラクターの背景が全くと言っていいほど、表面的だ。

ああ、脚本家の一人に、主人公の息子がいるからか。

もちろん、彼にとって父親である主人公は「ヒーロー」である。だがあまりにも物分りが良すぎる。まるで、事の流れに逆らわないように。

ドクに、「自分にしかデキないことをしろ」、というが、そんなキャラだったか?

そもそもドクが天才なのは誰でもわかるかもしれないが、彼がそこまでドクに「仕事以上」に心を通わせるのがわからない。手紙?手紙の反応がトニーに戻ってきた描写はない。

plainとplaneのしょうもない話はともかく、主人公の「美しい平原広がる南部ツアー」の結果が黒人と仲良くなっただけなのも、ロードムービーの体をとってるくせに、つまらなすぎ。

ドクのほうも、全くと言っていいほど、ペラペラのキャラクター。ちょっとだけホモネタ入れちゃう?とか、どうせ、そんなノリだろ?

南部に行く理由も、「勇気ある行動」で片付けられる。

勇気を示す理由は何よ?そして、そもそも散々引っ張った兄貴の件はどうなったんだよ?

つまり、こういう設定だったら、オスカー取れんじゃね?こういうシーン入れときゃオスカー取れんじゃね?ということしか考えていない映画。

グリーンブックというタイトルも、止まった場所に何かあるわけでもなく、地域性だって、ケンタッキー・フライド・チキンだあ?子供の映画か。(当時のクソ不味いアメリカのKFCをニコニコ食べる二人をギャグにしているのかもしれないが)

「グリーンブック」ってタイトルつけときゃ、アイロニックな感じが出るでしょうみたいなのりだったんだろうが、全く機能していない。

クライマックスに、黒人で溢れるBARでドクの演奏するシーンが有る。トニーが黒人限定BARに入るところこそが、本当は一番ドラマなはずなのだが、そこはお前ら、スルーかよ。

トニーが黒人限定なBARに入る、これこそまさに「『逆』グリーンブック」。これで評価されるならまだ分かる。

追記

唯一の笑いどころは、銃を実際に持っていたところだけ。だが、これだって相当やばい「ネタ」なのに、もっと高いレベルの笑いにまで昇華できたはずだ。

結果、黒人をダシにして、主人公がお金を稼いで、物分かりのいい性格になり、手紙を書くのが上手になりました、っていうだけの映画。



 

ランキング参加してます。面白かったら押してくださいね!




このエントリーをはてなブックマークに追加

↑ ↑ 面白かったら、押してくださいね!