しんざんの、みんな仲良し映画評!!

ほんとうは仲良しとは程遠い、あまのじゃくな映画評、映画批評、映画評論ブログ 全部ネタバレ。またあまのじゃくゆえ、人によってはまったく受け付けないものもあるよ。もちろん、こっそりオススメもあるよ。

ラブストーリー、とかそんな感じの

「ワンダーウーマン」ネタバレ 映画オタクには全く縁のないヒーロー。本作を見ておっさんはこう思った。

「ワンダーウーマン」
劇場公開日 2017年8月25日
2017102203








今更ながら、


「ワンダーウーマン」




















日本での期待に大幅に下回る興行成績で、結果「ガーディアンズ・オブ・ギャラクシー」と同じような位置に収まるようだ。

まあ、そうだろう。

しょせん映画オタクの観る映画。世界興行はあくまで旬の勢い。日本は邦高洋低の興行スタイルが続く限り、劇場の箱のスケジュール、買い付けのタイミング等に振り回される。

それはさておき、ライバル、マーヴェル社長も本作を褒めたという。

それはそうだ。

ヒーロー映画の飽和状態から抜け出せないのはマーヴェルも同様。ライバルだろうが、ジャンルを共に盛り上げないといけない。「マイティ・ソー バトルロイヤル」(この邦画タイトルは日本の興行のための苦肉の策だ。)、「ジャスティス・リーグ」。以前ほど盛り上がらないのは、オタクのハートの中にも確かにあるはずだ。

「キャプテン・アメリカ シビルウォー」のヒーローじゃれ合いで、ほとんど「完結」したと思っている人も結構いるのではないかと思っている。(飽きた、という人も当然いる)



↓ ↓ ↓ 関連記事はこちら ↓ ↓ ↓
「シビル・ウォー キャプテン・アメリカ」ネタバレ 結局なかよしこよし




だが本作、ヒーローものの範疇から外れて、映画として観る場合、結果これを女性映画という観方で観た人は皆無だろうし、映画の出来も残念なものだ。




ビデオパス



1)ヘンクツ家族より王子様。


お姫様が意外な正体。アマゾネス族のくせして、その正体を知っているのに、覚醒させない。覚醒すると、ラスボスに見つかるらしい。どっちみち、対峙するんだから、そんなまどろっこしい設定いらない。オンナだらけの島に空から王子様。それだけでいい。

島を出て行った理由は、ボス退治というより、王子様と本で読んだことをしたいだけ、が裏設定



これがすべてだな
2017102204



2)戦争との絡みがどうのこうのより、王子様。


「ボスを倒せば、世界は平和になるから、私行くわ」と生き勇んで戦場へ。だが、そのボスが死んでも、状況は変わらない。「なんで?人間はアホなの?」と悩んでると、本当のボス登場。ハリポタを見てないおっさんはなんて地味なラスボスと思ったが、王子様命を賭して危機回避。お姫様覚醒。ラスボス退治。ハッピーエンド。やっぱりラスボス倒すことで、世界は危機を回避した、という。

結局、人間がアホだろうが、関係ないらしい。

ま、すぐに第二次大戦が勃発するんだけどな。




3)アクション


ザック・スナイダーの流儀そのまんまを受けつぎ、やってることは「エンジェル・ウォーズ」。おまけにキレもなく、ラストバトルは暗いばっかり。



4)演出


借りものばかりのハリボテなアクションシーンがそんな感じなら、演出もとろ臭い。脚本もガタガタ。ワンダーウーマンのパワーバランスもめちゃくちゃ。

とにかく「知性」がまるで感じられない。


ワンダーウーマンを結果ヒーローに仕立て上げたのは、イケメン王子様であり、愛の力である。その愛は、一夜の営みで培われたものである。

2017102205


うーーむ、これはせっせとヒーロー映画を追っかける
映画オタクには、実はちっとも優しくない映画ではないか。

この映画を見て女性映画とか、女性の存在意義について語っている評も見かけるが、この映画に関しては、その程度のヒーロー誕生譚でしかないのである。













 

ランキング参加してます。面白かったら押してくださいね!





ランキング参加しています。面白かったら押してくださいね!


このエントリーをはてなブックマークに追加

↑ ↑ 面白かったら、押してくださいね!

「光をくれた人」 ネタバレ 本年度最高の1本!シアンフランスは裏切らない!妊活中のおっさんはこのメロドラマをこう見た!

「光をくれた人」
劇場公開日 2017年5月26日

2017052501


新作が発表されると必ず観に行く監督が3人いる。





ニコラス・ウィンディング・レフン。
ドゥニ・ビルヌーブ。
デレク・シアンフランス。













レフンの「ネオン・デーモン」でいきなりがっかりし、ビルヌーブの「メッセージ」でさらにがっかりした。後者については今年のワーストにしてしまいたいくらいだ。


↓ ↓ ↓ 関連記事はこちら ↓ ↓ ↓

「ネオン・デーモン」 ネタバレ ファッション業界への皮肉??ノンノン、美を追ってこそオンナ、悪魔であってこそオンナ!!



いずれも「らしい」映画だったし、それぞれの持ち味を発揮したものであったのは確かだが、いずれも持ち味発揮が、観客置き去りの表現になっていたことに、その底の浅さにがっかりしたのだ。

ネオン・デーモン【Blu-ray】 [ エル・ファニング ]

価格:3,888円
(2017/5/27 09:01時点)








そして、デレク・シアンフランス。





日本での「ムーンライト」の公開を早めることで、その煽りを食らって公開延期。ゆえに注目度はかなり低い。だが、「ブルー・バレンタイン」、「プレイス・ビヨンド・ザ・パインズ」続けて大傑作を放った監督である。もはや何の威厳も感じないオスカーの作品に追いやられたこと程度で本作へのオレの関心度は下がるわけがない。

運悪くも?「光」というタイトルがかぶってしまっての日本公開でどこまでもついていない本作だが、このあまのじゃくなおっさんが徹底的に本作を支持する。












はっきり言おう、本年度ナンバー1。














「光をくれた人」







ビデオパス









デレク・シアンフランスがメロドラマ?と初めは思ったのは事実だが、先の2本も思い出せば、そうだった。「愛」「夫婦」「親子」の物語だ。





↓ ↓ ↓ 関連記事はこちら ↓ ↓ ↓

「ブルーバレンタイン」 間違いなく18歳未満(だと思う人)禁止

「プレイス・ビヨンド・ザ・パインズ 宿命」本宮ひろ志イズム





[Blu-ray] ブルーバレンタイン

価格:3,888円
(2017/5/27 08:58時点)



プレイス・ビヨンド・ザ・パインズ/宿命【Blu-ray】 [ ライアン・ゴズリング ]

価格:1,500円
(2017/5/27 09:00時点)




本作のストーリーはとてもベタだ。あまりにもベタだ。だが、その話を美しい絵と3人の役者と丁寧に整理された脚本に感服する。

ここまで堂々と、ベタなメロドラマを、自分のスタンスで観客を楽しませてくれていることは本当にすごいことだ。
以前からのあまりに熱い「人物への寄りの画」がここでもいかんなく発揮。
2017052506

さらに今回は舞台が舞台だけに、自然の美しさが加わり、特にその引きの画が本当に素晴らしい。岬の灯台、地平線、船を旋回するカメラ。

2017052502

音響効果もとてもよく、常に鳴り響く風と波の音のなかでもセリフはよく聞こえる。
役者については、3人みんな素晴らしいが、特にファスベンダー。序盤の孤独な姿、中盤の笑顔、後半の決意の顔。

ビカンダーも「幼な妻」感がとっても良く、感情的に行動する姿がかわいくも、とても危うく、だが愛おしい。
2017052505

序盤の文通のシーンもよかったですね。「文通」も後半伏線となります。
2017052504


ワイズのほうもこちらは「若い旦那」との恋に生き、ヒステリックになりがちな役を抑えて好演。

だが、本作を忘れがたい1本になっている理由としては、タイミングが、
私ごとながら、妊活中である、ということもとても大きいかもしれない。

ここで他の作品のネタバレをするわけにもいかないが、「メッセージ」のあのラストには絶対に考えられないのはそのためもあるかもしれない。

だが、そんな私的なことを除いても、本作の映画の「力」は圧倒的である。レフン、ビルヌーブが「こざかし」く見えるほど。




追記

ファスベンダーの行動に疑問を抱く人もいるかもしれない。だが彼は失ってきた人、奪ってきた人なのだ。そしてラストでわかるように、結果「与えてきた」人なのであるゆえ、「赦し」を得た人なのだ。

そう、それはファスベンダーだけでなく、主要人物3人とワイズの夫と父親も含め、みんなそうなのだ。
だから、あのラストは必要であり、死ぬほど泣けてしまうのである。


「光をくれた人」

良き邦題。






 

ランキング参加してます。面白かったら押してくださいね!





ランキング参加しています。面白かったら押してくださいね!


このエントリーをはてなブックマークに追加

↑ ↑ 面白かったら、押してくださいね!




↑ ↑ 映画バカの私が、よく聞くリスニング集です。

婚活映画祭(汗)

先日行ってみたんだけど、すっかり忘れていた(。。。既にネタバレ)

男女100人100人程度の、映画を観て、「回転ずし」なあいさつして立食パーティ、というものだった。

カップルは100組中7組。結構な率かと思う。

だが婚活映画祭というのとその内容は幾分かけ離れていたように思う。
もちろん、主催者側に文句などない。オレが婚活映画祭慣れ(?)していないので、
いろいろ疲れてしまったのだ。



以下、内容

1)ドン小西トークショー
まあ、確かにメディアに注目されようとすると、何かしらゲストは要るよね。

2)映画「フランシス・ハ」上映
いや、「フランシス・ハ」に文句はないし、セレクトも悪くないと思う。

だが、このオシャレ系でイタイ系の映画を観て、参加者の男女はどう接近するのか、企画者は想像したのだろうか

ドン小西=オシャレ、「フランシス・ハ」=イタイ=オタク。まあ、100歩譲って、そのロジックはあり、としよう。

3)回転ずしなあいさつ

女性陣がホールいっぱいに円になり、その内側を男性が一人ひとりご挨拶するという。

5秒。

その間、ファーストインプレッションでお気に入りの方の番号を書く、という。

5秒です。 はい、企画倒れ。その間書けるわけないし、それを集計する時間をとってないし、それをどう公表するのか、だれも期待しているようには見えなかった。

オレはここで疲れてしまったね。30人ぐらい挨拶すると、テンションがおかしくなった。

「しんざん、映画で検索してください ブログやってます(汗)」 次っ(汗)

はい、これで5秒です。

4)立食
疲労困憊なオレは、もうこの時点でその日は「いいひと」になりました。ええ。


だけどね、

これって婚活映画祭なのか?

いや、ドン小西でなくて、町山智浩で、「フランシス・ハ」が「冷たい熱帯魚」とか、そんなこと言う気はさらさらないよ。でもさあ、そこは「有村昆」とか「LiLiCo」でしょう?ドン小西なら映画は「イヴ・サンローラン」系でしょ?

「何目的で来たの?」(オレ(失礼だろ?))
「ドン小西。」(女性)
「・・・」(オレ)

いや、オレの失礼な質問に対しての、であれば、それはそれでオレが転がされた、でいいんだけど
どうもマジなんだよね。いや、彼女は決して悪くない。

婚活映画祭、とでも言うのなら、ピンポイントで、イロモノ狙いでいいじゃないかなあ。オサレは好きだけど、婚活映画祭と銘打つなら、それは捨てようよ。(だと、メディアに載せられないか)

1.ゲスト

1)ゲストが有村昆とかLiLiCoなら、「天才スピヴェット」
(マニア+オサレ)

以下段々黒く

2)ゲストが町山智浩や宇多丸なら「ゴーンガール」
(マニア+オサレ+婚活をあざ笑うサド的嗜好)

3)ゲストが高橋ヨシキなら「グリーン・インフェルノ」
(途中退場推奨のまさにふるい。誰が残るかお楽しみ 「祭り」でなく、「カニバル」というオチ)

上映後

1)だと、立食(ゲストがちょいちょい席を回る) 
 
 カ・ワ・イイ!

2)だと、挙手系参加型トークショー(ゲストに近づく)

 コン、では無くなるな、でも。こういうゲストにアピール(すなわち会場の異性にアピール)の方法が、
 映画バカにはよいかも。

3)だと、放置

 もう、何も準備してあげる必要はないよね。

でもさ、応募は絶対2)>3)>1)ぐらいだと思うよ?映画を観て、男女で映画の会談って、マニアしかしねえって。

今度はもっと少人数のマニアな会に出動します。
(でもオサレ系ももっとやって!!)



 ←ランキング参加してます。面白かったら押してください


ランキング参加しています オモシロかったら押してください 映画評論・レビュー ブログランキングへ

「ギャラクシー街道」 自分の頭にあるものを出して作れば素のおっさん

劇場公開日 2015年10月24日




!!ネタバレ注意ですが、「あまのじゃく」なりに本作「擁護」の立場でおります!!

見た目と性格というものはやっぱり一致する。

「知らない分野を勉強せず、自分の頭にあるものを出して」作れば、まあ、そういうものが出てくる。

そういう意味で、初の「三谷幸喜」が素で作りたかった映画、ともいえる。北野武でいうと、「あの」あたりの作品になる。

「ギャラクシー街道」

はい、オレ、今までの三谷幸喜作品、全部嫌い。

三谷幸喜作品で、そもそも笑いの取れる作品が、いまだかつてあっただろうか?破たんせず、ファンタジー化せず、収束した作品があっただろうか。下品な笑いなく、終始上品な世界観が繰り広げられていただろうか。

ノンノンノン。

あの風貌ですよ?あのテレビでの立ち振る舞いですよ?その正体は変態偏屈おじさん以外あり得ないでしょう。

だから、こういう作品になって、なにもおかしくない。その意味でとても面白かった。


本作、あくまで、香取くんと綾瀬さんの二人の夫婦の話。「紆余曲折あったけど、こんないらいら、ぐずぐずした俺だけど、これからもよろしくね」というだけの映画。

そう、まさしく、三谷幸喜自身の個人的なお話。登場する女性キャラは全員巨乳の装いであることも、見逃せない。(真偽ともかく、劇中ではみなさん胸が大きい)

一方、宇宙人の設定や、ウルトラマンネタなどこれこそお花畑の頭の方向け。TMRの人のほったらかし振りなんてワザとでしかないわけで。

舞台劇なのに、わざと舞台劇的なつながりを切っている。

そういった外野感、テキトー感、そしてチャレンジ精神を、演者がことごとく理解していない、あるいはミスキャスト、そしてやっぱり演出が追い付いていない、というのが本作のマズいところ。

まったくみなさんと真逆だが、「本」はいいと思う。

小栗旬くんはこういうただダメな男の役は全然似合わないし、梶原さんももっと微妙に可愛らしさが出ないといけないのに、うざったい役で終始している。(この役、爆笑問題田中さんとかいいのにね)

段田さんの役は、狂言回しの立場なんだけど、それをほったらかして自己の思い出に浸るぐらいの、だんだん狂って、でもホッコリの非常に難しいキャラクターなんだけど、演じきれていないよね。これができるのは、ジャック・ニコルソンぐらいだからしょうがない。

遠藤さんもビジュアルに頼り過ぎ。大竹さんの役、西田さんの役は演出がバツ。SFを、と言うのであれば、この二人の設定に問題があるかもしれない。

つまり、本作、オレからすると、本の強度やチャレンジ精神に、

「演者と演出がついていけていない」

という印象。

でもね、個人的な映画なんだから、そこに目くじら立てるでなく、香取慎吾=三谷幸喜、としてさっさと切り替えればよいのだ。

本作、そういう意味で最も素晴らしい演技をしたのは、香取慎吾。

追記

地球人に最も近い、山本くんや石丸さんのエピソードは、普通に面白い。山本くんのほうは、メイクがしょぼいけど、ああ、この手で堀北さんを、て想像させてくれるし、あのあたり嫌ってるの、掘北さんファンじゃねえの?

石丸さんのほうも、おねえちゃんとの絡みが面白い。

期待してたのは、

「ザイアクカン?」

最高である。ここが一番おもろかった。

追記2

女性蔑視、差別ではなく、自己批判、自己嘲笑の表現の結果でしょう。

それこそ「素のおっさん」

 ←ランキング参加してます。面白かったら押してください


ランキング参加しています オモシロかったら押してください 映画評論・レビュー ブログランキングへ

このエントリーをはてなブックマークに追加
↑ ↑ 面白かったら、押してください。

↑ ↑ 映画バカの私が、よく聞くリスニング集です。

「きっと、星のせいじゃない。」 余韻を求めてはいけない「ラブストーリー」

201508081
原題「The Fault in our Stars」

まあ直訳すると、「運のせい」。
邦題「きっと、星のせいじゃない。」。

真逆である。


映画を見ると分かるが、オープニングからそのタイトル文字の手書きでポップな文体から


「運のせい」=「他責、自分は悪くない、自分は不運の星に生まれた」


という直訳をそのまま受け止めるのではなく、その先にある、


「運のせいではない、自分たちによるもの(気持ち、努力)なのだ」


いう内容の映画なのだろうな、とおおよそ推測ができる。つまり邦題は真逆ではない。ただし「きっと、」という副詞を付けたのは、「意思」ではなく、インド映画の影響だろう。


それはさておき、最後まで観て、この映画、難病もののお泣かせ映画というより、普通に童貞ヴァージンのカップルの「卒業」と「別れ」の物語だなあ、と思った。


主人公のヘイゼルは他人を斜に構えてみる引きこもりである。男のオーガスタスはカワイイ女をみると、ド直視する、自分に自信がある、というか、向こう見ずな兄ちゃん。これでなぜ、ストーリーが進むのかというと、「美男美女」だからだ。カワイクないとド直視しないし、ド直視できるには、「ハンサム」の後押しが普通必要だからだ。


以後、ヘイゼルとガスの物語が進むのだが、ヘイゼルは、ある本に夢中だったのだが、その作者に会えるということで、アムステルダムに行くが作者に会うことで、その本との決別をすることになる。


すなわち本への逃避がここで終わり、彼女は成長するきっかけの出来事に当たる。


さらに、アンネ・フランクの家に観光でいくのだが、ここで激しい階段のため、ガンの彼女は、そうとう苦しいのだが、登りきって、キスをする。という展開があるのだが、ここはアンネ・フランクの家という「死を感じさせる世界」に、苦しい思いをして登りきった故の、生命の危機が、彼女を生殖本能を発動させた、という観かたがはまる。


そのあと、すんなりベッドインだからね。


その後、ガスのほうに悲劇が起こるのだが、これが、まあ、実に健康体というか、ヘイゼルも末期がんなのだが、二人とも、痩せてない、顔色いい、のあくまでも「何かの事情」で別れる、その別れに着々と準備していくような展開。全盲の友人も悲壮感はまるでなく、あくまで「男女」のことで悩んでいるだけだ。


だから「あなたとともに生きてよかった、ありがとう」という定番のやり取りが、お涙頂戴、というよりか、「え、涙頂戴って言った?」と映画から聞き返されるよう。


じゃあ、この映画がダメか、というとそんなことなく、普通に「悩みを抱えていたオンナの子がある日・・・」の普通のラブ・ストーリー。


はっきり言って、主人公の末期がんの設定は表向きで、それのみはライトユーザーのためのお泣かせ保険。シチュエーションで泣けることが悪いとは言わないけれど、それならもっと定番の朽ち果てる姿を描いてもいいと思うのだが、そこはあえて避けたのだろう。


ラスト、彼女の死は描かれず、ガスの残された手紙を読んで、その笑顔で幕を閉じる。この映画の一番ぐっとくる点はそこで、それ以降のヘイゼルの物語は不要だ、と言っているのだ。


ヘイゼルがあの本の続きを追わなくなったように、あなたもヘイゼルのその後を追ってはいけない。


スパッとこの映画を忘れて、前へ、前へ。


追記

今回のらぶ・テクニック

相手の女の子をド直視→目が合う→相手いったんそらす→構わずド直視→再び目が合う→数秒して、にわかに微笑んでみせる

常套手段ですが、若いみなさん、頑張って。おっさんはだめだよ。
201508082



 ←ランキング参加してます。面白かったら押してください


ランキング参加しています オモシロかったら押してください 映画評論・レビュー ブログランキングへ

このエントリーをはてなブックマークに追加
↑ ↑ 面白かったら、押してください。

↑ ↑ 映画バカの私が、よく聞くリスニング集です。



楽天市場
楽天DVD BD
livedoor プロフィール
LINE読者登録QRコード
LINE読者登録QRコード
オーダーシャツが結局お得
自分磨きに
頭皮もしっかりケア