しんざんの、みんな仲良し映画評!!

ほんとうは仲良しとは程遠い、あまのじゃくな映画評、映画批評、映画評論ブログ 全部ネタバレ。またあまのじゃくゆえ、人によってはまったく受け付けないものもあるよ。もちろん、こっそりオススメもあるよ。

アクション、とかそんな感じの

「アポカリプト」 ネタバレ メル・ギブソンはたぶん個人的にはいいやつだ 。

「アポカリプト」
劇場公開日 2007年6月9日

本記事は2012年2月25日に書いたものです。




2017070201









DV疑惑があろうが、差別発言があったりするが


「やっぱりそうなのか?」




と思わずにはいられない映画になっている。



現地人の容姿、乳はあってもエロはなし、時代劇、そして日本人にとってはなにより「パッション」の後。だいぶ割を食っている。


ビデオパス



かくいうオレも「ブレイブ・ハート」「パッション」どちらも好きな映画だが、「どじん」(失礼)の映画、ということでついおっくうになっていた。



ブレイブハート<1枚組> 【Blu-ray】 [ ソフィー・マルソー ]

価格:1,000円
(2017/7/1 17:25時点)






新品北米版Blu-ray!【パッション】 Passion of the Christ [Blu-ray]!<メル・ギブソン監督作品>

価格:2,590円
(2017/7/1 17:22時点)






アポカリプト【Blu-ray】 [ ルディ・ヤングブラッド ]

価格:3,508円
(2017/7/1 17:24時点)






しかし裸でうろうろされていることさえ頭から無視していけば、まっすぐな逃亡劇アンド逆襲アクションが堪能できる。

ギブソン監督はグロの直接的な表現をよくするが、「パッション」といい、あえてグロが直接的な表現の似合う題材を映画にしてんじゃねえのか、と思えるほど今回のグロ表現も「必要不可欠」。

しかしギブソン監督のそのへんのヤツらと違うのは、「必要不可欠プラス映画的視覚効果」を心得ている点である。



いけにえになった男が首を切られ、その男の目の視点でカメラが動くシーンがある。

2017070202





ギブソン監督、頭がどうかしているぜ。





しかしその視覚効果はとんでもない恐怖を観客に与える。やりゃいいってもんじゃない、ってのが分かってらっしゃる。日本のグロ専監督とは一味もふた味も違う。

映画は後半の逆襲劇に転ずるまでの執拗なおっかけっこは正直長いし、単調といえば単調に見えるかもしれない。

しかし途中でジャガーに追っかけられてんのに、「連れているっ!」と勘違いされたり(このシーン、すごいよ。ジャガーは本物だそうだ、すげえ)、滝に飛び込んだら、普通追っ手は飛び込まず追ってこないのに、執念すさまじく滝に飛び込んじゃうし、飽きさせない。

映像もかなり多彩なアングルで逃亡劇を盛り上げてくれるし。

ここはオレの森だ~と高らかに宣言した直後に底なし沼にはまるのは、泥まみれになって主人公が、まさしくジャガーに変身するため、としておくところで、突っ込んではいけない。

そしてここからは一人だけの軍隊よろしく、森を味方に逆襲に転じる。

そして息子をぶっ殺された敵親父との地の利を生かした不意打ち(!)のあと、絶体絶命のとき、目の前に現れたのは・・・!!

2017070203



さすがメル・ギブソン監督。なんと自分に正直な男だ。



まあ、どっこにでもある話だし、いちいち穴の奥様の状況を挟んだりして逆にアクションの緊張感を削いでしまってるし、主人公の不死身っぷりは、いくらその容姿が人間離れしてても、ちょっと元気すぎるだろとか、たぶん雨降りすぎ、とか残念な点もある。

だけど、アクションを知り尽くした男が自分の撮りたいものを徹底的にそれのみをちゃんと収めたアクション映画だから、オレは満足した。

ちゃんとキリスト教も入っているし、あ、これはオレはどうでもいい。

あ~、トリアー監督もそういう意味では正直な人かもしれないが、あんまり想像したくはないな。

まあ、ギブソン監督にもついて行きたいとは思わないが。







 

ランキング参加してます。面白かったら押してくださいね!





ランキング参加しています。面白かったら押してくださいね!


このエントリーをはてなブックマークに追加

↑ ↑ 面白かったら、押してくださいね!

「ローグ・ワン スター・ウォーズ・ストーリー」 残念なネタバレ 世代的に「ズバリ」のおっさんだが、本作をこう不安視して観た結果、やっぱりそうだった。

「ローグ・ワン スター・ウォーズ・ストーリー」
劇場公開日 2016年12月16日


2016122101










!!!注意 ネタバレのみならず、超絶こき下ろしていますので、好きな人ご勘弁ください!!!


















「スター・ウォーズ」は世代的に「ズバリ」のおっさんである。「スター・ウォーズEP4,5,6」を見て我を失うように映画を愛するようになり、「EP1,2,3」を見て我に返った世代である。





本作は、そのEP4の直前のお話を、「名も無き戦士たち」の「デス・スター設計図争奪戦」を映画化したというものだ。





つまり「スター・ウォーズ」を良く知っているが、そこまでマニアでもない、という人間からすると、「どう4につなげるのか」ということ以外に興味もないし、実際作り手が「それ」以外にどれだけマジになっているか、というと、正直不安ではある。







果たしてどうだったのか。









「ローグ・ワン スター・ウォーズ ストーリー」














「スター・ウォーズ」の前に文字が入ると「プロレス?」と思ってしまう世代だが、それはさておき。






結論から言うと、やはり思った通り、「それ」以外は「どうもマジになっていない」という結果。



















正直言って、バッタモンを見せられた気分である。











はっきり、ダメな点を挙げていこうと思う。










1)前半1時間がつまらなすぎ




つまり、ベイダーの初登場シーンまでのこと。もうこの時点で「それ」以外のことしか考えていないのである。フォレスト・ウィッテカーの意味がまったくないし、もっというとマッツ・ミケルセンも意味なし。








2)主人公はじめ、キャラがつまらなすぎ





「ならず者一味」というのなら、それぞれキャラに特徴をもたせ、バラバラな個性が結集して、一団となる、という描きべき描写が描けていない。



2016122507




「地獄の7人」を見直したほうがいい。




2016122505


[DVD] 地獄の7人

価格:3,258円
(2016/12/27 23:28時点)







そしてひどいのが、フォース、フォース連呼する、偽物「ジェダイ」にしか見えない「座頭市」ドニーが「木の棒」もって立ち回る男。






2016122502






・・・・・・・・・・・・・・・・・・・なんだ、これ。



2016122504





3)主人公が特にひどい。特に口元がひどい。






フェリシティ・ジョーンズ演じる主人公も決死の作戦参加の理由も描けていなわけでないが、先の退屈描写のせいで、お母さん死にました、育ての親死にました、お父さん死にました、の箇条書き設定で、全くこちらはノレないのである。

2016122506



口元も残念で、EP7の主人公とでは顎周りの説得力が違う。





4)戦闘シーンの見せ方がひどい







ギャレス・エドワーズ





GODZILLA[2014]【Blu-ray】 [ アーロン・テイラー=ジョンソン ]











「GODZILLA」の「トロ臭い」前半も然ることながら、見せ場の「もっと見せてええ」というところで、バシャっとカットを変えやがる、あのセンス。



Xウィングが爆撃して、旋回するシーンなど、もっと縦横無尽な長回しで見せるべきシーンをバシャっと切りやがる





2016122508


ひとつひとつの「画」はよいのだが
2016122509



「GODZILLA」ではわざとかと思ったが、どうやら本気でセンスが無いらしい。



5)音楽もひどい





ジョン・ウィリアムズへのリスペクトなのかどうか知らないが、よりによって「EP2」の愛のテーマそっくりな曲が全編に渡って流れるのである。

この辺もバッタモン感を増長させている。





追記


うーむ、どうもこの感覚、あれだ、「ターミネーター4」(クリスチャン・ベールの出てるやつね)の感覚に近いな。

別にシュワルツネッガーとP・カッシングを比較しているわけではない。



追記2


本作の、世間の評価がいい理由は、映画単体でなく、EP4に深みが出ただとか、旧作との繋がりのことばかりが目立ち、この作品自体に真っ向から臨んでいる評のものがなくて悲しい。





 

ランキング参加してます。面白かったら押してください



ランキング参加しています。面白かったら押してください

このエントリーをはてなブックマークに追加
↑ ↑ 面白かったら、押してください。

↑ ↑ 映画バカの私が、よく聞くリスニング集です。




「ミュータント・ニンジャ・タートルズ 影(シャドウズ)」吹き替え」 ネタバレ 「シンゴジラ」に追い出され、締め出された子供たちが楽しめる最後の夏休み映画

「ミュータント・ニンジャ・タートルズ 影(シャドウズ)」 
劇場公開日 2016年8月26日


2016083101



前作「ミュータント・タートルズ」を見て、グロい亀と美女の組み合わせに、要らぬ妄想ばかりが先走ってはいたが、十分楽しい映画だった。

2016083102




だが、「ニンジャ」の原題が邦題に欠けていたことに、少しだけ不満を持っていた。

2016083103



だが、やはり前作の当時のベイ流行りの縦アクションと、とっても独特な雪山下りアクションが楽しかったのと、4人の亀の顔とキャラが楽しく、こりゃ続編できたらいいな、と思ったら、できちゃった。


↓ ↓ ↓ ↓ ↓ 関連記事はこちら↓ ↓ ↓ ↓ ↓ ↓ 
「ミュータント・タートルズ」レビュー


ミュータント・タートルズ【Blu-ray】 [ ミーガン・フォックス ]

価格:1,500円
(2016/8/31 22:59時点)





「ミュータント・ニンジャ・タートルズ 影(シャドウズ)」






吹き替え版を鑑賞。

今回は邦題に「ニンジャ」をつけてきましたな。よしよし。


2016083104



だが、なぜに「ティーンエイジ」をつけないのか。今回は尻の青い亀がいつまでも子供じゃいられない境遇に苦しむ物語だ。

影に生きてきた亀どもが、表に立って、顔を出して、人間の生活が出来るかも、という秘薬の登場で、苦悩し、意見が割れ、仲間割れをしてしまうのである。



だが、しょせん亀映画。どんなに悩もうが、予想通りのところに収まる。





登場人物も箇条書きで語れる程度のものである。4匹のグロく、デカイ亀。亀の扱いが上手な美女。ただのイケメン。ボケ担当。悪役。もっと悪役。バカ手下。雑魚ニンジャ。

2016083113

少年の観る映画です。これで十分ドッキドキ!
2016083111



それぞれ与えられた役割そのままの働きを繰り広げてくれる。

今回も亀はもちろん、いずれも面白いのだが、さらに、バカ手下の2人のサイとイノシシ。

2016083105

サイ、イノシシ大暴れ
2016083118

2016083119


吹き替えは宮川大輔さんと藤森慎吾さん。

これがうまい。確かに好き放題アドリブ可能なキャラではある。関西弁とサイ、というのがなぜかとてもピッタリな宮川さん。藤森さんのほうは、もっとチャラくてもよかったか。

アクションも新味と前作からの発展形が見て取れた。スカイダイビングからの、川下りアクションが特に素晴らしい。スカイダイビングの浮遊感と疾走感、川下りの水の質感。

2016083106

CGの滑らかさがこれ見よがしでないところが素晴らしい。

確かに終盤に向けての展開は、もうこれまで散々、「トランスフォーマー ダークサイドムーン」「アベンジャーズ」で観てきたもの。そこにはまるで新味はない。

だが、それでいいのである。オプティマス・プライムやアイアンマンが戦った敵のようなものに亀が立ち向かう設定で、それでいいではないか。


キャラクター設定もアクションも何も裏切らない。これこそ、「シンゴジラ」に追い出された、締め出された子供たちが楽しめる最後の夏休み映画。



亀はグロくとも、いずれはみんなそうなるのだから、今のうちに見慣れておくのも良いだろう。

見た目はグロいが、責任感が強く、猛々しく、知的で、可愛らしい。これこそ、まさしく亀。


やっぱり楽しい、キモいミケランジェロ、かわいい

2016083107

2016083110


猛々しいラファエロもカワイイ

2016083108

ドナテロ、大活躍(・∀・)
2016083112

そしてリーダー、レオナルド。目に正義感が宿ってます!
2016083114



この映画は、成長手前の少年が、亀を通して強い大人になることを憧れるための、ヒーローものなのだ。




グロくて正解!
2016083109






追記

今回の敵との対戦で、警察との共闘で、「一皮むけた」亀の今後も楽しみだし、、サイとイノシシの生死も明らかになっていない。

続編どんどんつくってほしいなあ。


 ←ランキング参加してます。面白かったら押してください


ランキング参加しています オモシロかったら押してください 映画評論・レビュー ブログランキングへ

 このエントリーをはてなブックマークに追加
↑ ↑ 面白かったら、押してください。

↑ ↑ 映画バカの私が、よく聞くリスニング集です。




「ターザン:REBORN」ネタバレ 「シン・ゴジラ」で疲れた人にオススメ! 老若男女が萌える!ちょっと「カワイイ」くて「上品」で「万人に優しい」映画。

「ターザン:REBORN」
劇場公開日 2016年7月30日

2016080501


主演のスカルスガルドの言う通り、CG全盛の今日にターザン映画で出来ることは多い。

2016080502


だが、バロウズ原作の、最古典のヒーローものゆえ、「既視感」に囚われることはやむを得ないことだ。いうまでもなく、「スパイダーマン」、「猿の惑星」リメイク版のCG猿など。

2016080511




アメイジング・スパイダーマン/アメイジング・スパイダーマン2 【Blu-ray】 [ アンドリュー・ガーフィールド ]






猿の惑星:新世紀(ライジング)【Blu-ray】 [ アンディ・サーキス ]




だが、それ以前に、やはり「成立しやすい企画」程度にみえるところがちょっと悲しい。



だが本作、ターザンの肉体同様、「盛り」だくさんだが、ほどよく「タイト」にまとまった好篇となっている。







「ターザン:REBORN」(原題 The Legend of Tarzan)






邦題の「レジェンド」推しは廃れましたか。しかし、「リメイク」、「リブート」「リボーン」といろいろ考えるなあ。ご苦労様です。

ターザンというと、ディズニーのそれを思い出す人も多かろうが、映画バカのおっさんは、「類猿人ターザン」(1981)、「グレイストーク ターザンの伝説」(1983)。だが、同年代の人だと、この2作がテレビ等でなじみもあろう。

本作は、ターザンがジャングルから戻り「グレイストーク卿」としての生活がすっかりなじんでいるところから始まる。「グレイストーク」のファンからすると、とてもうれしい。

グレイストークー類人猿の王者ーターザンの伝説 [ ヒュー・ハドソン ]



類猿人ターザン [ マイルズ・オキーフ ]





スカルスガルドのターザンに野生が足らない、という意見があるが、野生だけでいうなら、「グレイストーク」のクリストファー・ランバートのほうが、もちろんある。

「グレイストーク ターザンの伝説」(1983)より。
クリストファー・ランバート

2016080521


だが、「ジャングル前」と「ジャングル後」の違いで、本作のターザンの「ジャングル抜け」の英国貴族の容姿は当たり前。

その意味でスカルスガルドは適役。もちろん、スカルスガルド自身は短髪のほうが断然カッコイイ。

それでも、ほとんど訳の分からない超長身、はち切れんばかりの「タイト」なスーツ姿が見れるのもこの展開ならではだ。


背、デカっ
2016080512


2016080504

2016080522


ジェーンについても、「類猿人ターザン」のボー・デレク以外のジェーンをオレはすべて否定する(笑)。

「類猿人ターザン」より。
ちょっとだけ、ちょっとだけ、似たようなシーンがあります。

2016080520


だが


本作のちょっと「カワイイ」、「上品」な「万人に優しい」ターザン映画は、それで全く問題ないのだ。


ヒロイン、マーゴット・ロビーがきれいで、かわいい。
2016080518

2016080508


ジェーンとターザンの愛の物語として、「これ以上ない美男美女の組み合わせ」なら、だれも文句は言えない。

2016080516

愛情表現は同じです
2016080509

その他のキャストも魅力的。安定の「小物」ワルツもいいが、コスチュームが素敵な、ジャイモン・フンスーが特にいい。

2016080505

2016080514


本作の見所は、映画ファンなら、特に前半。

本作の物語展開は、「グレイストーク」後の物語から、ジャングルへ帰る話と、植民地化された「故郷」コンゴに帰るところから。

ロンゲと、「どうせ行くんだろう?」と思わせる気乗りしない最初のターザン、「激ヤセ」サミュエルの同行が、「ランボー」シリーズにかぶってしかたない。

「故郷」に帰る、ジャングルで暴れる、人質の救出は、ほとんど「ランボー怒りの脱出」。老人の同行、現地人の協力、というほとんど「ランボー怒りのアフガン」。

2016080517

愛の物語に加え、男子萌え要素も、抜かりなし。

サミュエルの2丁拳銃や、銃器の独り言説明なんて明らかに確信犯。

ランボー 怒りの脱出【Blu-ray】 [ リチャード・クレンナ ]






ランボー3 怒りのアフガン【Blu-ray】 [ リチャード・クレンナ ]





CGの猿も重量感あるし、ジェーンの助けの声を地獄耳で聞きつけ、なんもためらわずに、ダイブするターザンは圧倒的迫力。

迫力ある!
2016080519

ど迫力!
2016080515

2016080506



映画が「ライト層」向けゆえ、どれだけ必要かわからないし、深みも感じられないが、「アバター」以降の、定番の「侵略者」退治ものとしては、まあ、それっぽい画になっている。


「シン・ゴジラ」に疲れた人には、次はこちらをみると程よく、緩む。
オススメです!



↓ ↓ ↓ ↓ ↓ ↓ 関連記事はこちら↓ ↓ ↓ ↓ ↓ ↓ ↓ ↓ ↓ 
「シン・ゴジラ」レビュー








追記

ただし、「タイト」になったサミュエルのコメディリリーフの立場、そして同じ、バロウズ原作、ゆえか、SF古典のあの作品を思い出される。

そう、ディズニーの黒歴史「ジョン・カーター」(2012)。

ジョン・カーター【Blu-ray】 [ テイラー・キッチュ ]





ディズニーにはワーナーのこの企画をどう見たのだろうか、どう反応したのだろうか(ちなみにオレは「ジョン・カーター」は高評価。まとめ方もよく似ている。)

追記2

エンディングテーマのHOZIERの「BETTER LOVE」が素晴らしい。





 ←ランキング参加してます。面白かったら押してください


ランキング参加しています オモシロかったら押してください 映画評論・レビュー ブログランキングへ

 このエントリーをはてなブックマークに追加
↑ ↑ 面白かったら、押してください。

↑ ↑ 映画バカの私が、よく聞くリスニング集です。



「シン・ゴジラ」ネタバレ 庵野氏にもゴジラにも思い入れのない映画バカは「シン・ゴジラ」をこう見た!

「シン・ゴジラ」
劇場公開日
2016年7月29日

2016073001



!!ネタバレしています、注意してくださいね!!










東宝の12年ぶりのゴジラ映画を「エヴァンゲリオン」の庵野監督で、という話題作。



2016073005


ただしその発表からずいぶん経つこと、昨年の、不評の実写版「進撃の巨人」の樋口監督が絡むということ、公開前の予告のチャチさやそこで行われている雰囲気から、何となく「うそ予告」な空気も感じつつも。






関連記事はこちら
↓ ↓ ↓ ↓ ↓ ↓ ↓ ↓ ↓ ↓ ↓ ↓ ↓ ↓ ↓ ↓ 

「進撃の巨人 ATTACK ON TITAN」レビュー

「進撃の巨人 ATTACK ON TITAN エンド・オブ・ワールド」レビュー


公開初日のレイトショーは超満員。男女比は9:1といった「特撮ファン」「庵野ファン」といったところか。




「シン・ゴジラ」














劇場では「スター・ウォーズ フォースの覚醒」以上のお祭り感があり、ここのレビューも気合の入ったものも多い。

関連記事はこちら
↓ ↓ ↓ ↓ ↓ ↓ ↓ ↓ ↓ ↓ ↓ ↓ ↓ ↓ ↓ ↓ 
「スター・ウォーズ フォースの覚醒」レビュー



だが、映画自体は、なにも「難しくない」映画。
(ただしお子様には難しい)


本作、庵野監督自身の、その人脈、東宝の力によって、「都心の災害対策シミュレーション」および「『日本』への希望」のいうシンプルなテーマの中に、「アニメオタ」「軍事オタ」「特撮オタ」「政治オタ」が集結し、各分野こだわりぬいた作品となった。

ただし、そのアニメ的な「カット割り、カメラワーク、セリフの応酬」のこだわりが特に映画に深みを与えているわけでもなく、それが「らしさ」と言えばそうだし、画面的な賑やかもあるにはあるが、、普通の映画ファンにはこの程度のストーリーにわざわざ「めんどくさい装飾をどっぷり添加しているだけ」に見え、ただ無用に疲れる映画でもあることは確かだ。

なので、そこはやはり「庵野氏の映画」として、深く考える必要はなく、「やっぱりそういう画になるんだね」という程度に軽く付き合うのがいい。

出演陣については、石原さとみの起用の失敗は言うまでもなく、いくらエヴァの登場人物的なサービスとしても、「キャバ嬢」メイクでの登場はいただけない。なにより年齢が若すぎ。

豪華なゲストスター総出で、「探せ」的な楽しさもあるが、豪華さを持たせるなら、海外の要人、例えば米大統領や仏大統領に海外の超有名人一人を引っ張ってくるぐらいの気概は欲しい気もした。「立ち上げれ、日本」とでも言うのなら、超有名外国人俳優を呼んで、その人物を唸らせることが、作品の豪華さ、真剣度を上げることにもなろう。

そう、石原さとみの役を、ハリウッド女優にさせるのが良かったかもしれない。



だが「核の使用を絶対に否定し、日本の力だけで立ち上がる」、あるいは「ハリウッド製ゴジラ」に対抗してやる、という思いから、という意味では、そのへんは「国産」にこだわったのかもしれない。




CGの出来については、特に気にもならず、むしろ「特撮」感が出るようになっているのは良いところ。
2016073002

2016073003


ほかに本作の欠点として、ロケーション撮影の、臨場感、緊張感のなさがあげられるが、それ含めての「レトロ感」「特撮感」であるならば、まあ、そこもむしろ楽しむべきなのかもしれない。

ゴジラについては、「無機質感」があるのがよい。

しかもこのルックスは、日本の「国産ゴジラ」らしく、「火山」にも見えますね。
2016073004


退治方法にカタルシスがないという意見もあるが、「災害対策」にカタルシスは必要ない、ということでその点は問題ない。






追記

役者陣でも、柄本氏、余氏、國村氏が楽しいが、ラーメン伸びたことに嘆く平泉氏が特に素晴らしい。



 ←ランキング参加してます。面白かったら押してください


ランキング参加しています オモシロかったら押してください 映画評論・レビュー ブログランキングへ

 このエントリーをはてなブックマークに追加
↑ ↑ 面白かったら、押してください。

↑ ↑ 映画バカの私が、よく聞くリスニング集です。




楽天市場
楽天DVD BD

livedoor プロフィール
LINE読者登録QRコード
LINE読者登録QRコード
オーダーシャツが結局お得
自分磨きに
頭皮もしっかりケア