しんざんの、みんな仲良し映画評!!

ほんとうは仲良しとは程遠い、あまのじゃくな映画評、映画批評、映画評論ブログ 全部ネタバレ。またあまのじゃくゆえ、人によってはまったく受け付けないものもあるよ。もちろん、こっそりオススメもあるよ。

泣ける、とかそんな感じの

「ブレードランナー2049」ネタバレ 伝説の前作に続き、本作の裏設定はこれだ!!。おっさんは、久々にドゥニ・ビルヌーブを楽しんだよ!!

「ブレードランナー2049」
劇場公開日 2017年10月27日

2017110401

















!!!ネタバレあります!!!


















「ブレードランナー」(’82)


ブレードランナー クロニクル【Blu-ray】 [ ハリソン・フォード ]

価格:1,080円
(2017/11/4 08:25時点)




初見は、「ターミネーター」との特別同時上映。確か中学生だったように思う。自分大好きな盛りの中学生であれば、レプリカントがそもそも何なのかすら理解する気もなく、「明らかにロボット」なシュワルツェネッガーことターミネーターに夢中になったのはごくごく当たり前のことである。

その後も何度か観てはいるが、サイバーパンクなカルト人気は理解はするが、いつ見ても全く楽しむことはできていない。

「なにを追っているのか?誰と戦っているのか?」
「見た目が良ければ、それでいいのか?(ここではレイチェルのこと)」

楽しめない理由はそこにあった。

そしてうん十年。その続編ができるというニュースが流れ、ハリソン・フォードも出るという。やめときゃいいのに、とは思ったが、予告からはビルヌーブの作り出す映像は大いに期待の出来るものだった。

だが初日には行かず、何を血迷ったか、「ゲット・アウト」を優先した次第。


↓ ↓ ↓ 関連記事はこちら ↓ ↓ ↓
「ゲット・アウト」ネタバレ 笑いも旨味も全然足らないよ!!おっさんはもっとニガーい黒人映画が好きなんだ!!



だって、ビルヌーブ、「ボーダーライン」「メッセージ」、続けてダメだったからね。


↓ ↓ ↓ 関連記事はこちら ↓ ↓ ↓
「ボーダーライン」ネタバレ 去年の「アメリカン・スナイパー」を彷彿させる、今季がっかり、ワースト候補



ボーダーライン【Blu-ray】 [ エミリー・ブラント ]

価格:4,362円
(2017/11/4 08:34時点)





↓ ↓ ↓ 関連記事はこちら ↓ ↓ ↓

「メッセージ」ネタバレ 「ボーダーライン」に続き、本年度ワーストか?実はごり押しドゥニ・ビルヌーブの最新作をおっさんはこう見た。


メッセージ【Blu-ray】 [ エイミー・アダムス ]

価格:3,841円
(2017/11/4 08:32時点)























「ブレードランナー2049」


















ビデオパス




ライアン・ゴズリング演じる主人公Kは早々にレプリカントであるということが判明するが、恋人はAIという。室内限定の抱き枕的ダッチワイフから、持ち歩ける彼女に発展し、VRのごとく、風俗嬢にお気に入りの顔を当てはめてSEX(と言っていいのか)する。

2017110411

この娘でぜんぜんいいじゃないか
2017110404





なんだ、そこらへんにうじゃうじゃいる大きなお友達、ということか。




大きなお友達が電車や駅構内で人の流れに乗らず、周囲に迷惑をかけていることも気にせず、理解せず、スマホという名の「恋人」と「対話」し、その画面を見て「悦に浸る」。



「her 世界でひとつだけの彼女」(’14)でもそうだったが、本作のテーマは



「はやく人間に(大人に)なりなさい。」




そんなきょうび、ゴズリングがピノキオだろうが、レプリカントだろうが、人間だろうが、どうでもいいことである人間らしさとか、生きることの意義だとか、自分探しとか、自分が特別だとか、「自分が、自分が」と言っているようじゃ人間(大人)になんかなれないよ、と。





ゴズリングは自分が特別ではないことを他者から教わり、それを受け入れ、他者のためにその身をささげて初めて人間となるのである。


↓ ↓ ↓ 関連記事はこちら ↓ ↓ ↓
「her 世界でひとつの彼女」 満員電車で立ったままゲームとかするのやめれや



her/世界でひとつの彼女【Blu-ray】 [ ホアキン・フェニックス ]

価格:2,313円
(2017/11/4 08:38時点)





もちろん表の話は、神になろうとするジャレッド・レトと本来生まれるはずもないレプリカントの「奇跡の子供」という「神話的」な話は、リドリー・スコットのもと、然るべき設定。


ゴズリングとの共演が観たくもあったが

2017110406


これは「エイリアン コヴェナント」を観た後なら、全然予想内の話である。


↓ ↓ ↓ 関連記事はこちら ↓ ↓ ↓
「エイリアン コヴェナント」ネタバレ 前作「プロメテウス」に不満を持った人こそ必見! 死を目前?ご老人のオマージュ溢れた気配り最新作をおっさんはこう見た!




エイリアン H.R.ギーガー・トリビュート・ブルーレイコレクション【Blu-ray】 [ トム・スケリット ]

価格:12,786円
(2017/11/4 08:43時点)






だが、力の入れようはそんなところではなく、やはり映像とSF的ガジェットにある。尋常ではないほど、いずれも素晴らしく、退屈とは無縁の160分

2017110402

2017110403

ノワール感は本作のほうが強くて好きだ
2017110405

2017110407

2017110408

愚鈍でやかましく、ぬるい「メッセージ」のような辛気臭いものより「複製された男」のように画面にSF的要素を満たしたもののほうが、ビルヌーブはあっている。


「複製された男」より。すっかり仕上がっている
2017110409

「メッセージ」より。
2017110410



↓ ↓ ↓ 関連記事はこちら ↓ ↓ ↓
「複製された男」 いかなる前情報も仕入れちゃイカン、俺のも読むな



複製された男【Blu-ray】 [ ジェイク・ギレンホール ]

価格:4,109円
(2017/11/4 08:46時点)










次回監督作が「DUNE」だなんて最高じゃないか。



デューン/砂の惑星 日本公開30周年記念特別版 Blu-rayボックス【Blu-ray】 [ カイル・マクラクラン ]

価格:6,774円
(2017/11/4 08:49時点)





追記

前作の主人公は、ストリップダンサーという恥じらいのないヘビオンナは後ろから撃ち殺し、奥ゆかしい美女にはキスを強要した。

なるほど、リドリー・スコットはデッカードのことをレプリカント、と言っていたのは、そんな「身勝手な人間」のことを予見して言っていたのかもしれない。

となると、本作は、「主人公を人間に戻す」話である。だから本作のKの設定はレプリカントであり、恋人は自分好みの「AI」なのだ。

だが、本作のメインユーザーはそんなことにはきっと興味がないだろうし、前作の立ち位置が結局「垂れ流し」映画なので、そういう意味では本作もしっかり「垂れ流し」て楽しむ映画にもなっている。
その点でも、本作は要求をしっかり満たすものになっている。










 

ランキング参加してます。面白かったら押してくださいね!





ランキング参加しています。面白かったら押してくださいね!


このエントリーをはてなブックマークに追加

↑ ↑ 面白かったら、押してくださいね!


「メッセージ」ネタバレ 「ボーダーライン」に続き、本年度ワーストか?実はごり押しドゥニ・ビルヌーブの最新作をおっさんはこう見た。

「メッセージ」
劇場公開日 2017年5月19日

2017060501






ドゥニ・ビルヌーブ





前作「ボーダーライン」を面白い、つまらない、という意味でなく、期待値からの落差で昨年のワースト1にしたのだが、今もっとも注目すべき監督であることは、その時も触れた。




↓ ↓ ↓ 関連記事はこちら ↓ ↓ ↓

「ボーダーライン」ネタバレ 去年の「アメリカン・スナイパー」を彷彿させる、今季がっかり、ワースト候補




↓ ↓ ↓ 関連記事はこちら ↓ ↓ ↓

【年間ベスト】 ごめんなさい!! しんざんの2016年公開映画年間ワースト3は、なんと!これだ!!








この監督の作品は、ごり押し的な映像と音響、だが物語りはそれほど丁寧でなく、設定で押し切る、というような共通点がある。

それがうまくいったのが、「プリズナーズ」「複製された男」であり、悪く出たのが「ボーダーライン」と思っている。

初期作「灼熱の魂」「プリズナーズ」は特に「タブー」を題材にしたため、吸引力は必然としてあったのだが、「複製された男」については、「ミステリー」と「タイトル」で、その映像表現と省略、という名の「プラス」の演出がハマったと思う。





↓ ↓ ↓ 関連記事はこちら ↓ ↓ ↓

「複製された男」 いかなる前情報も仕入れちゃイカン、俺のも読むな








灼熱の魂 [ ルブナ・アザバル ]

価格:3,693円
(2017/6/4 00:58時点)




プリズナーズ【Blu-ray】 [ ヒュー・ジャックマン ]

価格:2,430円
(2017/6/4 00:59時点)




複製された男【Blu-ray】 [ ジェイク・ギレンホール ]

価格:4,210円
(2017/6/4 01:00時点)




[Blu-ray] ボーダーライン

価格:4,050円
(2017/6/4 01:01時点)




オレが「ボーダーライン」を評価していないのは、メキシコの現実の「設定」の上で十分成り立っているのに、余計な映像表現や暑苦しい音響効果でが煩わしく、映画が乗っていないからだった。

省略を「プラス」の演出と見るオレにとっては、「過剰」に「過剰」を重ねたわりに、根っこの味が定まっていない、という印象。




果たして今回はどうか。






ユナイテッド・シネマ映画チケット&会員登録アフィリエイト









「メッセージ」



















ビデオパス




結論から言うと、本作も全くその通りの映画だった。






よくよく睡魔が襲う、退屈、とかいうレビューが見られるが、全くその通り。それは君たちの問題ではない。


単純にいびつなのだ。



そもそも、宇宙船、宇宙人とのファーストコンタクト、言語解読、という、このミステリアスなSF設定でなぜ睡魔に襲われなければならないのか。







無駄に不安をあおる音響、暑苦しい映像が、全く機能していないからだ。











ストーリーのダメさについても、後半に至っては、宇宙船への攻撃をするかしないか、のサスペンスもびっくりするほど、キレがないし、ラストの愛の告白なんても、あんたら、いつそういう関係なの?



 

ランキング参加してます。面白かったら押してくださいね!





ランキング参加しています。面白かったら押してくださいね!


このエントリーをはてなブックマークに追加

↑ ↑ 面白かったら、押してくださいね!




↑ ↑ 映画バカの私が、よく聞くリスニング集です。

「この世界の片隅に」 ネタバレ アニメ耐性がついたおっさんが出会った幸せ。被ばく2世のおっさんは本作をこう見た!!

「この世界の片隅に」
劇場公開日 2016年11月12日
2016112101


「傷物語II」「君の名は。」「聲の形」と今年アニメ映画にチャレンジする、という目標を掲げ、最初のとてつもないハードルをなんとかクリア?し、ここまで来たおっさんにとって、本作を鑑賞することに「アニメ映画」というハードルを全く気にせずに鑑賞しようと思ったことは自然な流れ。



↓ ↓ ↓ ↓ ↓ ↓ 関連記事はこちら ↓ ↓ ↓ ↓ ↓ ↓ 

「傷物語II 熱血篇」ネタバレ アニメ映画ってホント難しい!映倫PG12についても考えてみた。


「君の名は。」ネタバレ ほんの少しだけアニメ耐性が付いたおっさんは「君の名は。」をこう見た!!


「映画 聲の形」ネタバレ またもう少しアニメ耐性が付いたおっさんは「映画 聲の形」をこう見た!





ましてや、広島市、呉市が舞台の映画。被ばく2世のオレにとって、「観なければいけない映画」である。






「この世界の片隅に」









私的なことだが、主人公すずは、オレのおばあちゃんにあたる世代である。

祖母はまさしく「そのような生き方」をしてきたお人である。いきなり終盤の話をするが、広島で原爆を受け、孤児を受け入れ、孤児院を立てた立派なお人である。

だが、それ以上に、「かわいい」人だった。笑顔がくしゃっとなる。祖母と暮らした日々は中学生までだったが、「当時」の話は一切しなかった。今も資料館にその書記を残す祖母がなぜ「当時」の話をしなかったのか。

それはたぶん、「精一杯生きることに、周りがどうだろうと、やるべきことをする。子供たちにこれ以上悲しい思いをさせない」

本当に、ただそれだけだったのだと思う。

ただ日々を、その日を、その次の日を、その次の年を、「生きてきた」だけなのだろう。それは大変な日々だっただろう。だが、人は笑っていきていたい。



いや、「笑っていきなければいけない」。





祖母のように、すずのように、どんなに世界の片隅にいる人間でも、何があろうと、そうなのだ。

大事なものが奪われる。だが、今は生きている。ならば。


その「ならば。」をどう過ごしたか、この映画の登場人物のさまざまな「ならば。」を「さりげなく」描いていることに、オレはうれしく、悲しく、
そしてその「上手さ」に激しく感動しているのである。




この映画には、その日々がある。そしてそこからの、未来がある。



この映画は、戦時中、戦後と、主人公すずが日々を生きる姿を描くと同時に、彼女の中にある「相反する思い」が日々常に交錯し、それが「笑い」「怒り」「悲しみ」「諦観」を重ね、織り交ぜ、小さなエピソードをいくつも見せてくれる。

広島市を故郷に、呉市を田舎に持つオレにとっては、特に瀬戸内海の景色、小丘の松の木、その土の質感に涙する。
2016112103
周作の、すずへの気配りと照れの所作に微笑み、性の生々しさを感じる。
2016112102




哲くんの、すずの「普通の姿」をみて、カットごとに、「はははは」と笑う姿に爆笑し、そして涙する。




ラッキーストライクの空き箱の入った残飯に、怒りと笑いがこみ上げる。




一番ボロ泣きしたのは、ラストの橋の上で、バケモノのかごから出てきたアレ。最高に優しい新たなる出発である。





そして、孤児を連れて帰るすずに涙する。その子供は、うちの母とほぼほぼ同い年にあたる。オレはおばあちゃんのおかげで、ここにいるのだ。








追記

エンドロールも泣かせる。「受け継ぐ」、とはこういうことなのだ。




 

ランキング参加してます。面白かったら押してください



ランキング参加しています。面白かったら押してください

このエントリーをはてなブックマークに追加
↑ ↑ 面白かったら、押してください。

↑ ↑ 映画バカの私が、よく聞くリスニング集です。




「ルーム」ネタバレ 時事と切り離せ。

ルーム
劇場公開日 2016年4月8日


2016041101


!!映画宣伝って、大変で、酷だなあ、とこの映画の序盤のネタバレに落胆しつつも、本レビューではもっとネタバレしていますので、注意です!!




序盤、母子の何気ない、日常のやり取りが始まる。子供は一つ一つのモノに名前を付けている。子供の5歳の誕生日で、ケーキにろうそくはない。何気ない会話だが、その空間はなぜかやたら薄暗く、カメラの、それぞれの被写体に対しての距離感がやたら息苦しい。
2016041102

それは大変な効果をもたらしており、オレはこれらの画だけで吐きそうになった。
2016041103

仕方ないことだが、本作の序盤は、映画紹介として普通にネタバレされているが、この設定を知らなければ、このカメラに、席から転げ落ちるほどびっくり感心したことだろう。



「ルーム」




時事的に、この設定をうっかりいつもの調子で語るには、問題あるので、ここでは最近のニュースのことは頭から外す。



いや、外したほうがいい。ぜひ外して鑑賞して、ストレートに感動してほしい。






ただの母子成長映画として観ると、本作の、紹介文にあるように、「はじめまして【世界】」は、いい宣伝文句で、子供の「成長は親子だけではありえない」という一面と、「世界に出た時の厳しさ」を母親の、「脱出その後」を通して「世界」の役割をちょっと(かなり?)感傷的に描いている。
2016041107

母親は、生まれてくる子供を守るため、育てるも、それは「自分のため」でもあるわけで、「実は【子供依存】の生活」から「世界」でもう一度自分を取り戻す。

主演のラーソン、こう言っては問題あるが、この映画ならではの、「顔」に見えることが本当に素晴らしい。納得の主演女優賞。
2016041104

2016041108


子供は、母親と離れ、祖母と、おじさんと、犬と友達とそして、アイドルのブロマイド?で世界の中で成長する。圧迫感を強調したクローズアップのカメラは世界に順応するにつれ、無くなっていく。

子供がひとつひとつ「世界」「ホンモノ」に触れるシーンがいちいちカワイイ。
2016041105

また本作の見所、というか、いつだろ、いつだろ、と目が離せないことに子供の髪がある。
2016041106

ここでの髪を切る、と言う行為は、「世界の子供になること」「髪を切りたい」という自分の主張と祖母との関係が見えてきて、感動的。母にとっては、それは「髪自体にパワーが宿る」のではなく、「切られたこと」にその背景を感じとることができる「パワー」が宿ったことを意味する。

髪が長いことで、女の子にも見えてたジャックが、子供から「息子」に変わった瞬間、というにはまだまだ幼いが、その後の母親との会話やラストシーンにて、「男の子の成長」を感じさせるものにはなっている。

ここで再び母子の物語に回帰する。母は子供の成長をもって、失われた「世界」に再び生きることが出来る。

「母としての」成長。

いや「失われた時間」を超えた、一人の人間としての成長。





追記

アマノジャクなおっさんとしては、ラストシーンは、もうそこまで必要ないかな。

追記2

最近、「ババドック」という母子の、シングルマザー応援映画を観たばかりで、そこでの子役のウザ超絶演技を魅せられていた。またその年頃の子供っていろんな意味で

「可能性」すげえな。




↓ ↓ ↓ ↓ ↓ ↓オススメです ↓ ↓ ↓ ↓ ↓ ↓ 
【関連記事】「ババドック」レビュー

ババドック ~暗闇の魔物~(DVD)




 ←ランキング参加してます。面白かったら押してください


ランキング参加しています オモシロかったら押してください 映画評論・レビュー ブログランキングへ

 このエントリーをはてなブックマークに追加
↑ ↑ 面白かったら、押してください。

↑ ↑ 映画バカの私が、よく聞くリスニング集です。



「ドリーム ホーム 99%を操る男たち」ネタバレ やっぱり、のアンドリュー・ガーフィールドが素敵だ。


「ドリーム ホーム 99%を操る男たち」
劇場公開日 2016年1月30日

2016013101





!!他の映画のネタバレも容赦なくしていますので、注意です!!




アンドリュー・ガーフィールド

2016013102

「アメイジング・スパイダーマン」が有名だが、映画ファンのなかでは、「ソーシャル・ネットワーク」「わたしを離さないで」の、

「頼りんなんねえなあ」

な男を演じたら、右に出るものはいないうまい役者として知られる。

アメイジング・スパイダーマン アメイジングBOX【Blu-ray】 [ アンドリュー・ガーフィールド ]

 

ソーシャル・ネットワーク【Blu-ray】 [ ジェシー・アイゼンバーグ ]


 

 

【新品】わたしを離さないで Blu-ray






「ドリーム ホーム 99%を操る男たち」




99%を操る、というフレーズで大体この映画の内容が分かる。

世界の富の4分の1をたった1%の最富裕層が所有しており、残り99%は貧困である」(ジョゼフ・E・スティグリッツ)という説のお話で、金儲けのためなら何でもする、1%の方舟に乗らんとするやり手の不動産屋と、銀行に家を差し押さえられたガーフィールドが、その彼の元、違法に加担し、のし上がっていくお話。

そう、オレらの世代だったら、もうあれ、オリバー・ストーンの「ウォール街」。正直、まんま。
 

ウォール街【Blu-ray】 [ マイケル・ダグラス ]



ただし、あちらは「バブル的」「ゲーム的」要素があり、あくまでエンターテイメントとしての作りだったのに対し、こちらは暗い。ひたすら、もうね、ほんと嘘みたいにあちこちで退去命令が行われ、その描き方は手持ちのドキュメンタリー風で、観ているとやはり滅入る。

2016013103

面子も同様に、マイケル・シャノン演じる不動産屋に、マイケル・ダグラスのゴードン・ゲッコー(この役名、絶対忘れねえな)のような華はないし、ガーフィールドには、チャーリー・シーン演じるバドのような、バブル感、浮かれ感はない。シングルファザー、自分の家の退去、という設定がひたすら重い。

2016013104

ちょっとだけ、スーツ
2016013105

ちょっとだけ、浮かれる
2016013106


物語の展開も、まあ、違法に手を染めたガーフィールドが、良心の呵責から行動を起こすが、まあ、してやった感もないし、爽快感もない。

ラストのガーフィールドの涙は、やるせない思い、後悔もあろうが、言っちゃ悪いが、

「一つの家庭を救ってやったから、ごめん、許して、オレも被害者なのよ。」

ともとれる、その面構え。故に、ガーフィールド最高。

2016013107

中盤の、退去させた一家のおやじに詰め寄られ、逆ギレでしらを切るシーンなど最高である。





こっちは「楽しそう」
2016013108


 ←ランキング参加してます。面白かったら押してください


ランキング参加しています オモシロかったら押してください 映画評論・レビュー ブログランキングへ

 このエントリーをはてなブックマークに追加
↑ ↑ 面白かったら、押してください。

↑ ↑ 映画バカの私が、よく聞くリスニング集です。



記事検索
楽天市場
楽天DVD BD
プロフィール

しんざん

LINE読者登録QRコード
LINE読者登録QRコード
オーダーシャツが結局お得
自分磨きに
頭皮もしっかりケア