しんざんの、みんな仲良し映画評!!

ほんとうは仲良しとは程遠い、あまのじゃくな映画評、映画批評、映画評論ブログ 全部ネタバレ。またあまのじゃくゆえ、人によってはまったく受け付けないものもあるよ。もちろん、こっそりオススメもあるよ。

泣ける、とかそんな感じの

「ルーム」ネタバレ 時事と切り離せ。

ルーム
劇場公開日 2016年4月8日


2016041101


!!映画宣伝って、大変で、酷だなあ、とこの映画の序盤のネタバレに落胆しつつも、本レビューではもっとネタバレしていますので、注意です!!




序盤、母子の何気ない、日常のやり取りが始まる。子供は一つ一つのモノに名前を付けている。子供の5歳の誕生日で、ケーキにろうそくはない。何気ない会話だが、その空間はなぜかやたら薄暗く、カメラの、それぞれの被写体に対しての距離感がやたら息苦しい。
2016041102

それは大変な効果をもたらしており、オレはこれらの画だけで吐きそうになった。
2016041103

仕方ないことだが、本作の序盤は、映画紹介として普通にネタバレされているが、この設定を知らなければ、このカメラに、席から転げ落ちるほどびっくり感心したことだろう。



「ルーム」




時事的に、この設定をうっかりいつもの調子で語るには、問題あるので、ここでは最近のニュースのことは頭から外す。



いや、外したほうがいい。ぜひ外して鑑賞して、ストレートに感動してほしい。






ただの母子成長映画として観ると、本作の、紹介文にあるように、「はじめまして【世界】」は、いい宣伝文句で、子供の「成長は親子だけではありえない」という一面と、「世界に出た時の厳しさ」を母親の、「脱出その後」を通して「世界」の役割をちょっと(かなり?)感傷的に描いている。
2016041107

母親は、生まれてくる子供を守るため、育てるも、それは「自分のため」でもあるわけで、「実は【子供依存】の生活」から「世界」でもう一度自分を取り戻す。

主演のラーソン、こう言っては問題あるが、この映画ならではの、「顔」に見えることが本当に素晴らしい。納得の主演女優賞。
2016041104

2016041108


子供は、母親と離れ、祖母と、おじさんと、犬と友達とそして、アイドルのブロマイド?で世界の中で成長する。圧迫感を強調したクローズアップのカメラは世界に順応するにつれ、無くなっていく。

子供がひとつひとつ「世界」「ホンモノ」に触れるシーンがいちいちカワイイ。
2016041105

また本作の見所、というか、いつだろ、いつだろ、と目が離せないことに子供の髪がある。
2016041106

ここでの髪を切る、と言う行為は、「世界の子供になること」「髪を切りたい」という自分の主張と祖母との関係が見えてきて、感動的。母にとっては、それは「髪自体にパワーが宿る」のではなく、「切られたこと」にその背景を感じとることができる「パワー」が宿ったことを意味する。

髪が長いことで、女の子にも見えてたジャックが、子供から「息子」に変わった瞬間、というにはまだまだ幼いが、その後の母親との会話やラストシーンにて、「男の子の成長」を感じさせるものにはなっている。

ここで再び母子の物語に回帰する。母は子供の成長をもって、失われた「世界」に再び生きることが出来る。

「母としての」成長。

いや「失われた時間」を超えた、一人の人間としての成長。





追記

アマノジャクなおっさんとしては、ラストシーンは、もうそこまで必要ないかな。

追記2

最近、「ババドック」という母子の、シングルマザー応援映画を観たばかりで、そこでの子役のウザ超絶演技を魅せられていた。またその年頃の子供っていろんな意味で

「可能性」すげえな。




↓ ↓ ↓ ↓ ↓ ↓オススメです ↓ ↓ ↓ ↓ ↓ ↓ 
【関連記事】「ババドック」レビュー

ババドック ~暗闇の魔物~(DVD)




 ←ランキング参加してます。面白かったら押してください


ランキング参加しています オモシロかったら押してください 映画評論・レビュー ブログランキングへ

 このエントリーをはてなブックマークに追加
↑ ↑ 面白かったら、押してください。

↑ ↑ 映画バカの私が、よく聞くリスニング集です。



「ドリーム ホーム 99%を操る男たち」ネタバレ やっぱり、のアンドリュー・ガーフィールドが素敵だ。


「ドリーム ホーム 99%を操る男たち」
劇場公開日 2016年1月30日

2016013101





!!他の映画のネタバレも容赦なくしていますので、注意です!!




アンドリュー・ガーフィールド

2016013102

「アメイジング・スパイダーマン」が有名だが、映画ファンのなかでは、「ソーシャル・ネットワーク」「わたしを離さないで」の、

「頼りんなんねえなあ」

な男を演じたら、右に出るものはいないうまい役者として知られる。

アメイジング・スパイダーマン アメイジングBOX【Blu-ray】 [ アンドリュー・ガーフィールド ]

 

ソーシャル・ネットワーク【Blu-ray】 [ ジェシー・アイゼンバーグ ]


 

 

【新品】わたしを離さないで Blu-ray






「ドリーム ホーム 99%を操る男たち」




99%を操る、というフレーズで大体この映画の内容が分かる。

世界の富の4分の1をたった1%の最富裕層が所有しており、残り99%は貧困である」(ジョゼフ・E・スティグリッツ)という説のお話で、金儲けのためなら何でもする、1%の方舟に乗らんとするやり手の不動産屋と、銀行に家を差し押さえられたガーフィールドが、その彼の元、違法に加担し、のし上がっていくお話。

そう、オレらの世代だったら、もうあれ、オリバー・ストーンの「ウォール街」。正直、まんま。
 

ウォール街【Blu-ray】 [ マイケル・ダグラス ]



ただし、あちらは「バブル的」「ゲーム的」要素があり、あくまでエンターテイメントとしての作りだったのに対し、こちらは暗い。ひたすら、もうね、ほんと嘘みたいにあちこちで退去命令が行われ、その描き方は手持ちのドキュメンタリー風で、観ているとやはり滅入る。

2016013103

面子も同様に、マイケル・シャノン演じる不動産屋に、マイケル・ダグラスのゴードン・ゲッコー(この役名、絶対忘れねえな)のような華はないし、ガーフィールドには、チャーリー・シーン演じるバドのような、バブル感、浮かれ感はない。シングルファザー、自分の家の退去、という設定がひたすら重い。

2016013104

ちょっとだけ、スーツ
2016013105

ちょっとだけ、浮かれる
2016013106


物語の展開も、まあ、違法に手を染めたガーフィールドが、良心の呵責から行動を起こすが、まあ、してやった感もないし、爽快感もない。

ラストのガーフィールドの涙は、やるせない思い、後悔もあろうが、言っちゃ悪いが、

「一つの家庭を救ってやったから、ごめん、許して、オレも被害者なのよ。」

ともとれる、その面構え。故に、ガーフィールド最高。

2016013107

中盤の、退去させた一家のおやじに詰め寄られ、逆ギレでしらを切るシーンなど最高である。





こっちは「楽しそう」
2016013108


 ←ランキング参加してます。面白かったら押してください


ランキング参加しています オモシロかったら押してください 映画評論・レビュー ブログランキングへ

 このエントリーをはてなブックマークに追加
↑ ↑ 面白かったら、押してください。

↑ ↑ 映画バカの私が、よく聞くリスニング集です。



「白鯨との戦い」ネタバレ 一周回って「邦題絶賛論」


「白鯨との戦い」
劇場公開日 2016年1月16日

2016012302




!!やっぱりネタバレしています!!


確かにオレも、これまでのレビューの中にも邦題について、いろいろ言ってきたことはある。


原題「In the Heart of the Sea」

直訳すると、「海の中心で」あるいはもっと意訳すると「心の奥底にて」みたいな感じか。

結論から言うと、この映画のテーマは

「変わることの勇気」

心の奥底に自分のこだわってきたこと、しがらみ。

主人公チェイスは海の男であることに誇りと自信、こだわりを持っていた。船長ポラードは名家の出故、その立場を守ろうとしていた。そんな二人が、大海原で自分たちのそれぞれの主張を通そうとし、船内の関係が崩れつつも、仕事をきっちりとこなす。そんな彼らがさらなる野望を遂げるため、噂のクジラの大群、そして「白鯨」を狙うため、初めて一致団結する。

しかし、圧倒的な存在の白鯨は、彼らをいとも簡単に蹴散らす。その白鯨に対し、チェイスは「オレの獲物だ」と海の男にこだわり、あっけなく逆襲に会い、船員全員を窮地に追い込んでしまう。

これ以降の話は省略するが、2度目のチャンスに彼が白鯨に攻撃しなかったのは、

「攻撃しても負ける」「攻撃する意味がない」



「勝っても意味がない」

クジラ狩りの名手であることのこだわりを棄てた瞬間である。圧倒的絶望的な極地で、自身の本当の「心」を知ったことで、それを背負っていくことを決めたのである。

「変わることの勇気」

拾った命、その心にしたがって生きることこそ、「変わることの勇気」。それこそポラードが聴聞会にて、その立場を差し置いて真実を語った理由だ。

(とはいっても、チェイスについては、ほぼほぼラストの、Wake up! Wake up!には、「タイタニック」かよと、思わず数少ない笑いどころ、いや笑っちゃいけないシーンだが。でもあそこで死んでしまうとテーマが飛ぶ)

2016012307


そして後年のニカーソン。こちらも真実を語ることで、ようやく彼の闇が晴れる。
(まあ、正直こういう告白式、というか「ライフ・オブ・パイ」式にしたのは減点だと思うけどね)

・・・

邦題「白鯨との戦い」

「白鯨」は「変わらない、変われない」オレたちを圧倒的絶望の中にて「変わることの勇気」の必要性を教えてくれている。



エネルギーも変わる。
時代も変わる。
お前も変われ。(オレもな~)


だから「白鯨」との「闘い」でないといけない。
マジ、いい邦題だ。本作を良く理解して考えられてる。

また劇画調のポスターにもあってる。まあ、映画のテーマからすると、あちらの、チェイスが一人モリをもって向かっているほうが合っているかもしれない。
2016022303

クジラ違うって言われているけど、でもあちらも「クジラ推し」です
2016012304





追記

時間の推移がめちゃくちゃ早いので、あっという間に激ヤセしたりして、ダイジェスト感が出てしまい、そのぶん損をしているし、それに対して、テーマがはっきり浮き上がってくるのは本当にラストぎりぎりまでなので、前半のキャラクター紹介がもたもたしすぎているところが痛い。

追記2

クリス・ヘムズワース。
2016012306

メル・ギブソンとカート・ラッセルの真ん中あたりを行ってほしい。
 

身代金(Blu-ray Disc)

バックドラフト(Blu-ray)


 ←ランキング参加してます。面白かったら押してください


ランキング参加しています オモシロかったら押してください 映画評論・レビュー ブログランキングへ

 このエントリーをはてなブックマークに追加
↑ ↑ 面白かったら、押してください。

↑ ↑ 映画バカの私が、よく聞くリスニング集です。



「ブリッジ・オブ・スパイ」 実家にある、カバーが豪華な辞典

ブリッジ・オブ・スパイ
劇場公開日 2016年1月8日

2016011501




!!ネタバレはしていませんが、正直、寂しい思いをしています。
なので、好きな人ごめんなさい!!








スピルバーグには、撮らなければいけない映画があるのだという。

それにあたる作品で真っ先に思い当たるであろう、「シンドラーのリスト」「プライベートライアン」、そして忘れてはならない「ミュンヘン」。

 

シンドラーのリスト【Blu-ray】 [ リーアム・ニーソン ]

プライベート・ライアン【Blu-ray】 [ トム・ハンクス ]



ミュンヘン [ エリック・バナ ]

この3作は、その意図をもって作られた、映画史上燦然と輝く傑作である。もちろん彼の傑作はそれだけではないが、この3作に共通して言えるのは、

「自分がどう見られるかは問題ではなく、世間と刺し違える覚悟で、自分で撮らないといけないという意志で作られた作品」といえるのではないだろうか。

だが、後期の、彼のその「撮らなければいけない」意思で作ったと思われる作品群は、「ほかに作る人がおらず、でも撮るべき歴史の物語」という、

「作品として残すことが重要」

という目的にすり替わっているように思う
。もっと簡単に言うと、

「現実問題、誰のためにもならない(お金にならない)映画」

そりゃあ、スピルバーグにしか撮れませんって。



「ブリッジ・オブ・スパイ」



「田舎の実家にある、子供のころ、おばあちゃんに買ってもらったカバーが豪華な辞典」

極論すると、「置いてあること」に意味があるもの。

2016011507




スピルバーグがこうなっちゃてるのは、加齢よりも、使命感が簡単に果たせる、チャレンジの意味がすり替わる環境にあると思われる。まあ、誰も文句は言えないし、誰にもこういう「お金にならない」映画をもう撮れないんだから、それ自体を目的になってしまうのも仕方がないのかもしれない。

 

リンカーン [ ダニエル・デイ=ルイス ]



こういう絵は本当にすごいんだけどね。
2016011502




そういう意味ではスピルバーグ、すごい!とはいえる。だが、結局そういう立場になっちゃたのかあ、と同時に寂しくもある。これを「円熟」とか「進化」とか言いたくはない。

映画自体のレビューとはちょっと違ってきているが、内容は全くそんな感じ。個人的には「ミュンヘン」のような、背中を刺されるような作品が恋しい。


 




追記

アカデミー初演男優賞ノミネートについて

本作のマーク・ライランスは役得と思います。

こんな表情したら、そりゃあ、まあ、ねえ。
2016011503

トム・ハンクスもおんなじ表情(笑)
2016011504


アカデミー賞の助演男優賞ノミネートは、ゴールデングローブよりも豪華になっていますが、ゴールデングローブ助演男優賞をとったシルヴェスター・スタローンがやはりオスカーを獲得するとみます。

生涯の「友人」ロッキーバルボアに感謝するスライ。泣ける



 ←ランキング参加してます。面白かったら押してください


ランキング参加しています オモシロかったら押してください 映画評論・レビュー ブログランキングへ

 このエントリーをはてなブックマークに追加
↑ ↑ 面白かったら、押してください。

↑ ↑ 映画バカの私が、よく聞くリスニング集です。



「黄金のアデーレ 名画の帰還」 初めて映画デートする中年層男女にオススメできる縁結び映画。ただしいろんな意味(ニヤリ)で予習必須

「黄金のアデーレ 名画の帰還」
劇場公開日 2015年11月27日

20151214



小学生のころから、映画はたしなんできたくせに、どちらかかと言うと、美術の点はダメダメで、モナリザの模写で、顔だけ「ついでにとんちんかん」にして先生に怒られたり、
20151214-5


夏休みの宿題でシルヴェスター・スタローンの「コブラ」のLPジャケットをマジで書いて提出して、放り投げられた、

コブラ 日本語吹替音声追加収録版 【初回限定生産】【Blu-ray】 [ ブリジット・ニールセン ]


という、スイートな思い出のあるオレは、今も当時も変わらず、めんどくさいメンズだったわけだが、絵画ものには基本関心はない。

だが、いろいろ聞くと、今年ベスト、または「アルゴ」を彷彿させる、など、すごい称賛の嵐、ということで、いや「アルゴ」自体は全くかっていないが、そういう映画、ということで、鑑賞することとなった。

アルゴ<エクステンデッド・バージョン>【Blu-ray】 [ ブライアン・クランストン ]




黄金のアデーレ 名画の帰還」 


タイトルは、まあ、世界的にかなりニュースになったので、そのネタバレ感自体は気にならない。
(これも「Based on a true story」系だが、これは冒頭になかったか)というか、「SW」みたいなタイトルだね。

それはさておき、世界的絵画の、国からの個人の返還訴訟のため、ことは大きいが、当たり前だが、事実では、決着までに10年弱かかっている。

しかし、その年月の長さ、主人公の年齢、相棒の生活など、時間において発生しうるドラマは極力そぎ落とされ、本当に「ダイジェスト」なつくり。

これを「手際よく」ととり、断片的でもOKする人もいるだろう。事実、ヘレン・ミレンの凛とした姿、美しく苦悩する姿が、「ダイジェスト感」を補ってあまりある演技が、その背景を雄弁に語っている、とは言える。

しかし、いやいや、手際なんて要らないから、因縁ある祖国、捨てた家族、諦めと奮起、そして、心の決着、と「葛藤」と「心の安らぎ」こそが、この世界的訴訟の、本当のドラマ他ならないわけで、逆に言うと、ヘレン・ミレンでなければ、ここまで淡白な映画にはならなかっただろう、という気もする。

また、国外脱出の、若干「盛った」エピソードを入れるのであれば、主人公が途中現地でいやがらせをされたところをもっと悩ませたり、相棒の「それでも当たり前だが、【お金のため】という、きれいごとで済まない事実を描くなら、もっと苦労が欲しいのである。場面場面は大舞台なのに、展開が早いために、軽くみえるのだ。


ランディの成長の話でもありますが、ちょっと展開が早すぎるかな
20151214-1

だが、すべては捨てたが、それでも裕福層の家系の話なので、その「佇まい」に泥臭い葛藤は不要と言えば不要だ。そういう意味でヘレン・ミレンの演技におんぶにだっこな映画でも全く問題はない。

20151214-3

20151214-4


そう、ここまで書いてようやく?いまさら?気づいたが、クサレおっさんが開ける扉ではない、ということ。

追記

これを見て思い出したのが、「アルゴ」よりも、「アンタッチャブル」。この淡白さ、ダイジェスト感は、よく似ている。

なるほど、人に勧めやすい。

【送料無料】 アンタッチャブル スペシャル・コレクターズ・エディション 【BLU-RAY DISC】

そして、なんとなくみんな思っただろう、「タイタニック」。

タイタニック<2枚組> 【期間限定】【Blu-ray】 [ レオナルド・ディカプリオ ]



凛とした老婦人とラストシーン。感動的であるし、これは狙ってやってるね。

なるほど、これは人に勧められる。

追記2

クサレおっさんが開ける扉ではない、とは言ったが、もしね、クサレを脱却したい、初めてのデートで映画を観る、という中年層(あえてここはその年齢層で)がいらっしゃるなら、猛烈にこの映画オススメします。

ただし、そこはオトナらしく、予習をしたうえで。まあ、「いろんな」意味で、「予習」して臨むことですね

ガンバレ、クサレおっさん。(そしてオレ

 ←ランキング参加してます。面白かったら押してください


ランキング参加しています オモシロかったら押してください 映画評論・レビュー ブログランキングへ

 このエントリーをはてなブックマークに追加
↑ ↑ 面白かったら、押してください。

↑ ↑ 映画バカの私が、よく聞くリスニング集です。
楽天市場
楽天DVD BD

livedoor プロフィール
LINE読者登録QRコード
LINE読者登録QRコード
オーダーシャツが結局お得
自分磨きに
頭皮もしっかりケア