しんざんの、みんな仲良し映画評!!

ほんとうは仲良しとは程遠い、あまのじゃくな映画評、映画批評、映画評論ブログ 全部ネタバレ。またあまのじゃくゆえ、人によってはまったく受け付けないものもあるよ。もちろん、こっそりオススメもあるよ。

しんざん的にこっそりオススメ、みたいな感じの

「ヒメアノ~ル」ネタバレ 吉田恵輔の、「恐怖」、ふたたび。

「ヒメアノ~ル」
劇場公開日 2016年5月28日

2016060401


懲りないダメおやじと娘、そしてそこの喫茶で働くイタイ女を描いた恐怖映画。
「純喫茶磯辺」。

純喫茶磯辺 / 邦画



彼女の、カワイイ妹からの、ロリ攻撃で振り回される主人公を笑うに笑えない恐怖映画。
「さんかく」

さんかく 特別版 [ 高岡蒼甫 ]



いつまでも夢をあきらめきれないイタイ女と自分を偽り続ける痛い男を描いた恐怖映画。
「ばしゃ馬さんとビッグマウス」。

ばしゃ馬さんとビッグマウス【Blu-ray】 [ 麻生久美子 ]



町のアイドルが、スターを目指し、上京するも、うらぶれ落ちぶれ、ラブホテルの清掃員となった
女の娘を描いた恐怖映画。
「麦子さんと」。

麦子さんと 特別版




共通するのは、「自分の事ではない、と信じている、思い込んでいる、見たくないと思っている「闇」を、明るく残酷に描写した作品であるということ。



吉田恵輔。


2016060404



直近作「銀の匙」をやとわれ、するならば、その彼がいよいよ帰ってきた。



銀の匙 Silver Spoon DVD並盛版 [ 中島健人 ]

ただし、その表現は昨今の「告白」「渇き。」「アイアムアヒーロー」などの、「R15」映画のジャンルにあたる、「直接的」描写を売りとしたものだった。




果たして、彼は帰ってきたのか。




「ヒメアノ~ル」



原作未読。


濱田岳演じる岡田が主人公かと思えば、実は、ムロツヨシ、三津川愛美、森田剛、のメイン3人のキャラをつなぐ狂言回しの役割。



2016060406


それぞれが「底辺」の歩んできた道、考え方、行動心理を濱田を通して描かれる。


本作のテーマにいじめ、ストーカー防止、はもちろんあるが、吉田恵輔からすると、「底辺」のさまざまな「生き様」を3人それぞれイタイ部分を見せつつ、ムロ、三津川が濱田を通して「救われる」という風に描くと同時に、「それでも」救われない森田を描こうとしている


これまでの一貫したテーマでもある、俺たちの、普段何気なくも、でも持っている「底辺」意識のこわさ、痛さ、救えなさがここでも容赦なく見せつけてくる。


濱田の、森田との初めてのシーンでは、森田の普通っぽさゆえ、ムロの疑念は「妄想」に俺たちも見える。(このシーン、ラストの事情からすると、ちょっと不自然ではあるけど)。前半の時点では、明らかにムロは笑わせるが、「怖い存在」として見せる。ムロのほうが何かやってしまうのでは、という恐怖心を芽生えさせる。

だが、これは意図的で、後半の森田と対比し、「底辺」の生き様の「分岐」としてムロは描かれる。

2016060405


ムロツヨシは、妄想し、仲間に迷惑をかけ、仲間に勝手にキレる「底辺」のくそ野郎だ。漫画チックだが、笑わせるのだが、同時に恐ろしい。

2016060403

だがその彼は、社会人としておかしい無断欠勤、奇抜な髪形、を経て「トモダチを思う」人間に変わる。

「ちょっとだけ」前に進んだ人間になるのだ。


だが、その時、ちょうど、森田と対峙する。


この流れがちょっとあっさりで、「救えない」森田と「救われた」ムロの対比に気付きにくい。そこは残念。

吉田監督としては若干ベタだが、まあ三津川のほうは、かわいいけれど、ベッドではあるある、的に、童貞男としては「みたくない」一面を見せるぐらいでしかないのだけれど、こちらも、ムロの「妄想する運命の人」というには、ちょっと、という童貞男の心を打ち破る。



一方、森田の異常さは序盤のたばこの喫煙を注意されたところから顕在化してくる。この流れはとてもよく、森田の本性が徐々にとんでもない方向に進み、元いじめられ仲間とその婚約者を巻き込み、これがいいサスペンスにもなっているのだが、いよいよ物語が加速していく。


演者は熱演。


20160606



だが、残酷描写や生々しいシーンが多すぎる。R15ではなく、R18にするべき。


パチンコ店の件、中盤の原作では深いかもしれないが、富裕層の家への侵入、三津川の家の隣人とのやり取り、などもっと削れるエピソードも多い。


北野映画に影響を受けている部分も多く、初期武が撮りそうな題材でもある。


だが、前半の「味」、演者の「間」はやっぱり吉田恵輔ならでは、だ。そこはやっぱり吉田恵輔映画ファンとしてはうれしい。

「底辺」であっても、「仲間」「恋人」がいれば、救われるのだ。

濱田は、森田は、友達に裏切られて「壊れた」と思いたい。そして友達との「いい思い出だけ」を思い出した森田。

恐怖演出とそのうらにある優しさ。これこそ吉田恵輔。







追記


森田の恐ろしさを描くと同時に、一般人の、何気ない「うっかり行動」にも容赦ない。


モノにあたる森田を見て、電話で聞こえるように「変な奴がいる」と言ったせいで、尾行され、惨殺されるシーンなど、森田への恐怖以上に、「やってしまいそうなうっかり行為」をしてきたオレ達のほうが凍る。


追記2


ラストの、森田と濱田との絡みで、犬登場でハンドルを切る森田だが、「白い犬」を見てよけたのではなく、あれでは反射的によけたようにも見えるので、そこも惜しい。


 ←ランキング参加してます。面白かったら押してください


ランキング参加しています オモシロかったら押してください 映画評論・レビュー ブログランキングへ

 このエントリーをはてなブックマークに追加
↑ ↑ 面白かったら、押してください。

↑ ↑ 映画バカの私が、よく聞くリスニング集です。



「マジカル・ガール」ネタバレ 魔法にかかった人、鑑賞注意。かつて魔法をかけていた人も鑑賞注意。

マジカル・ガール
劇場公開日 2016年3月12日



魔法少女ユキコは悲劇のはじまり。。。
2016040203

味わい深い・・
2016040201
2016040207

2016040206



これ、ほぼほぼネタバレのポスターではある。
2016040202





!!めちゃめちゃ全力でネタバレ、いくよ。!!











ある男はかつて少女の魔法にかかった。


一方もう一人の男は父親という、少女への無償の愛ゆえ、すでに魔法にかかっているのだが、少女が余命幾ばくもないことを知り、少女の願いのため、暴走を始める。
2016040221

2016040209

2016040208

男を魔法にかけた少女は、魔法にかからない「術師=精神医」に従われ、
2016040205
2016040219


力を失いつつある魔女(こじれたオンナ)となっていたが、別の魔法少女の使者からの攻撃を受ける。
2016040210

2016040211




かつての少女に魔法をかかられた男は、彼女からの助けの声に応じ、反撃に出る。
2016040213

2016040217


敵側の魔女に対峙したが、その魔力に囚われそうになり・・・



ネタバレ厳禁の本作だが、それを知ってたほうが楽しめるし、そういう風に見ると、各エピソードが興味深く浮き上がる。








つまるところ、アリシアはバルバラのかつての姿。バルバラはアリシアののちの姿。

ダミアンに【魔法をかけようとする】アリシア。ドレスにステッキ、そしてそのまなざし。フル装備である。

2016040204

かつての少女に魔法にかかってしまっているダミアンは果たして。
2016040215

見てます、見てます、かけてます、かけてます
2016040216





要するに、

魔法少女誕生と、かつて魔法少女だった女の、その行く末、そしてそれにかかわった哀れな従者のお話。

と書けば、それっぽいのが好きな人は、面白そう、と思うかもしれないが、残念ながら「そんな絵」はない。

はい、そんな絵
2016040214

面白いのは間違いないが、かつて魔法にかかった大きなお友達は鑑賞要注意。この映画を観て気が重い、と言っている人はアリシアのことではなくて、「自分」を観たからだろう。





追記

こじれた魔女の、すさんだ金策が怖く面白い。魔法少女のなれのはて、自称魔法少女も鑑賞要注意、ではある。

結果的に「魔法グッズ」のために奔走しているし、金策への飛び込み方が逆にリアル。
2016040212

2016040220

追記2

ドレスよりも魔法のステッキのほうが3倍も値が張るのは、その象徴だからだろうか。

2016040218

追記3

ラストの携帯電話のくだりは、要らないような気もする。あれは男が魔法にかかった瞬間なのだから


 ←ランキング参加してます。面白かったら押してください


ランキング参加しています オモシロかったら押してください 映画評論・レビュー ブログランキングへ

このエントリーをはてなブックマークに追加
↑ ↑ 面白かったら、押してください。

↑ ↑ 映画バカの私が、よく聞くリスニング集です。



「ロブスター」ネタバレ 運命を共にする覚悟はあるか?

ロブスター
劇場公開日 2016年3月5日


2016031001



!!映画とは全く関係ない話を冒頭しますが、中身はしっかりネタバレです!!




私ごとだが、ブログのほうで宣言したひとつが早くも崩れようとしている。婚活をレポートすることができなくなったのだ。理由は一つ。

そう、今の俺には大事な女性がいる。



「ロブスター」




ロブスターの知られざる生態に、不老不死、というのがある。
脱皮時に臓器も新しくなるという驚異の新陳代謝があるからという話だ。しかも食欲も性欲も減退しないという。


2016031003


その生態は俺たち人間にとってどう映るだろうか。


本作の世界では、独身者はホテルに半ば監禁状態で一定の期間内にパートナーを得ないと動物にされてしまうという。その世界から逃れようとする独身者を狩るとその猶予が伸びる。主人公は、その際、どの動物にされたいかを問われ、ロブスターと答える。

主人公にとって、不老不死の生態は何を意味するか?

このホテルでは、せっせと男女の肉体的なふれあいを刺激することで、パートナーのあっせんを行う。この部分はかなり性的表現が激しい。もちろん、あえての演出だ。家政婦が、なぜか股間に股間を押しつけるという、「生殺し」などとっても効果的なはずだ。

だが、ここにいる独身者はいちいち理屈を垂れて、なかなか進まない。

ここに登場する独身者はわかりやすく、それぞれ欠点を持っている。足の悪い男、滑舌の悪い男、鼻血が簡単に出る女。いちいち理屈は垂れるが、欠点の共有、共感、あるいは優越感を感じることで「ようやく」腰を動かす(もちろん、まじめな意味で)。

要は理屈ばっかり垂れる独身者にさっさと身を固めろと。だが、このホテルでは、動物になることも決して悪いことではない、とも言っている。

がたがた言わず、赴くままに生きること。ここの独身者の人間性は「がたがた言うこと」に終始している。

主人公はいったんはパートナーを見つけるが、「合わない部分」が見えると態度を急変し、逃げ出す。もちろんその「合わない部分」は映画では相当な出来事だが、とにかく彼は逃げる。

そのうち、彼は反体制側ともいえる独身者のある集団に合流し、そこで共感を得た女性と親しくなる。彼女は近視の女として、欠点をもつ。

次第に二人は熱がこもる。だが、独身者集団は、その二人を許さない。「独身者集団」だからだ。二人に与えられた罰は、「欠点の増幅」であった。その集団からなんとか二人は脱出したが、二人が、そして主人公が選んだ選択は果たして。

ここで主人公のロブスターの生態を望む理由がはっきりする。



不老不死は、「覚悟はいらない」。



つまるところ、そういうことだろう。


一人のうのうと生きていたいのだ。



今の俺には、この映画はとても重い。最近ほとんど映画は彼女とみてきたのだが、さすがにこれは一緒にみると、俺は何も話せなくなっただろう。だが一人でみても、これは重い。そして痛い。




追記

不条理コメディ、ということだが、なんの、ホテル側の主張もわかりやすいし、独身者集団の在り方も、そして主人公の考えも明確。きわめてまっとうな物語。

屁理屈こねる独り者への手痛い風刺。

実に見ごたえある映画。しかし、この映画の持ち味である不条理感があまり面白いとは思わない。音楽も若干うるさすぎる。

レア・セドゥが、す、すごいです。。
2016031002


 ←ランキング参加してます。面白かったら押してください


ランキング参加しています オモシロかったら押してください 映画評論・レビュー ブログランキングへ

 このエントリーをはてなブックマークに追加
↑ ↑ 面白かったら、押してください。

↑ ↑ 映画バカの私が、よく聞くリスニング集です。



「ディーパンの闘い」ネタバレ それが悲しく、だが、うらやましくもある。

「ディーパンの闘い」
劇場公開日 2016年2月12日

2016022001




!!ネタバレ注意ですが、「タクシー・ドライバー」は違うと思います!!



予備知識は、「パルムドール」とスリランカ内線から逃れた「疑似家族」、そして「タクシー・ドライバー」。

ジャック・オーディアールの作品は初めてであるが、予備知識から想像できることがあてにならないことは、気配でわかる。

 

君と歩く世界【Blu-ray】 [ マリオン・コティヤール ]





「ディーパンの闘い」




序盤、ディーパンの「家族」ができるまでの過程が恐ろしく、だが、ディーパンと名乗るその男も妻子をなくし、祖国を捨て、新しい生活を送ろうとする。

慣れない環境、仮の家族、だが、生きなければならない。集合住宅の管理人の職を得、平和に暮らしたい。そんな思いは、周囲の集合住宅の喧騒、暴力に巻き込まれていく。

と書けば、いわゆるラジオで俗にいう「ナーメテーター」のお話。

カレーがフレンチをぶちのめす

といえば簡単なのだが、この映画のすごさは、ディーパンの「能力」が最後の最後まで分からないところにある。風貌も気配もリアルに普通の人だ。ラストの10分で、むしろその風貌が、激しいスリランカ内線の、生き残った「ふつうの」男として、彼の行為に爽快感だけではなく、恐怖を感じる。

ただの、おっさんです
2016022002

ですが、本当に元兵士だそうです。(よけいに怖い)
2016022003


だが、恐怖だけでなく、圧倒的な魅力ある「力」にも見える。

そのことがすごいのだ。

これは、ベトナム帰還兵の、狂気でPTSDを描いたと言われる「タクシー・ドライバー」とは違う。

ディーパンにとって、忘れたい戦争だが、忘れてはいない暴力。愛するものを守るには、力がすべて。

「戦争」を「暴力」と、たった一言で否定する者を打ち砕く、圧倒的な説得力のある力。

それが悲しく、だが、うらやましくもある。

原動力は愛(というには生々しい)だということはしっかり描いているので、賛否を呼んだといわれるラストはオレは支持する。






追記

カメラがとても楽しい。

ドキュメントタッチの前半の随所に現れる、フェードアウトの多投が心地いい。ぐっと登場人物の内面に引き込まれたり、こっちが勝手にいろんなことを想像させてくれる。ラスト10分の助手席から真横で撮った運転シーンが素敵だ。あんなハネた絵見たことない。

 ←ランキング参加してます。面白かったら押してください


ランキング参加しています オモシロかったら押してください 映画評論・レビュー ブログランキングへ

 このエントリーをはてなブックマークに追加
↑ ↑ 面白かったら、押してください。

↑ ↑ 映画バカの私が、よく聞くリスニング集です。



「わたしを離さないで」映画版ネタバレ 魂の有無と愛の証明ですか・・・

「わたしを離さないで」
劇場公開日 2011年3月26日

2016011701


2012年1月25日 記

わたしを離さないで [ カズオ・イシグロ ]



わたしを離さないで【Blu-ray】 [ キャリー・マリガン ]



!!ドラマ版は知りませんが、映画版を超絶にネタバレしています!!






原作は未読。古典SFかと思えば、最近の小説なんだってね。

原作の雰囲気というのものを守ろう、守ろうという作りがすっごい感じ、序盤はいい雰囲気だなあ、と観てた。
だけれど主人公3人の年少時代、青年時代の取り巻く環境がどう考えてもおかしく、こりゃいかんなあ、と思いだした。

なぜ彼らに教育を行う?なぜ彼らにカフェでの注文の仕方を教える?なぜコテージで生活できる?なぜエロ本が手に入る?なぜセックスできる?なぜオリジナルに会いに行こうと出来る?なぜ彼ら自身が介護人になれる?なぜ運転できる?なぜ逃げない?

後半一部その理由が説明される。そもそも施設は「クローンの味方」であり、「施設」はクローンに魂があることを実証する場であることが分かる。ところがそれを実証する施設も要らないだろう、となり閉鎖されたのであろう。

映画ではありがちの「クローンの魂」より「オリジナルの命」。結果的には、養豚場のような施設であるべきだったのに、モラルが引き起こした悲劇が生まれる。

後半、魂の有無と愛の証明ができれば提供延長できるという、うわさを信じその懇願をするが、それは噂でしかないことがわかる。しかし主人公たちは提供延期できないことを意外と素直に受け止める。

彼らのそんな反応は施設の強制教育によるもの、というよりも、そもそも本能的に逆らうという意識をもっていないのかもしれない。このシーンはそれを絵画などで証明できると考えている彼らがなんとも悲しくみえるのと同時に「彼らは普通ではない」ことを表している。

魂の有無と愛の証明かよ~~。クローンでなくても出来んな。

彼らが逃げ出さないのも、「リスト(カルテ?)」があるため、とか施設の教育で「逃げると言う選択肢」を失われているということよりも、あれほど生活に自由度がありすぎるので、やはり彼らは基本「逆らわない存在」と考えるのが普通であろう。

キャリー・マリガン、キーラ・ナイトレイ、アンドリュー・ガーフィールド、3人とも若いねえ
2016011702

彼らは死を恐れたわけでもない。ましてや存在意義を示したかったわけでもないし、なにかになりたかった訳では全く無い。

彼らはただ「全うすることが目的」だった。

人間だとそうするであろうことが出来ない、「逆らわない存在」。

キャシーはそこに気づき、普通の人間といったい何が違うのか、自問することになる。

この二人の、この顔を、ドラマ版ができるかどうか。ほんと、いい顔だなあ。
2016011703





ラストのトミーが「オチ」たと瞬時に手術に入る手際のよさがなんとも言いがたい余韻を残す。

3人の主人公いいね。個人的にはナイトレイ。
(2012年鑑賞時から2016年現在までナイトレイ推しはこの映画を観たからだと思います)

この、だめっぽい、自分がない感がとてもこの映画に合ってます。
2016011704

蛇足
でもやっぱりオリジナルを見に行こうとしたり、クローンがエロ本読めたり、セックスできるのはまずいんじゃ?




 ←ランキング参加してます。面白かったら押してください


ランキング参加しています オモシロかったら押してください 映画評論・レビュー ブログランキングへ

 このエントリーをはてなブックマークに追加
↑ ↑ 面白かったら、押してください。

↑ ↑ 映画バカの私が、よく聞くリスニング集です。




楽天市場
楽天DVD BD

livedoor プロフィール
LINE読者登録QRコード
LINE読者登録QRコード
オーダーシャツが結局お得
自分磨きに
頭皮もしっかりケア