しんざんの、みんな仲良し映画評!!

ほんとうは仲良しとは程遠い、あまのじゃくな映画評、映画批評、映画評論ブログ 全部ネタバレ。またあまのじゃくゆえ、人によってはまったく受け付けないものもあるよ。もちろん、こっそりオススメもあるよ。

年間ベスト

【戯れ言】マジ!?3位と4位の順位が違うだけ!?ライムスター宇多丸のムービーウォッチメン2015年ベスト10をガチで当てに行った結果

ライムスター宇多丸のムービーウォッチメン2015年ベスト10をガチで当てに行った結果

「ストレイト・アウタ・コンプトン」がどうしても観たくて、ラジオはPodcastでいいや、ということで本日27日、Podcast、聞きましたよ。



以下オレの「当てにいった」予想でした。

01位 マッドマックス 怒りのデス・ロード
02位 ミッション:インポッシブル/ローグ・ネイション
03位 フォックス・キャッチャー
04位 スターウォーズ/フォースの覚醒
05位 インサイド・ヘッド
06位 海街diary
07位
バクマン。
08位 ヴィジット
09位 アントマン
10位 野火
ワースト エイプリルフールズ

で宇多丸さんの順位

01位 マッドマックス 怒りのデスロード
02位 ミッション:インポッシブル/ローグ・ネイション
03位 スターウォーズ/フォースの覚醒
04位 フォックス・キャッチャー
05位 インサイド・ヘッド
06位 恋人たち
07位 野火
08位 海街diary
09位 きみはいい子
10位 ヴィジット
ワースト エイプリルフールズ

ベスト5を順位全部当てると、賞金だったようですが、順位無視だと5作的中
順位は、3位と4位が逆なだけでした。

オレ、スゲー!!(のか?)

やっぱり「スターウォーズ/フォースの覚醒」の存在が一番難しかったですね。
(6位以下はもっと難しいですけど)

ただ今回は当てるべき年だったかと思います。
それゆえすげえーー悔しい。また来年!!

追記

「ストレイト・アウタ・コンプトン」(後日投稿します)

やばいよ、これ、ガチャが当たると、絶対来年1位だよ、これ。
早すぎる。おぼえていられるかなあ、オレ。



 ←ランキング参加してます。面白かったら押してください


ランキング参加しています オモシロかったら押してください 映画評論・レビュー ブログランキングへ

このエントリーをはてなブックマークに追加
↑ ↑ 面白かったら、押してください。

↑ ↑ 映画バカの私が、よく聞くリスニング集です。



【戯れ言】ライムスター宇多丸のムービーウォッチメン2015年ベスト10をガチで当てに行く!!(23日22時現在)

ライムスター宇多丸のムービーウォッチメン2015年ベスト10をガチで当てに行く(23日22時現在)

!!本記事は、いかに本記事の読者が少なかろうと、番組の企画にご迷惑をおかけする可能性がゼロではないので、26日の23時45分の予約投稿でアップしています!!




どちらかというと、「超映画批評」前田派、というのはうそだが、ライムスター宇多丸のムービーウォッチメンはよく聞いている。


ただし、よく聞いているというのは、他人の映画評を聞くのが好きだ、という意味で考え方や好みが合うわけではない。なので、本記事のねらいは、オレ、観ていないけど、オレ、この映画好きじゃないけど、


「宇多丸さんの2015年ベストをガチで当ててみせる」


のを最大目的として、順位を考えてみることにある。つまり、オレの評価でなく、いかに宇多丸さんのラジオのテンションを読み取るか、最大のポイントはそこにある。


以下、今年2015年のムービーウォッチメンが取り上げた作品。そして番組内でベスト10級のテンションな放送と思われた作品に●を付けてみた。


1月10日 毛皮のヴィーナス
1月17日 ベイマックス
1月24日 
96時間 レクイエム
1月31日 ビッグ・アイズ
2月07日 薄氷の殺人
2月14日 
ANNIE/アニー
2月21日 ミュータント・タートルズ
2月28日 味園ユニバース
3月07日 幕が上がる
3月14日 シェフ 三ツ星フードトラック始めました
3月21日 
アメリカン・スナイパー
3月28日 フォックスキャッチャー
4月04日 
ジュピター
4月11日 劇場版ウルトラマンギンガS決戦!ウルトラ10勇士
4月18日 エイプリルフールズ
4月25日 セッション
5月02日 
ワイルドスピード SKY MISSION
5月09日 海にかかる霧
5月16日 龍三と七人の子分たち
5月23日 ゼロの未来
5月30日 ラン・オールナイト
6月06日 駆込み女と駆出し男
6月13日
予告犯
6月20日 トゥモローランド
6月27日 マッドマックス 怒りのデス・ロード
7月04日
きみはいい子
7月11日
海街diary
7月18日
アベンジャーズ/エイジ・オブ・ウルトロン
7月25日 ターミネーター:新起動/ジェニシス
8月01日 バケモノの子
8月08日 進撃の巨人 ATTACK ON TITAN
8月15日
インサイド・ヘッド
8月22日
野火
8月29日 ジュラシックワールド
9月05日
ミッション:インポッシブル/ローグ・ネイション
9月12日
ナイトクローラー
9月19日
カリフォルニア・ダウン
9月26日 進撃の巨人 ATTACK ON TITAN エンド オブ ザ ワールド
10月3日 キングスマン
10月10日
心が叫びたがってるんだ。
10月17日アントマン
10月24日
バクマン。
10月31日
ジョン・ウィック
11月07日ヴィジット ●
11月14日
We Are Perfume WORLD TOUR 3rd DOCUMENT
11月21日恋人たち ●
11月28日ラスト・ナイツ
12月05日
ガールズ&パンツァー 劇場版
12月12日007 スペクター
12月12日スターウォーズ/フォースの覚醒



その●の中で、ガチで順位まで当てに行ったベスト10がこちら。リンクはオレの記事です)

01位 マッドマックス 怒りのデス・ロード
02位 ミッション:インポッシブル/ローグ・ネイション
03位 フォックス・キャッチャー
04位 スターウォーズ/フォースの覚醒
05位 インサイド・ヘッド

06位 海街diary
07位
バクマン。
08位 ヴィジット
09位 アントマン

10位 野火


ワースト エイプリルフールズ


1位は鉄板。2位もコメントの熱量からすると、順当。3位は前半1位のようなコメントをされていましたが、最終的にここあたり。2015年前半の作品で、印象すっかり薄くなっていますが、3位以下にしないのが、宇多丸さんらしいと想像します。


このあたりまでは、オレのベスト10ともかなり近い。


6位は宇多丸さんの、去年の「ネブラスカ」「6才のボクが」枠のような気がします。5位もベタほめでした。彼の好み的に、こあたりの順位がよさそうです。6位から9位は、難しいですが、8位はちょろちょろっと入れる「ダークホース」枠、9位は去年の「ガーディアン・オブ・ギャラクシー」枠。

そして、4位のこの作品。
番組のテンションからいうと、2位と順位が迷うなあ

「きみはいい子」「恋人たち」「ジョン・ウィック」も入れてきそうな可能性大ですが、ベスト5までを ガチに、というのなら、これらはないと思います

 ←ランキング参加してます。面白かったら押してください


ランキング参加しています オモシロかったら押してください 映画評論・レビュー ブログランキングへ

このエントリーをはてなブックマークに追加
↑ ↑ 面白かったら、押してください。



【2015年 年間ベスト】シリーズものの1年だったけど、結局乙女の勝利

20151225-1
20151225-2
こうしてみると、2015年は、あんまり観てないですね


スターウォーズ フォースの覚醒を見納めとしてベスト10を選出しました
(本当は「ストレイト・アウタ・コンプトン」まで見たかった)


では、ベスト10


1位:はじまりのうた
2位:フォックスキャッチャー
3位:マッドマックス 怒りのデス・ロード
4位:ジュラシック・ワールド
5位:スターウォーズ フォースの覚醒
6位:
ワイルドスピード SKY MISSION
7位:ミッション:インポッシブル ローグ・ネイション
8位:クリード チャンプを継ぐ男
9位:
GONIN サーガ
10位:バードマン あるいは(無知がもたらす予期せぬ奇跡)

次点
「ジュピター」「セッション」


ワースト3

1位:
チャッピー
2位:キングスマン
3位:アメリカン・スナイパー

ええ、久々に自分でも笑っちゃうほど、やんちゃな作品が並びました。

そんななか、最終的にオレの乙女な部分が「やんちゃ」を抑え、

「はじまりのうた」が1位。パチパチパチ!!


ワースト3は変わらず。





以下、寸評。





・・・・


はじまりのうた」も予想を大きく超えた、カワイイ作品。監督前作の「ONCE ダブリン・・」の演奏シーンよりもこっちのほうが好きです。「Lost Stars」もいまだにヘビロテしています。

はじまりのうた オリジナル・サウンドトラック [ (オリジナル・サウンドトラック) ]


はじまりのうた BEGIN AGAIN【Blu-ray】 [ キーラ・ナイトレイ ]

ONCE ダブリンの街角で【Blu-ray】 [ グレン・ハンサード ]





フォックスキャッチャー」はもう、予想をはるかに上回る面白さ!いまだかつてない味のある作品。実話に基づく作品ですが、絶対にコメディです。

フォックスキャッチャー Blu-ray BOX【Blu-ray】 [ スティーヴ・カレル ]


マッドマックス 怒りのデス・ロードはここまで弾けてるとは全く思いませんでしたし、シリーズ続編として、信じられない形で帰ってきたこと、心情的にはこれが1位でもよいんですが、「だからこそ」この次が見たい、あるいはMAXの違った一面を見たいと思いました。今ではあくまでも「オレの中でもシリーズ仕切り直しの1本」の色が濃いです。

マッドマックス 怒りのデス・ロード ブルーレイ スチールブック仕様(1枚組/デジタルコピー付) 【数量限定生産】 【Blu-ray】 [ トム・ハーディー ]



4位:ジュラシック・ワールド
5位:スターウォーズ フォースの覚醒

8位:クリード チャンプを継ぐ男

は、記事を見てください。この欄では語りきれません。

ワイルドスピード SKY MISSION」は4DXに感謝の差(笑)。もちろん「See You Again」は今年上半期最も聞いた、歌った、泣いた曲。

ワイルド・スピード SKY MISSIONブルーレイ+DVDセット【Blu-ray】 [ ヴィン・ディーゼル ]


次点の「ジュピター」の、乙女の素直な妄想がここまでストレートに表現されたスペースオペラはほかに知りません。

【送料無料】 【初回限定生産】ジュピター ブルーレイ&DVDセット(2枚組/デジタルコピー付) 【BLU-RAY DISC】


次点の「セッションについては、そんなに特殊な、目新しい内容、作風、テーマと思ってないです。ドラムに一時期ハマっていたこともありますが、そうでなくとも本作の2人のやり取りは、日々の生活、仕事のなかで「ある程度(ある程度、ね)」必要とされる一面でもあるからです。

セッション コレクターズ・エディション 【Blu-ray】 [ マイルズ・テラー ]


それは10位「バードマン あるいは(無知がもたらす予期せぬ奇跡)もおなじっちゃ同じなんですが、これは映画スターの「オレ、もっとやれる感」を悲喜劇にしてみせていることに非常に素晴らしいと思いました。この作品はブロックバスター作品への皮肉ではありません。あくまで、「ショウビズ界の俺たちって滑稽だろ?」ていうコメディ映画。

バードマン あるいは(無知がもたらす予期せぬ奇跡)【Blu-ray】 [ マイケル・キートン ]

7位:「ミッション:インポッシブル ローグ・ネイション」はそれ自体も面白かったですが、今年のスパイモノ戦線で一番よくできた作品という理由でランクイン。
 

【送料無料】ミッション:インポッシブル/ローグ・ネイション ブルーレイ DVDセット/トム・クルーズ[Blu-ray]【返品種別A】




9位「
GONIN サーガ」は本当に映画館で観れて、幸せでした。「妖しさ」は若干前作から薄くなっても、「青春映画」としての立ち位置は本当に素晴らしい。前作同様、カルト的人気を以後担うことになるはずです。

GONIN【Blu-ray】 [ 佐藤浩市 ]





そして、ワースト3ですが、基本地雷を踏みにいかない鑑賞スタイルなので、世間のワーストとは全く異なります。


ワースト1位「チャッピー」は、もうダントツですね。この監督の「第9地区」も全然面白いと思ってません。そのうえ、同じ路線の発想と毎度毎度どこからか借りてきた設定ばかりで、はっきり言って、この監督の何が個性なのかもまるで感じ取れません。ただただ中二感のみしか見えてくるものはありません。ワースト1位にしてるのも、信者に対する、オレの小さなまでも確固たる意思表示です。

チャッピー アンレイテッド・バージョン 【Blu-ray】 [ シャールト・コプリー ]

ワースト2位:キングスマン は記事の方でこってり嫌いを示してますので、気にならない方はどうぞ




ワースト3位:「アメリカン・スナイパー」はやはり出遅れ感ぷんぷんなのに、あえて論争を巻き起こそうとする商法、作風。しかしそれ以上にイーストウッドの、「実はアクション、撮れないんでね?」疑惑(オレの中の)が芽生えたこと。

アメリカン・スナイパー【Blu-ray】 [ ブラッドリー・クーパー ]




キングスマン ブルーレイ プレミアム・エディション【初回生産限定】【Blu-ray】 [ コリン・ファース ]


最後まで読んでありがとうございます。

ちなみにこの記事のあと、予約投稿でラジオ、ライムスター宇多丸のウィークエンドシャッフルの「ムービーウォッチメン」の年間ベストをガチで当てる記事を予約投稿します
(番組に少なからず迷惑をかけないよう、26日23時45分に予約投稿します)


 ←ランキング参加してます。面白かったら押してください


ランキング参加しています オモシロかったら押してください 映画評論・レビュー ブログランキングへ

 このエントリーをはてなブックマークに追加
↑ ↑ 面白かったら、押してください。

↑ ↑ 映画バカの私が、よく聞くリスニング集です。

【年間ベスト】12月12日更新 SW(と書いて、まつり)の前に2015年ベスト10とワースト3を随時更新してみよう

今年は

黄金のアデーレ 名画の帰還
スターウォーズ フォースの覚醒
「クリード チャンプを継ぐ男」

を観て、締めようと思います。



12月12日の更新です。
・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・

年末迎える前にベスト10を公開して順次入れ替えってあんまり好きじゃないんだけど、
今年はちょっとやってみようかなあ、と思った。

理由は、今年はシリーズものの大物がたくさん公開されてきたし、年末はなんといっても

「スターウォーズ フォースの覚醒」


が控えている。



それなら、順次入れ替えも面白いんじゃあないかと、思った次第。

ですが、オレのベストは2014年ベストのときと同様、「心の中でサンキュー」を言った数で
決めます。


なので、予想以上に良かった作品、期待通りの大好きな作品が上位に上がり、一方作品自体は
なんの問題もないけど、期待値どおりだったりとか、の場合は順位的に不利になります。

ちなみに、ワーストは特に、「地雷」をわざわざ踏みに行くほど、時間とお金と心の余裕は
ありませんゆえ
、世間一般のそれとは切り離してみてやってください。

では。

8月29日更新「ジュラシック・ワールド」鑑賞後
9月25日更新「キングスマン」「進撃の巨人 後編」鑑賞後
10月9日更新「
GONIN サーガ」鑑賞後
10月14日更新「
バクマン。」鑑賞後
11月3日更新「
ギャラクシー街道」鑑賞後
11月7日更新「
ヴィジット」鑑賞後
11月14日更新「
エベレスト3D」鑑賞後
11月29日更新「グリーン・インフェルノ」鑑賞後
12月8日「
007 スペクター」鑑賞後


1位:はじまりのうた
2位:フォックスキャッチャー
3位:マッドマックス 怒りのデス・ロード
4位:ジュラシック・ワールド
5位:ワイルドスピード SKY MISSION
6位:ミッション:インポッシブル ローグ・ネイション
7位:GONIN サーガ
8位:バードマン あるいは(無知がもたらす予期せぬ奇跡)
9位:セッション
10位:ジュピター

フォックスキャッチャー」が2位にダウン!「はじまりのうた」暫定1位。
やはり洋楽ヘビロテの記事にあるように、「
はじまりのうた」は日常にまで降りてきました。

ミッション:インポッシブル ローグ・ネイション」と「GONIN サーガ」の評価UP
バードマン あるいは(無知がもたらす予期せぬ奇跡)」「セッション」が下がる。

バクマン。」「ギャラクシー街道」「極道大戦争」も面白かったが、今年の邦画ベストは「GONIN サーガ」に落ち着きそうです。
(。。。ロクな邦画観てねえなあ)


ミッション:インポッシブル ローグ・ネイション」のUPは「007スペクター」の影響です。

【送料無料】ミッション:インポッシブル/ローグ・ネイション ブルーレイ DVDセット/トム・クルーズ[Blu-ray]【返品種別A】




ワースト
1位:チャッピー
2位:キングスマン
3位:アメリカン・スナイパー

ワースト3は変わらず。


以下、寸評。

・・・・

フォックスキャッチャー」はもう、予想をはるかに上回る面白さ!いまだかつてない味のある作品。実話に基づく作品ですが、絶対にコメディです。

フォックスキャッチャー Blu-ray BOX【Blu-ray】 [ スティーヴ・カレル ]

はじまりのうた」も予想を大きく超えた、カワイイ作品。監督前作の「ONCE ダブリン」の演奏シーンよりもこっちのほうが好きです。「Lost Stars」もいまだにヘビロテしています。

ONCE ダブリンの街角で【Blu-ray】 [ グレン・ハンサード ]


はじまりのうた BEGIN AGAIN【Blu-ray】 [ キーラ・ナイトレイ ]

マッドマックス 怒りのデス・ロード
はここまで弾けてるとは全く思いませんでしたし、シリーズ続編として、信じられない形で帰ってきたこと、心情的にはこれが1位でもよいんですが、「だからこそ」この次が見たい、あるいはMAXの違った一面を見たいと思いました。今ではあくまでも「オレの中でもシリーズ仕切り直しの1本」の色が濃いです。

マッドマックス 怒りのデス・ロード ブルーレイ スチールブック仕様(1枚組/デジタルコピー付) 【数量限定生産】 【Blu-ray】 [ トム・ハーディー ]

ワイルドスピード SKY MISSION」は4DXに感謝の差(笑)。もちろん「See You Again」は今年上半期最も聞いた、歌った、泣いた曲。

ワイルド・スピード SKY MISSIONブルーレイ+DVDセット【Blu-ray】 [ ヴィン・ディーゼル ]


ジュピター」の、乙女の素直な妄想がここまでストレートに表現されたスペースオペラはほかに知りません。

【送料無料】 【初回限定生産】ジュピター ブルーレイ&DVDセット(2枚組/デジタルコピー付) 【BLU-RAY DISC】


セッションについては、そんなに特殊な、目新しい内容、作風、テーマと思ってないです。ドラムに一時期ハマっていたこともありますが、そうでなくとも本作の2人のやり取りは、日々の生活、仕事のなかで「ある程度(ある程度、ね)」必要とされる一面でもあるからです。

セッション コレクターズ・エディション 【Blu-ray】 [ マイルズ・テラー ]


それは「バードマン あるいは(無知がもたらす予期せぬ奇跡)もおなじっちゃ同じなんですが、これは映画スターの「オレ、もっとやれる感」を悲喜劇にしてみせていることに非常に素晴らしいと思いました。この作品はブロックバスター作品への皮肉ではありません。あくまで、「ショウビズ界の俺たちって滑稽だろ?」ていうコメディ映画。

バードマン あるいは(無知がもたらす予期せぬ奇跡)【Blu-ray】 [ マイケル・キートン ]


GONIN サーガ」は本当に映画館で観れて、幸せでした。「妖しさ」は若干前作から薄くなっても、「青春映画」としての立ち位置は本当に素晴らしい。前作同様、カルト的人気を以後担うことになるはずです。

GONIN【Blu-ray】 [ 佐藤浩市 ]



ワースト1位「チャッピー」は、もうダントツですね。この監督の「第9地区」も全然面白いと思ってません。そのうえ、同じ路線の発想と毎度毎度どこからか借りてきた設定ばかりで、はっきり言って、この監督の何が個性なのかもまるで感じ取れません。ただただ中二感のみしか見えてくるものはありません。ワースト1位にしてるのも、信者に対する、オレの小さなまでも確固たる意思表示です。

アメリカン・スナイパー」はやはり出遅れ感ぷんぷんなのに、あえて論争を巻き起こそうとする商法、作風。しかしそれ以上にイーストウッドの、「実はアクション、撮れないんでね?」疑惑(オレの中の)が芽生えたこと。

キングスマン ブルーレイ プレミアム・エディション【初回生産限定】【Blu-ray】 [ コリン・ファース ]




 ←ランキング参加してます。面白かったら押してください


ランキング参加しています オモシロかったら押してください 映画評論・レビュー ブログランキングへ

このエントリーをはてなブックマークに追加
↑ ↑ 面白かったら、押してください。

↑ ↑ 映画バカの私が、よく聞くリスニング集です。

10月14日更新 SW(と書いて、まつり)の前に2015年ベスト10とワースト3を随時更新してみよう

年末迎える前にベスト10を公開して順次入れ替えってあんまり好きじゃないんだけど、
今年はちょっとやってみようかなあ、と思った。

理由は、今年はシリーズものの大物がたくさん公開されてきたし、年末はなんといっても

「スターウォーズ フォースの覚醒」


が控えている。



(「007」シリーズファンのかた、今のところ、ごめんなさい、スーツとスキーアクション以外、期待していません)

それなら、順次入れ替えも面白いんじゃあないかと、思った次第。

ですが、オレのベストは2014年ベストのときと同様、「心の中でサンキュー」を言った数で
決めます。


なので、予想以上に良かった作品、期待通りの大好きな作品が上位に上がり、一方作品自体は
なんの問題もないけど、期待値どおりだったりとか、の場合は順位的に不利になります。

ちなみに、ワーストは特に、「地雷」をわざわざ踏みに行くほど、時間とお金と心の余裕は
ありませんゆえ
、世間一般のそれとは切り離してみてやってください。

では。

8月29日更新「ジュラシック・ワールド」鑑賞後
9月25日更新「キングスマン」「進撃の巨人 後編」鑑賞後
10月9日更新「GONIN サーガ」鑑賞後
10月14日更新「バクマン。」鑑賞後

1位:フォックスキャッチャー
2位:はじまりのうた
3位:マッドマックス 怒りのデス・ロード
4位:ジュラシック・ワールド
5位:ワイルドスピード SKY MISSION
6位:バードマン あるいは(無知がもたらす予期せぬ奇跡)
7位:セッション
8位:ミッション:インポッシブル ローグ・ネイション
9位:ジュピター
10位:GONIN サーガ

10位から転落 きっと、星のせいじゃない

ワースト
1位:チャッピー
2位:キングスマン
3位:アメリカン・スナイパー

君が生きた証 は晴れて圏外へ。

フォックスキャッチャー」はもう、予想をはるかに上回る面白さ!いまだかつてない味のある作品。実話に基づく作品ですが、絶対にコメディです。

はじまりのうた」も予想を大きく超えた、カワイイ作品。監督前作の「ダブリン」の演奏シーンよりもこっちのほうが好きです。「Lost Stars」もいまだにヘビロテしています。

マッドマックス 怒りのデス・ロード」はここまで弾けてるとは全く思いませんでしたし、シリーズ続編として、信じられない形で帰ってきたこと、心情的にはこれが1位でもよいんですが、「だからこそ」この次が見たい、あるいはMAXの違った一面を見たいと思いました。今ではあくまでも「オレの中でもシリーズ仕切り直しの1本」の色が濃いです。

ワイルドスピード SKY MISSION」は4DXに感謝の差(笑)。もちろん「See You Again」は今年上半期最も聞いた、歌った、泣いた曲。

ジュピター」の、乙女の素直な妄想がここまでストレートに表現されたスペースオペラはほかに知りません。

セッション」については、そんなに特殊な、目新しい内容、作風、テーマと思ってないです。ドラムに一時期ハマっていたこともありますが、そうでなくとも本作の2人のやり取りは、日々の生活、仕事のなかで「ある程度(ある程度、ね)」必要とされる一面でもあるからです。

それは「バードマン あるいは(無知がもたらす予期せぬ奇跡)」もおなじっちゃ同じなんですが、これは映画スターの「オレ、もっとやれる感」を悲喜劇にしてみせていることに非常に素晴らしいと思いました。この作品はブロックバスター作品への皮肉ではありません。あくまで、「ショウビズ界の俺たちって滑稽だろ?」ていうコメディ映画。

ワースト1位「チャッピー」は、もうダントツですね。この監督の「第9地区」も全然面白いと思ってません。そのうえ、同じ路線の発想と毎度毎度どこからか借りてきた設定ばかりで、はっきり言って、この監督の何が個性なのかもまるで感じ取れません。ただただ中二感のみしか見えてくるものはありません。ワースト1位にしてるのも、信者に対する、オレの小さなまでも確固たる意思表示です。

アメリカン・スナイパー」はやはり出遅れ感ぷんぷんなのに、あえて論争を巻き起こそうとする商法、作風。しかしそれ以上にイーストウッドの、「実はアクション、撮れないんでね?」疑惑(オレの中の)が芽生えたこと。

君が生きた証」はまあ、バランス悪いですね。これを嫌うと嫌われるんだよなあ、まあ、知らんけど。

のこり数か月、このままいくか、「SW」がどう絡むか、「フォックスキャッチャー」が逃げ切るか(笑)
あるいは「はじまりのうた」のブルーレイでまたまたラファロ、じゃなくって、キーラ・ナイトレイに骨抜きにされて逆転するか、「ムカデ人間3」を見てしまうのか
残り4ヶ月、今後にちょっとだけ、注目してみてください

 ←ランキング参加してます。面白かったら押してください


ランキング参加しています オモシロかったら押してください 映画評論・レビュー ブログランキングへ
記事検索
楽天市場
楽天DVD BD
livedoor プロフィール
LINE読者登録QRコード
LINE読者登録QRコード
オーダーシャツが結局お得
自分磨きに
頭皮もしっかりケア