しんざんの、みんな仲良し映画評!!

ほんとうは仲良しとは程遠い、あまのじゃくな映画評、映画批評、映画評論ブログ 全部ネタバレ。またあまのじゃくゆえ、人によってはまったく受け付けないものもあるよ。もちろん、こっそりオススメもあるよ。

あ行

「インシディアス 序章」ネタバレ あらそう?第3章はオスカーどころか、ラジー賞狙いましたか。。。

インシディアス 序章
劇場公開日 2016年1月16日


2016012905




!!毎度のことですが、シリーズすべてのネタバレをしています!!






ゴーストバスターなる霊媒師のババアがいきなり第1作でおっ死んで、ずいぶん引きのイイ1作目。
2016012907

インシディアス【Blu-ray】 [ パトリック・ウィルソン ]


ホラー映画のくせに、やたら映画的ワンダーを織り込み、「バック・トゥ・ザ・フューチャー」や「シャイニング」のパク○でなくて、オマージュで溢れ、結果、ホラーそっちのけ、オスカー狙ってんじゃねえか、というぐらいの意気込みがすごい、という意味で、見所ありの第2作。


↓ ↓ ↓ ↓ ↓ ↓こちらの記事で ↓ ↓ ↓ ↓ ↓ ↓ ↓ ↓ ↓ 
【関連記事】「インシディアス 第2章」



インシディアス 第2章【Blu-ray】 [ パトリック・ウィルソン ]

バック・トゥ・ザ・フューチャー トリロジー 30thアニバーサリー・デラックス・エディション ブルーレイBOX【Blu-ray】 [ マイケル・J.フォックス ]



シャイニング【Blu-ray】 [ ジャック・ニコルソン ]




「インシディアス 序章」
(原題はInsidious Chapter3 つまり3作目)









インシディアス 序章【Blu-ray】 [ ダーモット・マローニー ]



原題はChapter3だが、2作目Chapter2も2もくそもない変化球だったので、どのへんが序章?という疑問はとりあえずおいておく。

「インシディアス」とは「狡猾な」「こっそり悪だくみな」という意味。シリーズ共通の設定は、悪霊がこっそり大胆に悪だくみをする、というのと、ババアがこっそり霊界で、口半開きしながら霊と戦う、というもの。
2016012907

今回、ババアと幽霊ウォッチャー凸凹コンビの誕生、と言う点が序章、にあたる。
2016012909

だが、はっきり言ってそんなことはどうでもいい。

怖いか、パク・・じゃなくて(しつこい?)オマージュはなにか、どれだけ映画的に楽しませてくれるか。本シリーズにおける興味はそこだけだ。

そうして公開された第3作目は、新宿武蔵野館にて、1週間限定の劇場公開だという。

すでにこの時点で品質は推して然るべき。もはや、見に行く人間はホラーにお金をドブに捨てられる酔狂か、ババア萌え以外の理由はない。

オレ?なぜ見に行ったんだろう?ババア萌えなのか?
2016012904

シリーズ共通のドッキリもきちんとあってキチンをケツが浮くシーンもあるのだが、はっきり言って怖くない。また物語もあまりにも出来が悪すぎて、ババアファン、じゃなかったインシディアスシリーズファンには気の毒でもある。

ちゃんとカワイイ女の子もでる。主人公だ。
2016012903


だが、やっぱり画面を制するのは、ババアの半開きなのだ。
2016012907
だれがババアを推して金儲けできるって見込んだんだろ?

ここだけみたら「クリムゾン・ピーク」の美女2人に交じってもおかしくないですね
2016012906

こちらは「クリムゾン・ピーク」のミアさん
2016012908


↓ ↓ ↓ ↓ ↓ ↓こちらの記事で ↓ ↓ ↓ ↓ ↓ ↓ ↓ ↓ ↓ 
【関連記事】「クリムゾンピーク 」レビュー



ほか、インシディアスシリーズのジェームズ・ワン監督の作品についてはこちら


↓ ↓ ↓ ↓ ↓ ↓こちらの記事で ↓ ↓ ↓ ↓ ↓ ↓ ↓ ↓ ↓ 
【関連記事】「死霊館 エンフィールド事件」レビュー



↓ ↓ ↓ ↓ ↓ ↓こちらの記事で ↓ ↓ ↓ ↓ ↓ ↓ ↓ ↓ ↓ 
【関連記事】「死霊館」レビュー







追記

第2章のデキで、マジで第3作はオスカー狙うぐらいの凝ったつくりを期待したんだが、しょせんホラー映画ということか。結果すりすぼみにアイデアが枯渇する典型的な例となったかな。

↓ ↓ ↓ ↓ ↓ ↓こちらの記事で ↓ ↓ ↓ ↓ ↓ ↓ ↓ ↓ ↓ 
【関連記事】「インシディアス 第2章」

 ←ランキング参加してます。面白かったら押してください


ランキング参加しています オモシロかったら押してください 映画評論・レビュー ブログランキングへ

このエントリーをはてなブックマークに追加
↑ ↑ 面白かったら、押してください。

↑ ↑ 映画バカの私が、よく聞くリスニング集です。



「インシディアス 第2章」ネタバレ 次回第3章はオスカー狙え!!(2014年1月19日 劇場鑑賞時)

インシディアス 第2章
劇場公開日 2014年1月10日


2016012901




2014年1月19日 記載



前作「死霊館」がとっても楽しくて、本作の前作「インシディアス」をそのあと見た。「エクソシスト」で多投されたストリングスのギリギリギリギリギリ、が楽しかったぐらいで正直、あんまり面白くないなあ、と思ったが、「死霊館」の後なので、本作は前作比較なく楽しめるだろうと思い、鑑賞。 【関連記事」「死霊館

SALE OFF!新品北米版Blu-ray!【『エクソシスト』『エクソシスト2』『エクソシスト3』『エクソシスト ビギニング』『Dominion: Prequel To The Exorcist』】 The Exorcist: The Complete Anthology [Blu-ray] <日本語字幕付き>




インシディアス 第2章【Blu-ray】 [ パトリック・ウィルソン ]

オープニング、おお、お父さんの少年時代からですね、ああ、いいですねえ、「ゴッドファーザーPARTⅡ」ですか?(嘘)

ではなくって、お父さんは段々歪んでいき、皆様ご存じのニコルソンのごとく、ドアを斧ではないが、消火器で破ろうとする。と思ったら、あっちで時間が遡り、マーティとドクの冒険みたいになったり、とまあ、いろんなアイディアが本作詰め込んである。

バック・トゥ・ザ・フューチャー トリロジー 30thアニバーサリー・デラックス・エディション ブルーレイBOX【Blu-ray】 [ マイケル・J.フォックス ]



シャイニング【Blu-ray】 [ ジャック・ニコルソン ]

本作、過去のホラー映画にオマージュささげた「死霊館」の徹底した「ホラーの面白さ」に対して「映画的な面白さ」を詰め込んだ、という意味で評価できる。なかなかここまで詰め込めないと思うよ。

しかしそれは、「ホラー映画」としての「インシディアス」の続編、とするならば、「ホラー見たさ」のニーズには必ずしも満足させるつくりとは言えない結果になってしまった。

てんこ盛りで、きれいに練りこんだ脚本が逆にホラー映画の純度をさげちゃっているんだな。

「俺はホラーが見たいんだよ!映画的なスペクタクルなんか見たくねええ」

という声が聞こえそうである。

お前だ!
2016012902

とはいえ、サイコロを操っていたのは、悪魔のほうでした、というくだりは名作「ヘルハウス」のオマージュだと思うし、ホラーな映像はもうさすが!だと思う。

20世紀フォックス ヘルハウス HDリマスター版 【DVD】



シーツに包まったアレ、を一個一個めくっていくところなんかも最高に楽しい。でもまあ、音の使い方やドッキリ演出とかは「死霊館」のほうが遥かによかったかな。

前作はホラー映画としては残念作。本作はホラー映画としては「死霊館」よりはるかに及ばない。ただし「映画」としてはとっても面白かった。







もう出るんだねえ。

↓ ↓ ↓ ↓ ↓ ↓ ↓ こちらでレビューしています↓ ↓ ↓ ↓ ↓ ↓ ↓ ↓ 
【関連記事】「インシディアス 序章」レビュー



インシディアス 序章【Blu-ray】 [ ダーモット・マローニー ]

インシディアス【Blu-ray】 [ パトリック・ウィルソン ]



 ←ランキング参加してます。面白かったら押してください


ランキング参加しています オモシロかったら押してください 映画評論・レビュー ブログランキングへ

 このエントリーをはてなブックマークに追加
↑ ↑ 面白かったら、押してください。

↑ ↑ 映画バカの私が、よく聞くリスニング集です。



「イット・フォローズ」ネタバレ  いやあ、くっそお、惜しいなあ・・・

「イット・フォローズ」
劇場公開日 2016年1月8日

20106112-01




!!激しくネタバレしています!!





ついでに、「セックス」という単語が、たくさん出てきますので、通勤中の方は注意して読んでください(笑)




ちなみに、そんな画像はありませんので、そっちのほうは期待しないでください(汗)










10代にとって(限らず?)、セックスとは、特に初めての場合は、好奇心と強迫観念と、そして罪悪感に囚われる。

と言うんで、全部語っちゃったような気もするが。


「イット・フォローズ」




主人公の女の子ジェイは、ちょっと知り合ったイケメンと車で「こと」を行い、「それ」がついてくるようになる。「それ」から逃れるためには、だれかとエッチしなければいけないのだ、という本作。

そう、あのジャパニーズ・ホラーの、アレな設定。

これだけで、本当は十分怖いんだけど、この映画、「それ」の設定の練り込みが圧倒的に足らないので、先の一文のテーマはしっかり描けているが、ホラーとしての強度は非常に弱い。

テーマがそうであるなら、「それ」はもっと、統一感があり「かつ」もっと訳の分からないものでないといけないのではないか?

ただ、気持ち悪いおっさんや、ババアや挙句の果て、お母さんがゆっくりのっそり襲ってくるのである。
20160112-02

だが「セックスの営み」を生と性で描くのであれば、こんなバケモノでは全く面白くない。
「セックスの営み」と「それ」が全く結びつかなすぎるのである

いやそれならむしろ、「セックスをすると見えるもの」は見えなくていいのではないか?

冒頭の被害者の死に方も「性」を感じさせないし、主人公が女で、性への興味真っ盛りであるならば、周りの妹、女友達も、主人公とは違った形でもホラー映画の一員(あるいは被害者と言ってもいい)であるべきだ。そのおいしいネタを全然扱っていない。

主人公ジェイは、不安が走ることで、「ちょい悪幼馴染」と寝たり、「それ」をさらに遠ざけるために、海辺の野郎どもに近づき、ビッチ化するのになんのためらいもなくなる。

まさしく「不安」を遠ざけるためだけのセックスだ。

その一方、「チェリー臭のする幼馴染」には、「オレがもらってやるから」と言われても、単純にお前に「その魅力」がないため、ことは始まらない。

それこそが、「セックス」で見えてくる「性(サガ)」ではないか?
(なに力説してんだ、オレ・・・)


最終的には、チェリー臭と「こと」はするのだが、このとき主人公ジェイが「積極的」に「上位」でいることに注目したい(いやいや、映画を観るって意味だよ(汗))

まあ、つまりは「愛」「喜び」ってことなのだけれども。ラストは甘く、「それ」が来ようとも「手を握っていれば」「愛があれば」。それは最初のイケメンとは真反対の行為であり、感情。共有するは、「愛」。「ついて回る」は「責任感」。

その帰着は全然良いんだけど、それに対しての「IT」がつまらなすぎるので、最終的に評価はあげられない。

しかし全編、80年代風の安いシンセでおどろおどろしく煽る。ジョン・カーペンターや、どっちかというと、ダリオ・アルジェント、の趣。ちょっと前だと、レフンの「オンリーゴッド」(最高!)の音使いも思い出し、ずっといい気分だった。 【関連記事】「オンリーゴッド

[Blu-ray] ハロウィン

オンリー・ゴッド スペシャル・コレクターズ・エディション [ ライアン・ゴズリング ]



画面の色使いも70,80年代風ホラーの色合いをキープしており、それもやはり「イタリアン・ホラー」のテイストに近いように思う。

サスペリアPART2 日本公開35周年記念究極版【Blu-ray】 [ デヴィッド・ヘミングス ]



また、携帯も登場するが、劇中登場する映画やテレビや音楽があえて古臭く、劇中の舞台がいつの時代のことなのか、分からなくしていることなども、本作の取り上げているテーマが普遍的なことを意味している。



追記

このデキかあ。

いやあ、くっそお、惜しいなあ・・・



 ←ランキング参加してます。面白かったら押してください


ランキング参加しています オモシロかったら押してください 映画評論・レビュー ブログランキングへ

 このエントリーをはてなブックマークに追加
↑ ↑ 面白かったら、押してください。

↑ ↑ 映画バカの私が、よく聞くリスニング集です。



「黄金のアデーレ 名画の帰還」 初めて映画デートする中年層男女にオススメできる縁結び映画。ただしいろんな意味(ニヤリ)で予習必須

「黄金のアデーレ 名画の帰還」
劇場公開日 2015年11月27日

20151214



小学生のころから、映画はたしなんできたくせに、どちらかかと言うと、美術の点はダメダメで、モナリザの模写で、顔だけ「ついでにとんちんかん」にして先生に怒られたり、
20151214-5


夏休みの宿題でシルヴェスター・スタローンの「コブラ」のLPジャケットをマジで書いて提出して、放り投げられた、

コブラ 日本語吹替音声追加収録版 【初回限定生産】【Blu-ray】 [ ブリジット・ニールセン ]


という、スイートな思い出のあるオレは、今も当時も変わらず、めんどくさいメンズだったわけだが、絵画ものには基本関心はない。

だが、いろいろ聞くと、今年ベスト、または「アルゴ」を彷彿させる、など、すごい称賛の嵐、ということで、いや「アルゴ」自体は全くかっていないが、そういう映画、ということで、鑑賞することとなった。

アルゴ<エクステンデッド・バージョン>【Blu-ray】 [ ブライアン・クランストン ]




黄金のアデーレ 名画の帰還」 


タイトルは、まあ、世界的にかなりニュースになったので、そのネタバレ感自体は気にならない。
(これも「Based on a true story」系だが、これは冒頭になかったか)というか、「SW」みたいなタイトルだね。

それはさておき、世界的絵画の、国からの個人の返還訴訟のため、ことは大きいが、当たり前だが、事実では、決着までに10年弱かかっている。

しかし、その年月の長さ、主人公の年齢、相棒の生活など、時間において発生しうるドラマは極力そぎ落とされ、本当に「ダイジェスト」なつくり。

これを「手際よく」ととり、断片的でもOKする人もいるだろう。事実、ヘレン・ミレンの凛とした姿、美しく苦悩する姿が、「ダイジェスト感」を補ってあまりある演技が、その背景を雄弁に語っている、とは言える。

しかし、いやいや、手際なんて要らないから、因縁ある祖国、捨てた家族、諦めと奮起、そして、心の決着、と「葛藤」と「心の安らぎ」こそが、この世界的訴訟の、本当のドラマ他ならないわけで、逆に言うと、ヘレン・ミレンでなければ、ここまで淡白な映画にはならなかっただろう、という気もする。

また、国外脱出の、若干「盛った」エピソードを入れるのであれば、主人公が途中現地でいやがらせをされたところをもっと悩ませたり、相棒の「それでも当たり前だが、【お金のため】という、きれいごとで済まない事実を描くなら、もっと苦労が欲しいのである。場面場面は大舞台なのに、展開が早いために、軽くみえるのだ。


ランディの成長の話でもありますが、ちょっと展開が早すぎるかな
20151214-1

だが、すべては捨てたが、それでも裕福層の家系の話なので、その「佇まい」に泥臭い葛藤は不要と言えば不要だ。そういう意味でヘレン・ミレンの演技におんぶにだっこな映画でも全く問題はない。

20151214-3

20151214-4


そう、ここまで書いてようやく?いまさら?気づいたが、クサレおっさんが開ける扉ではない、ということ。

追記

これを見て思い出したのが、「アルゴ」よりも、「アンタッチャブル」。この淡白さ、ダイジェスト感は、よく似ている。

なるほど、人に勧めやすい。

【送料無料】 アンタッチャブル スペシャル・コレクターズ・エディション 【BLU-RAY DISC】

そして、なんとなくみんな思っただろう、「タイタニック」。

タイタニック<2枚組> 【期間限定】【Blu-ray】 [ レオナルド・ディカプリオ ]



凛とした老婦人とラストシーン。感動的であるし、これは狙ってやってるね。

なるほど、これは人に勧められる。

追記2

クサレおっさんが開ける扉ではない、とは言ったが、もしね、クサレを脱却したい、初めてのデートで映画を観る、という中年層(あえてここはその年齢層で)がいらっしゃるなら、猛烈にこの映画オススメします。

ただし、そこはオトナらしく、予習をしたうえで。まあ、「いろんな」意味で、「予習」して臨むことですね

ガンバレ、クサレおっさん。(そしてオレ

 ←ランキング参加してます。面白かったら押してください


ランキング参加しています オモシロかったら押してください 映画評論・レビュー ブログランキングへ

 このエントリーをはてなブックマークに追加
↑ ↑ 面白かったら、押してください。

↑ ↑ 映画バカの私が、よく聞くリスニング集です。

「エベレスト 3D」 Based on a True Story考察、って言ってみる

劇場公開日 2015年11月6日

!!本題はずっと下のほうです。それといつものことですが、ネタバレです!!


2015111705

「ジョーズ3D」、、じゃなかった

2015111706
「13日の金曜日PART3 3D」、でもなかった

あ、これは懐かしいだけ。
2015111708

すみません、




「エベレスト3D」
2015111710



本作は、1996年のエベレスト大量遭難事件を基にした映画、とのこと。

Based on a True Story(笑)

・・・いや、(笑)は不要だが、どうしてもこの決め台詞を見ると、つけたくなる。

「アルゴ」(笑)
「ドミノ」(苦笑)
「エレファントマン」(失笑)
「ライトスタッフ」(笑・・・じゃなくって、襟を正せ!)

まあ、実に多彩である。だがなぜこうも多いのか。今回は、ほんのちょっとだけ、そのことについて考えてみた。

なぜ多いか?大体の見立てはこうだろう。

「感動的だから」
「小説よりも奇なり」

だが、一番の理由はこれだと思う。

「結末が分かってるから」

????

これってネタバレってことだよね。そう、俺たちは、実話=ネタバレ、って思うから、本来はテンションは下がるんだよね。観る側にとってマイナス要素のほうが大きいはずだ。

だけど、製作陣は違うんだよね。

「実話=企画、脚本段階で圧倒的に手間がかからない」
「プロデュース側にプレゼンしやすい」
「実話=訳が分からない企画ではない≒安定した企画」
「ゆえに実話=企画が通りやすい」

こんなところだろう。「安定した企画」って言うのがとってもミソなんだが(罠ともいう)、原作ものが多い現状とロジックはほとんど変わらないだろう。

だが、制約もある。

「当たり前だけど、ネタバレ」
「ものすごい嘘はつけない」
「遺族、関係者に気を遣う」

特にこれらは、映画の内容や作風に関わる。だけど、「Based on a True Story」をこれ見よがしに貼りつける理由も、実話だから企画を通されたのだから、当たり前。そしてオレも自分がファンドするなら、やはり実話の映画化の案件だろうと思う。

だが、少なくとも現在鑑賞者としての立場しかないオレは、その文字を見ることで、テンションは圧倒的に下がる。と言っても最近は、あまりに実話の映画化が多いのと、そこまで社会的出来事にアンテナを立てていないので、(なんせ映画バカなので、はっはっは)

「まあ、「グローリー 明日への行進」みたいな作風じゃなければ、いいか」

というところを自分なりの落としどころとしている。
(「グローリー」をけなしているわけではありません)



はい、本題

「エベレスト3D」

2015111701

うーーん、本作は、どうも制約面が強く出ちゃったかな。

「主人公は〇〇のせいで死んだ」

この辺がちらつくね。

おまけにあり得ない角度の映像で、CG感満載のおかげで真摯感ダダ崩れ、それに加えてそうなのだから、自然の驚異とか神の領域だとか、命の尊厳とかいう、そういう作品にも見えないんだよね。

追記
ジェイソン・クラーク、ジョッシュ・ブローリン好演。
2015111702

好演ゆえに、プロダクションノートやコメントにあるような山で頑張った、とか言わなきゃいいのに。過酷な撮影環境でなくとも、セットの中でもぐっとくる演技はできる人たちなのだから。(これもCGの功罪?)

追記2
ひげ面、防寒着、のそのそ歩き、吹雪、と登場人物認識を遮る要素満載だが、互いに名前を呼び合う(遭難モノにつきもの)ので、意外と誰がどういう行動をしているのかが分かる。

追記3
生き残り△△の救助のためのヘリコプターの着陸シーンが一番怖かった。

・・・ここ、褒めていいのか。

 ←ランキング参加してます。面白かったら押してください


ランキング参加しています オモシロかったら押してください 映画評論・レビュー ブログランキングへ

 このエントリーをはてなブックマークに追加
↑ ↑ 面白かったら、押してください。

↑ ↑ 映画バカの私が、よく聞くリスニング集です。
楽天市場
楽天DVD BD

livedoor プロフィール
LINE読者登録QRコード
LINE読者登録QRコード
オーダーシャツが結局お得
自分磨きに
頭皮もしっかりケア