しんざんの、みんな仲良し映画評!!

ほんとうは仲良しとは程遠い、あまのじゃくな映画評、映画批評、映画評論ブログ 全部ネタバレ。またあまのじゃくゆえ、人によってはまったく受け付けないものもあるよ。もちろん、こっそりオススメもあるよ。

か行

「ゲット・アウト」ネタバレ 笑いも旨味も全然足らないよ!!おっさんはもっとニガーい黒人映画が好きなんだ!!

「ゲット・アウト」
劇場公開日 2017年10月27日

2017102907


2017102901







!!やっぱりネタバレしています!!








そもそも映画の登場人物に感情移入する、という観方をしないオレにとって、アメリカの人種差別映画はキャラ設定やストーリー、視覚的効果に興味を惹かれることが多い。白人が黒人映画を撮ると、「ドリーム」のような無理やりいい話にしてしまうのも、それはそれで楽しい現象だと思っている。

だが、黒人が黒人映画を撮るとちょっと事情は変わる。

「マルコムX」を筆頭に偏るものもあれば、「ストレイト・アウタ・コンプトン」のように主張と娯楽性のバランスがうまくいっているものもあれば、「イコライザー」のように、どうでもいい作品になったりすることもあるが、やはり深読みはしてしまう。


↓ ↓ ↓関連記事はこちら↓ ↓ ↓
「ストレイト・アウタ・コンプトン」ネタバレ 映画ファンには最も遠いジャンル映画だが、その圧倒的なDopeに酔いしれろ





人種差別。日本人のオレには、アメリカの人種問題について真剣に考えることははっきり言って皆無だが、こうは思う。ビルボードがすべてではないが、カッコイイのは黒人ラッパー。白人アイドルが憧れるのは黒人ラッパー。スポーツで活躍するのは、黒人。

生身でみると白人はなんだが汚いなあと思う反面、黒人を見るときれいだなあ、と思う。と同時にその黒光り、その風貌に怖えなあ、とも思う。

主人公は、身体能力の高い、肌のつるっつるとした、インテリジェンスのある写真家、という設定。
そう、オレたちがテレビで見る「すべてを手に入れた、完璧な黒人」である。そこがミソで、そんな完璧黒人に「白人の美女」をモノにしている、というテレビ的理想像。



ザ・イケメン黒人さんだ。
2017102906


2017102905


フリーズしたイケメンと
2017102910

どこか似ている「あの」鹿
2017102909


そんな彼が彼女の実家にあいさつに伺う。そこで恐怖の展開が待っているのだが、ちょっと待て。こいつのふるまいはなんだ?日本語の訳しにも問題があるかもしれないが、なんたる無礼な主人公。こいつがいちいちグチや陰口をたたく。



はっきり言って、この主人公はカスだ。だが、オレはこいつを観て、ああ、それでも、うらやましいなあと思ったりするわけだ。







その感情がなんと、この映画のど真ん中の話だったという。
























「ゲット・アウト」
























本作、黒人監督がその「事実」を「黒人目線」で多面的に描いた作品、ということになる。

だが、その展開に売り文句の「笑い」もなければ「恐怖」もない。なぜなら、やっぱり監督の能力不足でうまくないからだ。

本作は人種差別を「実は白人は黒人の身体能力の高さに恐怖し、憧れているから行われてきた」という定説の裏返しとして、ホラー映画に仕立ててあるのは明白。そのこと自体はいい。

だが、それなら、彼らを「求める」白人はじじい、ばばあではなく、ジャスティン・ティンバーレイクがJAY・Zに傾倒するように、若いイケメンが登場しないといけないのだ。

だから、「祖父母」の「求めた」身体が「どこか足らない黒人」であるのが不満だ。薪割する「体力」、真夜中にランニングできる「体力」に「不満はない」というが、それならそんな仕事はしなくていいだろう。


なぜ「この女」を選ぶ??(笑)
2017102904


また、コメディ的側面でもあるのだが、その「黒人監督ならではの、『偏った黒人賛美』のさらなる逆転、皮肉」としての機能として、デブな黒人の友人を登場させているのだが、

「その黒人賛美は、やっぱり一般の黒人には関係ない、ただの幻想(かっこ笑)。」

と言っているのに、それもいまいちうまくいっていない。(友人が運輸局職員であることを強調しているのは、ただの黒人市民であることを強調している。)


映画館では、下品なセリフしか、笑いが起こらなかった。。。。
2017102908


ボディ・スナッチャー的要素もあの「ゲット・アウト」と詰め寄られるシーンもはっきり言って物足りない。

細かい点だと、彼女の写真の「遍歴」のルックスが実は雑なのも、笑いに結び付いていない。


本来は、

1)調子に乗った勘違い「イケメン黒人」はブルブル震え

2)「白人」は本音を見せつけられ「ドキっ」とし

3)「ブサイクデブメガネ黒人」がヒーローとなる




「アンチ優性遺伝子映画」となっているはずなのに、監督の力量不足と一発設定の脚本の練りこみ不足で、この程度で終わってしまっている。


ビデオパス





追記1


脱出する主人公が圧倒的な「腕力」で家族をねじ伏せるところは、ちょっと笑った。主人公を獲物に選んだ、見る目は確かなようだ。


「物色」シーンは楽しかった
2017102903



追記2

全米を騒がせたホラーは結構面白いものが多いのだが、本作は過去のその手のものに比べると、残念ながら、外れだ。



↓ ↓ ↓関連記事はこちら↓ ↓ ↓


「ウィッチ」ネタバレ 魔法少女になりたいんです!!2016年全米を騒がせたVVなホラーをおっさんはこう見た!



「ドント・ブリーズ」 ネタバレ ホラー版「グラン・トリノ」と片付けるには、もったいない!!とても「うまくて、怖くて、悲しくなる」映画!



ウィッチ【Blu-ray】 [ アニヤ・テイラー=ジョイ ]

価格:3,888円
(2017/10/29 16:42時点)




ドント・ブリーズ【Blu-ray】 [ ジェーン・レヴィ ]

価格:1,500円
(2017/10/29 16:40時点)









 

ランキング参加してます。面白かったら押してくださいね!





ランキング参加しています。面白かったら押してくださいね!


このエントリーをはてなブックマークに追加

↑ ↑ 面白かったら、押してくださいね!

「ゴースト・イン・ザ・シェル」ネタバレ 続いて日本カルチャーオマージュに溢れた、中国資本のハリウッド映画の本作をおっさんはこう見た!!

「ゴースト・イン・ザ・シェル」
劇場公開日 2017年4月7日

2017041504


時流とは少し遅れて世に出てはいるものではあるが、中国資本のハリウッド映画が続く。個人的にそれ自体に違和感はない。

しかし「キングコング 髑髏島の巨神」のような、日本カルチャーオマージュに溢れた、中国資本のハリウッド映画ということになると、「え?何?誰?」みたいな。


そのデキはワールドワイドな共作、と言えば聞こえがいいが、量産体制の製作委員会という結果に終わっている。


「マーヴェル」や「ディズニー」のように、映画自体がコケても回収手段があるならともかく、日本のマンガ、アニメを原作として、マニアな作家がオマージュたっぷりに、巨額の製作費を投じていることには正直、戸惑いしかない。

結果が悪すぎれば、「その原作が好きで」、がスタートだったのに、結果的に、「この原作のせいで」、ということにもなりかねない。


GHOST IN THE SHELL/攻殻機動隊【Blu-ray】 [ 田中敦子 ]

価格:3,888円
(2017/4/16 13:15時点)



攻殻機動隊 新劇場版 【特装限定版】 【Blu-ray】 [ 坂本真綾 ]

価格:9,525円
(2017/4/16 13:16時点)



GHOST IN THE SHELL/攻殻機動隊2.0【Blu-ray】 [ 士郎正宗 ]

価格:7,581円
(2017/4/16 13:18時点)






まあ、オレは原作は知らないし、もっと言うと、マンガやアニメに日本人としての誇りはもっていないんだけどな。













「ゴースト・イン・ザ・シェル」
























良くも悪くも、「キングコング 髑髏島の巨神」とまったく同じような見解になるが、あちらが怪獣映画に対するオマージュたっぷりなら、こちらも同様にいたるところに原作への思いを感じる。



↓ ↓ ↓ 関連記事はこちら ↓ ↓ ↓ ↓
「キングコング 髑髏島の巨神」レビュー 
怪獣映画にとうに興味を失ってたおっさんは本作をこう見た。」





だが、本作、あちらより苦言が多くなるのは、やはりというか、「それ」以上のことをやろうとしていないからだ。







「既視感」





ビデオパス


>



よく言われるように、映像は「ブレードランナー」。登場人物はちょっと弱い「ブラックウィドウ」。内容は「ロボコップ」という自分探し。


【中古】洋画Blu-ray Disc ブレードランナー ファイナルカット

価格:1,840円
(2017/4/16 13:05時点)




シビル・ウォー/キャプテン・アメリカ MovieNEX [ クリス・エヴァンス ]

価格:3,888円
(2017/4/16 13:11時点)




ロボコップ ディレクターズ・カット【Blu-ray】 [ ピーター・ウェラー ]

価格:1,000円
(2017/4/16 13:13時点)









「オマージュを良し」として、それを超えようとしない。






それは監督の作家性か、製作委員会の弊害かはともかく、オマージュだけで作品を語るだけではおしまいである。監督は原作のファンだということだから、まあ、そういうことだろう。

スカ姉さん起用の事情の反転か、やたら背景に力とお金をかけ、「見た目の世界観」だけはしっかり構築している。

個人的には、スカ姉さんが、その「姿」をある意味惜しげもなくさらす姿勢には素晴らしいと感じるが、そもそも「攻殻機動隊ファン」には、そのスカ姉さんの「むっちりな姿」は必要としていないわけで。

2017041502


単なるいち映画ファンとしては、スカ姉さんでまったく問題ないわけよ。
2017041501




Hdge technical statue No.6 攻殻機動隊S.A.C. 草薙素子 完成品フィギュア(再販)[ユニオンクリエイティブ]《07月予約》

価格:9,800円
(2017/4/16 13:31時点)




あ、でもこれはむっちりしてるな
2017041505




↓ ↓ ↓ 関連記事はこちら↓ ↓ ↓
「アンダー・ザ・スキン 種の捕食」レビュー
「 人間って。。。_| ̄|○(はあ、ため息)」



アンダー・ザ・スキン 種の捕食 [ スカーレット・ヨハンソン ]

価格:3,790円
(2017/4/16 13:45時点)




そういう意味でも「製作委員会」的な「本来の思いとはちがった真逆の決定」が、そもそも「映画化不可能」な作品であった、という結論になるわけだ。





追記












桃井かおり


2017041506


ハスキーボイスとタマゴ肌と独自の世界観を持った役者、という共通点がぴったりはまって、両者が面と向き合ったときは、まさにシンメトリーな絵で、ああ、ここだけはオリジナルを超えようとしてるな、少しだけうれしかったりした。



2017041503








 

ランキング参加してます。面白かったら押してくださいね!





ランキング参加しています。面白かったら押してくださいね!


このエントリーをはてなブックマークに追加

↑ ↑ 面白かったら、押してくださいね!




↑ ↑ 映画バカの私が、よく聞くリスニング集です。

「キングコング 髑髏島の巨神」ネタバレ 怪獣映画に興味を失ってたおっさんは本作をこう見た!!

「キングコング 髑髏島の巨神」
劇場公開日 2017年3月25日

2017041001




エミリッヒ版ゴジラは、「インデペンデンス・デイ」後の過剰な期待からの見事にはしごを足元から外されたことに「ハリウッドリメイク」に不信感を抱かせた。

>GODZILLA 【60周年記念版】【Blu-ray】 [ (洋画) ]

価格:4,104円
(2017/4/9 20:22時点)



ギャレス・エドワーズ版のゴジラは、一市民視点からのリアリティとかが完全に言い訳臭く、その姿の見せ方のセンスのなさに、分かってねえ感にがっかりした。

>GODZILLA[2014]【Blu-ray】 [ アーロン・テイラー=ジョンソン ]

価格:2,570円
(2017/4/9 20:21時点)



そして庵野版ゴジラは、以上の2作品よりもデキは全然良いものの、妙に日本にしか楽しめない感と、これってゴジラっていうより〇〇〇、とかいう雑音が純日本製でありながらも、怪獣映画としては子供が楽しめない(本当の意味での子供な)ものだった。

>【送料無料】シン・ゴジラ Blu-ray2枚組/長谷川博己[Blu-ray]【返品種別A】

価格:4,406円
(2017/4/9 20:17時点)



>ヱヴァンゲリヲン新劇場版:Q EVANGELION:3.33 YOU CAN (NOT) REDO.【初回特典CDオリジナルサウンドトラック付き】【Blu-ray】 [ 緒方恵美 ]

価格:5,637円
(2017/4/9 20:41時点)







そう、ここ最近、子供の楽しむ怪獣映画が存在しなかったのである。





コングについては、P・ジャクソン版はそれなりに「映画」として楽しめたものの、オレにとっては、ギラーミンのジェシカ・ラングで第二次性徴を迎えた身にとって、コングとは「荒ぶる性の象徴」。

>キング・コング【Blu-ray】 [ ナオミ・ワッツ ]

価格:1,500円
(2017/4/9 20:15時点)



>[Blu-ray] キングコング(1976)

価格:1,544円
(2017/4/9 20:14時点)




そんな「コング」の「怪獣映画」が製作されたという。



純粋な目の少年たち、おおきなコドモたちをしり目に、いまさら荒ぶっちゃっていいの?、と下品なおっさんは4DXの劇場へ。





「キングコング 髑髏島の巨神」








ハリウッド製の怪獣映画、という意味で特化して言うならば、ここまでのものはこれまでになかっただろう。早々にコング出現。次々に現れる巨大生物。まさしく「怪獣」映画。

映像表現も凝っており、特にヘリコプター撃沈時の第一人称視点などとても緊迫感がある。





だが、映画としては果たしてどうか。



ビデオパス





序盤のコングとヘリ小隊との遭遇はかなりアガるものの、そこからのしりすぼみ感が甚だしい。怪獣映画ゆえ、怪獣だすのが使命であり、それはしっかり果たされるものの、その登場理由におっさんは意味を求めてしまい、タコがでようが、蜘蛛がでようが、それでドラマが進まないから徐々に退屈するのだ。



人間サイドも大物俳優がこぞって、良くも悪くも「怪獣映画ゆえの、そこにいるだけの存在」でしか演じておらず、サミュエルはいつものサミュエルで良いのだが、もっともっとイカれてほしい。「MOTHER F」で止めるくらいなら、もっとイカれた退場の仕方をしてほしい。


ベトナム戦争期の設定、「地獄の黙示録」設定は、ちょうどいい塩梅の兵力、舞台設定であって特筆すべきことでもない。


これぞ見たかった「怪獣映画」、という意見の気持ちは分かるし、こういう画が見たかったという過去作のコピペなどは、とてもバラエティ豊かに行われているとは思う。


だが、年は取りたくないとでもいうべきか、ストーリーやキャラクター設定にもっと深堀りをしてくれないと、楽しめなくなっているおっさんであることを再認識させられたに過ぎなかったわけである。





追記





オスカー獲ったばっかりのブリー・ラーソン。

ジェシカ・ラング、ナオミ・ワッツという面々を見てからの、ではないだろう。出た本人もどうかしている気がするが、役を与えた製作陣もどうかしている。

というか、ブリー・ラーソンで「荒ぶる」期待をしたこのおっさんがおかしいだけだったということか。




 

ランキング参加してます。面白かったら押してくださいね!





ランキング参加しています。面白かったら押してくださいね!


このエントリーをはてなブックマークに追加

↑ ↑ 面白かったら、押してくださいね!




↑ ↑ 映画バカの私が、よく聞くリスニング集です。

「この世界の片隅に」 ネタバレ アニメ耐性がついたおっさんが出会った幸せ。被ばく2世のおっさんは本作をこう見た!!

「この世界の片隅に」
劇場公開日 2016年11月12日
2016112101


「傷物語II」「君の名は。」「聲の形」と今年アニメ映画にチャレンジする、という目標を掲げ、最初のとてつもないハードルをなんとかクリア?し、ここまで来たおっさんにとって、本作を鑑賞することに「アニメ映画」というハードルを全く気にせずに鑑賞しようと思ったことは自然な流れ。



↓ ↓ ↓ ↓ ↓ ↓ 関連記事はこちら ↓ ↓ ↓ ↓ ↓ ↓ 

「傷物語II 熱血篇」ネタバレ アニメ映画ってホント難しい!映倫PG12についても考えてみた。


「君の名は。」ネタバレ ほんの少しだけアニメ耐性が付いたおっさんは「君の名は。」をこう見た!!


「映画 聲の形」ネタバレ またもう少しアニメ耐性が付いたおっさんは「映画 聲の形」をこう見た!





ましてや、広島市、呉市が舞台の映画。被ばく2世のオレにとって、「観なければいけない映画」である。






「この世界の片隅に」









私的なことだが、主人公すずは、オレのおばあちゃんにあたる世代である。

祖母はまさしく「そのような生き方」をしてきたお人である。いきなり終盤の話をするが、広島で原爆を受け、孤児を受け入れ、孤児院を立てた立派なお人である。

だが、それ以上に、「かわいい」人だった。笑顔がくしゃっとなる。祖母と暮らした日々は中学生までだったが、「当時」の話は一切しなかった。今も資料館にその書記を残す祖母がなぜ「当時」の話をしなかったのか。

それはたぶん、「精一杯生きることに、周りがどうだろうと、やるべきことをする。子供たちにこれ以上悲しい思いをさせない」

本当に、ただそれだけだったのだと思う。

ただ日々を、その日を、その次の日を、その次の年を、「生きてきた」だけなのだろう。それは大変な日々だっただろう。だが、人は笑っていきていたい。



いや、「笑っていきなければいけない」。





祖母のように、すずのように、どんなに世界の片隅にいる人間でも、何があろうと、そうなのだ。

大事なものが奪われる。だが、今は生きている。ならば。


その「ならば。」をどう過ごしたか、この映画の登場人物のさまざまな「ならば。」を「さりげなく」描いていることに、オレはうれしく、悲しく、
そしてその「上手さ」に激しく感動しているのである。




この映画には、その日々がある。そしてそこからの、未来がある。



この映画は、戦時中、戦後と、主人公すずが日々を生きる姿を描くと同時に、彼女の中にある「相反する思い」が日々常に交錯し、それが「笑い」「怒り」「悲しみ」「諦観」を重ね、織り交ぜ、小さなエピソードをいくつも見せてくれる。

広島市を故郷に、呉市を田舎に持つオレにとっては、特に瀬戸内海の景色、小丘の松の木、その土の質感に涙する。
2016112103
周作の、すずへの気配りと照れの所作に微笑み、性の生々しさを感じる。
2016112102




哲くんの、すずの「普通の姿」をみて、カットごとに、「はははは」と笑う姿に爆笑し、そして涙する。




ラッキーストライクの空き箱の入った残飯に、怒りと笑いがこみ上げる。




一番ボロ泣きしたのは、ラストの橋の上で、バケモノのかごから出てきたアレ。最高に優しい新たなる出発である。





そして、孤児を連れて帰るすずに涙する。その子供は、うちの母とほぼほぼ同い年にあたる。オレはおばあちゃんのおかげで、ここにいるのだ。








追記

エンドロールも泣かせる。「受け継ぐ」、とはこういうことなのだ。




 

ランキング参加してます。面白かったら押してください



ランキング参加しています。面白かったら押してください

このエントリーをはてなブックマークに追加
↑ ↑ 面白かったら、押してください。

↑ ↑ 映画バカの私が、よく聞くリスニング集です。




「神様メール」 ネタバレ 監督からの「分かりやすい優しい」メール。

「神様メール」 
劇場公開日 2016年5月27日

2016101512



以下、劇場公開時2016年6月7日のものです。


生涯ベスト、という映画の評価や考えることはしたことがない。生涯で好きな映画は変わるからだ。というのはあまのじゃくなオレでなくてもそうだと思う。例えば「ロッキー」が好きだったころはあっても、今では「ロッキー4」のほうが好きなのだが、それは、オレがいつ、どういう状況で観たか、ということのほうが、映画の質よりも大事だと思っているからだ。

「ロッキー」があったからこそ、スタローンはスターになったが、「ロッキー4」があったからこそ「オレの」スターになった。

映画とはそういうものだ。



↓ ↓ ↓ シルべスター・スタローンへのくだらない、熱い思いはこちらで↓ ↓ ↓ 
シルべスター・スタローン作品ベスト10






そんなオレでも、いまだかつてない映画体験をした1本がある。質とか、どういう状況とか一切関係なく、オレのチンケな脳みそを揺らして、なだめて、覚醒させた1本がある。






「ミスターノーバディ」



ミスター・ノーバディ [ ジャレッド・レト ]

価格:1,184円
(2016/10/15 12:50時点)



↓ ↓ ↓ ↓ ↓ ↓ 関連記事はこちら ↓ ↓ ↓ ↓ ↓ ↓
「ミスター・ノーバディ」レビュー






ジャコ・バン・ドルマルの名前はオレの脳みそに刻み込まれてしまった。その彼の最新作がいよいよ公開される(というよりひっそりか)という。

観るのが怖い。うれしすぎて怖い。だが、あれ以上のモノは出てきやしないのでは、という不安もある。

気付けば、出張帰りの新横浜から直接ららぽーと横浜へ。





「神様メール」





【送料無料】 神様メール 【DVD】

価格:3,367円
(2016/10/15 13:24時点)


原題 the brand new testament








神様批判等のくだりはここでは触れない。分からないし。
2016101516

2016101514

コメディです
2016101513






というより、そんな見方をしては、この映画の「陽気さ」「優しさ」「美しさ」を斜に構えてしまって見損なってはもったいない限りだ。

前作「ミスターノーバディ」は、人生の分岐点ですべての選択肢を実践した男が、選べる可能性こそ、「人生の豊かさ」、「人の豊かさ」と知った物語とするならば、今回は選択を奪われた人たちの、生き様をどう締めくくるか、という物語。

締めくくる、というのは、神様が使うPCからメールで余命を宣告された、というものだが、その設定はどうでもよくて、締めくくる、という状況を強制的に与えられたら何をするか、という、まあ、よくある余命もの、といってもいい。




そう、前作とは、設定が違えど、これもまた、人生賛歌。






人は重大な局面に直面すると、心のままに、行動することができるか?それぞれの登場人物を描く、ある種のオムニバスもの、と言ってもいいだろう。





それを、「とんでもない」美しい映像で描くのだから、たまらない。









特に、余命を知って保険屋から「狙撃者」になった男のエピソードが美しい。特に鏡に映った自分との抱擁。(書いても意味わからんな)には、一瞬にして本気で涙がこぼれてしまった。

また登場人物それぞれの心の中にある「音楽」がこれまた、美しい。クラシックに疎いオレでも、なんとその人物とシンクロした選曲なのか、と息をのむほど。

前作「ミスターノーバディ」が役者、映像、音楽、脚本、演出とパーフェクトだったのに対して、今回は徹底してコメディ色を強め、前作よりも分かりやすく俺たちを応援する。

分かりやすい、というのが今回最もドルマルが狙った点なのかもしれない。

こんなおっさんに、2度も心動かされるとは。。

2016101515

神様批判、風刺、というには、鑑賞後、こちらの心が優しくなりすぎている。






追記

次は何年待たされるのだろうか。楽しみで、不安でたまらない。

 ←ランキング参加してます。面白かったら押してください


ランキング参加しています オモシロかったら押してください 映画評論・レビュー ブログランキングへ

 このエントリーをはてなブックマークに追加
↑ ↑ 面白かったら、押してください。

↑ ↑ 映画バカの私が、よく聞くリスニング集です。




記事検索
楽天市場
楽天DVD BD
livedoor プロフィール
LINE読者登録QRコード
LINE読者登録QRコード
オーダーシャツが結局お得
自分磨きに
頭皮もしっかりケア