しんざんの、みんな仲良し映画評!!

ほんとうは仲良しとは程遠い、あまのじゃくな映画評、映画批評、映画評論ブログ 全部ネタバレ。またあまのじゃくゆえ、人によってはまったく受け付けないものもあるよ。もちろん、こっそりオススメもあるよ。

さ行

「ジョジョの奇妙な冒険 ダイヤモンドは砕けない 第一章」ネタバレ 「荒木」と「三池」の「奇妙」な「冒険」はそこにあるのか?いち映画ファンのおっさんは本作をこう見た!!

「ジョジョの奇妙な冒険 ダイヤモンドは砕けない 第一章」
劇場公開日 2017年8月4日


2017081301



荒木飛呂彦氏の原作である漫画「ジョジョ」を日本の商業映画において、もっとも自由に撮れる三池崇史が撮る、という。以前、「無限の住人」のレビューでも書いたが、三池崇史にとって、漫画原作こそ真骨頂、と思っている俺からすると、「『観れる』映画以上、名作以下」ぐらいのモノになる、とは思っていた。


↓ ↓ ↓ 関連記事はこちら ↓ ↓ ↓

「無限の住人」 ネタバレ キムタクはキムタク?キムタクで何が悪い!キムタク自身にはまるで興味がなかったおっさんは本作をこう見た!

「テラフォーマーズ」ネタバレ 原作のダメさを笑いと人脈で乗り越える邦画最高峰のSF映画



本来なら、この組合わせは、何らかの化学反応がおこるものだ。あのつまらない原作「テラフォーマーズ」をあそこまで面白く観れる映画に仕立て上げてしまうのが三池だ。

唯一の不安は「原作ファン」の存在。

映画「ジョジョ」への期待、あるいは評価、とはどうも「世界観の『再現』」らしい。そしてこのファンの数は「テラフォーマーズ」「無限の住人」の比ではない。

映画は誰に向けてに作られるのか?本来はお客さんのためだが、作り手自身のため、というのもあろう。

だが、「お金を出した人のため」という側面も当然ある。


【中古】アニメBlu-ray Disc ジョジョの奇妙な冒険 スターダストクルセイダース 初回生産限定版 全6巻セット

価格:21,600円
(2017/8/13 09:28時点)




これはマズイ。

そこに「荒木」の「三池」の「黄金の心」は宿るのか?



















「ジョジョの奇妙な冒険 ダイヤモンドは砕けない 第一章」













ここから先は、原作ファンも、そして三池ファンも読まないほうがイイです。いち映画ファンとしての戯言だと思ってほしい。






【限定】ジョジョの奇妙な冒険 総集編Blu-rayセット(描き下ろし収納BOX、オーディオコメンタリー付き) 新品

価格:107,460円
(2017/8/13 09:30時点)









ビデオパス




荒木飛呂彦氏も三池監督もこれまでの作品群で、ファンの顔色を窺ったり、人気取りの行動を行ったことがない、とは決して言わない。

だが、本作は作り手が「模写」や「雰囲気」に力を注力し、ファンの顔色をうかがうような作品に「しようとしている」結果になった。荒木氏と三池氏の組み合わせでこの結果は最悪だ。

だが、この作品を見て「まあまあ」という評価を下す「原作ファン」も「映画ファン」もどうかと思う。




今のところ、好評な部分について、すべて逆の意見を言おうと思う。できるだけ原作との比較でなく、映画単体で話そう。




1)俳優とキャラクターについて

神木隆之介の高校生はもう無理。伊勢谷友介細すぎ。

まあ、「コスプレ」と「スタンドの力」という意味ではこの辺はどうでもよいかもしれない。ただし山田孝之の「アンジェロ」がひどい。もっと変態の役でこそ、「アンジェロ」であり、「山田孝之」では。



2)舞台について


オレからすると杜王町は純日本の風景を持つ街だと思っている。だからこそのヤンキーの街であり、日常の中に恐怖が潜み、その日常の生活を守るために、少年たちが悪と戦う。という話だ。

日本ではないどこか、である必要は全くないし、むしろ逆だ。


第一わざわざ海外ロケに行ったところ、大して背景役に立ってない。どうにも「予算確保」にしか見えない。



3)ストーリー

本作、「最初の掴み」が悪すぎる。そして「一見さんお断り」というか、「一見さん来たらラッキー!でも不親切でごめんなさいね」という半分詐欺まがいなつくり。

だが、そもそも原作も本作のあたりは、設定がかなりいい加減だし、盛り上がらない。ラストが変わっててどうのこうの、言うより、全編、ひねりが何もないので、こちらは登場人物の初登場場面でニヤニヤするだけ。

ファンが「ただ後追いするのみ」のストーリーで、最悪。



4)映像と音楽

CGのアラをごまかすためか、全編画面が暗い。この暗さは原作第4部のカラーではない。まあ、それを置いておいても、ヤンキー映画の名手であろう三池がヤンキーのでる映画でここまで映像面でビビっているのは観たことない。

漫画らしい決め画もないし、映画ならでは、な構図もない。

「ジョジョ立ち」しろ、とは言わないが、ヤンキーとジョジョ立ちって意外に相性あうと思うので、三池らしい「おふざけ」が一切なくなったのは本当に悲しい。

音楽はただただ気持ち悪いだけ。



5)スタンド

CGであることははじめからわかるのだから、もっと「カラフル」に「ファンキー」であるべきだ。

多少違和感があっても、というより、「違和感」が本来この作品を楽しむ大きな要因ではなかったのか。

バッドカンパニーのビジュアルを絶賛している人が多いが、あんなの「CG技術」であって、作家性ゼロ。

「いいモノ」をつくる、という視点がここでもブレブレ。










6)最後に

「黄金の心」を持った、「荒木」と「三池」の「奇妙」な「冒険」が見れないようでは、いち映画ファンとしては、本作全く見るべきものがないし、続編は全く見る気が無くなった、というのが結論。





 

ランキング参加してます。面白かったら押してくださいね!





ランキング参加しています。面白かったら押してくださいね!


このエントリーをはてなブックマークに追加

↑ ↑ 面白かったら、押してくださいね!




↑ ↑ 映画バカの私が、よく聞くリスニング集です。

「SCOOP!」 ネタバレ どんだけ「仲良し」なのか。

「SCOOP!」
劇場公開日 2016年10月1日

2016101517







!!すいません、超絶酷評してます。 好きな人は観ないでください!!















どこぞのラジオ映画批評が本作の、リメイク元の作品を語るに終始して、どんだけひどい映画を「語らずして語っている」。

福山雅治氏がもうこういう役がやりたい、というのと、製作委員会の「無難な」策と大根監督のちょっと「ツウ」な部分がうまく絡み合ったかと言うと、全くそんなことはない。


結局は「アイドル映画」にしたかったのね、というのが鑑賞前から透けて見えており、客足もやっぱりの「今更な中年アイドル」映画に対して、「閑古鳥」。



「シン・ゴジラ」「君の名は。」とそれぞれピン・ポイントに狙ったコアな作品が意外に万人の関心を得ることとなった一方、この「万人のもとアイドル」が出た映画は、今年の邦画界のいいムードを引き下げちゃったなあと思ってしまうほど、悲しいデキ。



いや、ひょっとしてワザとなのか?




SCOOP!








タイトルが妙にダサくみえるのは気のせいか。

本作ダメなところはたくさんあるが、何といっても話がつまらない。

そして、主人公のキャラクターがめんどくさい。というか、福山雅治氏がどうもめんどくさいのか、というべきか。



そもそも汚れ役、というのは昔からカッコイイ役である。

それをまあ、実にかっこうよく撮ってしまうのだから、もう濃くて濃くて。さらにシモいセリフとあの調子でしゃべるものだから、まあ、ちょっとめんどい。

映画は、リリー・フランキーと楽しい絡みを見せたかっただけにしか思えないし、特にラストの展開は、リリー氏に「発射されて果てる」なんざ、どんだけ「仲良し」なのか。

二階堂との「どんだけくさい」ラブシーンや、吉田羊と主人公の関係なんかより、遥かにこっちが福山氏の顔じゃね?と思えるほど。

これは明らかに狙っている。




設定も、ベテランと新人とのバディ・ムービーとしても魅力がないし、序盤のカーチェイスも中盤の珍騒動も恥ずかしくて見てられない。




追記

福山雅治氏が、ちょび髭はやした、ホモの詐欺師みたいな役をやってくれたら、ぜひ観に行くよ。


 ←ランキング参加してます。面白かったら押してください


ランキング参加しています オモシロかったら押してください 映画評論・レビュー ブログランキングへ

このエントリーをはてなブックマークに追加
↑ ↑ 面白かったら、押してください。

↑ ↑ 映画バカの私が、よく聞くリスニング集です。




「ジェイソン・ボーン」ネタバレ 9年経っても内輪もめ、とはどういうことよ

「ジェイソン・ボーン」
劇場公開日 2016年10月7日

2016101301




おっさんのオレにとって、アクション映画はただただ敵をぶち殺す映画であれば、何も問題なく、それプラス主人公がちょっとだけ陰のある存在であれば、十分感情移入できるのである。

そんなオレにとって、アクション映画の永遠のヒーローはジョン・ランボーであり、最高のアクション映画はランボー・シリーズである。

ランボー【Blu-ray】 [ リチャード・クレンナ ]

価格:1,500円
(2016/10/14 01:17時点)



ランボー 怒りの脱出【Blu-ray】 [ リチャード・クレンナ ]

価格:1,500円
(2016/10/14 01:18時点)



ランボー3 怒りのアフガン【Blu-ray】 [ リチャード・クレンナ ]

価格:1,500円
(2016/10/14 01:19時点)


ランボー 最後の戦場【Blu-ray】 [ ジュリー・ベンツ ]

価格:2,653円
(2016/10/14 01:19時点)


そんなオレがアクション映画の歴史を塗り替えたと言われる「くそめんどくさい手ブレアクション」の元祖であるボーン・シリーズのことなど、どうでもいいのだが、9年ぶりに復活、という。

しかし、今更CIAを悪者にするほど、時代遅れなことはしないだろうな、と思いつつも、どうも「やっぱりそうらしい」。




ボーン アイデンティティー 【ブルーレイ/Blu-ray】【RCP】 【05P01Oct16】

価格:1,534円
(2016/10/14 01:32時点)



ボーン・スプレマシー【Blu-ray】 [ マット・デイモン ]

価格:1,500円
(2016/10/14 01:33時点)


[Blu-ray] ボーン・アルティメイタム

価格:1,405円
(2016/10/14 01:34時点)







「ジェイソン・ボーン」








まずこのタイトルからして、「ランボー最後の戦場」の原題「JOHN RAMBO」、「ロッキー・ザ・ファイナル」の「Rocky Balboa」を想起させる。

「ランボー怒りのアフガン」オマージュではないかというようなオープニング。そろそろアクション映画は80年代、90年代に限る、とようやく業界が認めたかのようなオープニングに、本来うれしくなるはずだが、どうもカッコ悪い、というか釈然としない。



そもそもボーンはなぜそんなことをやっている?

2016101302

「ランボー怒りのアフガン」より。
2016101305



本作、終始、登場人物が「なぜそうする?」というような疑問が付きまとい、アクション映画に必要な「爽快感」は全くなく、内輪でうじうじうじうじと乳繰り合う展開。



おいおい、9年経ってもそれか。





とにかく登場人物がすべておかしい。一番おかしいのはボーンだが、アリシア・ビカンダーも、トミー・リー・ジョーンズも、ヴァンサン・カッセルも全く何をやっているのか。

自分で墓穴を掘って、自ら墓穴に顔を突っ込む。

役どころとしても、アリシア・ビカンダーは全く魅力なし。説得力なし。

2016101303

まったく捻りもなにもないトミー・リー。
2016101304



話の展開はもっとひどい。

前半のアテネのシーンなんざ、丸々要らないシーンだし、さらに中盤の追跡劇も結局何だったの?というまるで意味のないもの。

最もひどいのは、ラストのカーチェイスで、警官殺しまくりのカッセルと、無駄にカーチェイスを繰り広げるデイモン。

この映画の中で、ストーリーや展開、サスペンス、何一つとして、映画的に緊張感を引っ張るものがない。




追記

そろそろアクション映画も、容赦なく敵をぶち殺すものに回帰してほしいものである。

 ←ランキング参加してます。面白かったら押してください


ランキング参加しています オモシロかったら押してください 映画評論・レビュー ブログランキングへ

このエントリーをはてなブックマークに追加
↑ ↑ 面白かったら、押してください。

↑ ↑ 映画バカの私が、よく聞くリスニング集です。




「シン・ゴジラ」ネタバレ 庵野氏にもゴジラにも思い入れのない映画バカは「シン・ゴジラ」をこう見た!

「シン・ゴジラ」
劇場公開日
2016年7月29日

2016073001



!!ネタバレしています、注意してくださいね!!










東宝の12年ぶりのゴジラ映画を「エヴァンゲリオン」の庵野監督で、という話題作。



2016073005


ただしその発表からずいぶん経つこと、昨年の、不評の実写版「進撃の巨人」の樋口監督が絡むということ、公開前の予告のチャチさやそこで行われている雰囲気から、何となく「うそ予告」な空気も感じつつも。






関連記事はこちら
↓ ↓ ↓ ↓ ↓ ↓ ↓ ↓ ↓ ↓ ↓ ↓ ↓ ↓ ↓ ↓ 

「進撃の巨人 ATTACK ON TITAN」レビュー

「進撃の巨人 ATTACK ON TITAN エンド・オブ・ワールド」レビュー


公開初日のレイトショーは超満員。男女比は9:1といった「特撮ファン」「庵野ファン」といったところか。




「シン・ゴジラ」














劇場では「スター・ウォーズ フォースの覚醒」以上のお祭り感があり、ここのレビューも気合の入ったものも多い。

関連記事はこちら
↓ ↓ ↓ ↓ ↓ ↓ ↓ ↓ ↓ ↓ ↓ ↓ ↓ ↓ ↓ ↓ 
「スター・ウォーズ フォースの覚醒」レビュー



だが、映画自体は、なにも「難しくない」映画。
(ただしお子様には難しい)


本作、庵野監督自身の、その人脈、東宝の力によって、「都心の災害対策シミュレーション」および「『日本』への希望」のいうシンプルなテーマの中に、「アニメオタ」「軍事オタ」「特撮オタ」「政治オタ」が集結し、各分野こだわりぬいた作品となった。

ただし、そのアニメ的な「カット割り、カメラワーク、セリフの応酬」のこだわりが特に映画に深みを与えているわけでもなく、それが「らしさ」と言えばそうだし、画面的な賑やかもあるにはあるが、、普通の映画ファンにはこの程度のストーリーにわざわざ「めんどくさい装飾をどっぷり添加しているだけ」に見え、ただ無用に疲れる映画でもあることは確かだ。

なので、そこはやはり「庵野氏の映画」として、深く考える必要はなく、「やっぱりそういう画になるんだね」という程度に軽く付き合うのがいい。

出演陣については、石原さとみの起用の失敗は言うまでもなく、いくらエヴァの登場人物的なサービスとしても、「キャバ嬢」メイクでの登場はいただけない。なにより年齢が若すぎ。

豪華なゲストスター総出で、「探せ」的な楽しさもあるが、豪華さを持たせるなら、海外の要人、例えば米大統領や仏大統領に海外の超有名人一人を引っ張ってくるぐらいの気概は欲しい気もした。「立ち上げれ、日本」とでも言うのなら、超有名外国人俳優を呼んで、その人物を唸らせることが、作品の豪華さ、真剣度を上げることにもなろう。

そう、石原さとみの役を、ハリウッド女優にさせるのが良かったかもしれない。



だが「核の使用を絶対に否定し、日本の力だけで立ち上がる」、あるいは「ハリウッド製ゴジラ」に対抗してやる、という思いから、という意味では、そのへんは「国産」にこだわったのかもしれない。




CGの出来については、特に気にもならず、むしろ「特撮」感が出るようになっているのは良いところ。
2016073002

2016073003


ほかに本作の欠点として、ロケーション撮影の、臨場感、緊張感のなさがあげられるが、それ含めての「レトロ感」「特撮感」であるならば、まあ、そこもむしろ楽しむべきなのかもしれない。

ゴジラについては、「無機質感」があるのがよい。

しかもこのルックスは、日本の「国産ゴジラ」らしく、「火山」にも見えますね。
2016073004


退治方法にカタルシスがないという意見もあるが、「災害対策」にカタルシスは必要ない、ということでその点は問題ない。






追記

役者陣でも、柄本氏、余氏、國村氏が楽しいが、ラーメン伸びたことに嘆く平泉氏が特に素晴らしい。



 ←ランキング参加してます。面白かったら押してください


ランキング参加しています オモシロかったら押してください 映画評論・レビュー ブログランキングへ

 このエントリーをはてなブックマークに追加
↑ ↑ 面白かったら、押してください。

↑ ↑ 映画バカの私が、よく聞くリスニング集です。




「死霊館 エンフィールド事件」ネタバレ 「映画」としてはとてもいい。だが、もっと、もっと、もっと(懇願。。)

「死霊館 エンフィールド事件」
劇場公開日 2016年7月9日

2016071201




!!ネタバレ注意です。また前作のびっくりシーンも画像貼ってますので、前作観てない人は注意してくださいね!!





前作「死霊館」の素晴らしさは、古今東西、老若男女を対象としたまさしく「資料館」ならではの「ホラー映画愛」に満ちあふれた傑作だった。もちろんあのアナベル人形がアクセントとして相当な効果があったのは、つまらないスピン・オフが出来たことでも分かる。


いらっしゃい
2016071208




↓ ↓ ↓ おすすめホラーです ↓ ↓ 


関連記事「死霊館」レビューはこちら



【中古】【Blu-ray】死霊館 ブルーレイ&DVD(2枚組)(初回限定生産) (洋画)



アナベル 死霊館の人形(Blu-ray Disc)




その後の「インシディアス第2章」は、ホラー映画のフォーマットに、数々の映画オマージュを織り込み、ホラー映画の域をすっかり飛び越えてしまって「怖くはないが、とても面白い」という珍妙な作品に仕上げた。


↓ ↓ ↓ ↓ ↓ ↓おすすめホラーです ↓ ↓ ↓ ↓ ↓ ↓ 

関連記事「インシディアス第2章」レビューはこちら






インシディアス 第2章【Blu-ray】 [ パトリック・ウィルソン ]





映画オタク、ジェームズ・ワン監督。

2016071204



結果「死霊館」でホラー映画監督としてピークに達し、「インシディアス第2章」で「映画監督」として、また1歩進んだ、という印象だった。(ちなみに「1」は凡打、「序章」は駄作。。。)


↓ ↓ ↓ ↓おすすめしないホラーです↓ ↓ ↓ ↓ ↓ ↓

関連記事「インシディアス序章」レビューはこちら



【送料無料】 インシディアス 序章 【BLU-RAY DISC】





それ故か、ホラー映画引退宣言をし、おなじアジア人監督ジャスティン・リンから「ワイルドスピード」の最新作を引き継ぎ、「ホラー映画」だけではない、だが「ホラー映画では許された【表現さえよければ粗っぽくてもいい】スタイル」を見事にアクション映画で実行し、大ヒットさせた。ヒットメーカーとしても地位は確立したようなものでもある。そう、どこかサム・ライミのキャリアと被ってくる。


↓ ↓ ↓ ↓ ↓ ↓ ↓ ↓ ↓ ↓ ↓ ↓ ↓ ↓ ↓ ↓ ↓ ↓ ↓ ↓ ↓ ↓ 

関連記事「ワイルドスピード SKY MISSION」レビューはこちら




ワイルド スピード / ワイルド・スピード SKY MISSION 【BLU-RAY DISC】



そのジェームズ・ワンが「死霊館」続編の監督をするという。

それは「映画監督としての」さらなる高みへの「逆説的挑戦」か、ヴィン・ディーゼルにいじめられての「出戻り」か、ただ単にライミの「スペル」のようにやってみたかったのか、期待と不安は入り混じる。


果たしてホラーマスター、ジェームズ・ワン監督はホラーに戻ってきたのか?




「死霊館 エンフィールド事件」







序盤の「インシディアス」風描写に若干の不安がよぎり、また「ホラー」置き去りの作品になるのでは、という思いから始まる。英国に移ってThe Crushの「London Calling」が流れ、アレ、ちょっと時代が違わなくね、と思いつつもまあ、いいや、と少し妥協しつつの鑑賞が続く。

The Crush London Calling



だが、この違和感が家の中を回る無意味なワンカット風撮影で、どうにもつまらないと感じるようになる。家の中の構造、家族構成を描いたように見えるが、ワンカット風で撮る意味がない。これがあの「狼の死刑宣告」の立体ガレージを縦横無尽にカメラを動かしたワンの作品か?と疑うほど意味がない。


狼の死刑宣告 [ ケビン・ベーコン ]






また前作でも描いた、家族の絆、ウォーレン夫婦の絆と、改めてするようなことでないことも繰り返し、中途半端にドラマを展開し、本来の「びっくり箱」は前作の足元にも及ばない、という残念な出来。



この後の展開がどうであれ、おじいたん、というのがそもそも面白くない
2016071206

テント、おもちゃの機関車など、小道具ベタすぎ。ワンよ、どうした?
2016071210


前作の、あの芸術的な「ワンショット」、想像だにしないあの「パンパンっ」の恐怖。「定番」と「意外性」の見事な、奇跡的な共存。洗練された「センス」と言っていいだろう。

2016071207

2016071211



それが本作にはない。



またアナベルの次に、「資料」館に収納されるものが、ゾエトロープというのも実にショボい。観客全員が全員、視線はゾエトロープそっちのけ、ガラスケースのアナベル凝視、拍手喝さい、という残念なシーン。(ゾエトロープのオバケは傑作ホラー「ババドック 暗闇の魔物」の影響ありそうだ)

2016071217



↓ ↓ ↓ ↓ ↓ ↓ おすすめホラーです ↓ 
↓ ↓ ↓ ↓ 

関連記事「ババドック 暗闇の魔物」レビューはこちら




【ポイント2倍】ババドック 暗闇の魔物 [DVD]



あと、ベラ様も、時代に合わずか、フリルブラウスを着なくなって悲しい。



お美しい。。前作「死霊館」より。
2016071214
衣装も前作のほうがイイですね


少しお年を召されたようですが、
2016071213

それでも、お美しい。。
2016071209

もう少し早くホラーに出ていれば、クイーン間違いなし。
2016071202


結果、「インシディアス第2章」でワン監督の中にある、映画マニアの欲がうまく発揮できた分、
今回は一層「ホラー離れ」な作品になってしまうのでは、という不安が的中した形。

ホラーマスターだか何だか知らないが、この程度で「戻ってきた」と言われては「死霊館」の大ファンとしてはちょっといらつくのである。


一番怖かったのが、舞台紹介の説明文と「The Conjuring2」の字の出方のところだったという悲しさ。

この青がかった絵作りはあんまり怖く感じない
2016071205

やるなら、もっと、もっと、もっと(悲願。。)ホラーに特化してほしい。






追記

少し支持的な意見を言わせてもらうと、原題の意味からしても、「The Conjuring」≒「The Exorcist」。「エクソシスト」は「エクソシスト」でも、「1」より「2」寄りなのが、なかなか楽しくはあった。

姉妹ともがんばってましたね
2016071203


追記2

鑑賞後、辺りを見渡すと、なんと女の子ばっかり。

もちろん前作を観てのことだろう。それほど前作「死霊館」は「センス」がいい。上品ってことだ。



 ←ランキング参加してます。面白かったら押してください


ランキング参加しています オモシロかったら押してください 映画評論・レビュー ブログランキングへ

このエントリーをはてなブックマークに追加
↑ ↑ 面白かったら、押してください。


↑ ↑ 映画バカの私が、よく聞くリスニング集です。




楽天市場
楽天DVD BD

livedoor プロフィール
LINE読者登録QRコード
LINE読者登録QRコード
オーダーシャツが結局お得
自分磨きに
頭皮もしっかりケア