しんざんの、みんな仲良し映画評!!

ほんとうは仲良しとは程遠い、あまのじゃくな映画評、映画批評、映画評論ブログ 全部ネタバレ。またあまのじゃくゆえ、人によってはまったく受け付けないものもあるよ。もちろん、こっそりオススメもあるよ。

は行

「ハウス・ジャック・ビルト」ネタバレ 「地獄の門」をくぐった先は。おっさんは「真面目な」変態トリアーの新作をこう見た。

ラース・フォン・トリアー5年ぶりの新作。

20119061501


今回も相当ヤバイらしい。

今回「も」というのが、もう何回あっただろうか。なんだか、観る前から「どうせ」という単語がちらつくが、前日のお仕事後のご褒美として、初日の初回の渋谷へ。

「ご褒美」でこれを選ぶオレも、トリアーと変わることなく、相変わらず変態。なんだかんだ、しっかりフォロワーである。

オレの中では、ある種、マイケル・ベイ作品を観に行くようなものである。

やばいな。


「ハウス・ジャック・ビルト」













女性蔑視と言われ続け、鬱になっても映画を撮り続け、でもいつだって自分に正直で、とっても真面目なラース・フォン・トリアー。

前々作「メランコリア」で壮大な「セカイ」をぶちまけ、スッキリしたのだろうか、前作「ニンフォマニアック」から自らの思考や嗜好を笑いに結び付け、過去作まで自らおちょくる、といった「閉じた」めんどくささが抜け、「すこしだけ開けたセカイ」を見せるようになった。

中二が中三になったようなものか。

ただ、その「笑い」や「自虐ネタ」が根が真面目過ぎるゆえ、「ベタすぎて笑えない」といったところが前作。

で、本作はどうだったかというと、これが全く同じ(笑い)。

前作の主人公と聞き手の立場がまんまトリアー自身と過去の作品の主人公だったのに対して、本作主人公もやはりトリアー自身。

前作の「悪魔と神父のような存在(実はただの童貞)」という関係から、今回はシリアルキラーと地獄の道先案内人。

イケメン マット・ディロンがトリアー作常連のあの人のような顔に。

2019061607


なんにも変わっていない。オープニングで主人公が「神」か「悪魔」かと会話をしていることがバレバレが、清々しい。

先に言っておくが、今回のトリアーは「アクション」が多めだ。「インディアナ・ジョーンズ」ばりのアクションを見せてくれる。
2019061601

いや、見せてくれる、というか、その見せ方が相当ヘタクソで、ものすごくダサイ。いや、それも「自虐」のひとつ、ということなのだろうが、やはり相変わらず「めんどくさい」。

物語は5章で分けられ、

本性が覚醒する1章。

殺人強迫観念に囚われ、どうでもいいババアに、どうしようもない嘘で押し通す第2章。

「家族とのふれあい」の第3章。

「愛を語る」第4章。

技師であり、建築家として、タイトルにもなっている、こだわりの「材料」で建てるロダンの「地獄の門」(これが「The House That Jack Built」ということ。邦題のこだわりもこれ。)から、ダンテの「新曲」の地獄めぐりがスタートする第5章。

地獄の門
2017091627

2019061502

と書けば、かなり面白いが、各章がそんなに密接に絡み合っているわけではないので、やっていることの嫌悪感が際立ち、深みをあまり感じさせないのが、長所であり短所な本作。

しかし、そう、それがまさしく、彼の「作品群」であり、「彼自身」なのだ、という、自虐的なスタンスがやはり本作の軸。

とっておきのラストを際立たせるための、各チャプターの女性蔑視の開き直り感、動物虐待、児童惨殺、死体損壊もスゴイ。


2019061606

最悪のシーン
2019061603

2019061604

2019061605

ダンテの肖像画風のコスチュームをまとっての、地獄めぐりからの、煉獄チャレンジも、期待させての、「やはり」のオチが楽しく、そのまま気持ちよく、エンディング・ソング「Hit The Road Jack」につながる。

どんなに屁理屈をこねようとも、どんなに絵画的な美しい画を見せようとも、根っこがくそ真面目ゆえ、めんどくさいトリアー渾身の「自虐、自嘲、自傷映画」。






 

ランキング参加してます。面白かったら押してくださいね!


このエントリーをはてなブックマークに追加

↑ ↑ 面白かったら、押してくださいね!


「ボヘミアン・ラプソディ」 元クイーンファンのおっさんは本作を観ながら、文句を言いつつも歌ってしまったよ。

聴かなくなったのはいつからだろうか。







「ウェインズ・ワールド」('92)のヘッドバンギングから始まっているので、大学生のころから聴き始めたのだが、ジョジョよりちょっと先に「キラー・クイーン」にハマり、青くっさいガキゆえ「手をとりあって」にすっかり毒され、プログレにハマっている最中に、「クイーンII」にハマり、「ショー・マスト・ゴー・オン」に泣かされ、「輝ける日々」に枯れるほど泣き、「メイド・イン・ヘヴン」で我に返ってから十数年。

オレの今のプレイリストには、「セイル・アウェイ・スイート・シスター」しか残っていない、という。

あ、そうか、あとはレディ・ガガを聞き始めて、「レディオ・ガガ」をちょっと聴いたぐらいか。
そんなクイーンの映画化の企画が立ち上がったのを聞いた時は全く興味がなかった。だが監督は「あの」ブライアン・シンガーだという。おれに、そんな趣味はないが、これは行かなくては。
カミさんに、テイラー・スウィフトのライブ鑑賞をNGにされたので、これはお願いしやすい。
というか、テイラーの代わりになるのか?と思いつつも、OKをもらったので、初日の川崎LIVE-ZOUNDへ。




「ボヘミアン・ラプソディ」


2019011202



本作は、クイーンの実は「落ちていく直前の最期の一花咲かせたイベント」にあたるライブ・エイドをラストに持ってきているので、「ベテラン」となって「商業おっさんバンド」としての「カインド・オブ・マジック」以降とフレディの肉体的衰退とその最後までは描かれていないが、これで正解だと思う。

「元」クイーンファン、ということもあるが、感傷的なレビューはせずに語るならば、フレディが天才、というだけでなく、ルックスにコンプレックスを持っていたり、止められない性癖、一人では眠れない小さな男として描かれていることに、作り手のこだわりを感じる。

ゲイに目覚めていくエピソードやその描写など、「今の時代だからこそ」、描ける、受け入れられるものであり、商業的にも、ただの伝記映画にしない、時流に乗ったものという印象が強い。

だが、映画として、面白くなっているかというと、それは違う。

本作、基本的には、フレディの「栄光と影」の話だ。同時にベストアルバム的な選曲とその誕生エピソードを展開しながら進むため、ファンは楽しいが、フレディの波乱万丈な人生描写とうまくリンクしていない。

もちろん、「ボヘミアン・ラプソディ」誕生秘話は前半のハイライトであるには違いないが、映画としての盛り上がりがライブ・エイドまで全くないのはキツイ。
ラブストーリーとしても、史実に近いルックスの相手ゆえ、BL映画として楽しむことも難しい。
「伝記映画」と「映画」のバランス、「虚構」と「真実」の「演出」がどうにも振り切れていないというか、詰めが甘い。



そして最大の欠点は、ライブ・エイドのシーン。




妙ちくりんなカメラワークや粗いCGは、まあ、置いておこう。それよりも、いちいち会場外のバーやフレディの実家を映したり、とちょいちょい、ステージの外にカメラが飛び出してしまう点だ。
こっちはなあ、一緒に歌ってんだよ!!

みるみる記憶がよみがえって、全曲歌詞まで思い出してちゃってるんだよ!!それを邪魔しやがって、この映画にこれ以上の楽しみ方があるか??

ましてやここがハイライトですうみたいな作りにしているのに、20分間ずーっとステージにくぎ付けにしないでどうするよ??

いや、確かに「ハンマー・トゥ・フォール」をフルに聴くのは嫌だ。だからと言って、チャリティ募金がいくらになりました、電話が引っ切り無しになってます、とかどうでもいいんだよ。ライブシーンの迫力を観ればそんなこと描かなくても分かる。

お前らは泣いたというが、オレは違う意味で泣いたよ。

ブライアン・シンガー降板については、後で知ったが、ブライアン・シンガー自身にこだわりはないが、彼のそのケの「演出」がどこまでだったのかには、興味はあった。どの部分でもめたのか知らないが「ゲイ」映画としては、今の時代的にはまあまあ、だが映画としての出来は落第。

結局、「クイーンの功績のみ」で映画が成り立っただけ、という結果。

フレディ役についてだが、似てはいないし、初期のルックスは悪意があるんじゃね?と思わせるほどブサイク。顔もそうだが、線が細い。これならROLLYのほうがいんじゃね、とも思った。

だが、ちっぽけな、そして、後悔先に立たず、な時間のない覚悟を決めた男が、ウェンブリーでの大会場で主催者にして最高のライブアクトと言わしめたあのシーンを十分に再現していたと思うし、だからこそこっちも一緒に歌うことが出来た。

先も述べたが、クイーンの名曲誕生秘話を楽しみながら、歌い、ライブ・エイドの20分で大合唱するのがこの映画の楽しみ方なので、遠慮なく歌えばいい。

テイラーの代わりには、まあ、なったかな。

追記

最後に「ドント・ストップ・ミー・ナウ」と「ショー・マスト・ゴー・オン」を使ったりと「ベストアルバム」的な役割は抜かりないし、「アイム・イン・ラブ・ウィズ・マイ・カー」の自虐ネタは楽しいだが、やはり「クイーンII」の扱いは低いな。

追記2

「ボヘミアン・ラプソディ」がフルに聴かせてくれない点について

劇中なぜフルに聴かせてくれないのか、という文句をちょいちょい見かける。そりゃ、お前、曲誕生のエピソードでしっかり、オーバーダブの繰り返しで曲が出来た、という説明をしっかりしてるやないか。

ライブ・エイドのほうで実際全部やってないので、聞かせないのは当たり前だが、「ボヘミアン・ラプソディ」をライブで行ったときの、ステージ演出も当時はオペラパートはかなりキッツイものだったことは残されたライブ映像も観ても分かる。

また曲自体が「オペラ」ゆえ、「ミュージカル映画」にしようとしていないのだから、劇伴にもなりにくい。この映画が「聴かせてくれない」のは、「聴かせられない」からだ。今の世間の認識と同様の「ライブバンド」としての伝説を謳った映画なので、「クイーンII」の扱いが低いのも、当然と言えば当然なのだろう。

 

ランキング参加してます。面白かったら押してくださいね!





ランキング参加しています。面白かったら押してくださいね!


このエントリーをはてなブックマークに追加

↑ ↑ 面白かったら、押してくださいね!

「パーティで女の子に話しかけるには」ネタバレ エル・ファニングは確かにかわいいが、おっさんは本作を90年代最重要バンドの誕生譚と見た!

「パーティで女の子に話しかけるには」
劇場公開日 2017年12月1日

2017121401













「パーティで女の子に話しかけるには」












ビデオパス




舞台は1977年。



この時代設定でピンとくるのは、英国において、パンクが全盛期になるも、セックス・ピストルズの解散をもって、実はパンクは終焉に向かう時代。

2017121403


2017121402


エル・ファニングはサイケデリックな「アメリカ人」と思われている異星人だが、その年は「SF」、「アメリカ文化のイギリスへの侵略」を象徴する「スター・ウォーズ」の公開の年でもある。

2017121405


異星人だが、島国イギリス人にとっては、異質なものは、「アメリカ人」と片付ける。だが、そのルックスは実はかつて自分たちが通ってきた「サイケ」の姿であり、パンクが最も嫌った「クラシック」をベースに「テクニックこそ至高」とした「プログレッシブ・ロック」の姿である。

ざっくり言うと、「パンク」と「それ以外」という構図。

エル・ファニングは本作を「ロミオとジュリエット」と例えた。なるほど。

2017121406


カワイイですね
2017121407


「パンク・ロック」と「サイケ」「プログレ」という過去の文化と「SF」という「アメリカ文化のイギリスへの侵略」という、コロニー(生態)間の、「ボーイ・ミーツ・ガール」。


言ってみれば、グラムロックの旗手デヴィッド・ボウイが「サイケ」、「スペースロック」から、「パンク」でなく、「ソウル」に走ったため、決して相容れることのなかった音楽性の象徴である主人公二人が、双方のコロニーの反対を振り切って愛を語るお話である。


この主人公二人が、ともに意気投合し、結ばれる

2017121404

しかし、訣別を迎える。旧生態としての異星人はまるで投身自殺のように、ビルから全員で飛び降り、その音楽性が時代から滅びゆくかのように去っていく。エル・ファニングもかぐや姫のごとく、去っていく。











そして舞台は1992年。



主人公の前に、二人の子供という集団が現われる。二人の子供とは、「パンク」と「サイケ」「プログレ」「アメリカ」の申し子、ということになる。

デヴィッド・ボウイがなしえなかったこと。これは何を意味するだろうか。

おっさんはあの90年代最重要バンドとしてあげられるあのバンドを思い出した。

「パンク」の自己主張性を「アメリカ」の「グランジ」に乗っけたかのようなギターサウンドでデビューを果たしたあのバンド。そしてその後「パンク」「グランジ」の枠を超え、「プログレ」「エレクトリック・サイケ」と幅広い音楽性を繰り広げたあのバンド。





そのバンドの名は、レディオヘッド。



本作は1992年にデビューした、レディオヘッド誕生譚なのだ。









追記

この時代の後のブリット・ポップについては、きっとこの監督は嫌いなんだろうなあ。



 

ランキング参加してます。面白かったら押してくださいね!





ランキング参加しています。面白かったら押してくださいね!


このエントリーをはてなブックマークに追加

↑ ↑ 面白かったら、押してくださいね!



「ブレードランナー2049」ネタバレ 伝説の前作に続き、本作の裏設定はこれだ!!。おっさんは、久々にドゥニ・ビルヌーブを楽しんだよ!!

「ブレードランナー2049」
劇場公開日 2017年10月27日

2017110401

















!!!ネタバレあります!!!


















「ブレードランナー」(’82)


ブレードランナー クロニクル【Blu-ray】 [ ハリソン・フォード ]

価格:1,080円
(2017/11/4 08:25時点)




初見は、「ターミネーター」との特別同時上映。確か中学生だったように思う。自分大好きな盛りの中学生であれば、レプリカントがそもそも何なのかすら理解する気もなく、「明らかにロボット」なシュワルツェネッガーことターミネーターに夢中になったのはごくごく当たり前のことである。

その後も何度か観てはいるが、サイバーパンクなカルト人気は理解はするが、いつ見ても全く楽しむことはできていない。

「なにを追っているのか?誰と戦っているのか?」
「見た目が良ければ、それでいいのか?(ここではレイチェルのこと)」

楽しめない理由はそこにあった。

そしてうん十年。その続編ができるというニュースが流れ、ハリソン・フォードも出るという。やめときゃいいのに、とは思ったが、予告からはビルヌーブの作り出す映像は大いに期待の出来るものだった。

だが初日には行かず、何を血迷ったか、「ゲット・アウト」を優先した次第。


↓ ↓ ↓ 関連記事はこちら ↓ ↓ ↓
「ゲット・アウト」ネタバレ 笑いも旨味も全然足らないよ!!おっさんはもっとニガーい黒人映画が好きなんだ!!



だって、ビルヌーブ、「ボーダーライン」「メッセージ」、続けてダメだったからね。


↓ ↓ ↓ 関連記事はこちら ↓ ↓ ↓
「ボーダーライン」ネタバレ 去年の「アメリカン・スナイパー」を彷彿させる、今季がっかり、ワースト候補



ボーダーライン【Blu-ray】 [ エミリー・ブラント ]

価格:4,362円
(2017/11/4 08:34時点)





↓ ↓ ↓ 関連記事はこちら ↓ ↓ ↓

「メッセージ」ネタバレ 「ボーダーライン」に続き、本年度ワーストか?実はごり押しドゥニ・ビルヌーブの最新作をおっさんはこう見た。


メッセージ【Blu-ray】 [ エイミー・アダムス ]

価格:3,841円
(2017/11/4 08:32時点)























「ブレードランナー2049」


















ビデオパス




ライアン・ゴズリング演じる主人公Kは早々にレプリカントであるということが判明するが、恋人はAIという。室内限定の抱き枕的ダッチワイフから、持ち歩ける彼女に発展し、VRのごとく、風俗嬢にお気に入りの顔を当てはめてSEX(と言っていいのか)する。

2017110411

この娘でぜんぜんいいじゃないか
2017110404





なんだ、そこらへんにうじゃうじゃいる大きなお友達、ということか。




大きなお友達が電車や駅構内で人の流れに乗らず、周囲に迷惑をかけていることも気にせず、理解せず、スマホという名の「恋人」と「対話」し、その画面を見て「悦に浸る」。



「her 世界でひとつだけの彼女」(’14)でもそうだったが、本作のテーマは



「はやく人間に(大人に)なりなさい。」




そんなきょうび、ゴズリングがピノキオだろうが、レプリカントだろうが、人間だろうが、どうでもいいことである人間らしさとか、生きることの意義だとか、自分探しとか、自分が特別だとか、「自分が、自分が」と言っているようじゃ人間(大人)になんかなれないよ、と。





ゴズリングは自分が特別ではないことを他者から教わり、それを受け入れ、他者のためにその身をささげて初めて人間となるのである。


↓ ↓ ↓ 関連記事はこちら ↓ ↓ ↓
「her 世界でひとつの彼女」 満員電車で立ったままゲームとかするのやめれや



her/世界でひとつの彼女【Blu-ray】 [ ホアキン・フェニックス ]

価格:2,313円
(2017/11/4 08:38時点)





もちろん表の話は、神になろうとするジャレッド・レトと本来生まれるはずもないレプリカントの「奇跡の子供」という「神話的」な話は、リドリー・スコットのもと、然るべき設定。


ゴズリングとの共演が観たくもあったが

2017110406


これは「エイリアン コヴェナント」を観た後なら、全然予想内の話である。


↓ ↓ ↓ 関連記事はこちら ↓ ↓ ↓
「エイリアン コヴェナント」ネタバレ 前作「プロメテウス」に不満を持った人こそ必見! 死を目前?ご老人のオマージュ溢れた気配り最新作をおっさんはこう見た!




エイリアン H.R.ギーガー・トリビュート・ブルーレイコレクション【Blu-ray】 [ トム・スケリット ]

価格:12,786円
(2017/11/4 08:43時点)






だが、力の入れようはそんなところではなく、やはり映像とSF的ガジェットにある。尋常ではないほど、いずれも素晴らしく、退屈とは無縁の160分

2017110402

2017110403

ノワール感は本作のほうが強くて好きだ
2017110405

2017110407

2017110408

愚鈍でやかましく、ぬるい「メッセージ」のような辛気臭いものより「複製された男」のように画面にSF的要素を満たしたもののほうが、ビルヌーブはあっている。


「複製された男」より。すっかり仕上がっている
2017110409

「メッセージ」より。
2017110410



↓ ↓ ↓ 関連記事はこちら ↓ ↓ ↓
「複製された男」 いかなる前情報も仕入れちゃイカン、俺のも読むな



複製された男【Blu-ray】 [ ジェイク・ギレンホール ]

価格:4,109円
(2017/11/4 08:46時点)










次回監督作が「DUNE」だなんて最高じゃないか。



デューン/砂の惑星 日本公開30周年記念特別版 Blu-rayボックス【Blu-ray】 [ カイル・マクラクラン ]

価格:6,774円
(2017/11/4 08:49時点)





追記

前作の主人公は、ストリップダンサーという恥じらいのないヘビオンナは後ろから撃ち殺し、奥ゆかしい美女にはキスを強要した。

なるほど、リドリー・スコットはデッカードのことをレプリカント、と言っていたのは、そんな「身勝手な人間」のことを予見して言っていたのかもしれない。

となると、本作は、「主人公を人間に戻す」話である。だから本作のKの設定はレプリカントであり、恋人は自分好みの「AI」なのだ。

だが、本作のメインユーザーはそんなことにはきっと興味がないだろうし、前作の立ち位置が結局「垂れ流し」映画なので、そういう意味では本作もしっかり「垂れ流し」て楽しむ映画にもなっている。
その点でも、本作は要求をしっかり満たすものになっている。










 

ランキング参加してます。面白かったら押してくださいね!





ランキング参加しています。面白かったら押してくださいね!


このエントリーをはてなブックマークに追加

↑ ↑ 面白かったら、押してくださいね!


「ベイビー・ドライバー」ネタバレ 分かっちゃいたけど、もう無理!エドガー・ライト嫌いのおっさんは本作をこう見てしまった!(ああ、また見てしまったよ)

「ベイビー・ドライバー」
劇場公開日 2017年8月19日

2017082501















!!ファンの人、すいません、モウレツにけなしています!!


















エドガー・ライト監督


面白かった程度はそこそこの「ショーン・オブ・ザ・デッド」。

【送料無料】 ショーン・オブ・ザ・デッド 【BLU-RAY DISC】

価格:1,944円
(2017/8/26 18:24時点)



他人のふんどしで相撲をとっただけの「ホットファズ」。

【新品】ホットファズ -俺たちスーパーポリスメン!- Blu-ray

価格:2,037円
(2017/8/26 18:27時点)



音楽センスゼロの、ひとつも面白くない「スコット・ピルグリム」。

スコット・ピルグリムVS.邪悪な元カレ軍団【Blu-ray】 [ マイケル・セラ ]

価格:1,500円
(2017/8/26 18:28時点)



ホモネタ2人主演の、ライトではない、別監督が撮った傑作「宇宙人ポール」。

宇宙人ポール [ ジェイソン・ベイトマン ]

価格:1,000円
(2017/8/26 18:29時点)



唯一の笑いどころのホモネタを封印した暴挙作「ワールズ・エンド」。

ワールズ・エンド/酔っぱらいが世界を救う!【Blu-ray】 [ パディ・コンシダイン ]

価格:1,500円
(2017/8/26 18:31時点)



ライト監督降板で俄然見る気になり、実際面白かった「アントマン」。

アントマン MovieNEX【Blu-ray】 [ ポール・ラッド ]

価格:4,027円
(2017/8/26 18:32時点)




世間の評価とは真反対に、この監督ほど、つまらない作品を作り続けているものもいない。どうみても、一部の評価につられ過ぎ。



おいおい、オレもほぼほぼ観ちゃっているじゃないか。




そんなエドガー・ライトがカーアクションを撮ったという。どうやら逃がし屋のドライバーのお話だという。






ああ、はいはい、今度はあの辺のふんどしを履くのか。


ドライヴ【Blu-ray】 [ ライアン・ゴズリング ]

価格:4,665円
(2017/8/26 18:35時点)



ザ・ドライバー <制作35周年HDニューマスター版> 【Blu-ray】

価格:3,580円
(2017/8/26 18:36時点)














「ベイビー・ドライバー」

















ビデオパス







オープニング。

いきなりリアリティゼロの銀行強盗からスタートする。主人公ベイビーのイヤホンの曲が劇伴となる。これが微妙に画面のアクションとずれてて、気持ち悪いし、やかましい。


エドガー・ライトは「スコット・ピルグリム」の時も思ったが、音楽センスはかなりひどいことをここで確信。


こんな出来損ないのミュージックビデオ。もう、どこが斬新なのか。

どうかしている。




序盤のカーアクションも車のCMどまり。まったく勘弁してよ。



テレビの音や手話がBGMとリンクしているのかと思えば、途中でまったく関係なくなるし、いちいちイライラさせる。



もう何がしたいのか。頭痛がひどくなる。



園子温の「TOKYO TRIBE」のほうがよっぽど、ノリがイイ、というお粗末さ。

全編、同じような曲調のモノを垂れ流し、クライマックスは、歌詞とは全くリンクしていない「ブライトン・ロック」というダサさ。アクションも全然三味線ギターとリンクしていない恥ずかしさ。

そのまえの銃撃戦もひどく退屈。

エドガー・ライトの趣味なのか、顔立ちが「スコット・ピルグリム」のマイケル・セラの系統で、これまた気持ち悪い。
まあ、それは置いておいても、主人公のキャラ設定がとにかくブレブレなのである。



そもそも耳鳴りの設定が大して意味をなしていない。



本作の唯一の良い点は、終始やかましいので、ポップコーンでなく、せんべいを持ち込んでも他の観客の迷惑にならないぐらいか。




ジェイミーFOXXXXXのダサイ恰好はまだちょっと笑ける。











追記

タランティーノと何が違うのかな、とちょっと考えてみた。パクリとかオマージュとかという意味では両者変わらないかもしれないが、他人のふんどしで相撲をとっている感がライトの方にあるのは、おそらく圧倒的にタランティーノのほうがたくさん映画を観ているからだろう。




 

ランキング参加してます。面白かったら押してくださいね!





ランキング参加しています。面白かったら押してくださいね!


このエントリーをはてなブックマークに追加

↑ ↑ 面白かったら、押してくださいね!

記事検索
楽天市場
楽天DVD BD