しんざんの、みんな仲良し映画評!!

ほんとうは仲良しとは程遠い、あまのじゃくな映画評、映画批評、映画評論ブログ 全部ネタバレ。またあまのじゃくゆえ、人によってはまったく受け付けないものもあるよ。もちろん、こっそりオススメもあるよ。

は行

「ハドソン川の奇跡」ネタバレ 会社の朝礼のネタに使える!! 社会人必見の「オトナ」の映画。

「ハドソン川の奇跡」
劇場公開日 2016年9月24日

2016100301


名匠クリント・イーストウッド監督がトム・ハンクスを主演に迎え、2009年のアメリカ・ニューヨークで起こり、奇跡的な生還劇として世界に広く報道された航空機事故を、当事者であるチェズレイ・サレンバーガー機長の手記「機長、究極の決断 『ハドソン川』の奇跡」をもとに映画化。(映画.comより)


実際の事件という意味では、確かに奇跡的な出来事だし、映画向き。しかも映画の作りとしては、実に大人の映画である。





「ハドソン川の奇跡」






本作はそのサレンバーガー機長を人間味ある「ヒーロー」としてある程度描いているのは、これまでのイーストウッド監督のかつての作品の流れとして一貫しているので、当然のことだが、前作「アメリカンスナイパー」に続いての本作、とみるともう少し奥が深くなる。


アメリカン・スナイパー【Blu-ray】 [ ブラッドリー・クーパー ]

価格:1,500円
(2016/10/5 22:51時点)




前作の主人公はイラク戦争にて、「従来の強い良きアメリカ人」の「そこでしか自分を発揮できない」、アメリカの闇、アメリカのヒーローの「悲劇」を描いたものだったのに対し、本作の主人公は、まさにそれを受けて、そんな「闇」を背負ってきた、それでもなお存在する「従来の強い良きアメリカ人」のヒーローとしてサリンバーガー機長を描いている。


映画の出来をオレは、去年のガッカリワーストに選んだ「アメリカン・スナイパー」だが、本作と比較すると、「古き良きアメリカ人の悲劇」と「仕事と家庭を大事にする強い精神力のアメリカ人の勇気をたたえた物語」という、ある意味正反対だが、実は「おなじヒーロー」として両作品を見ることができる。


↓ ↓ ↓ 残念な関連記事はこちら ↓ ↓ ↓ ↓ 
「アメリカン・スナイパー」レビュー



これは映画のシーンでもわかるが、ここに登場する人物はすべて「あの悲劇」を想起しつつも、「今それを起こすわけにはいかない」という確固たる信念と、日々の日常を強くたくましく生活しているアメリカ人の「強さ」「優しさ」が浮き上がってくる作りはとても誠実。

2016100304

国家運輸安全委員会の厳しい追及の描写が、若干単純な「敵」として見えがちだが、そっちの描き方は、あえての演出。機長と副機長の「オトナな対応」をより強調するためのやや誇張した描き方にしてある。


めんどくさい委員会の口撃も、キレることなく、さらりといなす。それは弁が立つ、とかではなく、「自分の行ったことに対して、自信があるかどうか」である。

だがそんな機長もやはり揺れる。

そんな、仕事にプロフェッショナルで、家族も大事にする、そんな強い男が揺れる。




それがあの、9.11の悲劇がもたらしたものなのである。

2016100305


イーストウッドは、それでも、いや、だからこそ、オトナに描く。 普通の日本人の、ボンクラなオレはやはり、そこまでの彼らの心情はリアルに実感できない。


だが、イーストウッドの、オトナな視点のおかげで、これは、「アメリカのヒーロー」の映画だが、と同時に「オレたちのための映画」にまで昇華している。

その理由は、そんな機長と副機長の委員会に対する「オトナな対応」がかっこよかった他ならない。

事故発生時に、パニックにならず、冷静に考える。副機長は「ルールとしてやるべきこととして」マニュアルを広げる姿に優秀なサラリーマンをみる。 そもそもあの委員会のシミュレーション検証内容ははっきり言ってゆるゆるだし、かつ「悪意のある検証結果」である。 だが、機長、副機長が、「やることをやっていているからこそ」、機長の証言が生きてくるのである。

2016100308



感動的な実話だし、映像も迫力ある。少し単純な「敵」としての委員会の描き方も意味がある。十分素晴らしい映画だ。


が、それよりも、サラリーマンのオレとしては、何と言ってもその「オトナ」な姿に感動した。 これこそ、今オトナとして学ぶべき映画。


「家族」を思い、無事着地する、という「仕事」を全うし、155人全員無事に家に帰し、そして「9.11後の社会」を思う。




これこそ社会人として見習うべき姿だと思う。




2016100303




追記

会社などで、ワントピックを話すような朝礼があるようなところだと、ぜひこの映画を話題にし、勧めるといい。

追記2

ラストの副機長の一言は、「155人全員無事だった」という結果によるものである。仕事をするうえで、こんなジョークを吐いてみたいと思いつつ、オレは日々頑張るのである。

 ←ランキング参加してます。面白かったら押してください


ランキング参加しています オモシロかったら押してください 映画評論・レビュー ブログランキングへ

 このエントリーをはてなブックマークに追加
↑ ↑ 面白かったら、押してください。

↑ ↑ 映画バカの私が、よく聞くリスニング集です。



「ブルックリン」ネタバレ クサレ男子鑑賞注意。見た目はオサレムービー、中身は硬派な「故郷」を棄てて「故郷」をまとった移民賛歌。

「ブルックリン」
劇場公開日
2016年7月1日


2016070104



シアーシャ・ローナン。



「つぐない」で衝撃的なオスカー助演賞ノミニーから「ラブリーボーン」の劇中だけでなく、劇外でもクサレ男子からの熱視線が「ビザンチウム」以降も結構な面々の作品(ただしすでに終わっている方々も多い)に出演するも、ちらつく。

つぐない(Blu-ray Disc)






ラブリーボーン(Blu-ray Disc)




ハンナ【Blu-ray】 [ シアーシャ・ローナン ]




ビザンチウム【Blu-ray】 [ シアーシャ・ローナン ]




天使の処刑人 バイオレット&デイジー【Blu-ray】 [ シアーシャ・ローナン ]




【送料無料】 グランド・ブダペスト・ホテル 【BLU-RAY DISC】




ザ・ホスト 美しき侵略者【Blu-ray】 [ シアーシャ・ローナン ]




モレッツとは違う「正統派美少女」だった彼女。
2016070101

そんな彼女の、これぞ「今の彼女しか演じられない」ファン必見の映画がやってきた。

ただしファン必見といえども、明らかに見た目はオサレムービーである。

クサレ男子よ。覚悟を決めるがいい。お前の望むシアーシャはここにはいない。
2016070107





「ブルックリン」





アイルランド人の両親から生まれ、アイルランドで育ったシアーシャと主人公エイリシュは当然ダブる。

だが、そういった事情よりも、20歳を超えたばかりのルックスとはとても思えない「劣化」に大いにショックを受けることだろう。この時点で何人のクサレが脱落するだろうか。
2016070108



だが、そんなクサレをよそに、シアーシャは本作で実にいろんな顔を見せる。
2016070109

2016070110

実際、その顔と同じように、劇中のエイリシュはどんだけ服を持っているのか、というぐらい、非現実的にファッショナブルに衣替えする。これこそオサレムービーである。観客の中には、1人で観に来ている女の子も多くいた。もうこの時点でよこしまなクサレ男子は退場したほうがいい。

また、この物語はお上りさんな女子は必見である。


アイルランドからブルックリンに来た当初に頻繁に来ていたグリーンのコートやカーディガンは、エイリシュが都会生活に慣れるにつれ、着なくなる。久々の帰省には、思いっきり「都会っ子」を演じる姿には100人中100人が納得することだろう。
2016070111

女の子はもう、「ワカルゥ、ワカルワァ」。

洗練された姿と大学で学んだ知識でもてはやされるエイリシュだが、結局故郷を棄てる。故郷を再度「離れる」理由は、おいおい、そりゃお前が悪い、というもの。

主人公エイリシュの、最初に故郷を棄てた理由と、再度故郷を「離れた」理由は大いに今のアイルランドが怒るような描写だが、この映画、アイルランド合作。

つまり、あくまで「祖国」を捨て新天地でアイルランド人の第2の故郷を作り上げた移民たちへの賛歌。

エイリシュは、姉や母と友達を暮らしたアイルランドを胸に、ラスト、「『アイルランド』を象徴する」グリーンのカーディガンで、実にオトナなリラックスした姿で締める。

そこにはもう、クサレ男子の期待したシアーシャはもういない。

だが、本作最も美しい、輝いたシアーシャでラストを締める。

衣装自体、エイリシュはお気に入りみたいだ。

ビーチデートその1

2016070113

ビーチデートその2(アイルランド)
2016070112

2016070114

素敵だ
2016070115






 ←ランキング参加してます。面白かったら押してください


ランキング参加しています オモシロかったら押してください 映画評論・レビュー ブログランキングへ

 このエントリーをはてなブックマークに追加
↑ ↑ 面白かったら、押してください。

↑ ↑ 映画バカの私が、よく聞くリスニング集です。




「ヒメアノ~ル」ネタバレ 吉田恵輔の、「恐怖」、ふたたび。

「ヒメアノ~ル」
劇場公開日 2016年5月28日

2016060401


懲りないダメおやじと娘、そしてそこの喫茶で働くイタイ女を描いた恐怖映画。
「純喫茶磯辺」。

純喫茶磯辺 / 邦画



彼女の、カワイイ妹からの、ロリ攻撃で振り回される主人公を笑うに笑えない恐怖映画。
「さんかく」

さんかく 特別版 [ 高岡蒼甫 ]



いつまでも夢をあきらめきれないイタイ女と自分を偽り続ける痛い男を描いた恐怖映画。
「ばしゃ馬さんとビッグマウス」。

ばしゃ馬さんとビッグマウス【Blu-ray】 [ 麻生久美子 ]



町のアイドルが、スターを目指し、上京するも、うらぶれ落ちぶれ、ラブホテルの清掃員となった
女の娘を描いた恐怖映画。
「麦子さんと」。

麦子さんと 特別版




共通するのは、「自分の事ではない、と信じている、思い込んでいる、見たくないと思っている「闇」を、明るく残酷に描写した作品であるということ。



吉田恵輔。


2016060404



直近作「銀の匙」をやとわれ、するならば、その彼がいよいよ帰ってきた。



銀の匙 Silver Spoon DVD並盛版 [ 中島健人 ]

ただし、その表現は昨今の「告白」「渇き。」「アイアムアヒーロー」などの、「R15」映画のジャンルにあたる、「直接的」描写を売りとしたものだった。




果たして、彼は帰ってきたのか。




「ヒメアノ~ル」



原作未読。


濱田岳演じる岡田が主人公かと思えば、実は、ムロツヨシ、三津川愛美、森田剛、のメイン3人のキャラをつなぐ狂言回しの役割。



2016060406


それぞれが「底辺」の歩んできた道、考え方、行動心理を濱田を通して描かれる。


本作のテーマにいじめ、ストーカー防止、はもちろんあるが、吉田恵輔からすると、「底辺」のさまざまな「生き様」を3人それぞれイタイ部分を見せつつ、ムロ、三津川が濱田を通して「救われる」という風に描くと同時に、「それでも」救われない森田を描こうとしている


これまでの一貫したテーマでもある、俺たちの、普段何気なくも、でも持っている「底辺」意識のこわさ、痛さ、救えなさがここでも容赦なく見せつけてくる。


濱田の、森田との初めてのシーンでは、森田の普通っぽさゆえ、ムロの疑念は「妄想」に俺たちも見える。(このシーン、ラストの事情からすると、ちょっと不自然ではあるけど)。前半の時点では、明らかにムロは笑わせるが、「怖い存在」として見せる。ムロのほうが何かやってしまうのでは、という恐怖心を芽生えさせる。

だが、これは意図的で、後半の森田と対比し、「底辺」の生き様の「分岐」としてムロは描かれる。

2016060405


ムロツヨシは、妄想し、仲間に迷惑をかけ、仲間に勝手にキレる「底辺」のくそ野郎だ。漫画チックだが、笑わせるのだが、同時に恐ろしい。

2016060403

だがその彼は、社会人としておかしい無断欠勤、奇抜な髪形、を経て「トモダチを思う」人間に変わる。

「ちょっとだけ」前に進んだ人間になるのだ。


だが、その時、ちょうど、森田と対峙する。


この流れがちょっとあっさりで、「救えない」森田と「救われた」ムロの対比に気付きにくい。そこは残念。

吉田監督としては若干ベタだが、まあ三津川のほうは、かわいいけれど、ベッドではあるある、的に、童貞男としては「みたくない」一面を見せるぐらいでしかないのだけれど、こちらも、ムロの「妄想する運命の人」というには、ちょっと、という童貞男の心を打ち破る。



一方、森田の異常さは序盤のたばこの喫煙を注意されたところから顕在化してくる。この流れはとてもよく、森田の本性が徐々にとんでもない方向に進み、元いじめられ仲間とその婚約者を巻き込み、これがいいサスペンスにもなっているのだが、いよいよ物語が加速していく。


演者は熱演。


20160606



だが、残酷描写や生々しいシーンが多すぎる。R15ではなく、R18にするべき。


パチンコ店の件、中盤の原作では深いかもしれないが、富裕層の家への侵入、三津川の家の隣人とのやり取り、などもっと削れるエピソードも多い。


北野映画に影響を受けている部分も多く、初期武が撮りそうな題材でもある。


だが、前半の「味」、演者の「間」はやっぱり吉田恵輔ならでは、だ。そこはやっぱり吉田恵輔映画ファンとしてはうれしい。

「底辺」であっても、「仲間」「恋人」がいれば、救われるのだ。

濱田は、森田は、友達に裏切られて「壊れた」と思いたい。そして友達との「いい思い出だけ」を思い出した森田。

恐怖演出とそのうらにある優しさ。これこそ吉田恵輔。







追記


森田の恐ろしさを描くと同時に、一般人の、何気ない「うっかり行動」にも容赦ない。


モノにあたる森田を見て、電話で聞こえるように「変な奴がいる」と言ったせいで、尾行され、惨殺されるシーンなど、森田への恐怖以上に、「やってしまいそうなうっかり行為」をしてきたオレ達のほうが凍る。


追記2


ラストの、森田と濱田との絡みで、犬登場でハンドルを切る森田だが、「白い犬」を見てよけたのではなく、あれでは反射的によけたようにも見えるので、そこも惜しい。


 ←ランキング参加してます。面白かったら押してください


ランキング参加しています オモシロかったら押してください 映画評論・レビュー ブログランキングへ

 このエントリーをはてなブックマークに追加
↑ ↑ 面白かったら、押してください。

↑ ↑ 映画バカの私が、よく聞くリスニング集です。



「ひそひそ星」ネタバレ 「記録」として撮る「だけ」というのは果たしてどうか


「ひそひそ星」
劇場公開日 2016年5月14日

2016052101



園子温。

「紀子の食卓」で作風と演出の方向性が固まり、「愛のむきだし」で変態をエンタメで描き、「冷たい熱帯魚」で変態色が強まり、なぜだか、日本を代表する映画監督として祭り上げられる。

だが「紀子」以前の「奇妙なサーカス」等の作風とその時の方法をミックスしたような「恋の罪」が全然面白くなく、「ヒミズ」に至っては、福島の風景が撮りたいがためだけの、お子様ランチと化して、それ以降の「地獄でなぜ悪い」「TOKYO TRIBE」とさらなるお子様ランチが続き、三池ならお手の物、だが園監督の手には余る「新宿スワン」ですっかり見切りをつけた監督である。

今回、全く観に行くつもりではなかったが、連れがどうしても観たいという。神宮前のワタリウム美術館で展示をしているということもあり、美大出の彼女の、「アートなにおい」をかぎ取ったのか、お供で鑑賞した次第である。
 

紀子の食卓 プレミアム・エディション [ 吹石一恵 ]


愛のむきだし【Blu-ray】 [ 西島隆弘 ]

冷たい熱帯魚【Blu-ray】 [ 吹越満 ]

恋の罪【Blu-ray】 [ 水野美紀 ]

ヒミズ コレクターズ・エディション【Blu-ray】 [ 染谷将太 ]

地獄でなぜ悪い コレクターズエディション【Blu-ray】 [ 國村隼 ]

[Blu-ray] TOKYO TRIBE/トーキョー・トライブ

新宿スワン 【Blu-ray】 [ 綾野剛 ]

本作、園が昔書いた脚本を映画化する際、福島の今を記録することの作家としての思いが合致し、作られたという。

なるほど、アンドロイドが「思い出」を届ける、というのは、SF的だ。その届け先が荒廃した世界の人々、というのが「福島」にあたる。

2016052103



2016052104



「希望の国」は観ていないが、今回は「いやらしさ」を排除したとう。

果たしてそうか。




「ひそひそ星」




「ひそひそほし」なのか、「ひそひそせい」なのか、気になって序盤まともに覚えていない、と言うのは嘘だが、どれだけ意味のあるのか、ただただ同じシーンの繰り返し、という序盤。

主人公洋子はアンドロイドで、時間の経過に左右されることはない、というので曜日の経過をいちいちいちいち繰り返す。お湯を沸かすのに、1日が過ぎるのである。こちとら人間なので、時間の経過ばっかり気になり、そのうち時間どころか映画の経過も気にならなくなるという睡魔に襲われるのは、おそらく意図的だろう。

長い時間をかける、は福島復興にひっかけているのかもしれないが、そういう睡魔を意図的に誘う方法だと腹は立つ。自己満足なメッセージ表現でしかない。

またこの映画、随所に、昭和な描写が続く。蛇口、床の雑巾がけのかけ方(今どき、あんな雑巾がけのやり方するか)。

そして「ひそひそ星」の影絵の姿。徹底して昭和推し。昭和の家族推し。昭和推し、の真意は分からないが、正直、気持ち悪い。

2016052102

それ以外は実に緩く、各配達物の「思い出」にこれといったエピソードもなく(連れはフィルムが出てきたことに感動したというが)ババアの缶蹴りにちょっと笑ったぐらい。

本作、自主制作ということだが、それを盾にしてる感が強い。「自主制作」なので、観なくていいよ、という妙な開き直り。

例えば、主人公が自転車で福島の町を延々と走るシーンがある。

2016052105

「記録を残す」、とはそういうことではないだろう。

映画なら、お客さんからお金を取るなら、もっと「お客さんを楽しませる」方法はあるだろうに。知っているだろうに。流れる背景に変化をつけるべきだ。そこはあえて「CG」を使ってでも。SFという体をとっているなら、それこそ。

真摯な作品とは、むしろ、そういうことだとも思うのだが。

まだまだ「福島がこうだから、こういう画が撮れるから撮っておこう」という意図が見えるように思える。




追記

自主制作、と言えど、宇宙船のセットやひそひそ星のシーンなど意外と手間とお金がかかっていそうで、安っぽさはそれほどない
2016052106


 ←ランキング参加してます。面白かったら押してください


ランキング参加しています オモシロかったら押してください 映画評論・レビュー ブログランキングへ

 このエントリーをはてなブックマークに追加
↑ ↑ 面白かったら、押してください。

↑ ↑ 映画バカの私が、よく聞くリスニング集です。



「ボーダーライン」ネタバレ 去年の「アメリカン・スナイパー」を彷彿させる、今季がっかり、ワースト候補

ボーダーライン
劇場公開日 2016年4月9日


2016041001



!!いやいや、完全に好みの問題ですが、好きな人ごめんなさい。また「アメリカン・スナイパー」とは似ていません!!


ドゥニ・ビルヌーブ。

「灼熱の魂」「プリズナーズ」そして大好き「複製された男」と世のタブー(人として、そして男として)を描いてきた最も最新作を期待した監督である。

↓ ↓ ↓ ↓ ↓ ↓ ↓ ↓ ↓ ↓ ↓ ↓ ↓ ↓ ↓
【関連記事】「複製された男」レビュー



灼熱の魂 / 洋画



プリズナーズ Blu-ray

複製された男【Blu-ray】 [ ジェイク・ギレンホール ]

その彼が無情の麻薬カルテルとの攻防を描くという。なるほど。

主演は「オール・ユー・ニード・イズ・キル」でトム・クルーズを何度も殺したエミリー・ブラント。共演はジョッシュ・ゲス・ブローリン、とベニチオ・どゲス・デル・トロ、である。

↓ ↓ ↓ ↓ ↓ ↓ ↓ ↓ ↓ ↓ ↓ ↓ ↓ ↓ ↓
【関連記事】「オール・ユー・ニード・イズ・キル」レビュー




「ボーダーライン」




最近は、邦題のダメさは、作品のダメさに比例するとまで思うようになったが、配給会社も本気で後世に残す映画は、邦題も、多少集客度外視でも、マジめに考えることだろう。いや、本作を「ボーダーライン」と名付け、その理由を正義と悪の、あるいは国境の、と勝手にテーマを押し付けてることを親切、と思う人はそれでもいいだろう。

原題「Sicario」

意味は暗殺者。つまりは一人の男の話である。「一人の男の意思」にそして一人の女捜査官が、そして悪も正義も国境もないそんな世界が、振り回される話である。

だが、己の正義感に強い女捜査官が、その世界で打ちのめされる映画は数多くあるし、その姿をドラマチックに描いた「ゼロ・ダーク・サーティ」という決定打がある。
 

ゼロ・ダーク・サーティ スペシャル・プライス 【Blu-ray】 [ ジェシカ・チャステイン ]



そう、去年の「ハートロッカー」の劣化版ともいえる、「アメリカン・スナイパー」のごとく、今更感がはなはだしい。

ハート・ロッカー【Blu-ray】 [ ジェレミー・レナー ]


↓ ↓ ↓ ↓ ↓ ↓ ↓ ↓ ↓ ↓ ↓ ↓ ↓ ↓ ↓
【関連記事】「アメリカン・スナイパー」レビュー


【送料無料】 アメリカン・スナイパー 【BLU-RAY DISC】

本作、「ゼロ・ダーク・サーティ」の持つ、圧倒的な「映画的」緊張感をごっそり欠いている。演出が、この世界の「設定」に甘えている、とは言い過ぎだろうか。

また、麻薬カルテルの話でいうなら、リドリー・スコットの大傑作「悪の法則」で「淡々」と、だが、「ドラマチック」にその恐怖をきっちりと描き切っている。

↓ ↓ ↓ ↓ ↓ ↓ ↓ ↓ ↓ ↓ ↓ ↓ ↓ ↓ ↓
【関連記事】「悪の法則」レビュー
 

悪の法則【Blu-ray】 [ マイケル・ファスベンダー ]

最近も、無情の世界を生きる、その生き様を悲しくも美しい男を描いた「ディーパンの闘い」という傑作もある。

↓ ↓ ↓ ↓ ↓ ↓ ↓ ↓ ↓ ↓ ↓ ↓ ↓ ↓ ↓
【関連記事】「ディーパンの闘い」レビュー


ドゥニ・ビルヌーブはタブーの世界において、タブーのドラマを描くことで、脚光を浴びたわけだが、「複製された男」で株を下げ(もちろん、オレはこのオトコのタブー映画大好き)、再び「人」としての、「正義と悪」「人とモラル」のタブーの映画に戻ってきたわけだが、本作でちょっとこの監督に対して、映画的マジックを過剰に期待しすぎたかなあという結論。

ゲス2人もそのこれまでのキャリアの「ゲス」っぷりからすると、全然物足りない。

ゲスその1
2016041002

ゲスその2
2016041003

残念、こちらは「オール・ユー・ニード・イズ・キル」の名場面
2016041004





追記

もう一つ、この監督、アクション演出はやめたほうがいい。どことなく、そのダメさもクリント・イーストウッドを彷彿させる(詳しくは「アメリカンスナイパー」の評で)

追記2

「ゼロ・ダーク・サーティ」には女性映画としても見どころもある。「ハートロッカー」の反戦映画の決定打といい、キャサリン・ビグロー監督のすばらしさを思い返すレビューとなったなあ。


 ←ランキング参加してます。面白かったら押してください


ランキング参加しています オモシロかったら押してください 映画評論・レビュー ブログランキングへ

 このエントリーをはてなブックマークに追加
↑ ↑ 面白かったら、押してください。

↑ ↑ 映画バカの私が、よく聞くリスニング集です。



記事検索
楽天市場
楽天DVD BD
livedoor プロフィール
LINE読者登録QRコード
LINE読者登録QRコード
オーダーシャツが結局お得
自分磨きに
頭皮もしっかりケア