しんざんの、みんな仲良し映画評!!

ほんとうは仲良しとは程遠い、あまのじゃくな映画評、映画批評、映画評論ブログ 全部ネタバレ。またあまのじゃくゆえ、人によってはまったく受け付けないものもあるよ。もちろん、こっそりオススメもあるよ。

は行

「バットマン vs スーパーマン ジャスティスの誕生」ネタバレ バットマンとスーパーマンを同じ映画に登場させる、と言う点は申し分ないが。

バットマン vs スーパーマン ジャスティスの誕生
劇場公開日 2016年3月25日


2016032901


!!映画ファンならだれにもわかるネタバレはしています!!



クリストファー・ノーラン。ザック・スナイダー。

オレの大嫌いな映画人である。

だが前作「マン・オブ・スティール」は、ザック・バカエンジェル・ウォーズ・スナイダーのシリアス・ダークナイトのうじうじ路線と「見せる(すぎる)スローアクション」からの見せない(詐欺)超高速アクション」への転換に非常に興味深く見させてもらった。スナイダーの映画としては気に入ったほうだった。

マン・オブ・スティール【Blu-ray】 [ ヘンリー・カビル ]




だが、「アベンジャーズ エイジ・オブ・ウルトロン」でもうこういうの、いいや、と思ったオレが本作をまあ、期待たっぷりに見ることはまずない。


↓ ↓ ↓ ↓ ↓ ↓ ↓ ↓ ↓ ↓ ↓ ↓ ↓ ↓ ↓ ↓ ↓ ↓ 
【関連記事】アベンジャーズ エイジ・オブ・ウルトロン レビュー






「バットマン vs スーパーマン ジャスティスの誕生」




その「マン・オブ・スティール」の続編にあたる本作の原題はVだが、VSにしてしまう日本人ヒーロー気質に微笑みはするも、ジャスティスの誕生の副題をそのままつけて、完全に「ファン以外門前払い」の作りにはなっているだろうなとマゾ的な視点で期待しつつ鑑賞。

バットマンとスーパーマンが「仮に」戦うとなると、ミドリのアレが出てくるのはアメコミファンでなくても映画ファンならわかるわけで、そんな二人の戯れにオレの興味はない。

ベン・アフレックの「スケベ」封印のウェインにちょっとがっかりも、「いからせ肩」に絶えず苦笑い。アーマードスーツになるなら、肉体はそうでなくてもよいでしょう。ましてや、相手は「神」である。おなじく「スケベ」封印のジェレミー・アイアンズのアルフレッドにはそれ以上に失笑。

しかし、ダークでなければいけなかった男が、神のような、そして一瞬にして多くを救う、そして一瞬にして無に帰することのできる力、との出会いと葛藤。ウェインの、スーパーマンへの「複雑な感情(いや単純か?)」は十分に伝わり、かなわない敵、だが果てなき挑戦は良く描かれている。


本作の、バットマンとスーパーマンを同じ映画に登場させる、と言う点は申し分ない100点満点。

2016032903

2016032902


この一連のシーンは、ウェインの「葛藤」がよく表現されている。
2016032909
2016032910
2016032911


だが、本作何といっても一番の欠点はジェシー・アイゼンバーグ。

こいつは、あれだね、「ファントムメナス」のジャージャーだよ。出るだけで、しゃべるだけでイラッとする。いや、もちろんそういう役作りなんだどうけども、「渋い」ベンと「眉間しわ寄せ」ヘンリーの間に立つには軽すぎて、暗い画面の色調にあっていない。


うぜえ
2016032905

こいつのつくる「アレ」もまあ、ありふれた造形で、こいつとのバトルがまあ、退屈だ。またハリウッド映画では珍しく「敵が待ってくれる邦画伝統芸」を魅せてくれる。

そして「昔から老けていた」コンビ、エイミー・アダムスとダイアン・レインの女コンビ。「スーパーマン」に登場する女性はピンポイントで狙われる点は「らしくって」良し。

全体的に演出は極めて「幼稚」。画面は暗く「シリアス(笑)」。ザックとノーラン。この二人の存在こそ、まさしく本作を象徴している。バットマンとスーパーマンとは、まさしくこいつら。

それこそが本作のバランスで、うまくいったところであり、ダメだった点でもある。そこがチラチラ見えることがとても面白い。

だが、アイゼンバーグだけがバランスをぶち壊して興ざめである。




追記

本作、びっくりするほど、豪華キャストではある。懐かしくも悲しくもある。

なつかし、ホリー・ハンター きれいです
2016032906

エロさのぬけたアイアンズ
2016032907

救世主を導かない、ただの上司のフィッシュバーン
2016032908


 ←ランキング参加してます。面白かったら押してください


ランキング参加しています オモシロかったら押してください 映画評論・レビュー ブログランキングへ

 このエントリーをはてなブックマークに追加
↑ ↑ 面白かったら、押してください。

↑ ↑ 映画バカの私が、よく聞くリスニング集です。




「ヘイトフル・エイト」ネタバレ 憎しみ満載の(忌むべき)8作目

ヘイトフル・エイト
劇場公開日
2016年2月27日

2016032801



!!注意 ネタバレです!!




本作見てない人にはさっぱりだろうが、オレは「エクソシスト2」が大好きである。

2016032807



モリコーネと言えば、オレにとっては「エクソシスト2」であり、「オルカ」であり、「ワンス・アポン・ア・タイム・イン・アメリカ」であり、「アンタッチャブル」である。素晴らしい曲ばかりである。

 

エクソシスト2【Blu-ray】 [ リンダ・ブレア ]



オルカ HDリマスター版【Blu-ray】 [ リチャード・ハリス ]

ワンス・アポン・ア・タイム・イン・アメリカ【中古】【未開封 Blu-ray】

アンタッチャブル スペシャル・コレクターズ・エディション(Blu-ray Disc)

だからと言って、それらは、そういう映画で、そういう使われ方をするからこそ、印象に残るのであり、そうでなければ、違和感でしかない。

「オルカ」より





「ヘイトフル・エイト」






まずは、これは日本人として言わせてもらう。

「70mm、観れる環境がなければ、意味がないでしょう?」
2016032806

そして、めんどくさい映画バカとして言わせてもらおう。

「効果的な画が無くっちゃ、意味がないでしょう?」

2016032808

とにかく、「映画的お飾り」にしかやたら話題がいかないような、脚本が流出した影響か、ここに繰り広げられるものは、すべてタランティーノの、ムキになった面が出過ぎた「出さざるを得なくなった」かのような作品。

モリコーネの起用もその延長線にしか見えない。

序盤の「リーガンのテーマ」を全く意味がないところで使ったり、とオタク的な面には見事に外し、ワイドスクリーンを使った、奥行きのある裏の出来事の見せ方の陳腐さと大したできごとが起こっていないことにがっかり。

とにかくクールさを欠いている。

2016032802

登場人物もまるで、魅力の無いモノばかり。サミュエルはいつものサミュエル。ほかはもう全然ダメ。

特にラッセルがダメダメで、序盤の立ち位置や引っ張り方が小物にしか見えない。
2016032809

さらにジェイソン・リーは、まさしく「リーガン」そのもので、だったらあの時の「リーガンのテーマ」は使い方自体がおかしいじゃねえか、と。

2016032804

「リーガンのテーマ」エクソシスト2より


ストーリーもつまらなければ、出さなくていいミニーは登場させてしまうし、出なくていいアイツはクレジットで出してしまうという、あえての「破たん」の仕方も全然うまくいっていない。








追記

「The Hateful Eight」

憎しみに満ちた8人、という訳し方をしている人が多いようだが、そうではない。

「脚本流出されて、ムキになって、冷静さを欠いてしまった、(タラ自身の)憎しみ満載の(忌むべき)8作目」

という意味以外にないと思うがね。




「らしさ」は出てると思うけど、「裏切りの八悪人」はないなあ

2016032805


 ←ランキング参加してます。面白かったら押してください


ランキング参加しています オモシロかったら押してください 映画評論・レビュー ブログランキングへ

 このエントリーをはてなブックマークに追加
↑ ↑ 面白かったら、押してください。

↑ ↑ 映画バカの私が、よく聞くリスニング集です。



「ババドック 暗闇の魔物」ネタバレ 2015年の全米を騒がせたホラーが「イット・フォローズ」なら、2014年の全米を騒がせたホラーがこれ。

「ババドック 暗闇の魔物」
豪快にDVDスルー


2016020501





!!2014年に震え上がらせようが、DVDスルーだろうが、ネタバレ全開です!!




ババドック ~暗闇の魔物~[DVD] / 洋画


2015年の全米を騒がせたホラーが「イット・フォローズ」で、2014年の全米を騒がせたホラーがこれ。

なるほど。怖い。だが、そこに描かれているものはとても崇高だ。

「イット・フォローズ」が生と性と死、そして愛と喜びの映画であるならば、本作は「くっそ、全部めちゃくちゃにしてええ」と否応のもなくこみあげてくる感情(あるいは耐えられない病気)とうまくお付き合いしましょう、という映画。

最近の優秀ホラーは、びっくり箱から、心理戦なものが多くなってきているのだろうか。もちろん、びっくり箱もニーズとしてあろうし、全然好きだが、こっちのほうが好みと言えば好みだ。









「ババドック 暗闇の魔物」



最初のオープニングから、くっそウザイガキにうんざりして、ベッドから体に巻き付いたガキの手を振り払い、逆向きで寝るシングルマザー。とにかく、このシングルマザーの追い込みが激しい。お産のための病院への道中に交通事故で夫を亡くし(ガキの誕生日が夫の命日。。)、もともとはライターだったが、今では老人ヘルパーで、まともに会話の出来ない患者を相手にする日々。ガキは(甘やかしすぎたのか、育て方が間違ったのか)人の話を聞かない。


前半のガキのふるまいが、バカなのか、何か見えてるのか、天才なのか、とにかくウザイがうまい演技のせいで前半主人公に同情していく。

おなじガキです。でもこういうこと、するよね。
2016020503

2016020502

これ一枚で、母子家庭って一発で分かる。素晴らしい
2016020508

この絵もうまい!
2016020509


お母さんは、顔立ちは美人だが、明らかに日々の生活の疲れと化粧を必要としない生活ですっかりババアと化しているので、なおさら同情を誘う。

・・・でもないか。
2016020504

そんなとき、本棚に「Mr.ババドック」という童話を見つける。
(もちろん、「BABADOOK」 は原題です)
2016020505

絵本がチョーカワイイです、カワイイ?
2016020506

2016020507

本作は「イット・フォローズ」と違い、音はほぼ効果音のみ。だがこれもアメリカのホラーではなく、イタリアン・ホラー(厳密にいうとイタリアン・オカルト)のテイストが画面を支配する。

変貌する姿が「シャイニング」(ガキが「ババドック」が見えるということも含め)に似ているが、「エクソシスト」、もうちょい言うと、その亜流だが、イタリアのオカルト映画「デアボリカ」によく似ている。

SALE OFF!新品北米版Blu-ray!【『エクソシスト』『エクソシスト2』『エクソシスト3』『エクソシスト ビギニング』『Dominion: Prequel To The Exorcist』】 The Exorcist: The Complete Anthology [Blu-ray] <日本語字幕付き>



こういうシーン、「エクソシスト」にもありますね。
2016020512

2016020510

主人公の顔も似ているし、ママさんの集まりで、急に言葉を荒げたり、汚ったねえ単語をガキに向かって吐いたり、思いっきりネタバレだが、後半やっていることもよく似てくる。

「デアボリカ」より。お母さん。やっぱ、あんま似てねえな。
オゲゲ顔は貼りません!
2016020511

後半は主人公自身が「LET ME IN」を叫ぶ通り、ババドックとは、彼女自身にある存在。乗っ取られたようなシーンがあったり、ラストの地下室のシーンもあるが、地下に入れておいて、たまにかまってやる(かまってやるモノがまたエライものだが)「自身の闇」との上手な付き合い方を憶えていくことで本作は終わる。

ちなみにミミズは血栓除去(詰まりを流す)の効果があると聞いたことがある。
(ちょっと深読みすぎ)

【1箱につき2000円 割引 !】2箱なら4000円、3箱なら6000円割引! ミミズ酵素 健康補助食品 送料無料 『 LR末 ルンブル ルベルス プレミアム 』90カプセル( 30日分 ) 話題のLR末 ( ルンブルクス・ルベルス末 )を含む! LR末 赤ミミズ レッドウォーム 血液 サラサラ



ガキにババドックは見えている。それはそうだ。目の前にいるのだから。お母さんもババドックと上手に使う(発揮)することで、ガキの「躾」にもなる。

しかし、ガキのほうは、地下室はもっと大きくならないと、入っちゃだめだと、お母さんは言う。
それはそうだ。まだ「ババドックとのつきあい方」を学ぶ必要ないからだ。

母が「ババドックだから」必要ないのだ。

だが、いずれは自分で飼いならす必要になるだろう。大人になれば。





これが前向きの映画だということは、最終的に「私は負けない」というセリフで十分わかることだが、それに行きつくまでには、とっても苦難な道のり故、この映画、気安く観てはいけない。特にシングルマザーには。

けれども、この映画、少なくともシングルマザーの応援歌であることには間違いない。

本作、女性監督とのこと。なるほど。

もちろんオレらも、「ババドック」の意のまま振る舞うと、「ババドック」に屈すると、すべてを失う。

さあ、今日もババドックにミミズをやろう。


 ←ランキング参加してます。面白かったら押してください


ランキング参加しています オモシロかったら押してください 映画評論・レビュー ブログランキングへ

このエントリーをはてなブックマークに追加
↑ ↑ 面白かったら、押してください。

↑ ↑ 映画バカの私が、よく聞くリスニング集です。



「白鯨との戦い」ネタバレ 一周回って「邦題絶賛論」


「白鯨との戦い」
劇場公開日 2016年1月16日

2016012302




!!やっぱりネタバレしています!!


確かにオレも、これまでのレビューの中にも邦題について、いろいろ言ってきたことはある。


原題「In the Heart of the Sea」

直訳すると、「海の中心で」あるいはもっと意訳すると「心の奥底にて」みたいな感じか。

結論から言うと、この映画のテーマは

「変わることの勇気」

心の奥底に自分のこだわってきたこと、しがらみ。

主人公チェイスは海の男であることに誇りと自信、こだわりを持っていた。船長ポラードは名家の出故、その立場を守ろうとしていた。そんな二人が、大海原で自分たちのそれぞれの主張を通そうとし、船内の関係が崩れつつも、仕事をきっちりとこなす。そんな彼らがさらなる野望を遂げるため、噂のクジラの大群、そして「白鯨」を狙うため、初めて一致団結する。

しかし、圧倒的な存在の白鯨は、彼らをいとも簡単に蹴散らす。その白鯨に対し、チェイスは「オレの獲物だ」と海の男にこだわり、あっけなく逆襲に会い、船員全員を窮地に追い込んでしまう。

これ以降の話は省略するが、2度目のチャンスに彼が白鯨に攻撃しなかったのは、

「攻撃しても負ける」「攻撃する意味がない」



「勝っても意味がない」

クジラ狩りの名手であることのこだわりを棄てた瞬間である。圧倒的絶望的な極地で、自身の本当の「心」を知ったことで、それを背負っていくことを決めたのである。

「変わることの勇気」

拾った命、その心にしたがって生きることこそ、「変わることの勇気」。それこそポラードが聴聞会にて、その立場を差し置いて真実を語った理由だ。

(とはいっても、チェイスについては、ほぼほぼラストの、Wake up! Wake up!には、「タイタニック」かよと、思わず数少ない笑いどころ、いや笑っちゃいけないシーンだが。でもあそこで死んでしまうとテーマが飛ぶ)

2016012307


そして後年のニカーソン。こちらも真実を語ることで、ようやく彼の闇が晴れる。
(まあ、正直こういう告白式、というか「ライフ・オブ・パイ」式にしたのは減点だと思うけどね)

・・・

邦題「白鯨との戦い」

「白鯨」は「変わらない、変われない」オレたちを圧倒的絶望の中にて「変わることの勇気」の必要性を教えてくれている。



エネルギーも変わる。
時代も変わる。
お前も変われ。(オレもな~)


だから「白鯨」との「闘い」でないといけない。
マジ、いい邦題だ。本作を良く理解して考えられてる。

また劇画調のポスターにもあってる。まあ、映画のテーマからすると、あちらの、チェイスが一人モリをもって向かっているほうが合っているかもしれない。
2016022303

クジラ違うって言われているけど、でもあちらも「クジラ推し」です
2016012304





追記

時間の推移がめちゃくちゃ早いので、あっという間に激ヤセしたりして、ダイジェスト感が出てしまい、そのぶん損をしているし、それに対して、テーマがはっきり浮き上がってくるのは本当にラストぎりぎりまでなので、前半のキャラクター紹介がもたもたしすぎているところが痛い。

追記2

クリス・ヘムズワース。
2016012306

メル・ギブソンとカート・ラッセルの真ん中あたりを行ってほしい。
 

身代金(Blu-ray Disc)

バックドラフト(Blu-ray)


 ←ランキング参加してます。面白かったら押してください


ランキング参加しています オモシロかったら押してください 映画評論・レビュー ブログランキングへ

 このエントリーをはてなブックマークに追加
↑ ↑ 面白かったら、押してください。

↑ ↑ 映画バカの私が、よく聞くリスニング集です。



「ブリッジ・オブ・スパイ」 実家にある、カバーが豪華な辞典

ブリッジ・オブ・スパイ
劇場公開日 2016年1月8日

2016011501




!!ネタバレはしていませんが、正直、寂しい思いをしています。
なので、好きな人ごめんなさい!!








スピルバーグには、撮らなければいけない映画があるのだという。

それにあたる作品で真っ先に思い当たるであろう、「シンドラーのリスト」「プライベートライアン」、そして忘れてはならない「ミュンヘン」。

 

シンドラーのリスト【Blu-ray】 [ リーアム・ニーソン ]

プライベート・ライアン【Blu-ray】 [ トム・ハンクス ]



ミュンヘン [ エリック・バナ ]

この3作は、その意図をもって作られた、映画史上燦然と輝く傑作である。もちろん彼の傑作はそれだけではないが、この3作に共通して言えるのは、

「自分がどう見られるかは問題ではなく、世間と刺し違える覚悟で、自分で撮らないといけないという意志で作られた作品」といえるのではないだろうか。

だが、後期の、彼のその「撮らなければいけない」意思で作ったと思われる作品群は、「ほかに作る人がおらず、でも撮るべき歴史の物語」という、

「作品として残すことが重要」

という目的にすり替わっているように思う
。もっと簡単に言うと、

「現実問題、誰のためにもならない(お金にならない)映画」

そりゃあ、スピルバーグにしか撮れませんって。



「ブリッジ・オブ・スパイ」



「田舎の実家にある、子供のころ、おばあちゃんに買ってもらったカバーが豪華な辞典」

極論すると、「置いてあること」に意味があるもの。

2016011507




スピルバーグがこうなっちゃてるのは、加齢よりも、使命感が簡単に果たせる、チャレンジの意味がすり替わる環境にあると思われる。まあ、誰も文句は言えないし、誰にもこういう「お金にならない」映画をもう撮れないんだから、それ自体を目的になってしまうのも仕方がないのかもしれない。

 

リンカーン [ ダニエル・デイ=ルイス ]



こういう絵は本当にすごいんだけどね。
2016011502




そういう意味ではスピルバーグ、すごい!とはいえる。だが、結局そういう立場になっちゃたのかあ、と同時に寂しくもある。これを「円熟」とか「進化」とか言いたくはない。

映画自体のレビューとはちょっと違ってきているが、内容は全くそんな感じ。個人的には「ミュンヘン」のような、背中を刺されるような作品が恋しい。


 




追記

アカデミー初演男優賞ノミネートについて

本作のマーク・ライランスは役得と思います。

こんな表情したら、そりゃあ、まあ、ねえ。
2016011503

トム・ハンクスもおんなじ表情(笑)
2016011504


アカデミー賞の助演男優賞ノミネートは、ゴールデングローブよりも豪華になっていますが、ゴールデングローブ助演男優賞をとったシルヴェスター・スタローンがやはりオスカーを獲得するとみます。

生涯の「友人」ロッキーバルボアに感謝するスライ。泣ける



 ←ランキング参加してます。面白かったら押してください


ランキング参加しています オモシロかったら押してください 映画評論・レビュー ブログランキングへ

 このエントリーをはてなブックマークに追加
↑ ↑ 面白かったら、押してください。

↑ ↑ 映画バカの私が、よく聞くリスニング集です。



楽天市場
楽天DVD BD

livedoor プロフィール
LINE読者登録QRコード
LINE読者登録QRコード
オーダーシャツが結局お得
自分磨きに
頭皮もしっかりケア