しんざんの、みんな仲良し映画評!!

ほんとうは仲良しとは程遠い、あまのじゃくな映画評、映画批評、映画評論ブログ 全部ネタバレ。またあまのじゃくゆえ、人によってはまったく受け付けないものもあるよ。もちろん、こっそりオススメもあるよ。

ま行

「ミスター・ノーバディ」ネタバレ 生涯ベスト級!「選択できる」ことを思い出させてくれる映画

ミスター・ノーバディ
劇場公開日 2011年4月30日


2016101501

2016101502

2016101503



以下、本作鑑賞時2012年2月23日のものです。



インターネットで映画情報を入手したり、人様のレビューをたくさん見る機会があるってことは地方の人間にとってはうれしい限り。欲をいうと映画館で見たかった2011年公開の映画といえば、これ。「トランスフォーマー ダークサイド・ムーン」を11年のベストにしたのは、オレに十分な理由があったわけなのだが、これを見ていたらそれとは別の理由でベストにしたであろう本作。







「ミスター・ノーバディ」




ミスター・ノーバディ [ ジャレッド・レト ]

価格:1,184円
(2016/10/15 12:50時点)






「トランスフォーマー ダークサイド・ムーン」は映画館で見ないと意味が全くないどころか、テレビ画面でみると全くゴミな映画。本作は映画館で観たら、もっとその世界に吸い込まれただろうと想像できる映画。



オープニングのニワトリからもうヤラれてしまった。



そしてその後の映像と凝った編集、そして何より、その凝った編集に違和感無く存在する役者たちの演じ分けの凄さ。バタフライ・エフェクトな世界観に酔うのもよいが、ジャレッド・レトのすごい役者っぷりに酔いたい。

2016101506

2016101507

目が離せない映画とはまさにコレ。しかもそれはとても居心地のいい2時間30分。だけどパラレル・ワールドと見るときっと退屈するので、注意。

ポイントは子供の妄想とじじいの振り返りが混在していることだが、じじいの振り返りはほぼ無視してかまわないと思う。ガキの妄想がメインなんだが、どのパートにも実は直接関わらないでもアンナが存在しており、ここはじじいの思いが強く介入しているんだと思う。

しかしオレはじじいの世界も子供の妄想だと思っている。

「選択しなければ可能性は無限だ」

じじいが死んで、宇宙の時間が逆戻りするのは、その可能性の極端なのだろう。しかしそんな可能性は実際のオレたちにとっては、有り得ない可能性。道の無い道は選べない。待ってくれている人のいるほう以外なんて選べない。

オレは無限の可能性を追うのでなく、決して選ぶことの出来ないことにはなっていないことをこの映画で実感している。



そしてこれはオレがいつでもこの映画をみると、オレは「選択できる」ことを思い出させてくれる映画となった。


決して若くはない。でも「選択」できることを認識しよう。

そしてそれが大なり小なり他への影響があることも。主人公ニモの行く先々の女性は皆泣いていた。

「選択し実行すること」は「責任」を伴うんだね。当たり前だけど。

だから、だから選択し実行しよう。


2016101510






追記

こんなレビューにも責任はあるのかもしれないが、まあ、そんな難しく考えなくとも、生涯気楽に付き合える映画に出会ったことに感謝。

気楽に観れる、というのがこの映画の強み、と思ってもいるしね。




 ←ランキング参加してます。面白かったら押してください


ランキング参加しています オモシロかったら押してください 映画評論・レビュー ブログランキングへ

 このエントリーをはてなブックマークに追加
↑ ↑ 面白かったら、押してください。

↑ ↑ 映画バカの私が、よく聞くリスニング集です。







「ミュータント・ニンジャ・タートルズ 影(シャドウズ)」吹き替え」 ネタバレ 「シンゴジラ」に追い出され、締め出された子供たちが楽しめる最後の夏休み映画

「ミュータント・ニンジャ・タートルズ 影(シャドウズ)」 
劇場公開日 2016年8月26日


2016083101



前作「ミュータント・タートルズ」を見て、グロい亀と美女の組み合わせに、要らぬ妄想ばかりが先走ってはいたが、十分楽しい映画だった。

2016083102




だが、「ニンジャ」の原題が邦題に欠けていたことに、少しだけ不満を持っていた。

2016083103



だが、やはり前作の当時のベイ流行りの縦アクションと、とっても独特な雪山下りアクションが楽しかったのと、4人の亀の顔とキャラが楽しく、こりゃ続編できたらいいな、と思ったら、できちゃった。


↓ ↓ ↓ ↓ ↓ 関連記事はこちら↓ ↓ ↓ ↓ ↓ ↓ 
「ミュータント・タートルズ」レビュー


ミュータント・タートルズ【Blu-ray】 [ ミーガン・フォックス ]

価格:1,500円
(2016/8/31 22:59時点)





「ミュータント・ニンジャ・タートルズ 影(シャドウズ)」






吹き替え版を鑑賞。

今回は邦題に「ニンジャ」をつけてきましたな。よしよし。


2016083104



だが、なぜに「ティーンエイジ」をつけないのか。今回は尻の青い亀がいつまでも子供じゃいられない境遇に苦しむ物語だ。

影に生きてきた亀どもが、表に立って、顔を出して、人間の生活が出来るかも、という秘薬の登場で、苦悩し、意見が割れ、仲間割れをしてしまうのである。



だが、しょせん亀映画。どんなに悩もうが、予想通りのところに収まる。





登場人物も箇条書きで語れる程度のものである。4匹のグロく、デカイ亀。亀の扱いが上手な美女。ただのイケメン。ボケ担当。悪役。もっと悪役。バカ手下。雑魚ニンジャ。

2016083113

少年の観る映画です。これで十分ドッキドキ!
2016083111



それぞれ与えられた役割そのままの働きを繰り広げてくれる。

今回も亀はもちろん、いずれも面白いのだが、さらに、バカ手下の2人のサイとイノシシ。

2016083105

サイ、イノシシ大暴れ
2016083118

2016083119


吹き替えは宮川大輔さんと藤森慎吾さん。

これがうまい。確かに好き放題アドリブ可能なキャラではある。関西弁とサイ、というのがなぜかとてもピッタリな宮川さん。藤森さんのほうは、もっとチャラくてもよかったか。

アクションも新味と前作からの発展形が見て取れた。スカイダイビングからの、川下りアクションが特に素晴らしい。スカイダイビングの浮遊感と疾走感、川下りの水の質感。

2016083106

CGの滑らかさがこれ見よがしでないところが素晴らしい。

確かに終盤に向けての展開は、もうこれまで散々、「トランスフォーマー ダークサイドムーン」「アベンジャーズ」で観てきたもの。そこにはまるで新味はない。

だが、それでいいのである。オプティマス・プライムやアイアンマンが戦った敵のようなものに亀が立ち向かう設定で、それでいいではないか。


キャラクター設定もアクションも何も裏切らない。これこそ、「シンゴジラ」に追い出された、締め出された子供たちが楽しめる最後の夏休み映画。



亀はグロくとも、いずれはみんなそうなるのだから、今のうちに見慣れておくのも良いだろう。

見た目はグロいが、責任感が強く、猛々しく、知的で、可愛らしい。これこそ、まさしく亀。


やっぱり楽しい、キモいミケランジェロ、かわいい

2016083107

2016083110


猛々しいラファエロもカワイイ

2016083108

ドナテロ、大活躍(・∀・)
2016083112

そしてリーダー、レオナルド。目に正義感が宿ってます!
2016083114



この映画は、成長手前の少年が、亀を通して強い大人になることを憧れるための、ヒーローものなのだ。




グロくて正解!
2016083109






追記

今回の敵との対戦で、警察との共闘で、「一皮むけた」亀の今後も楽しみだし、、サイとイノシシの生死も明らかになっていない。

続編どんどんつくってほしいなあ。


 ←ランキング参加してます。面白かったら押してください


ランキング参加しています オモシロかったら押してください 映画評論・レビュー ブログランキングへ

 このエントリーをはてなブックマークに追加
↑ ↑ 面白かったら、押してください。

↑ ↑ 映画バカの私が、よく聞くリスニング集です。




「マジカル・ガール」ネタバレ 魔法にかかった人、鑑賞注意。かつて魔法をかけていた人も鑑賞注意。

マジカル・ガール
劇場公開日 2016年3月12日



魔法少女ユキコは悲劇のはじまり。。。
2016040203

味わい深い・・
2016040201
2016040207

2016040206



これ、ほぼほぼネタバレのポスターではある。
2016040202





!!めちゃめちゃ全力でネタバレ、いくよ。!!











ある男はかつて少女の魔法にかかった。


一方もう一人の男は父親という、少女への無償の愛ゆえ、すでに魔法にかかっているのだが、少女が余命幾ばくもないことを知り、少女の願いのため、暴走を始める。
2016040221

2016040209

2016040208

男を魔法にかけた少女は、魔法にかからない「術師=精神医」に従われ、
2016040205
2016040219


力を失いつつある魔女(こじれたオンナ)となっていたが、別の魔法少女の使者からの攻撃を受ける。
2016040210

2016040211




かつての少女に魔法をかかられた男は、彼女からの助けの声に応じ、反撃に出る。
2016040213

2016040217


敵側の魔女に対峙したが、その魔力に囚われそうになり・・・



ネタバレ厳禁の本作だが、それを知ってたほうが楽しめるし、そういう風に見ると、各エピソードが興味深く浮き上がる。








つまるところ、アリシアはバルバラのかつての姿。バルバラはアリシアののちの姿。

ダミアンに【魔法をかけようとする】アリシア。ドレスにステッキ、そしてそのまなざし。フル装備である。

2016040204

かつての少女に魔法にかかってしまっているダミアンは果たして。
2016040215

見てます、見てます、かけてます、かけてます
2016040216





要するに、

魔法少女誕生と、かつて魔法少女だった女の、その行く末、そしてそれにかかわった哀れな従者のお話。

と書けば、それっぽいのが好きな人は、面白そう、と思うかもしれないが、残念ながら「そんな絵」はない。

はい、そんな絵
2016040214

面白いのは間違いないが、かつて魔法にかかった大きなお友達は鑑賞要注意。この映画を観て気が重い、と言っている人はアリシアのことではなくて、「自分」を観たからだろう。





追記

こじれた魔女の、すさんだ金策が怖く面白い。魔法少女のなれのはて、自称魔法少女も鑑賞要注意、ではある。

結果的に「魔法グッズ」のために奔走しているし、金策への飛び込み方が逆にリアル。
2016040212

2016040220

追記2

ドレスよりも魔法のステッキのほうが3倍も値が張るのは、その象徴だからだろうか。

2016040218

追記3

ラストの携帯電話のくだりは、要らないような気もする。あれは男が魔法にかかった瞬間なのだから


 ←ランキング参加してます。面白かったら押してください


ランキング参加しています オモシロかったら押してください 映画評論・レビュー ブログランキングへ

このエントリーをはてなブックマークに追加
↑ ↑ 面白かったら、押してください。

↑ ↑ 映画バカの私が、よく聞くリスニング集です。



「モスダイアリー」 もうすぐハロウィン、というわけではないが、乙女になりきって観る

「モスダイアリー」
劇場公開日 2013年8月3日
2015102509




まず、最初にひとつお断りを。

「おっさんがレビューするんじゃねえよ」という映画だ。

この映画、おっさんがレビューするのは基本間違いである。だがしかし、おもしろかったのだからしょうがない。だから、許せ、おっさんがあっつーいまなざしでレビュー。こってりネタバレで。

本作、ゴシック・ヴァンパイア・ミステリー、と称されるが、まあ、正直「ヴァンパイア」である必要はない。

全寮制高校で、キャピキャピしたい主人公レベッカが、百合友のルーシーを、オトコマエのエネッサに寝取られ、嫉妬するも、実はエネッサのねらいは、境遇が似ているレベッカのほうだった。

危うし!レベッカ!エネッサに操を奪われる?!

エネッサに懐柔されると、レベッカはキャピキャピ生活を約束されるのだが、キスから乳への、のエロ教師のコンビネーションもなんのその、百合友を取られた怒りが勝り、エネッサと対決することを決心する。


だがちょっと待て。

エネッサはレベッカの脅威だけではなく、実は「卒業」を促している存在でもある。エネッサの不思議な力で、クラスメイトを次々といろんな意味の「卒業」に追いやり、レベッカを孤立させる。レベッカもエロ教師による「卒業」のチャンスもあったのだが、レベッカの選択した「卒業」は精神的なものだった。

実は結構、エネッサの存在については、見た目まんま、この世のものではないという描かれ方をしているのだが、それは、異物ではなく、レベッカの分身、という見方もできる。

つまりは、年頃の女の子の揺れる乙女心、身分的、精神的、肉体的卒業を描いた作品、ということで、着地点は、とってもありふれたものだが、その描き方がまあ、おっさんのオレがいうのも何なんだが、揺れていてカワイイのである。

ポスター俊逸。主要3人も素晴らしい個性。

2015102502

女子高生とは思えないが、可愛らしい主人公、サラ・ボルジャー、好きです
2015102508

この世のものとは思えない美しさのサラ・ガドン(当然大好きです!)
2015102504

この世のものとは思えないリリー・コール(故に、大好きです!)
2015102503

2015102505

モスダイアリー 【DVD】

マリーナ・アンド・ザ・ダイアモンズの「Numb」がエンディングで、その歌詞、曲調と映画のラストがピターっとはまって、鑑賞後は、上がる上がる。

これがハマれば、乙女の階段登ってます


 ←ランキング参加してます。面白かったら押してください


ランキング参加しています オモシロかったら押してください 映画評論・レビュー ブログランキングへ

 このエントリーをはてなブックマークに追加
↑ ↑ 面白かったら、押してください。

↑ ↑ 映画バカの私が、よく聞くリスニング集です。

「ミッション:インポッシブル ローグ・ネイション」 「Fast & Furious」と「007」のど真ん中に立ってしまったが、さて。

「ミッション:インポッシブル ローグ・ネイション」

2015082201

!!激しくネタバレしています!!

!!「1」「3」「4」好きな人、ごめんなさい!!

!!そして「2」嫌いな人、もっと、ごめんなさい!!

!!オレは「2」が一番好きなんだよおお!!

「Mission: Impossible - Rogue Nation」

今作において、「Rogue Nation」とは、敵組織「シンジケート」のことだけでなく、アメリカ、イギリス諜報機関、それらに対しての意味でもあることが、本作のテーマであることは、ヒロインの境遇や、レナーとボールドウィンの立ち回りからも想像できる、なかなかいいタイトル。前作の「Ghost Protocol」などより、はるかにいい。冒頭のミッションのひっかけなど、その混沌とした世界がこれから繰り広げられるという展開もいい。(ただし今回のミッションの伝達ツールはつまらないし、さすがにありえなさすぎだけどね。)

「スパイ大作戦」をしょっぱなから全否定の、オレプロデュースの映画宣言の「1」、究極のトム・クルーズ映画の到達点およびアクションのできる映画スター宣言の「2」、年をとり、本人自身はだいぶ迷いがあったころであろう「3」、開き直りが開花し、唯一無比のスターの立場を確立した「4」。

シリーズ共通していえるのは、「緊張感のないスパイ映画」ということだが、それはいままで、トム・クルーズの魅力を全面に出すための、ある意味「真逆ゆえ、当たり前」。

その意味で「4」はスター性、アクション、ストーリー、すべての要素が振り切れておらず、個人的には、「それならMIシリーズでなくても」、「ニヤけてないし、トム・クルーズの映画でなくてもいいんじゃね?」と思った。特に「4」は、全体を通しての「時間」の緊迫感がないのは、いかんともしがたい欠点だった。

さて本作。

正直言うと、相変わらず「ストーリー」の吸引力は薄い。しかし「時間」については、今回すべての見せ場でそれがキーになっていることがわかる。冒頭のシーン、オペラ、潜水、チェイス、ラスト。

しかも、今回はストーリー自体の「吸引力」は「女スパイ」の正体、その駆け引きでぐっと引っ張っており、この点がこのシリーズのもっとも駄目だった「全体を通しての緊迫感の持続」は損なわれなかったように思う。

このあたりは、前作「オール・ユー・ニード・イズ・キル」のヒロインとの距離感、トムの立ち位置などが、その脚本家でもあったマッカリーとトムのなかで活かされていると思う。

確かに、MIシリーズにおいては本作が一番よくできている。(個人的にはトムのキャリア、およびハリウッド映画史では間違いなく「2」が最強、と信じてますけどね)

ただし。

ストーリーは今までで、もっとも「007」寄りで、やっていることは、「Fast & Furious」シリーズに近くなってきていることが気になる。

いやもちろん、「Fast & Furious」シリーズのほうが、やっていることはすでにおかしいのだが、「個性派グループが世界を股にかけ・・・」、というのは、まことに、まことにおかしいことなのだが、今では「Fast & Furious」シリーズなのだ。

立ち位置としては、「007」と「Fast & Furious」に挟まれた形となり、非常に難しい、いや、なかなか興味深いところに来た、ということにしておこうか。

追記

ここぞ、という時のCG感ががっかり。

冒頭のドアオープン後の処理、カーチェイスのラストの処理。いずれも、前者はトムのすっとぼけ感、後者はバイクチェイスにつながるので、まあ、いいか。

バイクチェイス

待ってましたの、バイク。
(「M:I-2」より)
2015082211

(「M:I-2」より)
2015082210

(「ナイト&デイ」より)
2015082209



このアングル、懐かしい~~
2015082202

そう、これですね(「トップガン」より)
2015082208


車間をすり抜ける画と、地を這う、前方ぎりぎりのカメラワークが素晴らしい。トムのスタント(100%ノースタントなわけはない)処理、CG処理も素晴らしい。
2015082203

潜水

差し込むカートリッジがどっち?というサスペンスを作っておいて、さらっと流されたのは、何かの冗談かと思ったが、溺れるトムの画が最高だったので、まあいいか。

あっという間に潜水服を用意できるのはとりあえず気にしないでおきましょう
2015082205

そうです、この畳みかけが本作素晴らしいです!
2015082206


ラストのボス決着

これこそ何かの冗談。このラストだけは大減点。


追記2

ベンジーのサイモン・ペグの衣装がかっこよかったですね
ガムを咬みまわすキャラとちょっとギャップがありすぎる、タキシード姿のカッコよさ
2015082212

2015082213

トムは若干アレなんでしょうね、ガタイの良さが逆に、もありますが。
2015082214


↓ ↓ ↓ ↓ ↓ ↓ 人気の記事です↓ ↓ ↓ ↓ ↓ ↓ ↓ ↓ ↓ 
【関連記事】「 トム・クルーズとオレ(笑)の30年(オレ的トム・クルーズ映画ベスト10もあるよ)




 ←ランキング参加してます。面白かったら押してください


ランキング参加しています オモシロかったら押してください 映画評論・レビュー ブログランキングへ

 このエントリーをはてなブックマークに追加
↑ ↑ 面白かったら、押してください。

↑ ↑ 映画バカの私が、よく聞くリスニング集です。
楽天市場
楽天DVD BD

livedoor プロフィール
LINE読者登録QRコード
LINE読者登録QRコード
オーダーシャツが結局お得
自分磨きに
頭皮もしっかりケア