しんざんの、みんな仲良し映画評!!

ほんとうは仲良しとは程遠い、あまのじゃくな映画評、映画批評、映画評論ブログ 全部ネタバレ。またあまのじゃくゆえ、人によってはまったく受け付けないものもあるよ。もちろん、こっそりオススメもあるよ。

ら行

「ライフ」ネタバレ 新たなる「ライフ」誕生待ちのおっさんでも、こんな「ライフ」は要らない 。

「ライフ」
劇場公開日 2017年7月8日

life-movie-end-credits-scene-04













!!ネタバレ注意 カルビンもいます!!


























ユナイテッド・シネマ映画チケット&会員登録アフィリエイト






映画しか興味がない。

映画しか相手にしない。

映画にしか相手にされない。

そういった生活から一変してから、すっかり新作映画の鑑賞数も減って、一部のヘンタイファンには申し訳ないが、バカみたいなレビューを書くことも減ってしまった。新たなる旅立ちを始め、そして新たなる「ライフ」の誕生を待ち望む日々である。



それでもこそこそと、劇場に通いたくなるわけで、勝手に「ライフ」誕生記念と称して、鑑賞。




オレのような病んだ映画ファンなら、地球外生物は、地球人を襲ってこそなんぼ、
なわけで、駄作「デンジャラス・ラン」のダニエル・エスピノーサ監督に大いに不安があるものの、我らがヒロユキが大フィーチャーされているのなら、作品のデキどうのこうのは、言わんでおこうとは思っていたものの。








これはだめだよ。











「ライフ」
















序盤の長回し風のカメラ。

ステーション内の位置関係や人物設定、人間関係をスマートに見せてくれるのならともかく、いかにも「オレ、やってるぜ?」な絵作りが煩わしい。


本作のエイリアン、カルビンくんの造形はどうでもよいが、手袋を破る方法、あれはいくらなんでもしらけるよ。

2017080101


2017080102

2017080104



こっちのカルビン君もめんどくさい存在ではありました(ルビー・スパークス」より)
2017080105







役者は濃いが、すべてのキャラ設定も切った貼ったのコピペ設定。さらにその描写も「はい!1シーン入れましたからね、この人、こういう人ですよ」という箇条書き描写にドラマの編集版のような薄さ寒さを感じる。




レイノルズの早期退場はどうでもよく、ヒロユキの感情的なバカな行動は普通なら「報われる行動」だが、

2017080203


本作、妙に定番から外そうとするため、積重なってもいないチープなキャラ描写のせいで、ドラマがラストに向かって盛り上がらない。


ラストをあえて外していくのなら、キャラ設定はもっと丁寧に描いてもらわないと。


そこが本作の最大の欠点。


そこを見てもらいたいはずなのに、そこを全くうまくできていないんだから、最低点しか上げられない。それならもっとチープな「B級C級定番エイリアンもの」のほうが全然いい。



キャラ的にはジェイクのキャラが一番アウト。




ジェイクの「あのセリフ」がとかいろいろみんな言ってるけど、あいつ、キャラ的には宇宙でアタマが、精神がおかしくなっていないといけないんだぜ?


ラストの展開、あそこは絶対「わざと」でないといけないんだよ。

2017080107

もう一つ言うと、カルビンの命名で序盤、いったん地球からの視点が入るが、あれは全く不要。本作、地球に着いた時の安堵感とそこからの転落こそが「妙味」なのに、地上を映すのは、本当にあのラストだけでないといけない。


なんとまあ、センスのない。まったくもったいないことをしたもんだ。








 

ランキング参加してます。面白かったら押してくださいね!





ランキング参加しています。面白かったら押してくださいね!


このエントリーをはてなブックマークに追加

↑ ↑ 面白かったら、押してくださいね!




「ローグ・ワン スター・ウォーズ・ストーリー」 残念なネタバレ 世代的に「ズバリ」のおっさんだが、本作をこう不安視して観た結果、やっぱりそうだった。

「ローグ・ワン スター・ウォーズ・ストーリー」
劇場公開日 2016年12月16日


2016122101










!!!注意 ネタバレのみならず、超絶こき下ろしていますので、好きな人ご勘弁ください!!!


















「スター・ウォーズ」は世代的に「ズバリ」のおっさんである。「スター・ウォーズEP4,5,6」を見て我を失うように映画を愛するようになり、「EP1,2,3」を見て我に返った世代である。





本作は、そのEP4の直前のお話を、「名も無き戦士たち」の「デス・スター設計図争奪戦」を映画化したというものだ。





つまり「スター・ウォーズ」を良く知っているが、そこまでマニアでもない、という人間からすると、「どう4につなげるのか」ということ以外に興味もないし、実際作り手が「それ」以外にどれだけマジになっているか、というと、正直不安ではある。







果たしてどうだったのか。









「ローグ・ワン スター・ウォーズ ストーリー」














「スター・ウォーズ」の前に文字が入ると「プロレス?」と思ってしまう世代だが、それはさておき。






結論から言うと、やはり思った通り、「それ」以外は「どうもマジになっていない」という結果。



















正直言って、バッタモンを見せられた気分である。











はっきり、ダメな点を挙げていこうと思う。










1)前半1時間がつまらなすぎ




つまり、ベイダーの初登場シーンまでのこと。もうこの時点で「それ」以外のことしか考えていないのである。フォレスト・ウィッテカーの意味がまったくないし、もっというとマッツ・ミケルセンも意味なし。








2)主人公はじめ、キャラがつまらなすぎ





「ならず者一味」というのなら、それぞれキャラに特徴をもたせ、バラバラな個性が結集して、一団となる、という描きべき描写が描けていない。



2016122507




「地獄の7人」を見直したほうがいい。




2016122505


[DVD] 地獄の7人

価格:3,258円
(2016/12/27 23:28時点)







そしてひどいのが、フォース、フォース連呼する、偽物「ジェダイ」にしか見えない「座頭市」ドニーが「木の棒」もって立ち回る男。






2016122502






・・・・・・・・・・・・・・・・・・・なんだ、これ。



2016122504





3)主人公が特にひどい。特に口元がひどい。






フェリシティ・ジョーンズ演じる主人公も決死の作戦参加の理由も描けていなわけでないが、先の退屈描写のせいで、お母さん死にました、育ての親死にました、お父さん死にました、の箇条書き設定で、全くこちらはノレないのである。

2016122506



口元も残念で、EP7の主人公とでは顎周りの説得力が違う。





4)戦闘シーンの見せ方がひどい







ギャレス・エドワーズ





GODZILLA[2014]【Blu-ray】 [ アーロン・テイラー=ジョンソン ]











「GODZILLA」の「トロ臭い」前半も然ることながら、見せ場の「もっと見せてええ」というところで、バシャっとカットを変えやがる、あのセンス。



Xウィングが爆撃して、旋回するシーンなど、もっと縦横無尽な長回しで見せるべきシーンをバシャっと切りやがる





2016122508


ひとつひとつの「画」はよいのだが
2016122509



「GODZILLA」ではわざとかと思ったが、どうやら本気でセンスが無いらしい。



5)音楽もひどい





ジョン・ウィリアムズへのリスペクトなのかどうか知らないが、よりによって「EP2」の愛のテーマそっくりな曲が全編に渡って流れるのである。

この辺もバッタモン感を増長させている。





追記


うーむ、どうもこの感覚、あれだ、「ターミネーター4」(クリスチャン・ベールの出てるやつね)の感覚に近いな。

別にシュワルツネッガーとP・カッシングを比較しているわけではない。



追記2


本作の、世間の評価がいい理由は、映画単体でなく、EP4に深みが出ただとか、旧作との繋がりのことばかりが目立ち、この作品自体に真っ向から臨んでいる評のものがなくて悲しい。





 

ランキング参加してます。面白かったら押してください



ランキング参加しています。面白かったら押してください

このエントリーをはてなブックマークに追加
↑ ↑ 面白かったら、押してください。

↑ ↑ 映画バカの私が、よく聞くリスニング集です。




【婚活成就記念】「ルビー・スパークス」ネタバレ 映画大好き婚活男子にオススメ!!「トリセツ」前に観ておくべき映画。

「ルビー・スパークス」
劇場公開日 2012年12月15日

2016081201




!!ネタバレ注意です!!







ブログ立ち上げから、映画と映画好きの婚活パーティの報告ブログを皆さまに楽しんでもらおうと始めたブログだが、2016年早々に、幸いにして相手を見つけることが出来たのだが、さすがに彼女がいる時点での婚活パーティブログは
本末転倒、というか自殺行為(笑)のため、「映画バカの映画好きの婚活ブログ」の体をなさなくなってしまった。

まずは、そのことについて、お詫び申し上げたい。

先日、彼女の誕生日にプロポーズをした。無事OKを頂き、つい先ほど、ご両親へのあいさつも終えたところである。もちろん、これで安心、というわけではないが、「映画バカの婚活」活動は明確な一歩を踏み出すことが出来た。

その結果を出せたということで、「映画バカの婚活ブログ」として、わずかな人かもしれないが、「婚活」のページを観ていただいた方々に、なにかお役に立てることが出来るのではないか、と思った。

そこで、「映画バカのための婚活サイト」としての一面をどういう風に再開しようか、と思っていたら、彼女から、面白いから見てというので、見たら、思いのほか深く、これは彼女からの痛烈なメッセージだと気付いた。

また今のオレにとって、「婚活を頑張っている映画好き男子」に、まずはこの映画から紹介することが、最も適しているのではないかとも思った。

もちろん、こんなオレのブログである。そんじょそこらの「ライト」なラブストーリーではない。




「ルビー・スパークス」




ルビー・スパークス 【Blu-ray】 [ ポール・ダノ ]







19歳で天才作家として華々しくデビューしたものの、その後10年間にわたりスランプに陥っているカルヴィンは、夢で見た理想の女の子ルビー・スパークスを主人公に小説を書き始める。するとある日、目の前にルビーが現れ、カルヴィンと一緒に生活を始める。しかし、ルビーが自分の想像の産物であることを隠そうと、カルヴィンは周囲と距離を置き、そのことに寂しさを覚えたルビーは、新しい仲間たちと交流を広げていく。そうして次第に関係がぎこちなっていく2人だったが……。(映画.comより)

というストーリーはあるものの、よくある妄想が現実になった、妄想男子の映画かというとちょっと違う。

映画を観て思ったのだが、本作のストーリーは男の発想でなく、女性によるものだろうな、となんとなく思ったら、なんとルビー役のゾーイ・カザンが脚本を書いたという。しかも、相手のカルヴィン役のポール・ダノは実の彼氏だという。

なるほど、これは「彼女」の、「彼氏」に対する、男ってバカねえ、という可愛らしい気持ちと、甘えてんじゃないわよ、という警告の思いの詰まった物語だ。

序盤の展開だが、10年もスランプに陥ったところに、夢に理想の女の子が現れる。これは作家でいうところの、「神が降りてきた」ことを意味するのだろうか。脚本のゾーイ・カザンはこれを「恋におちること」と「ホンを書くこと」と同様に、それらはある種のマジックにかかることだと、したのだろう。

神様降臨

2016081207

主人公が、その女の子の事を書けば、その子が現実に現れ、書いた内容がそのまま彼女に反映されるという。ファンタジー設定で進んでいく。周りのみんなにルビーの存在が見えてくるのだが、要はそれだけ思いが強くなった、カルヴィンの中でより具体化したというだけであり、実際に彼女が見えているのか、カルヴィンの妄想の中なのか、は正直どうでもよくて、「ハッピー」は周囲に波及する、ということで良いと思う。

2016081202

だが、ルビーの設定がある程度固まり、カルヴィンが書かなくなるにつれ、ルビーがだんだんと外の世界、というか、カルヴィンから距離を置くようになる。

それはそうだ。

書いてこそ、本の神様が降りてこそ、のルビーの存在故、書いていない状態のカルヴィンに、ルビーを引き留める、つなぎとめる力はない。人間力がないのだ。

カルヴィンはそれに気づき、試行錯誤するも、徐々に束縛力の高い設定をルビーの性格にあてる。

その束縛が段々とエスカレートし、カルヴィンはルビーを操り人形のように扱い、次々と自嘲気味に人間性を欠いた行為に及ぶ。

タイプライターに没頭するほど、彼女の心は離れていく。。。

そして、そんなことをしても、カルヴィンは満たされることなく、ついにルビーを束縛から解き放つ。思い通りにすることが、相手の愛を得られることではないことが、そこでようやくカルヴィン自身が学ぶ。

カルヴィンの、その性格については、元カノのライラとカルヴィンが別れた理由に「私自身を見てくれなかった」という元カノのライラが言い分がここではっきりと、「女の子のこと、分かってねえなあ」とこちらも理解するのだ。

元カノ、ライラの消えた理由は「カルヴィンは自分しか愛せない」。そのものずばりだ。そんな彼にルビーを「彼女」にすることはできない。

ずばり言ってくれちゃってます
2016081206

一方、その前にも、カルヴィンの良き理解者である、やり手のイケメンアニキも言っていた。どんなに愛していても、理解していると思っていても、「失うことがあるんだ」と。

そんなアニキの「現実的な」意見があるように、100%自分の思い通りの「彼女」を作り出したって、カルヴィンの「理想の彼女」にはできない。いや、カルヴィンでなくても、うまくいくかどうか。

カルヴィンルビったあと、ハリーに励まされ、また本を書きだす。思い出のタイプライターを封印し、想像から生まれ、実在したルビーとのことを本にし、書き上げる。
ここでカルヴィンは、自身の反省をする。「妄想の嫁」「空気嫁」ではなく、「人間」を愛さなければいけないのだと。

ラストカルヴィンは再びルビ出会う。

2016081204

記憶のなくなったルビーかもしれない。別のルビーかもしれない。だが、「ホンを書き上げ、自身を反省した」カルヴィンは、その「ルビー」と「やり直せる」と素直になる。


これをハッピーエンドとするか、「女に振り回される」恐怖の一日が始まるのかは、人それぞれだが、

これは彼女の、彼氏に対する、「私のこと、ちゃんと見てよね」という女性上から目線の映画であるのは間違いなく、もうずっと独身のままだった、ただの映画バカにとってみれば、こんな恐ろしい映画はない。


だが、こんなに励まされる映画もない。



少なくとも今のオレは、成長しなければいけないのだ。はい、ちゃんと見ますね。






追記

これを見て、つい西野カナさんの「トリセツ」を思い出した

「トリセツ」の歌詞がオンナのわがままばかりだ、
といっているようでは、ダメなんですね

トリセツ [ 西野カナ ]




そういう意味では、「トリセツ」前に観ておくべき映画だと思う。特に映画ばっかり見ている婚活男子にはオススメです!!。



そして婚活成就記念の1発目にこれを記事にしたことは、このブログでは意味があると思う。ここのブログに上げているラブストーリーの映画はいずれも名作だと思っているので、ぜひのぞいてみてください。



 ←ランキング参加してます。面白かったら押してください


ランキング参加しています オモシロかったら押してください 映画評論・レビュー ブログランキングへ

 このエントリーをはてなブックマークに追加
↑ ↑ 面白かったら、押してください。

↑ ↑ 映画バカの私が、よく聞くリスニング集です。




「ロスト・バケーション」ネタバレ 水着美女が出ずっぱり。まさしく主演女優ブレイク・ライブリー祭り。その点には全く不満はない。(。。。ないのか?)

「ロスト・バケーション」
劇場公開日 2016年7月23日


2016072701

2016072710




!!ネタバレ注意です!!






「ファインディング・ドリー」ではなく、こちらを選ぶ、というのが、やはりオレというか、さすがツレ、というか。

それはさておき、

サメ映画とブレイク・ライブリー主演、となれば、「スター俳優」に配慮しながらも、どれだけスケべえな絵づくり、演出ができるか、という監督の腕見せどころ、という映画だろうなと思ったら、まあ、そういう映画だった。

原題は「The Shallows」。意味は「浅瀬」。形容詞では「浅はかな」。なるほど、どちらでも取れる内容ではある。とっても許容してみると、邦題もまんざら外れでもない。




「ロスト・バケーション」


続きを読む

「ルーム」ネタバレ 時事と切り離せ。

ルーム
劇場公開日 2016年4月8日


2016041101


!!映画宣伝って、大変で、酷だなあ、とこの映画の序盤のネタバレに落胆しつつも、本レビューではもっとネタバレしていますので、注意です!!




序盤、母子の何気ない、日常のやり取りが始まる。子供は一つ一つのモノに名前を付けている。子供の5歳の誕生日で、ケーキにろうそくはない。何気ない会話だが、その空間はなぜかやたら薄暗く、カメラの、それぞれの被写体に対しての距離感がやたら息苦しい。
2016041102

それは大変な効果をもたらしており、オレはこれらの画だけで吐きそうになった。
2016041103

仕方ないことだが、本作の序盤は、映画紹介として普通にネタバレされているが、この設定を知らなければ、このカメラに、席から転げ落ちるほどびっくり感心したことだろう。



「ルーム」




時事的に、この設定をうっかりいつもの調子で語るには、問題あるので、ここでは最近のニュースのことは頭から外す。



いや、外したほうがいい。ぜひ外して鑑賞して、ストレートに感動してほしい。






ただの母子成長映画として観ると、本作の、紹介文にあるように、「はじめまして【世界】」は、いい宣伝文句で、子供の「成長は親子だけではありえない」という一面と、「世界に出た時の厳しさ」を母親の、「脱出その後」を通して「世界」の役割をちょっと(かなり?)感傷的に描いている。
2016041107

母親は、生まれてくる子供を守るため、育てるも、それは「自分のため」でもあるわけで、「実は【子供依存】の生活」から「世界」でもう一度自分を取り戻す。

主演のラーソン、こう言っては問題あるが、この映画ならではの、「顔」に見えることが本当に素晴らしい。納得の主演女優賞。
2016041104

2016041108


子供は、母親と離れ、祖母と、おじさんと、犬と友達とそして、アイドルのブロマイド?で世界の中で成長する。圧迫感を強調したクローズアップのカメラは世界に順応するにつれ、無くなっていく。

子供がひとつひとつ「世界」「ホンモノ」に触れるシーンがいちいちカワイイ。
2016041105

また本作の見所、というか、いつだろ、いつだろ、と目が離せないことに子供の髪がある。
2016041106

ここでの髪を切る、と言う行為は、「世界の子供になること」「髪を切りたい」という自分の主張と祖母との関係が見えてきて、感動的。母にとっては、それは「髪自体にパワーが宿る」のではなく、「切られたこと」にその背景を感じとることができる「パワー」が宿ったことを意味する。

髪が長いことで、女の子にも見えてたジャックが、子供から「息子」に変わった瞬間、というにはまだまだ幼いが、その後の母親との会話やラストシーンにて、「男の子の成長」を感じさせるものにはなっている。

ここで再び母子の物語に回帰する。母は子供の成長をもって、失われた「世界」に再び生きることが出来る。

「母としての」成長。

いや「失われた時間」を超えた、一人の人間としての成長。





追記

アマノジャクなおっさんとしては、ラストシーンは、もうそこまで必要ないかな。

追記2

最近、「ババドック」という母子の、シングルマザー応援映画を観たばかりで、そこでの子役のウザ超絶演技を魅せられていた。またその年頃の子供っていろんな意味で

「可能性」すげえな。




↓ ↓ ↓ ↓ ↓ ↓オススメです ↓ ↓ ↓ ↓ ↓ ↓ 
【関連記事】「ババドック」レビュー

ババドック ~暗闇の魔物~(DVD)




 ←ランキング参加してます。面白かったら押してください


ランキング参加しています オモシロかったら押してください 映画評論・レビュー ブログランキングへ

 このエントリーをはてなブックマークに追加
↑ ↑ 面白かったら、押してください。

↑ ↑ 映画バカの私が、よく聞くリスニング集です。



記事検索
楽天市場
楽天DVD BD
livedoor プロフィール
LINE読者登録QRコード
LINE読者登録QRコード
オーダーシャツが結局お得
自分磨きに
頭皮もしっかりケア