しんざんの、みんな仲良し映画評!!

ほんとうは仲良しとは程遠い、あまのじゃくな映画評、映画批評、映画評論ブログ 全部ネタバレ。またあまのじゃくゆえ、人によってはまったく受け付けないものもあるよ。もちろん、こっそりオススメもあるよ。

わ行

「ワンダーウーマン」ネタバレ 映画オタクには全く縁のないヒーロー。本作を見ておっさんはこう思った。

「ワンダーウーマン」
劇場公開日 2017年8月25日
2017102203








今更ながら、


「ワンダーウーマン」




















日本での期待に大幅に下回る興行成績で、結果「ガーディアンズ・オブ・ギャラクシー」と同じような位置に収まるようだ。

まあ、そうだろう。

しょせん映画オタクの観る映画。世界興行はあくまで旬の勢い。日本は邦高洋低の興行スタイルが続く限り、劇場の箱のスケジュール、買い付けのタイミング等に振り回される。

それはさておき、ライバル、マーヴェル社長も本作を褒めたという。

それはそうだ。

ヒーロー映画の飽和状態から抜け出せないのはマーヴェルも同様。ライバルだろうが、ジャンルを共に盛り上げないといけない。「マイティ・ソー バトルロイヤル」(この邦画タイトルは日本の興行のための苦肉の策だ。)、「ジャスティス・リーグ」。以前ほど盛り上がらないのは、オタクのハートの中にも確かにあるはずだ。

「キャプテン・アメリカ シビルウォー」のヒーローじゃれ合いで、ほとんど「完結」したと思っている人も結構いるのではないかと思っている。(飽きた、という人も当然いる)



↓ ↓ ↓ 関連記事はこちら ↓ ↓ ↓
「シビル・ウォー キャプテン・アメリカ」ネタバレ 結局なかよしこよし




だが本作、ヒーローものの範疇から外れて、映画として観る場合、結果これを女性映画という観方で観た人は皆無だろうし、映画の出来も残念なものだ。




ビデオパス



1)ヘンクツ家族より王子様。


お姫様が意外な正体。アマゾネス族のくせして、その正体を知っているのに、覚醒させない。覚醒すると、ラスボスに見つかるらしい。どっちみち、対峙するんだから、そんなまどろっこしい設定いらない。オンナだらけの島に空から王子様。それだけでいい。

島を出て行った理由は、ボス退治というより、王子様と本で読んだことをしたいだけ、が裏設定



これがすべてだな
2017102204



2)戦争との絡みがどうのこうのより、王子様。


「ボスを倒せば、世界は平和になるから、私行くわ」と生き勇んで戦場へ。だが、そのボスが死んでも、状況は変わらない。「なんで?人間はアホなの?」と悩んでると、本当のボス登場。ハリポタを見てないおっさんはなんて地味なラスボスと思ったが、王子様命を賭して危機回避。お姫様覚醒。ラスボス退治。ハッピーエンド。やっぱりラスボス倒すことで、世界は危機を回避した、という。

結局、人間がアホだろうが、関係ないらしい。

ま、すぐに第二次大戦が勃発するんだけどな。




3)アクション


ザック・スナイダーの流儀そのまんまを受けつぎ、やってることは「エンジェル・ウォーズ」。おまけにキレもなく、ラストバトルは暗いばっかり。



4)演出


借りものばかりのハリボテなアクションシーンがそんな感じなら、演出もとろ臭い。脚本もガタガタ。ワンダーウーマンのパワーバランスもめちゃくちゃ。

とにかく「知性」がまるで感じられない。


ワンダーウーマンを結果ヒーローに仕立て上げたのは、イケメン王子様であり、愛の力である。その愛は、一夜の営みで培われたものである。

2017102205


うーーむ、これはせっせとヒーロー映画を追っかける
映画オタクには、実はちっとも優しくない映画ではないか。

この映画を見て女性映画とか、女性の存在意義について語っている評も見かけるが、この映画に関しては、その程度のヒーロー誕生譚でしかないのである。













 

ランキング参加してます。面白かったら押してくださいね!





ランキング参加しています。面白かったら押してくださいね!


このエントリーをはてなブックマークに追加

↑ ↑ 面白かったら、押してくださいね!

「ワイルド・スピード ICE BREAK」ネタバレ ポールの死から、少年ジャンプ的リセット。「昨日の敵は今日の友」。だが、ヴィン・ディーゼル主導の新三部作をおっさんはこう見た!!

ワイルド・スピード ICE BREAK
劇場公開日 2017年4月28日

2017050501







前作「SKY MISSION」は何といっても、ポール・ウォーカーの製作中の死につきる。この事件によって、シリーズは大きく舵を切ることを必要とされた。



ポール、すなわちブライアンを作品の中で「生かす」ために最大限に、苦肉の策を講ずることがまずは重要視された。



本作の論理はみなが言うように「ファミリー」。ただし、ポールが死んだ時点でその論理は変わる。





ブライアンはどこかで生きている。そのために、「出演してほしくない人」、「生きてては困る人」「存在自体を忘れてほしい人」そして「作品のために『ファミリー』であってほしい人」。


プロデューサー、ヴィン・ディーゼルのお眼鏡にかなったものこそが「ファミリー」。




これこそが本作のキモ。



アホみたいな世界興行収入で右肩登りの本作。初期シリーズの思い入れなど、はっきり言って製作陣は気にしているものか。



何度も言うが、ポールが死んだ時点と世界的な大ヒットが重なり、すべては変わったのである。

【入手困難】【初回生産限定盤】 ワイルド・スピード ヘプタロジーBlu-ray SET

価格:16,300円
(2017/5/7 19:52時点)



【送料無料】 ワイルド・スピード SKY MISSION [4K ULTRA HD Blu-rayセット] 【BLU-RAY DISC】

価格:5,822円
(2017/5/7 19:55時点)















「ワイルド・スピード ICE BREAK」



















ビデオパス






ジェイソン・ステイサム



彼が「味方」になることは、前作で次作である本作の展開は十分予見できた。
(詳しくはオレの「SKY MISSION」のレビュー参照)。

↓ ↓ ↓ 関連記事はこちら ↓ ↓ ↓ 
「ワイルドスピード SKYMISSION」 4DX増しで。



本作のなかでは、役割としてはブライアン以上の「適した」役割どころ。

普通にハンを殺したことをこちらが知らない、もっと言うと、右肩上がりの貢献者である観客層さえ知らなければ、こんなに優秀なキャラはない。

まあ、知っていたとしても、劇中後半、ディーゼルの、ステイサムとの握手の場面で彼なりの「ファミリー」理論でこちらはねじ伏せられたが。









シャーリーズ・セロン










「MAD MAX怒りのデスロード」の影響をモロに感じる、本作の後半は砂漠ならず、氷上でのおっかけっこに直接参戦することはないが、まさしく「クール・ビューティ」な悪役を演じ、これまでのシリーズの「ラスボス」として君臨する。

↓ ↓ ↓ 関連記事はこちら ↓ ↓ ↓ 
「マッドマックス 怒りのデス・ロード」「サンダードーム」支持派のオレが本作を語る



のこりが2作、ということなら、彼女がラスボスなのは変わらないだろう。
「車」映画で彼女以上の「最強の敵」は存在しない。



ルーク・エヴァンス



やっぱりの参戦。前作でステイサムの「ファミリー」化が予見できた時点で、なんらかの登場は想像できたが、「格の違い」でこの程度。



F・ゲイリー・グレイ監督






前作「ストレイト・アウタ・コンプトン」を昨年の洋画ベスト1にあげたおっさんとしては、今作の期待値は半々だった。


↓ ↓ ↓ 関連記事はこちら ↓ ↓ ↓ 
「ストレイト・アウタ・コンプトン」ネタバレ 映画ファンには最も遠いジャンル映画だが、その圧倒的なDopeに酔いしれろ


【年間ベスト】 しんざんの、あまのじゃくな年間ベスト2016の発表!!










「交渉人」「ミニミニ大作戦」「完全なる報復」など、の職人芸的な立場から、大きな一歩を踏み出した一方の、再度「やとわれ」的な作品として不安はあったが、本作だけでいうと、あくまでむちゃくちゃなうえでだが、シリーズ中、最も真っ当。


いずれも、傑作です!!

ストレイト・アウタ・コンプトン【Blu-ray】 [ コーリー・ホーキンス ]

価格:1,500円
(2017/5/7 19:44時点)



交渉人【Blu-ray】 [ サミュエル・L.ジャクソン ]

価格:1,000円
(2017/5/7 19:46時点)



ミニミニ大作戦【Blu-ray】 [ マーク・ウォールバーグ ]

価格:2,430円
(2017/5/7 19:47時点)



完全なる報復【Blu-ray】 [ ジェラルド・バトラー ]

価格:2,430円
(2017/5/7 19:48時点)




ブックオフオンライン【PC・携帯共通】





実際、超主役級の4人をそれぞれ見せ場を作り、きっちり役作りもさせ、うまくまとめている。


アクションの見せ方は、前作のジェームズ・ワン監督にやや劣るものの、ワンのアクション演出を見事にパクリ、シリーズをうまいこと継承している。



追記










今回のサントラだが、さすがに前作ほどのものはないのは仕方ない



 

ランキング参加してます。面白かったら押してくださいね!





ランキング参加しています。面白かったら押してくださいね!


このエントリーをはてなブックマークに追加

↑ ↑ 面白かったら、押してくださいね!




↑ ↑ 映画バカの私が、よく聞くリスニング集です。

「わたしを離さないで」映画版ネタバレ 魂の有無と愛の証明ですか・・・

「わたしを離さないで」
劇場公開日 2011年3月26日

2016011701


2012年1月25日 記

わたしを離さないで [ カズオ・イシグロ ]



わたしを離さないで【Blu-ray】 [ キャリー・マリガン ]



!!ドラマ版は知りませんが、映画版を超絶にネタバレしています!!






原作は未読。古典SFかと思えば、最近の小説なんだってね。

原作の雰囲気というのものを守ろう、守ろうという作りがすっごい感じ、序盤はいい雰囲気だなあ、と観てた。
だけれど主人公3人の年少時代、青年時代の取り巻く環境がどう考えてもおかしく、こりゃいかんなあ、と思いだした。

なぜ彼らに教育を行う?なぜ彼らにカフェでの注文の仕方を教える?なぜコテージで生活できる?なぜエロ本が手に入る?なぜセックスできる?なぜオリジナルに会いに行こうと出来る?なぜ彼ら自身が介護人になれる?なぜ運転できる?なぜ逃げない?

後半一部その理由が説明される。そもそも施設は「クローンの味方」であり、「施設」はクローンに魂があることを実証する場であることが分かる。ところがそれを実証する施設も要らないだろう、となり閉鎖されたのであろう。

映画ではありがちの「クローンの魂」より「オリジナルの命」。結果的には、養豚場のような施設であるべきだったのに、モラルが引き起こした悲劇が生まれる。

後半、魂の有無と愛の証明ができれば提供延長できるという、うわさを信じその懇願をするが、それは噂でしかないことがわかる。しかし主人公たちは提供延期できないことを意外と素直に受け止める。

彼らのそんな反応は施設の強制教育によるもの、というよりも、そもそも本能的に逆らうという意識をもっていないのかもしれない。このシーンはそれを絵画などで証明できると考えている彼らがなんとも悲しくみえるのと同時に「彼らは普通ではない」ことを表している。

魂の有無と愛の証明かよ~~。クローンでなくても出来んな。

彼らが逃げ出さないのも、「リスト(カルテ?)」があるため、とか施設の教育で「逃げると言う選択肢」を失われているということよりも、あれほど生活に自由度がありすぎるので、やはり彼らは基本「逆らわない存在」と考えるのが普通であろう。

キャリー・マリガン、キーラ・ナイトレイ、アンドリュー・ガーフィールド、3人とも若いねえ
2016011702

彼らは死を恐れたわけでもない。ましてや存在意義を示したかったわけでもないし、なにかになりたかった訳では全く無い。

彼らはただ「全うすることが目的」だった。

人間だとそうするであろうことが出来ない、「逆らわない存在」。

キャシーはそこに気づき、普通の人間といったい何が違うのか、自問することになる。

この二人の、この顔を、ドラマ版ができるかどうか。ほんと、いい顔だなあ。
2016011703





ラストのトミーが「オチ」たと瞬時に手術に入る手際のよさがなんとも言いがたい余韻を残す。

3人の主人公いいね。個人的にはナイトレイ。
(2012年鑑賞時から2016年現在までナイトレイ推しはこの映画を観たからだと思います)

この、だめっぽい、自分がない感がとてもこの映画に合ってます。
2016011704

蛇足
でもやっぱりオリジナルを見に行こうとしたり、クローンがエロ本読めたり、セックスできるのはまずいんじゃ?




 ←ランキング参加してます。面白かったら押してください


ランキング参加しています オモシロかったら押してください 映画評論・レビュー ブログランキングへ

 このエントリーをはてなブックマークに追加
↑ ↑ 面白かったら、押してください。

↑ ↑ 映画バカの私が、よく聞くリスニング集です。




「ワイルドスピード SKYMISSION」 4DX増しで。

4DXについては、いつかチャンス、というか「4DX」ならでは、の作品でなければ、とまあ、ある意味見に行くことをとっておいた。最大限の効果のある作品でみたい、というよりも

「下手に面白い作品でみたら、困ってしまうな」

というのが、とっておいた、の正しい理由。ある意味逆に「バードマン」も長回しが4DX向きとは思うが、「4DXらしい」映画を見たかったわけだ。

「ワイルドスピード SKY MISSION」


201507121

201507122

行動範囲内に4DX映画館がない人にはまことに申し訳ないが、これ以上の4DX初体験映画はない。多少のいい加減な4DX演出もあるが、そんなことはどうでもいいくらい、すっかりストーリーの無意味さを気にならないくらい、体を揺らされる。十分である。この映画で4DXは十分堪能したので、もう行かないな。

殴り合い、カーアクション、落下、ドンパチ、とにかく車と肉弾戦。本当にそれしかない。途中、水着、寒いギャグ、ヴィンのアップもあるが、それも込みだ。

「狼の死刑宣告」「ソウ」「インシディアス」そして大好き「死霊館」のジェームズ・ワン。

この宇宙一どうしようもないストーリーを、地球一の編集と演出でまとめている。アクションで言うと、殴り合い演出が結構面白い。そしてここに詰め込まれたアクション演出は意外にも

「なんかギリギリ可能かもしれない」

というアクションに徹していることにも注目してほしい。

トニー・ジャー、ロンダ・ラウジー、とさすがにあのジジイ祭りとは雲泥の差のキレッキレ。だからカート・ナンチャン・ラッセルはホント邪魔。上記2人はまた登場する可能性のある退場だったし、ぜひ出てほしい。

ジェイソン・ステイサム、こいつもやっぱり現役。もうあっちには出なくていいよ。ルーク・エヴァンズ演じる弟が実は死んでいなかった、という点で、たぶんコイツは次のパートナー(ライバル)、と見ている。

となると、ハンは死に損か。

唯一の欠点はやっぱりどうしようもないストーリーのため、「この人ら、何やってんだっけ?」と観ているこっちも観ている最中に、観ている理由を忘れてしまう点。このシリーズは毎度そうだが。

しかし、「アクション」ありきのどうしようもないストーリーは、世間的にも、オレ的にも「アリ」だ。

追記

正直、このシリーズのファンではないが、「See You Again」はクる。サントラもおいしい。

追記2

前作は映画館「では」面白かったが、実用性は薄かった。本作はバック・グラウンド・ムービーとして最高峰。

今年はこれを超える「泣き」の一曲はないだろうね


これもいいねえ


 ←ランキング参加してます。面白かったら押してください


ランキング参加しています オモシロかったら押してください 映画評論・レビュー ブログランキングへ

 このエントリーをはてなブックマークに追加
↑ ↑ 面白かったら、押してください。

↑ ↑ 映画バカの私が、よく聞くリスニング集です。

記事検索
楽天市場
楽天DVD BD
livedoor プロフィール
LINE読者登録QRコード
LINE読者登録QRコード
オーダーシャツが結局お得
自分磨きに
頭皮もしっかりケア